<   2009年 09月 ( 45 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

TVシリーズ DVD ROAD TO AVONLEA アボンリーヘの道


アボンリーへの道 Road to Avonlea 89年~96年 カナダ  
製作総指揮:ケヴィン・サリヴァン
音楽:ジョン・ウェルズマン
DVD:
ROAD TO AVONLEA アボンリーヘの道 SEASONI DVD-BOX NHKエンタープライズ
ROAD TO AVONLEA アボンリーヘの道 SEASONII DVD-BOX NHKエンタープライズ
原作:ルーシー・モード・モンゴメリ 「ストーリー・ガール」、「黄金の道 ストーリー・ガール」
出演:サラ・ポーリー、ジャッキー・バロウズ、ジェマ・ザンプローニャ、セドリック・スミス、ハーモニー・クランプ、モリー・アトキンソン
ストーリー
モントリオールに住むセーラは裕福な家の娘だが、父ブレアは仕事で留守がち、いつも乳母のルイザと一緒だった。ある日、父が仕事上のトラブルに巻き込まれ、セーラはプリンス・エドワード島の母方の親戚に預けられることになる。アボンリーについたセーラは、亡き母の姉・へティの家に住むことになるが、ルイザは追い返されてしまう。大好きなルイザと離れ離れ、ひとりぼっちになってしまったセーラは・・・?


原作 おもな登場人物
セアラ・スタンリー(ストーリー・ガール) (サラ・ポーリー)
ぼく(べバリー) 
フェリックス
フェリシティー (ジェマ・ザンプローニャ)
セシリー (ハーモニー・クランプ、モリー・アトキンソン)
ダン
アレックおじ (セドリック・スミス)
ジャネットおば
ロジャー・キング
オリビア・キング
セアラ・レイ
ジャスパー・デイル (R・H・トムソン)
ペッグ・ボウエン (Susan E. Cox)
エルダー・フルーエン
キャンベル氏
マーウッド師
ブレア・スタンリー
イライザ大おば (Kay Tremblay)


*原作からは少々設定が違うし、かなーり膨らませてある(まあ、エピソード数が多いから当然だ)。ノベライズ版の書籍もいっぱいあるんですよね。
 
[PR]

by hamchu | 2009-09-30 09:27 | DVD | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 29日

【映画】「濃紺のさよなら」映画化、レオナルド・ディカプリオが出演?


a0000270_16273366.jpgジョン・D・マクドナルド(John D. MacDonald)のハードボイルド「濃紺のさよなら(The Deep Blue Goodbye)」映画化で出演者としてレオナルド・ディカプリオの名前が浮上している模様(ええ~ 笑)。

前回ニュースになったときは、ゲイリー・フレダーが監督候補としてあがっていたのですが今回のニュースにはその名前はないようです。

出演が決定すれば、ディカプリオは主人公のトラヴィス・マッギー。
とはいえ、ディカプリオは出演予定作が多いですからなあ(正式にアナウンスされてるものさえ)。その中でどれが実現するのか、私にはまったく予測がつきません(できれば原作あり←企画はたくさんある に出てもらいたいものです 笑)。

【関連】
【映画】ジョン・D・マクドナルド「濃紺のさよなら」映画化 04年11月24日
【映画】ゲイリー・フレダー、ジョン・D・マクドナルドの「濃紺のさよなら」映画版を監督? 08年6月13日

原作 おもな登場人物
トラヴィス(トラヴ)・マッギー
チューキー(チューク)・マッコール
キャシイ・カー
ジュニア・アレン
ミセス(ロイス)・アトキンソン
ジョー・トルー
クリスティン キャシイの妹
ウィリアム・キャロウェル
ジョージ・ブレル
ジュリー・ブレル
ハワード・ウィッカー
ウィリー・ラジーア
パティ(パトリシア)・デヴラン
アラバマ・タイガー
 
[PR]

by hamchu | 2009-09-29 13:14 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 29日

【映画】ジョージ・クルーニーの「影なき紳士」映画化、撮影開始へ


Focus Features製作、ジョージ・クルーニー出演、マーティン・ブース(Martin Booth)の小説「影なき紳士(A Very Private Gentleman)」の映画化で、映画版のタイトルが「The American」に、今週イタリアで撮影開始予定。

この映画にはブルース・アルトマン(ラリー)、テクラ・ルーテンパオロ・ボナッチェリ(ベネデッド神父)、 Violante Placido(クララ)なども出演する模様。

