<   2011年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 30日

映画原作関連ニュース Storming Las Vegas、I Hunt Killers、Go Down Together…

 
★Summit EntertainmentはJohn Huddyの書籍「Storming Las Vegas: How a Cuban-Born, Soviet-Trained Commando Took Down the Strip to the Tune of Five World-Class Hotels, Three Armored Cars, and Millions of Dollars」の映画化権を取得、ロレンツォ・ディボナヴェンチュラ制作、アントワン・フークア監督で映画化予定。

原作 Storming Las Vegas: How a Cuban-Born, Soviet-Trained Commando Took Down the Strip to the Tune of Five World-Class Hotels, Three Armored Cars, and Millions of Dollars  John Huddy Ballantine Books


☆Warner Bros. TVは「I Hunt Killers」の権利を取得、ジョエル・シルヴァー制作でシリーズ化する模様。

原作はBarry Lygaの12年4月に刊行予定?のYA小説。


★20世紀FOXは「Espn: Those Guys Have All The Fun」の映画化権を取得。

原作はJames Andrew Millerと Tom Shalesの書籍。
マイケル・デ・ルカ、デイナ・ブルネッティ、ジュリー・ヨーン制作で映画化予定。

原作 Espn: Those Guys Have All The Fun James Andrew Miller and Tom Shales Little, Brown and Company


★ニール・バーガーがシェルダン・ターナー、制作者のMarissa McMahonと「Go Down Together: The True, Untold Story of Bonnie and Clyde」の権利を取得。

原作はジェフ・ガイン(Jeff Guinn)の書籍。

原作 Go Down Together: The True, Untold Story of Bonnie and Clyde   Jeff Guinn Simon & Schuster


★ラリー・グロスが「ヤバい経済学」の共著者スティーヴン・J・ダブナー(Stephen J. Dubner)の手記「Choosing My Religion」を映画化する「Turbulent Souls」を脚色する模様。

原作 Choosing My Religion: A Memoir of a Family Beyond Belief  Stephen J. Dubner Harper Perennial


☆Lifetimeはアナベル・ガーウィッチと彼女の夫Jeff Kahnによる手記「You Say Tomato, I Say Shut Up: A Love Story」を脚本化する模様。

原作 You Say Tomato, I Say Shut Up: A Love Story  Annabelle Gurwitch Jeff Kahn Crown; 1版
 
[PR]

by hamchu | 2011-07-30 18:14 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2011年 07月 26日

未公開作品 DVD 戦場カメラマン 真実の証明 Triage

 
戦場カメラマン 真実の証明 Triage 09年アイルランド、ベルギー、スペイン、仏
監督・脚本:ダニス・タノヴィッチ
音楽:ルシオ・ゴドイ
撮影:シーマス・ディージー
DVD:戦場カメラマン 真実の証明  アルバトロス
原作:Triage Scott Anderson / / Scribner Paperback Fiction
出演:コリン・ファレル、バス・ベガ、ケリー・ライリー、クリストファー・リー、ジェイミー・シーヴェス
ストーリー
1988年。中東に広がるクルド人の居住地、クルディスタン。イラク軍による攻撃が絶え間なく続くその地へ、戦場カメラマンのマークは友人のデビッドと共に向かった。クルド人によるイラク部隊への急襲を撮影したマークは、さらに危険な戦地に赴き撮影を続けようとする。だが、身重の妻を残してきたデビッドは帰国を望み、マークと離れ離れになる。その後、重傷により意識不明で発見されたマークは、現地の治療所で手当てを受けた後に帰国の途につく。だが、マークよりも先に帰国していたはずのデビッドは、まだ妻の元へ戻っていなかった…。マーク自身も、心の奥深くに突き刺さる戦場の傷跡により、精神が衰弱していく。そして、彼の口から語られた衝撃の真実とは…

【関連】
映画原作関連ニュース I Love You Phillip Morris、No Better Place to Die、Triage 08年4月5日
 
[PR]

by hamchu | 2011-07-26 06:35 | DVD | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 26日

