<   2014年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 29日

【TV】アン・ライスの「眠り姫、官能の旅立ち」映像化へ?


魔女に呪いをかけられ、お城で百年のあいだ眠りについていた「眠れる森の美女」。彼女を寝覚めさせたのは、王子さまの甘いキスではなく、硬くたくましい○○だった!?姫の国を復活させた代償に、王子は姫を自国に連れ帰り奴隷とする。なにも知らなかった眠り姫は、つねに全裸であるよう命ぜられ、厳しい調教の日々を過ごすことになる。苦痛と屈辱のなかで、眠り姫はいつしか官能の歓びに目覚めていく…。

Televisa USAはアン・ライス(Anne Rice)のベストセラーシリーズ「スリーピング・ビューティ( The Sleeping Beauty)」のTV化、デジタル権利を取得、TVシリーズ化する企画がある模様!

「ダラス・バイヤーズクラブ」のレイチェル・ウィンターが制作するらしいのですが、映像にするなら「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」映画化の今、というのはうなずけるとしても、この本、本当に映像化できるのですか(しかもTVで 笑)。
私は免疫がある方になら色々な意味で「フィフティ・シェイズ…」よりこっちをおすすめしますけどね(とはいえ、お読みいただくのはあくまで自己責任でお願いします 笑)。

原作 眠り姫、官能の旅立ち スリーピング・ビューティ〈1〉 (扶桑社ミステリー) アン・ライス 扶桑社

原作 おもな登場人物
眠り姫
王子
女王エレノア
グレゴリー卿
アレクシ王子
フェリクス 小姓
ステファン卿 王子の従兄弟
レオン 世話係
ユージニア姫
ウィリアム卿
リゼッタ姫
レディ・ジュリアナ
ジェラルド王子
トリスタン王子
[PR]

by hamchu | 2014-09-29 01:01 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 29日

【映画】ピエール・モレルが「パーフェクト・ハンター」を映画化へ


プロの暗殺者ヴィクターは、依頼どおりに標的の男を射殺し、男が持っていたフラッシュメモリーを奪った。だが、その時から彼は殺し屋に襲われ始める。彼は知らなかったが、フラッシュメモリーにはロシアの軍事機密が記録されており、CIAがそれを受け取るはずだった。ヴィクターは殺し屋を次々と倒し、自分の命を狙う者が誰なのか突き止めようとする。やがて彼は、暗殺の仕事を仲介する人物に会い、意外な事実を知る。

Studiocanalはトム・ウッド(Tom Wood)の暗殺者ヴィクターが活躍するシリーズ「Victor The Assassin」の権利を取得、ピエール・モレルが監督で映画化予定。

原作は「パーフェクト・ハンター(The Killer/The Hunter)」「ファイナル・ターゲット」が翻訳済。

一応シリーズ1作目を映画化する、という認識でいいのかしら。
でもこの手の話で監督がピエール・モレルだと何となくどんな映画か見えるような見えないような。

原作 
パーフェクト・ハンター (上) (ハヤカワ文庫NV) トム・ウッド 早川書房
パーフェクト・ハンター (下) (ハヤカワ文庫NV) トム・ウッド 早川書房

原作 おもな登場人物
ヴィクター
アンドリヌ・オゾルス
アントニオ・アルヴァレズ
ミハイル・スヴャストラフ
ジョン・ケナード
ルフェーブル警部補
メレディス・チェンバーズ
ウィリアム・ファーガスン
ケヴィン・サイクス
ジェイムズ・スティーヴンスン
リード
レベッカ・サムナー
アレクサンドル・ノリモフ
ゲンナジー・アニスコヴァチ大佐
エリオット・セイフ
[PR]

by hamchu | 2014-09-29 00:39 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 29日

【映画】MGM、「ピルグリム」を映画化へ


アメリカの諜報組織に属する十万人以上の諜報員を日夜監視する極秘機関。この機関に採用された私は、過去を消し、偽りの身分で活動してきた。あの9月11日までは……引退していた男を闇の世界へと引き戻したのは〈サラセン〉と呼ばれるたった一人のテロリストだった。彼が単独で立案したテロ計画が動きはじめた時、アメリカは名前のない男にすべてを託す!

