<   2013年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 30日

未公開作品 DVD 囚われのサーカス Adam Resurrected


囚われのサーカス Adam Resurrected 08年独・イスラエル
監督:ポール・シュレイダー
脚本:ノア・ストールマン
制作総指揮:ウルフ・イスラエル、マリオン・フォースター=ブライベルク
制作:エフード・ブライベルグ、ベルナー・ヴィアジング
音楽:ガブリエル・ヤレド
撮影:ゼバスティアン・エドシュミット
DVD:囚われのサーカス [DVD] トランスワールドアソシエイツ
原作:Adam Resurrected Yoram Kaniuk Seymour Simckes / Grove
出演:ジェフ・ゴールドブラム、ウィレム・デフォー、デレク・ジャコビ、アイェレット・ゾラー、ハンナ・ラズロ、ヨアヒム・クロール、モーリッツ・ブライブトロイ
ストーリー
1961年、かつてベルリンで喝采を浴び、人々に愛されていたエンターテイナーのアダム・シュタインは砂漠の真ん中に立つサイズリン研究所に身を置いていた。そこはナチスによるホロコーストを生き残った者達をケアする場所として建てられた精神施設だった。アダムは明晰な頭脳と持ち前の話術で周りを惹きつけ、一見すると施設に不釣り合いのように見えたが、彼には退所できないある<秘密>があった…

【関連】
映画原作関連ニュース Adam Resurrected、The Easter Parade、The Losers 05年9月18日
【映画】ジェフ・ゴールドブラムが「Adam Resurrected」に主演 06年7月13日
【映画】ウィレム・デフォーがジェフ・ゴールドブラムと共演 06年12月21日
映画原作関連ニュース カスピアン王子のつのぶえ、Adam Resurrected、Dirt Music 07年2月16日
[PR]

by hamchu | 2013-11-30 16:27 | DVD | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 30日

【TV】「スペースバンパイア」、TV化へ


巨大な宇宙難破船から持ち帰った謎の生命体-うち一体は妖艶な美女の姿をしており、≪彼女≫を犯そうとした者は、たちまち生命を吸い取られた。人体から人体へ乗り移って殺人を重ねる宇宙ヴァンパイア―との追いつ追われつの死闘。やがて明らかになる彼らの来歴。それは人類の生成をめぐる壮大な宇宙ドラマへと発展する…

Ringleader Studiosはコリン・ウィルソン(Colin Wilson)の76年の小説「宇宙ヴァンパイアー(The Space Vampires)」の権利を取得、TV化する模様。

スティーヴ・ハリスが制作総指揮予定。

この本の映画化といえばトビー・フーパー監督(ダン・オバノン脚本)の「スペースバンパイア(Lifeforce )」!
マチルダ・メイのすっぽんぽんなお姿、ヘンリー・マンシーニの壮大な音楽が有名なこの作品ですが、私、劇場にこの映画見に行って妙に気にいっちゃったんです(ポスタービジュアル、音楽もそうだけどピーター・ファースのケイン大佐を! 笑)。
すぐにコリン・ウィルソンのこの本を買って読んでみたら、ケインという名前の人はいたが刑事部長だった(で、ほとんど出てこない)。
っていうか、どうしてこの本がああなっちゃったのか、当時は唖然としたものでした。名前だけは原作通りのキャラが映画にも登場してたりするんですけどね…(だからどっかから変な方向に行っちゃったのかもしれないな 笑)

原作 おもな登場人物
オロフ・カールセン
セス・アダムズ
ビューコフスキー
ケイン刑事部長
ジェルカ カールセンの妻
ハンス・ファラダ 犯罪学者
サー・パーシー・ヘセルタイン
ラムサン
アームストロング
ヴラール
グルーン
[PR]

by hamchu | 2013-11-30 07:05 | TV・ニュース | Trackback | Comments(2)
2013年 11月 23日

【映画】「殺しの挽歌」映画化、クリストファー・マッカリーが監督、コリン・ファースが主演


エリート管理職が殺し屋に狙われた。身を隠した彼は、家族からの開放を楽しむ自分を発見する…。

Andrew Lauren Productionsはジャン・パトリック・マンシェット(Jean-Patrick Manchette)」の「殺しの挽歌(Le petit bleu de la cote ouest)」を映画化、クリストファー・マッカリーが監督、コリン・ファースが主演する模様。