未公開作品 DVD イージーマネー Snabba Cash

 
イージーマネー Snabba Cash 10年スウェーデン
監督:ダニエル・エスピノーサ
脚本:マリア・カールソン
制作:フレデリク・ヴィークストレム
音楽:ヨン・エクストランド
撮影:アリル・ヴレトバルド
DVD:イージーマネー ファインフィルムズ
原作:Easy Money: A Novel Jens Lapidus Pantheon
出演:ジョエル・キンナマン、マティアス・パディン、ドラゴミール・ムルジッチ、リサ・ヘンニ
ストーリー
学生で有りながら、裕福なエリートを装い二重生活を送るJW、ユーゴマフィアに狙われる身で脱獄をしたホルへ、ホルへを追い込むユーゴマフィアのヒットマンのムラード。 JWは、儲け話に乗っかりホルへを追っていた。ホルへは、何者かに尾行されていると感じ地下鉄・バスを乗り継ぎ巻こうとする。しかし、追手はJWだけでは無く、ヒットマンのムラードも尾行していた。ホルへは逃げ回っていたが、ムラードに捕まってしまう。ホルへを見失ってしまったJWがホルへに追いついた時には、彼は既に立ち上がれない程ムラードに殴られていた。JWは、ムラードの車の警報機を鳴らし、ムラードが車の所に戻ったすきにホルへを連れ出す。JW とホルへが出会った時に3人の人生の歯車が噛み合った…。ホルへは秘かに大量のコカインの密輸を計画していたが、それは想像以上に危険な計画だった。彼の計画にJW、ムラードは引き込まれていってしまう…
 
[PR]

by hamchu | 2011-07-26 06:32 | DVD | Trackback | Comments(1)
2011年 07月 25日

【映画】チャック・パラニュークの「インヴィジブル・モンスターズ」映画化?

 
事故で顔を失ったわたしは、裏切った婚約者に復讐するため旅に出る。交錯する過去と現在、境界をなくす男と女、聞こえない叫びと悲鳴、見えない殺戮と破壊…

チャック・パラニューク(Chuck Palahniuk)の「インヴィジブル・モンスターズ(Invisible Monsters)」をTVシリーズ「Skins」のSamir Rehemが監督?という話が登場。

Cameron MacLarenが脚色、MacLaren Prods.が制作。

「インヴィジブル・モンスターズ」…面白いと思うんですけど、これを映画化するのはいろいろな点で難しいような(笑)。

原作 インヴィジブル・モンスターズ チャック・パラニューク(著) 早川書房

原作 おもな登場人物
わたし
エヴィ・コットレル わたしの親友
ブランディ・アレグザンダー
シスター・キャサリン
メイナス・ケリー


シェーン わたしの兄
 
[PR]

by hamchu | 2011-07-25 14:44 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 24日

【TVM】「骨の袋」TVMにピアース・ブロスナンが出演

 
最愛の妻に先立たれたベストセラー作家マイク・ヌーナン。彼はその後毎夜の悪夢に悩まされる。夢の舞台は決まって妻との思い出が宿る湖畔の別荘。
ヌーナンは吸い寄せられるように別荘へと向かった。そこで彼を待ち受けていたのは、彼の運命を激変させる一人の少女。怪奇現象が多発し、過去の忌まわしい犯罪に対して死者がヌーナンにつきまとう。

A&Eはスティーヴン・キング(Stephen King)の「骨の袋(Bag of Bones)」を4パートのミニシリーズに映像化、ピアース・ブロスナンが出演する模様。

ミック・ギャリスが監督、アナベス・ギッシュも出演、「マスターズ・オブ・ホラー2~/愛と欲望の毛皮」のマット・ヴァンが脚色。
Mark Sennett、ミック・ギャリス、Stewart Mackinnon、Craig Sheftellらが制作。

原作 
骨の袋 上 スティーヴン・キング(著) 新潮社
骨の袋 下 スティーヴン・キング(著) 新潮社
 
[PR]

by hamchu | 2011-07-24 07:00 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 20日

【映画】ロン・ハワードがジョン・クラカワーの「信仰が人を殺すとき」を映画化?

 
アメリカでは、モルモン教徒は長老派教会の信者より多い。世界では、ユダヤ教徒より多い―「神の命令」に従い弟の妻とその幼い娘を殺した熱心な信徒、ラファティ兄弟。なぜ、熱心な宗教者たちが殺人者となり得たのか?