MGMはテリー・ヘイズ(Terry Hayes)のベストセラーエスピオナージ小説「ピルグリム(I Am Pilgrim)」の映画化権を取得、ロイド・ブラウン制作で映画化予定。
Andrew Mittmanが制作総指揮。

今更ですみません、なネタなのですがやっと原作を読んだもので…(分冊は嫌だな、分冊は…)

原作 ピルグリム〔1〕 名前のない男たち (ハヤカワ文庫 NV ヘ) テリー・ヘイズ 早川書房

原作 おもな登場人物
わたし 
ベン・ブラッドリー
マーシー ベンの妻
ビル・マードック
グレース・マードック
スコット・マードック
<サラセン>
アブドゥル・ムハマンド・ハーン
クリストス・ニコライデス
<バトルボイ>
レイチェル
バシャール・トラス
ミセス・コーコラン
[PR]

by hamchu | 2014-09-29 00:19 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 22日

【映画】ジェシカ・チャスティン、クリステン・ウィグら「火星の人」に出演へ?


有人火星探査が開始されて3度目のミッションは、猛烈な砂嵐によりわずか6日目にして中止を余儀なくされた。だが、不運はそれだけで終わらない。火星を離脱する寸前、折れたアンテナがクルーのマーク・ワトニーを直撃、彼は砂嵐のなかへと姿を消した。ところが―。奇跡的にマークは生きていた!? 不毛の赤い惑星に一人残された彼は限られた物資、自らの知識を駆使して生き延びていく。

リドリー・スコット監督の次回作?、マット・デイモン主演、アンディ・ウィアー(Andy Weir)のSF「火星の人」を映画化する「The Martian」にジェシカ・チャスティン、クリステン・ウィグ、ケイト・マーラ、Mackenzie Davisが出演交渉中である模様。

原作はメチャクチャ面白い!(主人公の思考のアレコレとその表出の仕方は「宇宙兄弟」南波兄と似ているようないないような。あ、でもムッタは「見て見て!…」ってアレはやらないな~)という感じなのですが、このキャラ(すっごいオタクでしょ)、マット・デイモンをイメージするかというと…
しかし、私もいついかなる時もあんな機転とユーモア感覚を持ちたいものです(無~理~)。

原作 火星の人 (ハヤカワ文庫SF) アンディ・ウィアー 早川書房

原作 おもな登場人物
ぼく マーク・ワトニー
メリッサ・ルイス 船長
ベス・ヨハンセン
リック・マルティネス
ヴェンカト・カプーア
テディ・サンダース
ミンディ・パーク
アニー・モントローズ
アレックス・フォーゲル
ブルース・ゴ
ミッチ・ヘンダーソン
クリス・ベック
リッチ・パーネル
[PR]

by hamchu | 2014-09-22 19:25 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 11日

【TVM】Lifetime、V・C・アンドリュースの「刺があるなら」もTVMに


キャシーは37歳。兄クリスと2人の子供、ジョーリイとバートと共にサンフランシスコ近郊に住んでいる。ジョーリイは14歳、バートは9歳に成長していた。平穏な日々を送っているかに見える家族。が、過去の忌まわしい記憶で頭が混乱したバートの言動が次第に変化しはじめた。黒いヴェールの老女と出遭った時を境に彼は狂暴化する。

LifetimeはV・C・アンドリュース(V.C. Andrews)原作の「屋根裏部屋の花たち( Flowers in the Attic)」TVM第3弾を制作、15年にプレミア予定。

原作は「刺があるなら(If There Be Thorns)」
メイソン・クックがキャシーの息子バート役で出演。

視聴率を稼いだTVMシリーズだけに「屋根裏部屋へ還る(Seeds of Yesterday)」も映像化されるでしょう。

【関連】
【HP・Trailer】Flowers In The Attic 屋根裏部屋の花たち 13年11月20日
【TV】「屋根裏部屋の花たち」続編TVM、制作へ 14年1月10日
【TV】ローズ・マクアイヴァー、「炎に舞う花びら」に出演へ 14年2月21日

