<   2011年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 22日

【映画】ハリソン・フォード、アビゲイル・ブレスリンが「エンダーのゲーム」に出演

 
オースン・スコット・カード(Orson Scott Card)のSFを映画化する「エンダーのゲーム(Ender's Game)」にハリソン・フォード、アビゲイル・ブレスリンも出演する模様(ハリソン・フォードはハイラム・グラッフ大佐、アビゲイル・ブレスリンはエンダーの姉ヴァル役)。

ヘイリー・スタインフェルド(ペトラ・アーカニアン)、ベン・キングズレー(演じるキャラがイマイチはっきりしないのはどうして?)も出演予定のこの映画、「ハンナ・モンタナ」のモイセス・アリアス(ボンソー)、コナー・キャロル(バーナード)、アラミス・ナイト(ビーン)、Brendan Meyer(スティルスン)、Jimmy "Jax" Pinchak(ピーター)、Suraj Parthasarathy(アーライ)、Khylin Rhambo(ディンク)も出演とか。
非常に細かいキャスティングがされていてさすが人気作品の映画化~という感じです(笑)。

【関連】
【映画】「トロイ」の脚本家がSF「エンダーのゲーム」映画化に参加 05年3月23日
【映画】エイサ・バターフィールドが「エンダーのゲーム」に出演 11年12月1日

原作 エンダーのゲーム オースン・スコット・カード 早川書房

原作 おもな登場人物
エンダー(アンドルー)・ウィッギン
ヴァレンタイン(ヴァル) エンダーの姉
ピーター 兄
スティルスン
ハイラム・グラッフ大佐
メイザー・ラッカム
ダップ
バーナード
シェン
アーライ
ペトラ・アーカニアン
ボニート・デ・マドリッド(ボンソー)
ポル・スラッタリー
アンダースン少佐
ディンク・ミーカー
インブー少佐
ビーン
カーン・カービィ
クレイジー・トム
ペイス将軍
タロ・モモエ
ウィリアム・ビー
 
[PR]

by hamchu | 2011-12-22 14:14 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(3)
2011年 12月 21日

映画原作関連ニュース エンゾ、Eden、Wither、Hemlock Grove

 
★家族とカーレースをこよなく愛した犬、エンゾ。彼は、深い愛情で結ばれながらも、どしゃ降りの人生を歩むことになってしまった飼い主一家にとって、唯一無二の心の支えだった。いつもそばにいるものだけが知る、家族やその周囲の人たちの本当の姿。エンゾはそんな姿を、静かに、そしてあたたかく見守りつづけた ―

「ダイ・ハード4.0」、「アンストッパブル」のマーク・ボンバックが「The Art of Racing in the Rain」脚本家として起用された模様。

原作はガース・スタイン(Garth Stein)のベストセラー、日本語タイトルは「エンゾ レーサーになりたかった犬とある家族の物語」

【関連】
映画原作関連ニュース パトリック・デンプシー、セス・ゴードン、クロード・シャブロル 追記アリ 09年7月19日

原作 エンゾ レーサーになりたかった犬とある家族の物語 ガース・スタイン ヴィレッジブックス


★Kerry, Kimmel and PollackがKeary Taylorの小説「Eden」の権利を取得した模様。

マーク・モーガン、Kami Garcia、ブレット・ハドソン、マイケル・ポラックが制作。

原作 Eden Keary Taylor Createspace


★Lauren DeStefanoのSFファンタジー「Wither」の権利をProspect ParkとViolet Houseが取得。

ジェフ・クワティネッツとロブ・カーライナーが制作予定。

原作 Wither: Book One of the Chemical Garden Lauren DeStefano HarperVoyager


☆NetflixとGaumont International Televisionは「Hemlock Grove」を13エピソードのシリーズにする模様。

制作総指揮、監督はイーライ・ロス。
原作はBrian McGreevyの刊行予定のゴシック・ホラー小説。

原作 Hemlock Grove Brian McGreevy Farrar Straus & Giroux
 
[PR]

by hamchu | 2011-12-21 20:26 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 20日

【Trailer】Salmon Fishing in the Yemen イエメンで鮭釣りを

 
ポール・ トーディの「イエメンで鮭釣りを」をラッセ・ハルストレム監督が映画化した「Salmon Fishing in the Yemen」のTrailer。
Salmon Fishing in the Yemen