「ダークタワー」企画が頓挫してしまったロン・ハワードとブライアン・グレイザーにジョン・クラカワー(Jon Krakauer)の「信仰が人を殺すとき - 過激な宗教は何を生み出してきたのか(Under the Banner of Heaven)」を映画化する企画がある模様。

脚本は「ミルク」のダスティン・ランス・ブラック。

原作 信仰が人を殺すとき - 過激な宗教は何を生み出してきたのか ジョン・クラカワー(著) 河出書房新社
 
[PR]

by hamchu | 2011-07-20 14:30 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(2)
2011年 07月 20日

【映画】シャイア・ラブーフがロバート・レッドフォード監督・出演のポリティカル・スリラーに出演

 
シャイア・ラブーフとロバート・レッドフォードが Voltage PicturesとWildwood Enterprises制作のポリティカル・アクション・スリラー「The Company You Keep」に出演する模様。

レッドフォードは監督・制作もする予定。
原作はニール・ゴードン(Neil Gordon)の同名小説、脚色は「イギリスから来た男」のレム・ドブス。

Bill Holderman、「ハート・ロッカー 」のニコラス・シャルティエが制作、クレイグ・J・フローレスが制作総指揮。

9月にバンクーバーで撮影開始予定。

原作 The Company You Keep Neil Gordon (著) Penguin (Non-Classics); Reprint版
 
[PR]

by hamchu | 2011-07-20 14:11 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 20日

映画原作関連ニュース Street Soldier、Siberian Education、How to Defeat Your Own Clone

 
★「トワイライト」シリーズに出演のピーター・ファシネリとRob DeFrancoが書籍「Street Soldier: My Life as an Enforcer for Whitey Bulger and the Irish Mob」を映画化する模様。

原作 Street Soldier: My Life as an Enforcer for Whitey Bulger and the Irish Mob Edward MacKenzie Jr. (著), Phyllis Karas (著), Ross A. Muscato (著) Steerforth; 1版


★ジョン・マルコヴィッチがガブリエレ・サルヴァトレス監督の「Siberian Education」に出演する模様。

原作はolai Lilinの同名書籍、脚本はサルヴァトレス、ステファノ・ルッリ、サンドロ・ペトラリア。

原作 Siberian Education: Growing Up in a Criminal Underworld  Nicolai Lilin (著) W W Norton & Co Inc


★Dimension Filmsはコメディガイド本「How to Defeat Your Own Clone」の権利を取得、Ed Ricourtが脚色、エレン・ゴールドスミス=ヴァイン、Eric Robinsonが制作で映画化予定。

Peter McHugh、マシュー・スタイン、Matthew Singerが制作総指揮。

原作 How to Defeat Your Own Clone: And Other Tips for Surviving the Biotech Revolution  kyle kurpinski Terry D. Johnson(著) tam; Original版
 
[PR]

by hamchu | 2011-07-20 14:00 | 映画・ニュース | Trackback(1) | Comments(1)
2011年 07月 19日

未公開作品 DVD ポルノグラフィア 本当に美しい少女 Pornografia

 
a0000270_13425377.jpgポルノグラフィア 本当に美しい少女 Pornografia 03年ポーランド
監督:ヤン・ヤコブ・コルスキ
脚本:ヤン・ヤコブ・コルスキ、ジェラール・ブラッシュ
制作総指揮:Pawel Poppe
制作:アントワーヌ・ドゥ・クレルモン=トネール、ルー・ライウィン
音楽:ジグムント・コニエチニ
撮影:クシシュトフ・プタク
DVD:ポルノグラフィア 本当に美しい少女  アットエンタテイメント
原作:ポルノグラフィア ヴィトルド ゴンブロヴィッチ 河出書房新社
出演:クシシュトフ・マイフシャク、サンドラ・サモス、カジミェシュズ・マズール、アダム・フェレンツィ、クシシュトフ・グロビシュ
ストーリー
1943年、ナチス政権下のポーランド・ワルシャワ―
インテリ同志たちとの会合に訪れたヴィトルドは、謎の男フレデリクと出会う。 二人はすっかり意気投合。フレデリクを信用したヴィトルドは、共に友人ヒポリトの家に向かう。 ヒポリトには美しい娘、ヘニアがいた。家の近くの牧場で働く少年カロルも、また美しかった。幼馴染だという二人だが、二人が一線を越えた関係であることをすぐに察知したヴィトルドとフレデリク。 さらに、ヘニアには年の離れた婚約者のヴァルワフがいた―
にも関わらず、カロルとの関係を続けるヘニアの若さと美貌に魅了されるヴィトルドたち。 気がつくと二人は、美しいヘニアから目が離せなくなっていく。 しかし、ヴァツワフの母親が殺される事件が起こり、状況は一変。ヘニアとカロルの関係にも変化が生じ始める―

