<   2012年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 28日

未公開作品 DVD ドリアン・グレイ


ドリアン・グレイ Dorian Gray  09年英 
監督:オリヴァー・パーカー
脚本:トビー・フィンリー
制作総指揮:ジェームズ・スプリング、ポール・ブレット。チャールズ・ミラー・スミスほか
制作:バーナビー・トンプソン
音楽:チャーリー・モール
撮影:ロジャー・プラット
DVD:Jドリアン・グレイ Happinet
原作:ドリアン・グレイの肖像 (新潮文庫) オスカー ワイルド / / 新潮社
出演:ベン・バーンズ、コリン・ファース、ベン・チャップリン、エミリア・フォックス、レイチェル・ハード・ウッド
ストーリー
美青年のドリアンは、ロンドン社交界で華麗なるデビューをする。ある日、一流画家のバジルに肖像を描いてもらう。仕上がった肖像画はまるで生き映し。美貌と純心な性格のドリアンは瞬く間に噂になるが、ハリーと出会いドリアンの人生が変わっていき、ある日、ドリアンは女優シビルに出会い2人は恋に落ちる。しかし、ハリーは、ドリアンに若い女たちとの夜を過ごさせ甘い罠に落とす。シビルにバレてしまい、傷心のあまり自殺をしてしまう。ドリアンは、ハリーにも言えない肖像画の秘密を持ち、姿を消す。十数年後、ドリアンは再び戻ってくるが…

【関連】
【映画】「ナルニア国物語」第2章のベン・バーンズ、「ドリアン・グレイの肖像」に出演? 08年5月19日
【映画】コリン・ファース、「ドリアン・グレイの肖像」に出演 08年8月1日
【映画】ベン・バーンズ&コリン・ファースの「ドリアン・グレイ」、追加キャストが発表

原作 おもな登場人物
ドリアン・グレイ (ベン・バーンズ)
ヘンリー・ウォットン卿(ハリー) (コリン・ファース)
バジル・ホールウォード (ベン・チャップリン)
ジョージ・ファーモア卿
ハーリー公爵夫人
サー・トマス・バードン
アガサ夫人 (フィオナ・ショウ)
アースキン氏
ヘンリー夫人
シヴィル・ヴェイン (レイチェル・ハード・ウッド)
ヴェイン夫人
ジェイムズ・ヴェイン (ジョニー・ハリス)
ハバート氏
フランシス
アラン・キャムベル (ダグラス・ヘンシュオール)
グレイディス・ナルバラ夫人 (マリアム・ダボ)
アドリアン・シングルトン
ジョフリー卿
ソーントン
ベッティ・マートン
リーフ夫人

*これは公開してほしかったなあ…と思います。
[PR]

by hamchu | 2012-06-28 12:50 | DVD | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 28日

未公開作品 DVD イリュージョン The Woman in the Fifth  


イリュージョン The Woman in the Fifth  11年アイルランド・ポーランド・英
監督・脚本:パヴェル・パヴリコフスキー
制作総指揮:テッサ・ロス
制作:カロリーヌ・ベンジョー、キャロル・スコッタ
音楽:マックス・デ・ヴァルデナー
撮影:リシャルト・レンチェウスキ
DVD:イリュージョン  トップ・マーシャル
原作:The Woman in the Fifth  Douglas Kennedy (著)  Hutchinson
出演:イーサン・ホーク、クリスティン・スコット・トーマス、ヨアンナ・クーリグ、サミール・ゲスミ、デルフィーヌ・シュイヨー
ストーリー
別れた妻子の愛を取り戻し、人生をやり直すべく、縋る思いでパリを訪れたアメリカ人作家トム。しかし思惑は外れ、いつしか郊外の寂れたホテルに流れ着き、夜間警備員として働く日々が続く。そんなある日、美しい女性マーギットと出会ってから人生が好転し始める。2人の熱く激しい関係が、まるで見えない力に操られているかのように、次々と不可思議な出来事を引き起こすが…