ハワード・ロッドマンが脚色、Andrew LaurenとLaura Bickfordが制作予定。

原作はマンシェットらしい作品。
やっぱり以前にアラン・ドロン出演で映画化されていますが(日本未公開「ポーカー・フェイス/アラン・ドロン・ウィズ・ジャック・ドレー」)原作とはかなり変わっている気がするなあ。

原作 殺しの挽歌 ジャン・パトリック・マンシェット 学習研究社

原作 おもな登場人物
ジョルジュ・ジェルフォー 
ベアトリス(ベア)
アロンゾ・エメリッヒ・イ・エメリッヒ
マドモアゼル・トリュオン
カルロ
バスチアン(灰色のほつれ毛の男)
ラギューズ伍長
アルフォンシーヌ・ラギューズ=ペイロネ
マックス
ガソヴィッツ
[PR]

by hamchu | 2013-11-23 15:37 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 23日

【TVM】Historyチャンネル、「ルーツ」をリメイクへ


1750年、西アフリカ、ガンビアの小村に男の子が誕生した。クンタ・キンテと名付けられた子供はやがて17歳になったとき、「白い悪魔」の手で連れ去られる…。 牧歌的な生活から一転して悪夢の世界へ。しかしそれは決して夢ではなく現実であった。

Historyチャンネルは77年の高視聴率TVドラマ「ルーツ(Roots)」をリメイク、8時間のミニシリーズにする模様。

原作はアレックス・ヘイリーの同名ベストセラー(Roots: The Saga of an American Family)。マーク・ウォルパーが制作予定。

元記事には”The timing couldn’t be better”なんて書いてありましたが、全くその通りかな(すぐにできればね)。
原作は厳然たるノンフィクションではなく事実部分と創作部分が含まれている、ということですが、これは読めばもう歴然(歴史的に有名な人物でもないのに見てきたような描写ができるほどの資料は絶対残ってないでしょ~)。ヤボは言いっこなし、というもんでしょうか(盗作うんぬんはどうかと思うけど)。

原作 
ルーツ 1 (現代教養文庫 971) アレックス・ヘイリー 社会思想社
ルーツ 2 (現代教養文庫 972) アレックス・ヘイリー 社会思想社
ルーツ 3 (現代教養文庫 973) アレックス・ヘイリー 社会思想社

77年版 原作 おもな
登場人物
クンタ・キンテ (レヴァー・バートン)
オモロ・キンテ 父 (タルマス・ラスラーラ)
ビンタ 母 (シシリー・タイソン)
キンタンゴ (モーゼス・ガン)
ベル (マッジ・シンクレア)
ウィリアム・ウォラー
バイオリン弾き (ルイス・ゴセット・ジュニア)
ジョン
アン (Sandy Duncan)
キッジー クンタ・キンテの娘 (レスリー・アガムズ)
ノア (ローレンス・ヒルトン=ジェイコブス)
トム・リー (チャック・コナーズ)
チキン・ジョージ (ベン・ヴェリーン)
マチルダ (オリヴィア・コール)
バージル (オースティン・ストーカー)
ルーイス (ヒリー・ヒックス)
トム (ジョーグ・スタンフォード・ブラウン)
アイリーン (リン・ムーディ)
ジョージ・ジョンソン (ブラッド・デイヴィス)
マーサ (Lane Binkley)
[PR]

by hamchu | 2013-11-23 15:08 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 20日