若干主人公の設定が変わったみたいですが(紳士じゃない? 笑)、そのほかの登場人物名はほぼ原作どおりでなかなかいい感じ。

【関連】
【映画】マーティン・ブースの「影なき紳士」映画化、監督はアントン・コービンに 09年5月16日
【映画】ジョージ・クルーニー、「影なき紳士」映画版に出演? 09年5月21日

原作 影なき紳士  マーティン ブース/ / 文藝春秋

原作 おもな登場人物
私(A・E・クラーク?) 村人からシニョール・ファルファッラと呼ばれる (ジョージ・クルーニー 映画ではジャック)
ベネデット神父 (パオロ・ボナッチェリ)
クララ パートタイムの娼婦
ディンディーナ
シニョーラ・プラスカ
ガレアッツオ 書店主
ラリー (ブルース・アルトマン)
影人
イングリッド
 
[PR]

by hamchu | 2009-09-29 09:50 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 28日

【TVM】チャーリー・コックス、ドナルド・サザーランド、「白鯨」に出演


ウィリアム・ハートイーサン・ホーク出演のハーマン・メルヴィル(Herman Melville)の古典「白鯨(Moby Dick)」TV版に「スターダスト」のチャーリー・コックスドナルド・サザーランドジリアン・アンダーソンが出演する模様。

コックスは物語の語り手イシュメール、サザーランドはマップル牧師。

【関連】
【TVM】独のプロダクション、「白鯨」をTVMに 08年12月8日
【TVM】ウィリアム・ハートとイーサン・ホーク、「白鯨」TVMに出演 09年9月11日

原作 
白鯨 上 ハーマン・メルヴィル / / 岩波書店
白鯨 下 ハーマン・メルヴィル / / 岩波書店

原作 おもな登場人物
わたし(イシュメール)
エイハブ船長 (ウィリアム・ハート)
スターバック 一等航海士 (ジョシュ・ハートネット)
スタブ 二等航海士
フラスク 三等航海士
タシュマゴ
ダグー
クィークェグ
マップル牧師
ピーレグ船長
ビルダド船長
 
[PR]

by hamchu | 2009-09-28 16:30 | TV・ニュース | Trackback | Comments(1)
2009年 09月 25日

私が映画の原作を先に読む理由


本当はこの記事もすぐにアップする予定だったのですが、このところ自宅ネットの接続状況が悪く…
マンション共用部分の増幅器の調子がイマイチでこの間も見てもらったんですが、調整だけでまだ交換してないのねー(修理のお兄さんは後日交換するって言ってたのだが)
ようやくつながったー(たいした記事でもないのにもったいぶってるようで困ったもんです)。

そんなこんな?で私が原作の方を先に読む理由。

まずこれを聞かれると私は
原作のほうが映画より先に存在するから!
と答えてます(笑)。

原作のある映画の場合、書籍のほうが先に創作されていて、映画はそれを翻案し創作したいわゆる二次的著作物。
先にあるから先に読んどく、脚本家も先に読んでるしね~ってなわけ(俳優さんは読まない方もいるみたいですけどねー 笑)。

なんだかもっともらしい感じで本人はいいこと言ってるつもりでいるのですが、実際には
映画の原作のニュースを扱うのに必要だから
(そんなもんです)

現在、オプション権や映画化権が設定されてニュースになってから実際に映画が完成するまでには早くて1年、大体3年から5年くらいかかります。
その間に脚本家や監督、キャスティングが発表されたりとさまざまな続報が出てくるんですが、そのときに原作を読んでいると対応しやすいのです。

まず、当初からストーリーが原作とは違っている場合。
アンジェリーナ・ジョリー出演のサスペンス映画「テイキングライブス」(原作はマイケル・パイの「人生を盗む男」 後に「テイキングライブス」に改題)の場合、はじめからアンジー主演で企画がすすめられていたのですが、原作を読んでいるとこれが???(女性が主人公、そしてキャラが捜査官ってあたりがもう大幅に 笑)
特に英語のソースを読む場合、ニュース記事に書かれたストーリーと原作のストーリーが合致しない場合が結構あるのです。

そして、キャスティングのニュース。記事中にキャラクター名を記載してくれていればいいのですが、これが結構ない。主人公の妹、とか、主人公の友人の娘(誰じゃ)、とか、ある程度原作を読んでいないと全くわかりません。