今年のトロント映画祭で上映済、英・米の公開は3月上旬を予定しています。

Salmon Fishing in the Yemen 11年英
監督:ラッセ・ハルストレム
脚本:サイモン・ボーフォイ
制作総指揮:ガイ・アヴシャロム、ポーラ・アルフォン、ジギー・カマサほか
制作:ポール・ウェブスター
音楽:ダリオ・マリアネッリ
撮影:テリー・ステイシー
原作:イエメンで鮭釣りを ポール トーディ (著),  白水社
出演:ユアン・マクレガー、エミリー・ブラント、クリスティン・スコット・トーマス、レイチェル・スターリング、アムール・ワケド

【関連】
【映画】「イエメンで鮭釣りを」、ラッセ・ハルストレム監督で映画化へ 10年5月14日

原作 おもな登場人物
アルフレッド(フレッド)・ジョーンズ博士 (ユアン・マクレガ―)
ハリエット・チェトウォド=タルボット (エミリー・ブラント)
メアリ フレッドの妻 (レイチェル・スターリング)
マルコム (Hamish Gray)
シャイフ・ムハマンド・イブン・ザイディ・バニ・ティマーハ (アムール・ワケド)
ピーター・マクスウェル 広報担当官(映画ではパトリシア・マクスウェル クリスティン・スコット・トーマス)
ロバート・マシューズ大尉 ハリエットの恋人 (トム・マイソン)
ジェイ・ヴェント
エッサド (Waleed Akhtar)
 
[PR]

by hamchu | 2011-12-20 22:34 | Trailer・HP | Trackback | Comments(7)
2011年 12月 17日

【TVM】Sky Atlantic、「セビーリャの冷たい目」をドラマ化

 
Sky Atlanticはセビーリャを舞台にしたロバート・ウィルスン(Robert Wilson)のベストセラー・サスペンスシリーズ「Falcon」を4パートのドラマにする模様。

陽光きらめくセビーリャで老実業家が殺された。被害者は椅子に縛りつけられて、生きたまま目蓋を切り取られ、目前に置かれたテレビで無理やりなにかを見せられていたらしい。かたわらには「視覚の授業第一回目」と書かれたカードがあった。そしてこの残忍な現場を目にしたときから、冷徹な殺人課警部長ファルコンに異変が生じ始める。そこへ犯人の第二の授業が…

はじめのストーリーは翻訳版がある「セビーリャの冷たい目(The Blind Man of Seville)」、次は「The Silent and the Damned」を映像化するようです。

原作 
セビーリャの冷たい目(上) ロバート・ウィルスン 早川書房
セビーリャの冷たい目(下) ロバート・ウィルスン 早川書房

原作(セビーリャの冷たい目) おもな登場人物
ハビエル・ファルコン 警部長
ラウル・ヒメネス 実業家
イネス ハビエルの元妻
コンスエロ ラウルの妻
フランシスコ・ファルコン ハビエルの父
パシリオ・トマス・ルセーナ コンスエロの愛人
ホセ・マヌエル・ヒメネス ラウルの息子
メルセデス ハビエルの継母
エロイサ・ゴメス 娼婦
マヌエラ ハビエルの姉
パコ ハビエルの兄
ペペ・レアル
マルタ ラウルの娘
ラモン・サルガド 画商
ピラール ハビエルの母
フリオ・メネンデス・シャフシャオーニ
タリク・シャフシャオーニ
 
[PR]

by hamchu | 2011-12-17 14:30 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 16日

ゴールデングローブ賞 ノミネート発表

 
作品賞 ドラマ部門
ファミリー・ツリー
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
ヒューゴの不思議な発明

The Ides of March
マネー・ボール
戦火の馬


作品賞 コメディ・ミュージカル部門
50/50 フィフティ・フィフティ
The Artist
Bridesmaids
おとなのけんか
Midnight in Paris
マリリン 7日間の恋

主演男優賞 ドラマ部門 
ジョージ・クルーニー ファミリー・ツリー
ブラッド・ピット マネー・ボール
ライアン・ゴズリング The Ides of March
マイケル・ファスベンダー Shame
レオナルド・ディカプリオ J・エドガー

主演男優賞 コメディ・ミュージカル部門
ジャン・デュジャルダン The Artist
ブレンダン・グリーソン The Guard
ジョゼフ・ゴードン・レヴィット 50/50 フィフティ・フィフティ
ライアン・ゴズリング ラブ・アゲイン
オーウェン・ウィルソン Midnight in Paris

主演女優賞 ドラマ部門
グレン・クローズ Albert Nobbs
ヴィオラ・デイヴィス ヘルプ ~心がつなぐストーリー
ルーニー・マーラ ドラゴン・タトゥーの女
メリル・ストリープ マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
ティルダ・スウィントン 少年は残酷な弓を射る