原作 刺があるなら (扶桑社ミステリー) V・C・アンドリュース 扶桑社

原作 おもな登場人物
キャサリン(キャシー)
クリス(クリストファー)
ポール・スコット・シェフィールド
ジョーリイ・ジェイナス・マルケ・シェフィールド
ジュリアン・マルケ
マダム・マリシャ
バート(バーソロミュー)・スコット・ウィンスロウ・シェフィールド
二コル・ニコルズ
シンディ(シンシア・ジェーン)
ジョン・エイモス・ジャクソン
バーソロミュー(バート)・ウィンスロウ
コリーン・ウィンスロウ
[PR]

by hamchu | 2014-09-11 00:51 | TV・ニュース | Trackback | Comments(4)
2014年 09月 11日

【映画】ウィリアム・ギブスンの「パターン・レコグニション」、モルテン・ティルドゥムが監督へ


ケイスは新製品の売れ行きを直感的に判断できる「クールハンター」。ファッション業界を中心とした企業から相談を受け、そのジャッジにより生計をたてている。彼女の興味の中心は“フッテージ”。“フッテージ”はネット上にランダムに流されている断片的な映像で、ストーリーもないが、抜群の完成度を誇る。クライアントからロンドンでの仕事を得たケイスは友人のフラットに居をかまえる。最終的なタスクは“フッテージ”の正体を探ること。広告界の新しい分野を切り開きたいというのが目的だ。半強制的に探索に協力することになったケイスは、タキという日本人が“フッテージ”の正体の一部を解読したという情報を仕入れ、日本へと旅立った…

「ヘッドハンター」、「The Imitation Game」のモルテン・ティルドゥムがウィリアム・ギブソン(William Gibson)のSFを映画化するNew Regencyの「パターン・レコグニション(Pattern Recognition)」を監督する模様。

「シャーロック・ホームズ」のアンソニー・ペッカムが脚色、Ollie Maddenが制作。

アラン・チューリングときてウィリアム・ギブソンか、というのはなかなか面白いのですがモルテン・ティルドゥムには「ゴーストマン」映画化の話もあるからなあ。

【関連】
【映画の原作ニュース】ピーター・ウィアーがウィリアム・ギブスンの作品を映画化? 04年4月23日

原作 パターン・レコグニション ウィリアム・ギブソン 角川書店

原作 おもな登場人物
ケイス・ポラード
デミアン CMディレクター
ヒュベアトス・ビゲンド ブルー・アント社創業者
バーナード・ストーンストリート
ドロテア・ベネディッティ
パーカボーイ
ホッブス・バラノフ
ヴォイテック・ビロシャーク
ママ・アナーキア
ヘレナ ストーンストリートの妻
マグダ ヴォイテックの妹
ブーン・チュー
パメラ・メインウェアリング
タキ
ジェニファー・ブロッサード
マリーナ・クチェグロヴァ
ヌゲミ
キャサリン・マクナリー
ステラ・ヴォルコヴァ
ノーラ
アンドレイ・ヴォルコフ
ウィングローヴ・ポラード ケイスの父
シンシア ケイスの母
[PR]

by hamchu | 2014-09-11 00:48 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 10日

【映画】ニコラス・スパークスの「きみと選ぶ道」、ロス・カッツが監督へ


人は幾度となく人生の岐路に立ち、そのたびに選択を迫られる。もし真実の愛を貫くための、人生最大の決断の時が訪れたら…?

「Adult Beginners」のロス・カッツがニコラス・スパークス(Nicholas Sparks)のベストセラー「きみと選ぶ道」を原作にした「The Choice」を監督する模様。

Bryan Sipesが脚色、10月に制作開始予定。

ニコラス・スパークス作品でもあんまりドラマチックな展開はない気がしますがこういうコミュニティ、いい人たちというのも時には好ましいのかも。

原作 きみと選ぶ道 ニコラス・スパークス エクスナレッジ

原作 おもな登場人物
トラヴィス・パーカー
ギャビ―(ガブリエル)・ホランド
ステファニー トラヴィスの妹
マックス・パーカー トラヴィスの父
マット
リズ
ベン
ジョー
メガン
レアード
アリスン
ファーマン医師
エイドリアン・メルトン医師
ケヴィン
リサ
クリスティーン
グレッチェン
ケネス・ベイカー
エレナ―・ベイカー
[PR]

by hamchu | 2014-09-10 16:43 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 09日