あと、困ったことに映画業界紙はストーリーや設定の肝心な部分をニュースに書いちゃうんですよ!(ダメじゃん 笑)
そういう意味で原作を読んでいないで記事を書くと、なんとなく読んでないのがわかる、って理由もありますね(あるんですよね、いかにも読んでるって感じの記事でやっちゃってるのが…)。

また、できるだけ早く読むようにしているのは…
いつ続報のニュースがあるかわからない(原作のニュースは忘れたころにやってくる)、というのと、先ほど書いたように、企画発表から完成、そして公開まではかなりの時間がかかるので

早く読んでおけば、映画を見るまでにそれだけ時間が空く

というのが大きな理由。
読んだ直後はインパクトが強くても、時間がたつと結構忘れちゃうもんなんですねー(いや、私の場合はなんでもすぐに忘れちゃうが)
今年の夏の「縞模様のパジャマの少年」もちょうどいい感じで記憶が薄れてました(笑)。

ってなわけで、私自身はここ数年、こんな感じ。
これはあくまで”ちと特殊、かつ暇人”の場合なんで全く参考にならんと思いますが…(旧作の場合はまたちょっと違うし)
みなさんもどんな感じで原作、映画に接しているのか、ぜひ教えてくださいね!
[PR]

by hamchu | 2009-09-25 13:27 | もっと楽しむ?映画の原作 | Trackback | Comments(6)
2009年 09月 25日

ブログ・タイトルの理由(わけ)


映画の原作を「見てから読むべきなのか、読んでから見るべきなのか…」

これは一種究極の命題かと思うのですが(大げさな… 笑)、私の場合、日本語に翻訳された原作があって読書可能な場合、ここ近年に製作されたものであればほぼ映画を見る前に原作を読んでいます。

この点、このブログのタイトル「見てから読む?映画の原作」にはまったく反してるわけなんですが、それには実は理由がありまして…(笑)

このブログの前身はご存知の方も多い?ように、映画原作のデータを集めたHP版(同タイトル 見てから読む?映画の原作 http://www010.upp.so-net.ne.jp/hamchu/)。
そのニュース部分を簡単に即時的に更新していきたいと思いブログを作成したものです(その後子供が生まれたりと個人的に忙しくなり、本家のHPの更新がまったくされていない状態になっていますが…)。

そして、このHP版にも実は前身があり、そのサービスに登録するにあたって、本来、タイトルを「見てから読む?それとも読んでから見る?映画の原作」にしたかったのです。
しかし、タイトルに字数制限があってこれが全部入らない。
本来の私のスタンスである「読んでから見る?映画の原作」では何だか語呂が悪いってんで(「それとも読んでから見る?」部分をぴゅーっと削除して)このタイトル「見てから読む?映画の原作」を登録しました(そのとき、もっと別にしっくりするものを考えとけばなあ、なんてのは後の祭り)。

そのときはタイトルなんていつでも変えられるや、なんて思っていたのですが(私のやることには大体理由があるのだが、元来テキトーな性格なので何でもアバウトなのである)、前身がメルマガで紹介されたり、本家がAll Aboutで賞を受賞したりしているうちにこのタイトルになじんでしまい、何となく変更できなくなってしまいました。
今では10年近くこのタイトルを使わせてもらっています。

肝心の「見てから読む?それとも読んでから見る?映画の原作」ってタイトルをつけようと思った理由…
これは実ははっきりしたところはよく覚えていないんですが(←困ったもんだ)
第一に、当時”BOOK ? or MOVIE?”という英語のサイトを参考にしていたからだと思います。
また、ベストセラーファンタジー系の原作アリ作品が多い今では必然的に原作を先に読んでいる方が多いようなんですが、「羊たちの沈黙」のあたりのサイコパス映画が流行してた時期には映画を見るまでは原作は読まないって方が結構多くて、先に読むか読まないかで意見が分かれたり…
これは後々いい研究テーマになるんじゃないかと(どんな研究じゃ)。
あと、「見る」を「観る」にしていないあたりからも角川のあのキャッチフレーズは意識しています…(私は昔、いわゆる「メディアミックス」って売り方何となく好きじゃなかったんですけどね 笑)
私はあのキャッチフレーズやメディアミックスって言葉、今でもスタンダードだと思ってたんですが、若い方など意外と知らない方が多くて、何だかすごく中途半端なパクリみたいになっちゃって、これはホントに今でもアイタタタ~って感じ。

しかし、映画でも本でも会社名でも名前ってのは大事なもんですなー(ちなみに「はむちゅう」というハンドルネームは飼っていたハムスターの名前から。昔は「ハム太郎」+「ピカチュウ」と思われたものですが、ホントは「ハムスター」+「ピカチュウ」 はい、発想が単純です 笑)。