【関連】
映画原作関連ニュース イーサン・ホーク、Shiver、Invasor、Long Lost 10年2月22日

*これってこういう話だったのか~!結局のところ現時点で原作も日本語にならず…
[PR]

by hamchu | 2012-06-28 12:47 | DVD | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 28日

未公開作品 DVD トースト 幸せになるためのレシピ


トースト 幸せになるためのレシピ Toast 10年英
監督:SJ・クラークソン
脚本;リー・ホール
制作総指揮:アリソン・オーウェン、ポール・トライビッツ、ニコール・フィンナン
制作:フェイ・ウォード
音楽:ルース・バーレット
撮影:バラージュ・ボリゴ
DVD:トースト ~幸せになるためのレシピ~ トップ・マーシャル
原作:Toast: The Story of a Boy's Hunger Nigel Slater (著)  HarperPerennia
出演:ヘレナ・ボナム=カーター、フレディ・ハイモア、ケン・ストット、ヴィクトリア・ハミルトン、オスカー・ケネディ
ストーリー
イギリスを代表するシェフ兼フード・ライター、ナイジェル・スレイターの実話を豪華キャストで描くトゥルー・ストーリー。食卓に缶詰とトーストを出す料理下手な母親のもとで育ち、逆に料理に興味を持つようになったナイジェル。母親が他界した後、父親は新しく家政婦を雇い、ナイジェルは彼女の作るレモン・パイに衝撃を受ける。やがて2人はライバルとなり、料理で父親の愛情を勝ち取ろうとするのだが…

【関連】
【BBC】ヘレナ・ボナム=カーターとフレディ・ハイモア、BBCのドラマに出演 10年5月24日
[PR]

by hamchu | 2012-06-28 12:43 | DVD | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 28日

未公開作品 DVD 恋の終わりの始め方 娘たちのための狩りと釣りの手引き


恋の終わりの始め方 Suburban Girl 07年米
監督・脚本:マーク・クライン
制作総指揮:ドン・カート、ロバート・B・スターム、スザンヌ・ウォーレン
制作:デボラ・デル・プレト、ジジ・プリッツカー、ダリル・タージャ
音楽:ヘイター・ペレイラ
撮影:スティーヴン・ファイアーバーグ
DVD:恋の終わりの始め方 デッサ・エンタテインメント
原作:娘たちのための狩りと釣りの手引き メリッサ・バンク(著)  ヴィレッジブックス
出演:サラ・ミシェル・ゲラー、アレック・ボールドウィン、マギー・グレイス、ジェームズ・ノートン、クリス・カーマック
a0000270_9461749.jpgストーリー
マンハッタンの出版社で編集助手として働くブレット(サラ・ミシェル・ゲラー)は恋も仕事も絶不調。一人前の編集者になるべく努力しているけれど、自分に自信が持てない。新しい上司フェイ(ヴァネッサ・ブランチ)がやってきてからは、特に空回りの毎日だ。そんなある日、彼女は名物編集者アーチー(アレック・ボールドウィン)に出会う。編集者としての有能ぶりに加え、華麗な女性遍歴もついてまわる雲上人だ。28歳も年上の彼。落ち着き払った紳士的な立ち居振る舞い、知らない世界を熟知した大人の魅力、全てを包み込むような包容力にすっかり心を奪われるブレット。上司のフェイを大きく上回るアドバイザーを得たことで仕事もうまく回り出すが、アーチーの援助に頼り切っている自分に気づく。一方、アーチーは自分から離れてゆくようなブレットの真意を理解出来ず、禁酒を破り、別の女性に逃げてしまう。彼も決して完璧ではなかった。愛とは何か。自分はどうしたいのか。悩み抜いたブレットが出した答えとは…? 女の子は、恋して大人になっていく…

*まあ、これは未公開でも仕方ないかな~でも、DVDが出るまでにかなりの時間がかかりましたね。
[PR]

by hamchu | 2012-06-28 12:39 | DVD | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 26日