主演女優賞 コメディ・ミュージカル部門
ジョディ・フォスター おとなのけんか
シャーリーズ・セロン ヤング≒アダルト
クリステン・ウィグ Bridesmaids
ミシェル・ウィリアムズ マリリン 7日間の恋
ケイト・ウィンスレット おとなのけんか

監督賞
ウディ・アレン Midnight in Paris
ジョージ・クルーニー The Ides of March
ミシェル・アザナヴィシウス The Artist
アレクサンダー・ペイン ファミリー・ツリー
マーティン・スコセッシ ヒューゴの不思議な発明

助演女優賞
ベレニス・ベジョ The Artist
ジェシカ・チャステイン ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
ジャネット・マクティア Albert Nobbs
オクタヴィア・スペンサー ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
シェイリーン・ウッドリー ファミリー・ツリー

助演男優賞 
ケネス・ブラナー マリリン 7日間の恋
アルバート・ブルックス ドライヴ
ジョナ・ヒル マネー・ボール
ヴィゴ・モーテンセン A Dangerous Method
クリストファー・プラマー 人生はビギナーズ
 
[PR]

by hamchu | 2011-12-16 00:32 | その他 | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 14日

【映画】シアーシャ・ローナン、「わたしは生きていける」に出演

 
「つぐない」、「ハンナ」のシアーシャ・ローナンがケヴィン・マクドナルド監督、メグ・ローゾフのYA小説「わたしは生きていける」を映画化する「How I Live Now」に出演する模様。

ローナンは主人公のデイジー役。
この原作、結構いい味出してて私は好きですね(はじめはケヴィン・マクドナルド、なんで?と思ったんだけど 笑)。この雰囲気のまま映画化希望!

【関連】
【映画】ケヴィン・マクドナルド監督、「わたしは生きていける」を映画化へ 11年5月13日

原作 わたしは生きていける メグ・ローゾフ 理論社
 
原作 おもな登場人物
デイジー(エリザベス)
エドモンド
アイザック
オズバート
パイパー
ペンおばさん
ダヴィーナ
父さん
ジェイン・マケヴォイ夫人
アルビー(アルバート)
ローレンス・マケヴォイ少佐(マック少佐)
エレナ
フランシス伍長(フランキー)
 
[PR]

by hamchu | 2011-12-14 23:00 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 13日

このミス 12年版 海外編 映像化・映像化予定作品

 
今年もこのミスのランキングが発表になりました。
映画原作になりそうな本、多いような、少ないような…
「ねじれた文字、ねじれた路」や「夜の真義を」等を映像化予定に入れていいものか迷うのですが(権利がとられてるってことだけだと殆ど全部入っちゃうし、こういうのはまず早急には実現しないから~)、ま、いいか(いいのか?)。
今後ですと北欧系のほうが映像化される機会が多いのではないかと思います。

2位 犯罪 フェルディナント・フォン・シーラッハ
ドリス・ドゥリー監督による「幸運(Gluck)」がポストプロダクションに入っております。
出演はアルバ・ロルヴァケル、ヴィツェンツ・キーファーら。独公開は12年2月23日予定。

犯罪 フェルディナント・フォン・シーラッハ (著) 東京創元社

4位 背後の足音 ヘニング・マンケル
夏至前夜、三人の若者が公園でパーティーを開いていた。18世紀の服装、料理、ワイン。彼らをうかがう目があるとも知らず…。イースタ警察署に、夏至前夜に友人と出かけて以来行方不明の娘を捜してくれという母親の訴えが出された。その捜査会議に刑事のひとりが無断で欠席する。几帳面な人物がなぜ?不審に思ってアパートを訪ねたヴァランダーの目の前に、信じられない光景が。

出ればここに書けるというありがたい存在のヴァランダーさん。
「Steget efter」も映像版がありまする。
背後の足音 上 ヘニング・マンケル(著) 東京創元社
背後の足音 下 ヘニング・マンケル(著) 東京創元社

7位 サトリ ドン・ウィンズロウ
ディカプリオで映画化、ってホント?(笑)
【映画】ドン・ウィンズロウの「サトリ」、レオナルド・ディカプリオ出演で映画化へ? 