【HP・Trailer】Flowers In The Attic 屋根裏部屋の花たち


1950年代のアメリカ。「私」、キャシー・ドーランギャンガーはなにひとつ不自由のない、しあわせな少女時代を送っていた。「私にとって、人生とはすばらしい真夏の一日のようなものだった。」私には優しい兄クリス、双子の弟と妹、そして誰よりも素敵なパパとママがいた。ところがある日、思いもかけない不幸が私たち一家を襲う。交通事故で最愛のパパを失ってしまったのだ―。その日を境として、あとに残されたママと4人の子供たちの運命は一変した。着の身着のまま、母の実家のヴァージニアに向けて出発した5人だったが、過去の過ちで勘当されていた母のために、私たち4人は壮大な屋敷の屋根裏部屋に閉じ込められてしまった。この屋根裏部屋から出られる日はすぐに来ると信じながら―。

ヘザー・グレアム、エレン・バースティン主演、米LifetimeがV・C・アンドリュース(V.C. Andrews)の「屋根裏部屋の花たち」をドラマ化した「Flowers In The Attic」のオフィシャルサイト、Trailer。

Flowers In The Attic
Flowers In The Attic Trailer

オフィシャルのほうでは日本ではTrailerが見れない?のですが、下のTHRのほうでは見れまする。
キャスティングですが映画版のルイーズ・フレッチャーの印象が未だに強く、今回のエレン・バースティンは髪型がスゴイ(笑)。
原作は今読んでも全く色あせていない様々な魅力を持った作品(切り口はたくさんありますよね)。
米プレミアは1月18日予定。

Flowers In The Attic 14年米TVM
監督:Deborah Chow
脚色:カイラ・アルパート
制作総指揮:メリデス・フィン、ミシェル・ワイス
制作:チャールズ・W・フライズ、ハーヴェイ・カーン
原作:屋根裏部屋の花たち (扶桑社ミステリー) V・C・アンドリュース 扶桑社
出演:ヘザー・グレアム、エレン・バースティン、キーナン・シプカ、チャド・ウィレット、ディラン・ブルース

原作 おもな登場人物
私 キャサリン(キャシー)・ドーランギャンガー (キーナン・シプカ)
クリストファー (Mason Dye)
パパ ガーランド・クリストファー (チャド・ウィレット)
ママ コリーン (ヘザー・グレアム)
コーリイ (Maxwell Kovach)
キャリー (Ava Telek)
マルコム・ニール・フォックスワース 祖父
ミセス・フォックスワース(オリヴィア) 祖母 (エレン・バースティン)
バーソロミュー・ウィンスロー 弁護士
[PR]

by hamchu | 2013-11-20 17:16 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 16日

【TV】HBO、ジョー・ネスボの「ヘッドハンターズ」をドラマ化


名うてのヘッドハンター、ロジャー・ブラウンは、美しい妻のために豪邸を買いあたえ、画廊を経営させていた。しかし、巨額の赤字を埋めるために彼はひそかに絵画の窃盗に手を染めていた。そこに、幻の名画をもっているという精密機器メーカーの元CEOが現れるが…

HBOはジョー・ネスボの「ヘッドハンターズ(Headhunters)」をドラマ化、Alexander Wooが脚色、制作総指揮する模様。

この作品、ノルウェーでモルテン・ティルドゥム監督が映画化、話題になったのは記憶に新しく、ハリウッドリメイクされるという触れ込みだったのですが…

原作 ヘッドハンターズ (講談社文庫) ジョー・ネスボ 講談社

原作 おもな登場人物
わたし ロジャー・ブラウン
イェレミアス・ランダー
ダイアナ ロジャーの妻
フェルディナンド ロジャーの同僚
オーヴェ・ヒーケルー
クラス・クレーヴ
ナターシャ
ブリード・スペレ警部
ロッテ・マドスン ロジャーの愛人
シンドレ・アー
エンドリド・モンセン
エスキルド・モンセン
ヨア・スンテッド
オッド・G・ディバット ニュースキャスター

