<   2015年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 31日

【映画】ドナルド・サザーランド、「ミルトンズ・シークレット」に出演へ


ミルトンは、明るく元気な男の子。しかし、ある日、上級生のイジメにあいました。それ以来、ミルトンから笑顔は消え、またイジメられるかもしれないという恐怖におびえて日々を過ごしていました。そんな少年が、飼いネコのスナッグルズから学んだ悩みを今すぐ解消し、毎日を楽しく過ごすためのシンプルな方法―。

ドナルド・サザーランドがエックハルト・トール(Eckhart Tolle)とロバート・フリードマン(Robert Friedman)の書籍「ミルトンズ・シークレット 幸せになる世界一シンプルな方法」を映画化する「Milton's Secret」に出演する模様。

撮影は今秋開始、「聖なる予言」、「奇跡の輝き」のバーネット・ベインが監督予定。

ドナルド・マーティン、Sandra Cooperが脚色。Stephen Huszar、Ryan Lockwood、Fred Fuchらが制作。

【関連】
映画原作関連ニュース エックハルト・トール、マイケル・マン、サミュエル・L・ジャクソン… 09年10月22日

原作 ミルトンズ・シークレット 幸せになる世界一シンプルな方法 エックハルト・トール マキノ出版
[PR]

by hamchu | 2015-07-31 17:36 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 31日

【Trailer】部屋 Room


エマ・ドナヒュー(Emma Donoghue)のベストセラー「部屋」を映画化、「Room」のTrailer!



文庫になったらタイトルにインサイド(上巻)、アウトサイド(下巻)とくっついていて、確かにただの監禁脱出よかったよかったのお話ではないんですが。
でもあんなとこに何年も、はきついなあ(「特捜部Q」の「檻の中の女」とかよりはいいけど)。

Room 15年米
監督:レナード・エイブラハムソン
脚色:エマ・ドナヒュー
制作総指揮:テッサ・ロス、Jeff Arkuss、Rose Garnett ほか
制作:エド・ギニー、デヴィッド・グロス
音楽:スティーヴン・レニックス
撮影:ダニー・コーエン
原作:部屋 エマ・ドナヒュー 講談社
出演:ジェイコブ・トレンブレイ、ブリー・ラーソン、ショーン・ブリジャース、ジョーン・アレン、ウィリアム・H・メイシー

【関連】
【映画】レナド・エイブラハムソンがエマ・ドナヒューの「部屋」を映画化 13年9月5日

原作 おもな登場人物
ぼく ジャック (ジェイコブ・トレンブレイ)
ママ (ブリー・ラーソン)
オールド・ニック (ショーン・ブリジャース)
おばあちゃん (ジョーン・アレン)
おじいちゃん (ウィリアム・H・メイシー)
[PR]

by hamchu | 2015-07-31 08:26 | Trailer・HP | Trackback | Comments(1)
2015年 07月 31日

【映画】「All the Bright Places」、ミゲル・アルテタが監督、エル・ファニングが出演


ミゲル・アルテタがJennifer NivenのYA小説「All the Bright Places」を監督、エル・ファニングが出演予定。

作者のNivenが脚色、16年春に制作開始。

[内容]
Theodore Finch is fascinated by death, and he constantly thinks of ways he might kill himself. But each time, something good, no matter how small, stops him.
Violet Markey lives for the future, counting the days until graduation, when she can escape her Indiana town and her aching grief in the wake of her sister's recent death.
When Finch and Violet meet on the ledge of the bell tower at school, it's unclear who saves whom. And when they pair up on a project to discover the 'natural wonders' of their state, both Finch and Violet make more important discoveries: It's only with Violet that Finch can be himself - a weird, funny, live-out-loud guy who's not such a freak after all. And it's only with Finch that Violet can forget to count away the days and start living them. But as Violet's world grows, Finch's begins to shrink. How far will Violet go to save the boy she has come to love?

原作 All the Bright Places Jennifer Niven Penguin
[PR]

by hamchu | 2015-07-31 01:16 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 30日

【映画】「決闘裁判」、フランシス・ローレンス監督で映画化か


1386年、百年戦争さなかのフランスで、後世に名を残すひとつの決闘裁判がおこなわれた。ことの発端は、およそ1年前。ノルマンディの騎士ジャン・ド・カルージュの妻が強姦され、犯人として従騎士ジャック・ル・グリの名が挙げられた。重罪犯としてル・グリの処刑を望むカルージュと無罪を訴えつづけるル・グリ。ふたりの主張は平行線をたどり、一向に解決を見ない争いの決着は、生死を賭けた決闘裁判にゆだねられた。そして12月29日の寒い朝、王侯貴族や数千もの群衆が見つめるなか、甲冑に身を固めたふたりの男が、いっぽうが血を流して倒れるまで闘いつづけたのである。当時の人々が両者の支持をめぐって真っ二つに分かれたように、この決闘は、数世紀にわたって物議をかもし、後世の歴史家たちの意見も割れた。ほんとうのところ、罪を犯したのは誰だったのか、と。多くの研究者を虜にしてやまないこの事件の真相は、どこに隠されているのだろうか。