サトリ(上) ドン・ウィンズロウ 早川書房
サトリ(下) ドン・ウィンズロウ 早川書房

8位 ねじれた文字、ねじれた路 トム・フランクリン
ホラー小説を愛する内気なラリーと、野球好きで大人びたサイラス。1970年代末の米南部でふたりの少年が育んだ友情は、あるきっかけで無残に崩れ去る。それから25年後。自動車整備士となったラリーは、少女失踪事件に関与したのではないかと周囲に疑われながら、孤独に暮らす。そして、大学野球で活躍したサイラスは治安官となった。だが、町で起きた新たな失踪事件が、すべてを変えた。過去から目を背けて生きてきたふたりの運命は、いやおうなく絡まりあう…

これを入れてしまうのはあれなんですが、映画化予定があるようなないようななんで…
ねじれた文字、ねじれた路 トム・フランクリン(著) 早川書房

10位 夜の真義を マイケル・コックス
ロンドンの街の底を歩み、法律事務所のために裏仕事を請け負う男エドワード・グラプソン。英才と謳われ、名門イートン校入学を果たした男が、なぜ暗闇の街路で刃を握り締めるに至ったのか。その数奇なる半生が、いま語られはじめる。第二十五代タンザー男爵ジュリアス・デュポート。エドワードの実の父親は、この男爵かもしれない。母の遺品からそのことを知ったエドワードは、己の素性を隠し、裏稼業で知った手管を駆使して、父子関係の証拠を探しはじめた。だがやがて、男爵の寵愛を受ける若き詩人フィーバス・ドーントが姿をあらわす。ドーントこそが、かつてエドワードをイートン校放校に陥れた仇敵であった…

Kristina Lauren Anderson、夫で俳優のジェラード・アンダーソン制作で13年に公開予定、とのこと…
夜の真義を マイケル・コックス (著) 文藝春秋

12位 アンダー・ザ・ドーム スティーヴン・キング
メイン州の小さな町チェスターズミル。人口およそ二〇〇〇人。その町は突如、透明の障壁に囲まれた。上方は高空に達し、下方は地下深くまで及ぶ。“ドーム”と呼ばれるようになった障壁は、わずかな空気と水と電波を通すのみ。パニックのなかで、命を落とす者が連続する。そこで動き出すのは町を牛耳る男ビッグ・ジム・レニー。警察力を掌握したビッグ・ジムは混乱に乗じて恐怖政治を開始した。“ドーム”のなかで一触即発の内圧が高まりはじめる―

スティーヴン・スピルバーグ制作、Showtimeでドラマシリーズになるという話…
「Lost」のBrian K. Vaughanが脚色予定。 
アンダー・ザ・ドーム 上 スティーヴン・キング 文藝春秋
アンダー・ザ・ドーム 下 スティーヴン・キング 文藝春秋

20位 死刑囚 アンデシュ・ルースルンド、ベリエ・ヘルストレム
冬の朝、ストックホルムで起きた傷害事件。単純な事件だった…逮捕された男が、6年前にアメリカの監房で死んだ死刑囚とわかるまでは。恋人を殺し、死刑囚となった男だったが、刑の執行を待たずに独房で死んだ…はずだった。男の死刑を見届けることだけを支えにしていた被害者の遺族、男を間近で見ていた看守…6年間止まっていた時が再び動き出す。あの時監房で何があったのか?生きていた死刑囚はどうなるのか?

「Tre sekunder」以外の権利はSVT (Swedish National Television)が持っているそうな。
死刑囚 アンデシュ・ルースルンド、ベリエ・ヘルストレム 武田ランダムハウスジャパン
 
[PR]

by hamchu | 2011-12-13 07:20 | Trackback | Comments(1)
2011年 12月 12日

映画原作関連ニュース Weeping Susannah、Guilty Wives…

 
★ガエル・ガルシア・ベルナルとMarina Foisが「Weeping Susannah」に出演する模様。

原作はアロナ・キムヒ(Alona Kimchi)の同名小説。
監督はCyril Cohen。

[内容]
At thirty-three, obsessive, hypersensitive Susannah Rabin lives with her mother, their cloistered world providing a barrier to the excruciating torment of human contact. But then Susannah's mother tells her that they are going to have a guest-- Susannah's cousin, a young man from New York. Susannah is horrified. Until the guest arrives, looking uncannily like Percy Bysshe Shelley. Fascinated by his exoticism, Susannah finds herself going to the movies, meeting his friends, swimming at night. But then Susannah's mother becomes troubled by their friendship, and asks the obvious question--"What is he doing in Israel?"