映画版 登場人物
ロジャー (アクセル・へニー)
ダイアナ (シヌーヴ・マコディ・ルンド)
オーヴェ・ヒーケルー (ユーリー・ウルゴード)
クラス・クレーヴ (ニコライ・コスター=ワルドー)
ロッテ・マドスン (Julie Olgaard)
イェレミアス・ランダー (Kyrre Haugen Sydness )
ナターシャ (Valentina Alexeeva )
ブリード・スペレ警部 (Reidar Sorensen)
DVD:ヘッドハンター [DVD]
[PR]

by hamchu | 2013-11-16 16:43 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 14日

映画原作関連ニュース The War Of The Roses, The Children、Viva La Madness…


★Permut PresentationsとGrey Eagle Filmsはウォーレン・アドラー( Warren Adler)の小説「The War Of The Roses, The Children」を製作する模様。

Jonathan Adlerと Stephen Greenwaldが制作、Chris Manganoが制作総指揮予定。

原作 The War of the Roses - The Children Warren Adler Stonehouse Press


★ジェイソン・ステイサムとスティーヴ・チャスマンはJ・J・コノリー(J.J. Connolly)の「レイヤー・ケーキ」続編小説「Viva La Madness」の権利を取得、コノリー脚色で映画化予定。

原作 Viva La Madness J.J. Connolly Overlook Hardcover


★ジェニファー・ガーナーのVandalia FilmはAllison Winn Scotchの小説「The Theory of Opposites」のオプション権を取得した模様。

原作 The Theory of Opposites Allison Winn Scotch Camellia Press


★ドウェイン・ジョンソンがMGMのアクション「Seal Team 666」に出演する模様。

原作はWeston Ochseの同名小説、ジョンソンとダニー・ガルシア、Brendan Deneenらが制作総指揮。
エヴァン・スピリオトポウロスが脚色、Hiram Garciaが制作。

[内容]
Halfway through SEAL training, Cadet Jack Walker, still green but showing incredible promise, is whisked away to join four SEALs - and their dog - for a special ops mission. Walker soon finds himself in a whirlwind of otherworldly creatures and events as he finds out the true nature of this "special ops" team: SEAL Team 666. Battling demons, possessed humans, mass-murdering cults, and evil in its most dark and ancient form, SEAL Team 666 has their work cut out for them. And it's not long before they realize that the threat isn't just directed against the U.S. - an ancient and deadly cult has bigger plans, and Walker is at the centre of a supernatural conflict with the entire world at stake.


原作 Seal Team 666 Weston Ochse Thomas Dunne Books
[PR]

by hamchu | 2013-11-14 20:26 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 14日

【Trailer】Divergent ダイバージェント 異端者


〈無欲〉〈高潔〉〈博学〉〈平和〉〈勇敢〉。16歳、五派閥の選択儀式にのぞんだベアトリス。下された診断は、異端者=ダイバージェント。彼女を待ち受けていたのは、過酷なサバイバル・ゲームだった!

「ハンガー・ゲーム」に続く大型YAディストピア小説の映画化、「ダイバージェント」の新Trailerが登場!



この手の映画は日本では興業的に成功しない、というジンクスを破れるか?
原作&映像についての個人的な意見は、「ノーコメント!」(←コラコラ 笑)

Divergent 14年米
監督:ニール・バーガー
脚色:エヴァン・ドーハティ、ヴァネッサ・テイラー
制作総指揮:ジョン・J・ケリー
制作:ルーシー・フィッシャー、ダグラス・ウィックほか
撮影:アルウィン・H・カックラー
原作:ダイバージェント 異端者 (海外文学) ベロニカ・ロス 角川書店
出演:シェイリーン・ウッドリー、ケイト・ウィンスレット、テオ・ジェームズ、アーロン・エッカート、レイ・スティーヴンソン、マイルズ・テラー、マギーQ、ゾーイ・クラヴィッツ

【関連】
映画原作関連ニュース Divergent、Innocence、When Angels Sing… 11年2月19日
映画・TV原作関連ニュース 日々の祈りの書、Divergent、Killer Women… 13年1月28日
映画原作関連ニュース The Engagements、Eye of the Storm、The Maze Runner… 13年3月23日