そんな前置きはさておき(前置きかい)私が映画の原作を映画を見るより前に先に読んでいる理由は…
[PR]

by hamchu | 2009-09-25 09:45 | もっと楽しむ?映画の原作 | Trackback | Comments(2)
2009年 09月 25日

もっと楽しむ?映画の原作


わたくし、はむちゅうが映画の原作のニュースをほぼ毎日追いかけるようになってから約10年、このブログをはじめてからも5年以上が経過しました。

この間に長年幻の企画と言われていたものが実現したり、一度映画化予定が発表されて以来トンと続報を聞かずオプション権の行方がはるか彼方に行ってしまったり、忘れていた企画が思わぬところからひょっこりと復活したり…
今では原作つき映画のニュースの見方や企画実現の流れなど、大体の様子が把握できたのではないかと思います。

そこでこのブログでも私が感じた映画の原作に関するアレコレ(映画の原作の読み方、原作つき映画の見方、映画の原作ニュースの読み方)をとりとめもなく書いていきたいと思います。
まったくもって独断と偏見によるものですが、こんな見方もあるんだなあ、ということでご容赦ください(また、オリジナルネタ?で記事を書くのは久しぶりだ、ってんで文章が変だったり、なかなか記事がアップできない場合も多いと思いますが…)。

質問・疑問・ご意見などいつでも受け付けておりますので、コメント欄またはメールにてお知らせください(あの本の映画化予定はどうなった?なんてのも結構です)。

それでは今後とも何卒よろしくお願いいたします。
                見てから読む?映画の原作 管理人 はむちゅう
 
[PR]

by hamchu | 2009-09-25 09:26 | もっと楽しむ?映画の原作 | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 23日

【映画】ステファニー・メイヤーの「The Host」、アンドリュー・ニコル監督で映画化へ


ニック・ウェクスラー、Steve&Paula Mae Schwartzが「トワイライト」シリーズの作者ステファニー・メイヤー(Stephenie Meyer)のSFスリラー「The Host」の権利を自費で取得した模様。

「シモーヌ」、「ロード・オブ・ウォー」のアンドリュー・ニコルが監督で映画化予定。

原作 The Host  Stephenie Meyer (著) Little Brown & Co
 
[PR]

by hamchu | 2009-09-23 14:24 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 23日

【映画】ディアブロ・コディ、「スイート・ヴァレー・ハイ」を脚本・製作


ディアブロ・コディがフランシーン・パスカル(Francine Pascal)の「スイート・ヴァレー・ハイ(Sweet Valley High)」シリーズ映画版を脚本、製作する模様。

「JUNO/ジュノ」のメイソン・ノヴィック、「ウォンテッド」のアダム・シーゲル、マーク・プラットが製作予定。

いやあ、懐かしい!エリザベスとジェシカの双子が出てくるヤツ!
これ、ハヤカワからいっぱい出てたんですよね(私向きじゃないジャンルだからほとんど読んだことないけど 笑)。

この「Sweet Valley High」は90年代にTVシリーズになっていて主人公の双子にはBrittany DanielとCynthia Danielが出演。
新しい映画版のキャスティングも気になりますね。
 
[PR]

by hamchu | 2009-09-23 12:01 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 23日

映画原作関連ニュース Night Train to Lisbon、La Tete en friche、Netherland


★Studio Hamburg とC-FilmsはPascal Mercierのベストセラー「Night Train to Lisbon」を映画化予定。

この本、まだ日本で出てないですよね?
なかなか映画向きだと思うんですが…

原作 Night Train to Lisbon Pascal Mercier (著)  Atlantic Books


★「画家と庭師とカンパーニュ」のジャン・ベッケル監督の「La Tete en friche」にジェラール・ドパルデューが出演する模様。

原作はMarie-Sabine Rogerの同名小説、ベッケルとジャン=ルー・ダバディが脚本。
ルイ・ベッケルが製作。


★Focus Featuresはオプラ・ウィンフリーのHarpo Prods.、サム・メンデスのNeal Street Prods. とJoseph O'Neillの小説「Netherland」を映画化する模様。

クリストファー・ハンプトンが脚色、メンデスとピッパ・ハリスがウィンフリー、Kate Forteと製作予定(メンデスは監督も?)。

原作 Netherland  Joseph O'Neill (著)  Vintage
 
[PR]

by hamchu | 2009-09-23 10:05 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)