原作 おもな登場人物
私 ヴィトルド・ゴンブロヴィッチ (アダム・フェレンツィ)
フリデリク (クシシュトフ・マイフシャク)
ヒポリト・S(ヒプ) (クシシュトフ・グロビシュ)
夫人 マリア(ヒポリトの妻) (Grazyna Blecka-Kolska)
へニア ヒポリトの娘 (サンドラ・サモス)
カロル (カジミェシュズ・マズール)
ヴァツワフ・ペシュコフスキ へニアの婚約者 (Grzegorz Damiecki)
アメリア夫人 ヴァツワフの母 (Irena Laskowska)
ユジェク・スクジャク(ユゼク) (Jan Urbanski)

*この原作、タイトルから想像されるような感じ(って、どんなんじゃ)の本じゃないです(なかなか読みにくいし 笑)。 
この作品の映画化について回答した作者の注意書きに
「この映画はポルノグラフィとはしないこと、肉感と詩情のある作品とすること」
とあるんですが、映画化されたこの作品は作者のおめがねにかなったかしらん?(Polish Film Awards、Polish Film Festivalなどでノミネート、受賞しているんで結構いい感じだったのかも?)
  
[PR]

by hamchu | 2011-07-19 13:41 | DVD | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 18日

未公開作品 DVD 襲撃者の夜 Offspring

 
襲撃者の夜 Offspring 09年米
監督:アンドリュー・ヴァン・デン・ハウテン
脚本:ジャック・ケッチャム
制作総指揮:Moses Gross、Frank Olsen
制作:アンドリュー・ヴァン・デン・ハウテン、ウィリアム・M・ミラー、ロバート・トニーノ
音楽:ライアン・ショア
撮影:ウィリアム・M・ミラー
DVD:襲撃者の夜 (株)アース・スター エンターテイメント
原作:襲撃者の夜 ジャック・ケッチャム 扶桑社
出演:アート・ヒンドル、ポリアンナ・マッキントッシュ、アナ・テスラー、ホルター・グレアム、エイミー・ハーグリーヴス、エリック・カステル
ストーリー
北米東海岸沿いのリゾート地。ある日の夜、残忍な殺人が起こり、女性二人が殺され、赤ん坊が行方不明になった。同じ場所で起こった十一年前の惨劇を想起した地元の警察は全力で捜査を開始するが、警察が出払っている最中に第二の惨劇が起きる!幸い難を逃れたクレアと少年ルーク、赤ん坊のメリッサを待っていた運命とは?

原作 おもな登場人物
デイヴィッド・ハルバード (アンドリュー・エルヴィス・ミラー)
エイミー デイヴィッドの妻 (エイミー・ハーグリーヴス)
メリッサ デイヴィッドの娘、赤ちゃん (Emma Elizabeth Messing)
クレア エイミーの親友 (アナ・テスラー)
スティーヴン・キャリー クレアの夫 (エリック・カステル)
ルーク クレアの息子 (トミー・ネルソン)
ウィル・キャンベル (Frank Olsen)
スーザン ヒッチハイカー (Jana Veldheer)
ジョージ・ピーターズ 元保安官 (アート・ヒンドル)
ヴィク・マネッティ 保安官 (ホルター・グレアム)
マイルズ・ハリソン 警察官 (Taylor Piedmonte)
グロリア (T.J. Graye)
マックス・ジョゼフ (ジャック・ケッチャム)
ウーマン (ポリアンナ・マッキントッシュ)
セカンド・ストールン (Leigh Shannan)
ガール (レイチェル・ホワイト)
ファースト・ストールン (Stephen Grey)
ボーイ (Preston Mulligan)
カウ (Ed Nelson)
アースイーター (ジェシカ・バトラー)
ラビット (スペンサー・リスト)
ナンシー・アン・デイヴィッド
スザンナ
ロリーン・エレン・カルツァス (Kelly Carey)

*DVDパッケージでは「食人族」という字のほうが大きいのですが…(でもってなぜか the finalまでくっついてて… 笑)
これではラッキー・マッキ―監督の「The Woman」がどういうDVDタイトルになるのか、今から楽しみ?
 
[PR]

by hamchu | 2011-07-18 07:22 | DVD | Trackback | Comments(2)