原作 おもな登場人物
わたし ベアトリス(トリス)・プライアー (シェイリーン・ウッドリー)

ケイレブ 兄 (Ansel Elgort)

トーリ (マギーQ)
エリン (Blythe Baird )
マーカス (レイ・スティーヴンソン)
ジェニーン・マシューズ (ケイト・ウィンスレット)
クリスティーナ (ゾーイ・クラヴィッツ)
モリー・アトウッド (Amy Newbold )
ピーター (マイルズ・テラー)
マックス (メキー・ファイファー)
ローレン (Justine Wachsberger)
フォー (テオ・ジェームズ)
エリック (ジェイ・コートニー)
アル(アルバート) (クリスチャン・マセン)
ウィル (Ben Lloyd-Hughes)
エドワード (Ben Lamb )
ドリュー
[PR]

by hamchu | 2013-11-14 08:24 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 12日

【TV】ABC、リザ・マークルンドのアニカ・ベングツソンシリーズをドラマ化へ


ABCはスウェーデンのTVシリーズ「Annika Bengtzon: Crime Reporter」を米リメイクする模様。

原作はリザ・マークルンド(Liza Marklund)のベストセラー、アニカ・ベングツソンシリーズ。
チャールズ・ランドルフが脚色、制作総指揮、ピーター・トラゴッド、Rachel Kaplan、ジェニー・ギルバートソンらが制作総指揮。

マリン・クレピン主演のスウェーデン版は日本では映画化された「ノーベル殺人事件」のみがDVD化(原作は月末東京創元社より刊行予定「ノーベルの遺志」)。

【関連】
未公開作品 DVD ノーベル殺人事件 



原作
ノーベルの遺志<上> (創元推理文庫) リザ・マークルンド 東京創元社
ノーベルの遺志<下> (創元推理文庫) リザ・マークルンド 東京創元社

原作 おもな登場人物
アニカ・ベングツソン
トーマス・サミュエルソン アニカの夫
エレン、カッレ アニカの子ども
アンダシュ・シーマン 総編集長
スピーケン
パトリック・ニルソン
ベーリット・ハムリン 
[PR]

by hamchu | 2013-11-12 17:25 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 11日

【映画】ジュリアン・ムーア、「静かなアリス」に出演へ


アリスは50歳になったばかりのハーバード大学教授。ある日、地位に名誉に恵まれた彼女に異変が起こった。“若年性アルツハイマー”と診断された彼女は、日々壊れてゆく。そのとき彼女は、そして家族は…。

ジュリアン・ムーアがリサ・ジェノヴァ(Lisa Genova)の小説を映画化する「静かなアリス(Still Alice)」に出演、2月中旬にNYで撮影開始予定。

レックス・ルッツスとジェームズ・ブラウンが制作、 リチャード・グラツァーとワッシュ・ウェストが監督。

この原作、難病患者自身とその家族のたどる途として非常にリアリティがあり、とにかく素晴らしいの一言。特に私は近年の研究でパーキンソン病、 レビー小体認知症に移行する可能性が高いとされている疾患を有しているので(そうなんです)アリスの状況は他人事じゃなく現実的にメチャクチャ怖くて痛い(ネタバレになるのであまり書けないですが、アリスのやろうとしたことは私もたまにその方法を考えてる)。

これまで私のアリスのイメージは何故かジョーン・アレンだったのですが、ジュリアン・ムーアでもピッタリでしょう(年齢的にも)。

原作 静かなアリス リサ・ジェノヴァ 講談社

原作 おもな登場人物
アリス(アリー)・ハウランド
ジョン アリスの夫
リディア アリスの末娘
ダン(ダニエル)・マロニー 大学院生
アナ アリスの上の娘
チャーリー アナの夫
トム アリスの息子
タマラ・モイヤー 医師
エリック・ウェルマン
デイヴィス医師
デニス・ダッダリオ ソーシャル・ワーカー
メアリー・ジョンソン
キャシー・ロバーツ
ダン・サリバン
[PR]

by hamchu | 2013-11-11 13:17 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)