【映画】アンバー・ハード、ジュリアン・マクマホーン、リチャード・ドレイファス、「侵入社員」に出演


ロバート・ルケティック監督がジョゼフ・フィンダーの小説「侵入社員」を映画化する「Paranoia」にアンバー・ハード、ジュリアン・マクマホーン、リチャード・ドレイファスも出演する模様。

制作は7月に開始、公開予定は13年の9月27日(おお~煮詰まってきましたなあ)。

ジュリアン・マクマホーンがミーチャムらしい、という以外キャラ名はっきりと判明せず。キャストがすごいのではやいところ出てほしいのですが…

【関連】
【映画】ジョゼフ・フィンダー「Paranoia」も映画化 04年6月24日
【映画】「バンテージ・ポイント」のバリー・L・レヴィ、ジョゼフ・フィンダーの「侵入社員」を脚色 09年4月8日
【映画】リアム・ヘムズワースが「侵入社員」に出演? 12年4月14日

原作
侵入社員〈上〉 ジョゼフ フィンダー (著), 新潮社
侵入社員〈下〉 ジョゼフ フィンダー (著), 新潮社

原作 おもな登場人物
わたし アダム・キャシディ (リアム・ヘムズワース)
アーノルド・ミーチャム
ニコラス・ワイアット
セス・マーカス アダムの友人
フランク アダムの父
ジュディス・ホールトン
トム・ランドグレン
ノラ・サマーズ
アントワーヌ・レナード
ノア・モーデン
オーガスティン・ゴダード
チャッド・ピアスン
ポール・カミレッティ
アラーナ・ジェニングス
ジム・コルヴィン
ケヴィン・グリフィン
[PR]

by hamchu | 2012-06-26 12:46 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 26日

【BBC】「震えるスパイ」ドラマ化、ヘイリー・アトウェル、ルーファス・シーウェルらが出演


英国の大学院生ルースは、母親のサリーが命の危険を感じて書いたという手記を読み、驚愕した。母は本名をエヴァ・デレクトルスカヤといい、第二次大戦中は英国の諜報員として対独情報工作やアメリカを参戦させる作戦にも加わっていた。だがそこで彼女は死の危機に見舞われたのだった。そして1976年の今、母から依頼された調査を始め、ルースは驚くべき事実を知ることに。

前に制作予定(ヘイリー・アトウェル出演)ということだけは判明していたウイリアム・ボイド(William Boyd)の小説「震えるスパイ」を90分×2パートにドラマ化するBBCの「Restless」のキャストが判明。

ヘイリー・アトウェル、ルーファス・シーウェル、ミシェル・ドッカリー、マイケル・ガンボン、シャーロット・ランプリングとなかなかのキャストでこの夏に南アフリカ、英で撮影予定。

監督はエドワード・ホール、制作はヒラリー・ビーヴァン・ジョーンズ。

私はヘイリー・アトウェルは小説の語り手ルースなのかと思っていたのですが、違いましたわ~。彼女はキーキャラクターであるルースの母親(の若いころ)の役(笑)。
ヘイリー・アトウェルは「わたしはアンナ」でもシャーロット・ランプリングと共演していますな。

原作 震えるスパイ ウィリアム・ボイド(著) 早川書房

原作 おもな登場人物
わたし ルース・ギルマーティン (ミシェル・ドッカリー)
サリー(エヴァ・テレクトルスカヤ) ルースの母 (ヘイリー・アトウェル、シャーロット・ランプリング)
コーリャ エヴァの弟
イレーヌ・アルジャントン エヴァの継母
セルゲイ・パヴロヴィッチ・デレクトルスキー エヴァの父
ルーカス・ローマ― (ルーファス・シーウェル、マイケル・ガンボン)
[PR]

by hamchu | 2012-06-26 12:25 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 24日