原作 Weeping Susannah Alona Kimchi Random House UK Ltd; New版


★Kerry, Kimmel and Pollackがカプリス・クレイン(Caprice Crane)のYA小説「How to Be a Hater」の権利を取得、作者のクレイン自身が脚色予定。
マーク・モーガン、Kami Garcia、ブレット・ハドソン、マイケル・ポラックが制作。


★ジェイムズ・パタースン(James Patterson)とDavid Ellisのスリラー「Guilty Wives」の映画化権をMaven Picturesが取得した模様。

Leopoldo Goutが制作、作者のパタースンとSteve Bowenが制作総指揮予定。

[内容]
Only minutes after Abbie Elliot and her three best friends step off of a private helicopter, they enter the most luxurious, sumptuous, sensually pampering hotel they have ever been to. Their lavish presidential suite overlooks Monte Carlo, and they surrender: to the sun and pool, to the sashimi and sake, to the Bruno Paillard champagne. For four days they're free to live someone else's life. As the weekend moves into pulsating discos, high-stakes casinos, and beyond, Abbie is transported to the greatest pleasure and release she has ever known.
In the morning's harsh light, Abbie awakens on a yacht, surrounded by police. Something awful has happened--something impossible, unthinkable. Abbie, Winnie, Serena, and Bryah are arrested and accused of the foulest crime imaginable. And now the vacation of a lifetime becomes the fight of a lifetime-for survival.


原作 Guilty Wives James Patterson (著), David Ellis (著) Little, Brown and Company


☆TNTはデヴィッド・E・ケリー制作で「Chelsea General」という医療ドラマのパイロット版を制作する模様。

原作はDr.サンジェイ・グプタ(CNNに出ている)の刊行予定の小説「Monday Mornings」
ケリーが脚色、ケリーとSanjay Guptaが制作総指揮。

原作 Monday Mornings: A Novel Sanjay Gupta Grand Central Publishing
 
[PR]

by hamchu | 2011-12-12 12:40 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 12日

LA映画批評家協会賞(Los Angeles Film Critics Awards ) 作品賞は「The Descendants」

 
LA映画批評家協会賞(Los Angeles Film Critics Awards )が発表になりました。
作品賞は「The Descendants」 Kaui Hart Hemmingsの原作アリでやんす。

作品賞 
The Descendants

次点 ツリー・オブ・ライフ

長編アニメ賞
ランゴ
次点 タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

監督賞
テレンス・マリック ツリー・オブ・ライフ
次点 マーティン・スコセッシ ヒューゴの不思議な発明

a0000270_12394382.jpga0000270_12395749.jpg主演男優賞
マイケル・ファスベンダー A Dangerous Method、Jane Eyre、Shame、X-MEN:ファースト・ジェネレーション
次点 マイケル・シャノン Take Shelter

主演女優賞
ユン・ジョンヒ ポエトリー アグネスの詩(うた)
次点 キルステン・ダンスト メランコリア

助演男優賞
クリストファー・プラマー 人生はビギナーズ
次点 パットン・オズワルト ヤング≒アダルト

助演女優
ジェシカ・チャステイン Coriolanus、The Debt、ヘルプ ~心がつなぐストーリー~、Take Shelter、キリング・フィールズ 失踪地帯、ツリー・オブ・ライフ
次点 ジャネット・マクティア アルバート・ノッブス

脚本賞
別離
次点 The Descendants
 
[PR]

by hamchu | 2011-12-12 12:30 | その他 | Trackback | Comments(1)
2011年 12月 09日

【映画】ブレット・イーストン・エリスの「アメリカン・サイコ」、再映画化?

 
マンハッタン。ウォール街で働くパトリックは、富と地位を約束されたエリート・ビジネスマン。しかしその生活は倦怠と狂気に満ちていた。どこのレストランに顔がきくか、高級ブランドにどれだけ通じているか、どんな名刺をつくったか―飽くことのない物欲、友人達との無意味な会話。そしてセックスの後には残虐な殺人が繰り返される。

クリスチャン・ベイル主演、メアリー・ハロン監督で2000年に映画化されたブレット・イーストン・エリス(Bret Easton Ellis)の「アメリカン・サイコ(American Psycho)」にLionsgateで再映画化の話がある模様。

脚色、監督には「ソーシャル・ネットワーク」のセカンド・ユニット監督Noble Jonesの名前があがっているようです。

原作 
アメリカン・サイコ〈上〉 ブレット・イーストン・エリス 角川書店
アメリカン・サイコ〈下〉 ブレット・イーストン・エリス 角川書店
 
[PR]

by hamchu | 2011-12-09 19:25 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)