【TVM】「高い城の男」にケイリー=ヒロユキ・タガワが出演へ


フィリップ・K・ディック(Philip K. Dick)原作の「高い城の男(The Man in the High Castle)」ミニシリーズにケイリー=ヒロユキ・タガワが出演する模様。

ケイリー=ヒロユキ・タガワはTagomi役と書いてあるけど田上信輔ですよね。
その他ちょっと前にはルーク・クラインタンクが原作に登場しない名前のキャラで主演…というニュースが出ていました…(ありゃりゃ)

原作 高い城の男 フィリップ・K・ディック 早川書房

原作 おもな登場人物
ロバート・チルダン
田上信輔
フランク・フリンク(フランク・フィンク)
ジュリアナ・フリンク
バイネス氏
ミス・エフレイキアン
ラムジー
チャーリー
ジョー・チナデーラ
エド・マッカーシー
ウィンダム=マトスン
レイ・キャルヴィン
梶浦夫妻(ポール、ベティ)
フーゴー・ライス男爵
クロイツ・フォン・メーレ
ルドルフ・ヴェゲナー大尉
ホーソン・アベンゼン
キャロライン・アベンゼン
[PR]

by hamchu | 2014-09-09 07:47 | TV・ニュース | Trackback | Comments(1)
2014年 09月 06日

【映画】シエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナ、エル・ファニング「夜に生きる」に出演へ


ベン・アフレックが監督、デニス・ルヘイン(Dennis Lehane)の「夜に生きる」を映画化する「Live by Night」にシエナ・ミラー、ゾーイ・サルダナ、エル・ファニングが出演する模様。

シエナ・ミラーがエマ、ゾーイ・サルダナがグラシエラ・コラレス、エル・ファニングがアーヴィング・フィギス本部長の娘ロレッタという役どころのようです。
ところでリンジー・ローハンの出演はどうなった?(ベン・アフレックはジョー・コグリンなの?)

【関連】
TV・映画原作関連ニュース Legends、老人と宇宙、Mona… 12年10月23日

原作 夜に生きる 〔ハヤカワ・ミステリ1869〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) デニス・ルヘイン 早川書房

原作 おもな登場人物
ジョー(ジョゼフ)・コグリン
エマ・グールド
アルバート・ホワイト
ティム・ヒッキー
トマス・コグリン
ディガー・ペスカトーレ
[PR]

by hamchu | 2014-09-06 01:35 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 06日

【映画】ジェイク・シュライアー、「ペーパータウン」を監督へ


「素敵な相棒 ~フランクじいさんとロボットヘルパー~」のジェイク・シュライアーがジョン・グリーン(John Green)のYA小説を映画化する「ペーパータウン(Paper Towns)」を監督する模様。

主人公のクエンティン・ジェイコブセンズ役として「The Fault in Our Stars(原作邦題「さよならを待つふたりのために」)」にも出演のナット・ウルフが出演予定、全米公開予定も15年の7月31日に決まっています。
ジョン・グリーン、「アラスカを追いかけて」もサラ・ポーリーが監督?なんて話もありましたが…

【関連】
【映画】ジョン・グリーンの「ペーパータウン」映画化へ 14年4月11日 

原作 ペーパータウン (STAMP BOOKS) ジョン・グリーン 岩波書店

原作 おもな登場人物
ぼく クエンティン・ジェイコブセンズ
マーゴ・ロス・スピーゲルマン
ベン・スターリング
ジェイス(ジェイソン)・ワージントン
チャック・パーソン
レイシー・ペンバートン
ガス
クエンティンの父、母
オーティス・ウォレン刑事
マーゴの父、母
ルーシー マーゴの妹
[PR]

by hamchu | 2014-09-06 01:16 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)