【映画】「アルケミスト 錬金術師ニコラ・フラメル」、映画化へ


かつて、ひとりの錬金術師がいた。その名は、ニコラ・フラメル。古の秘儀書『アブラハムの書』を解きあかし、だれもが追いもとめたのに得られなかった、あの“賢者の石”を手にした―すなわち、不死の秘密をわがものにしたというが…。ニコラは、パリで死んだと言われている。だが、“賢者の石”についてはメモひとつ残されていない。生きていれば、七百歳に近いはずだ…

オーストラリアのAMCPO Filmsがマイケル・スコット(Michael Scott)のベストセラーシリーズ「アルケミスト」の権利を取得、作者のスコットが脚色、2月からニュージーランド、オーストラリアで制作開始予定。

マリオ・アンドレアッシオ、コンスタンティン・ソーレンが制作、Stefan Brunnerらが制作総指揮。

おやおや、この本、企画自体は地味になったけど映画化は実現しそうかな?

【関連】
映画原作関連ニュース The Starter Wife、あなたが最後に父親と会ったのは?… 06年9月17日
【映画】「バタフライ・エフェクト」のエリック・ブレス、ファンタジー「The Alchemyst」を脚本 07年5月14日

原作 アルケミスト 錬金術師ニコラ・フラメル マイケル・スコット 理論社

原作 おもな登場人物
ソフィー・ニューマン
ジョシュ ソフィーの双子の弟
ニック・フレミング
ペリー ニックの妻
ジョン・ディー博士
ニコラ・フラメル
ペレネル
モリガン カラスの女神
スカアハ(スカティ) 赤毛の女戦士
ヘカテ
バステト 猫の女神
ドーラ エンドルの魔女
[PR]

by hamchu | 2012-06-24 16:58 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 24日

【Trailer】アンナ・カレーニナ Anna Karenina


ジョー・ライト監督がキーラ・ナイトレイ主演で「アンナ・カレーニナ」を映画化した「Anna Karenina」のTrailer。
Anna Karenina

Anna Karenina 12年英・仏
監督:ジョー・ライト
脚本:トム・ストッパード
制作:ティム・ビーヴァン
音楽:ダリオ・マリアネッリ
撮影:シーマス・マッガーヴェイ
原作: 
アンナ・カレーニナ〈上〉 トルストイ(著) 岩波書店
アンナ・カレーニナ〈中〉 トルストイ(著) 岩波書店
アンナ・カレーニナ〈下〉 トルストイ(著) 岩波書店
出演:キーラ・ナイトレイ、ケリー・マクドナルド、アーロン・ジョンソン、ジュード・ロウ、マシュー・マクファディン

【関連】
【映画】アーロン・ジョンソンとジュード・ロウ、「アンナ・カレーニナ」に出演? 11年3月25日

原作 おもな登場人物
ステパン・オブロンスキイ(スチーワ)(マシュー・マクファディン)
ドリイ ダーリヤ・オブロンスカヤ スチーワの妻 (ケリー・マクドナルド)
ターニャ、グリーシャ、リリイ
アンナ・カレーニナ (キーラ・ナイトレイ)
アレクセイ・カレーニン アンナの夫 (ジュード・ロウ)
コンスタンティン・レーヴィン(コースチャ)(ドーナル・グリーソン)
キチイ カチェリーナ・シチェルバーツカヤ (Alicia Vikander)
セルゲイ・コズヌイシェフ 
ニコライ
アレクセイ・ウロンスキイ (アーロン・ジョンソン)
ノルドストン夫人 (アレクサンドラ・ローチ)
マーシャ(マーリヤ・ニコラーエヴナ) (Tannishtha Chatterjee)
アガーフィヤ 乳母 (バフィ・デイヴィス)
リージヤ・イワーノヴナ (エミリー・ワトソン)
セリージャ アンナの息子
アレクサンドル・シチェルバーツキイ (Raphael Personnaz)
ベッシイ・トヴェルスカヤ (ルース・ウィルソン)
ミヤーフカヤ侯爵夫人 (ミシェル・ドッカリー) 
リャビーニン 商人
ヤーシヴィン大尉
アンヌーシカ (Guro Nagelhus Schia)
ワーレンカ
セルフポプスコイ
スヴィヤージスキイ
ペスツォフ
[PR]

by hamchu | 2012-06-24 16:28 | Trailer・HP | Trackback | Comments(1)
2012年 06月 24日

【Trailer】王妃に別れをつげて Farewell, My Queen


ブノワ・ジャコー監督がシャンタル・トマの「王妃に別れをつげて」を映画化した「Farewell, My Queen」のTrailer。
Farewell, My Queen

Farewell, My Queen 12年仏・スペイン
監督:ブノワ・ジャコー
脚本:ブノワ・ジャコー、ジル・トーラン
制作総指揮:Christophe Valette
制作:ジャン=ピエール・ゲラン、クリスティナ・ラルサン、Pedro Uriol
音楽:ブリュノ・クーレ
撮影:ロマン・ウィンディング
原作:王妃に別れをつげて シャンタル トマ 白水社
出演:レア・セドゥー、ダイアン・クルーガー、ヴィルジニー・ルドワイヤン、グザヴィエ・ボーヴォワ、ノエミ・ルボフスキー

【関連】
【映画】「王妃に別れをつげて」、ベルリン映画祭のオープニング作品に 12年1月9日

原作 おもな登場人物
私(アガート=シドニー・ラボルト) マリー・アントワネットの朗読役補佐 (レア・セドゥー)
マリー=アントワネット (ダイアン・クルーガー)
ムッシュー・ド・モンドラゴン
ルイ16世 (グザヴィエ・ボーヴォワ)
オノリール・オベール ラ・トゥール・デュパン夫人の小間使い (ジュリー=マリー・パルマンティエ)
プロヴァンス伯 (Gregory Gadebois)
アルトワ伯 (Francis Leplay)
ジャック・ネッケル
イヨランド・マルティーヌ・ガブリエル・ド・ポリニャック (ヴィルジニー・ルドワイヤン)
ディアーヌ・ド・ポリニャック侯爵夫人 
カンパン夫人 (ノエミ・ルボフスキー)
ジャコブ=ニコラ・モロー (ミシェル・ロバン)
リーニュ大公 
[PR]

by hamchu | 2012-06-24 15:47 | Trailer・HP | Trackback | Comments(1)
2012年 06月 24日

【Trailer】哀しみの密告者 Shadow Dancer


トム・ブラッドビーの「哀しみの密告者」を映画化したジェームズ・マーシュの「Shadow Dancer」のTrailer。
Shadow Dancer - Trailer

Shadow Dancer 12年英・アイルランド
監督:ジェームズ・マーシュ
脚本:トム・ブラッドビー
制作総指揮:ブラヒム・シウア、リタ・ダゲール、ヴァンサン・マラヴァルほか
制作:クリス・コーエン、エド・ギニー、アンドリュー・ロウ
音楽:ディコン・ハインクリフェ
撮影:ロブ・ハーディ
原作:哀しみの密告者 トム ブラッドビー(著) 扶桑社
出演:レベッカ・ホール、クライヴ・オーウェン、アンドレア・ライズブロー、アイダン・ギレン、ジリアン・アンダーソン

【関連】
【映画】レベッカ・ホールが「哀しみの密告者」に出演 10年11月9日
【映画】クライヴ・オーウェン、アンドレア・ライズブロー、「悲しみの密告者」に出演 11年5月5日

原作 おもな登場人物
コレット・マグロ―
トレヴァー・ロング 
マーク、キャサリン コレットの子供
ディヴィ(デイヴィッド・ショーン・マグロ―) コレットの夫
デイヴィッド・ライアン 
アラン・グラント
パディ コレットの兄
ゲリー コレットの兄
チコ
コレットの母
[PR]

by hamchu | 2012-06-24 15:44 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)