ショーン・グラントがエリック・ジェイガー(Eric Jager)の「決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル(The Last Duel)」を脚色、フランシス・ローレンスが監督、アーウィン・ストフが制作予定とか。

かなり以前にはマーティン・スコセッシが映画化?と言われていたこの「決闘裁判 」、本は大変面白うございました。
しかし、決闘なんて結果がどっちに転んでも正直何だかなあ~なんで映像ではあんまり見たくないかも(特に経過を詳しく知るのもやだな)。いや、その何だかなあなところがこういうお話のミソなのか(笑)。

ショーン・グラントはMelanie Joostenの「Berlin Syndrome」も脚色、「さよなら、アドルフ」(だから、この邦題やだな) ケイト・ショートランドが監督で映画化予定だそうです。

【関連】
【映画】マーティン・スコセッシ、「The Last Duel」を映画化 06年12月1日

原作 決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル エリック・ジェイガー 早川書房

原作 おもな登場人物
ジャン・ド・カルージュ
二コル カルージュの母
ジャンヌ・ド・ティー カルージュの最初の妻
ピエール伯
マリー・シャマイラ ピエール伯の妻
シャルル六世
ジャック・ル・グリ
マルグリット カルージュの妻
ジャン・クレスパン カルージュの旧友
ロベール・ド・ティボヴィル マルグリットのいとこ
アダム・ルヴェル
ジャン・ド・ベティジ カルージュの主任弁護人
ジャン・ル・コック ル・グリの主任弁護人
アルノール・ド・コールビー 判事
ジャン・ブロトー
ピエール・ブロトー
ピエール・タイユピエ
[PR]

by hamchu | 2015-07-30 16:09 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 29日

【映画】「アメリカン・スナイパー」の脚本家、「帰還兵はなぜ自殺するのか」を監督へ



本書に主に登場するのは、5人の兵士とその家族。 そのうち一人はすでに戦死し、生き残った者たちは重い精神的ストレスを負っている。
妻たちは「戦争に行く前はいい人だったのに、帰還後は別人になっていた」と語り、苦悩する。
戦争で何があったのか、なにがそうさせたのか。

「アメリカン・スナイパー」の脚本家ジェイソン・ホールがDreamWorksの「Thank You for Your Service」監督として交渉中である模様。

原作はデイヴィッド・フィンケル(David Finkel)の同名書籍、邦題「帰還兵はなぜ自殺するのか」
ホール自身が脚色。

一時期はスティーヴン・スピルバーグが監督するかも?と言われていた企画ですが結局は初めからかかわっていたホールが監督へ。
この本、登場する人物は非常に多いのですが読みやすくこなれている感じ。
映画にするには重要人物をクローズアップする形になるのかな?

原作 帰還兵はなぜ自殺するのか (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ) デイヴィッド・フィンケル 亜紀書房

原作 おもな登場人物
アダム・シューマン
サスキア アダムの妻
ジャクソン、ズーイ アダムの子ども
ジェームズ・D・ドスター
アマンダ ジェームズの妻
サリー アマンダの親友
グレース、キャサリン ジェームズの子ども
トーソロ・アイアティ
テレサ 
ニック・デニーノ
サシャ ニックの妻
ピーター・クアレリ 陸軍副参謀長
べス クアレリの妻
マイケル・エモリー
パティ・ウォーカー
ケヴィン パティの夫
ジェシー・ロビンソン
クリスティ ジェシーの妻
サマー ジェシーの娘
[PR]

by hamchu | 2015-07-29 11:12 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 29日

【映画】アレックス・マーウッドの「The Killer Next Door」映画化へ


ジェイムズ・フランコとAhna O’Reillyがアレックス・マーウッド(Alex Marwood)のミステリー「The Killer Next Door」を映画化する模様。

[内容]
Everyone who lives at 23 Beulah Grove has a secret. If they didn’t, they wouldn’t be renting rooms in a dodgy old building for cash no credit check, no lease. It’s the kind of place you end up when you you’ve run out of other options. The six residents mostly keep to themselves, but one unbearably hot summer night, a terrible accident pushes them into an uneasy alliance. What they don’t know is that one of them is a killer. He’s already chosen his next victim, and he’ll do anything to protect his secret.

原作 The Killer Next Door: A Novel Alex Marwood Penguin Books; Reprint版
[PR]

by hamchu | 2015-07-29 08:30 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 29日

【映画】Donnie Eicharの書籍「Dead Mountain」映画化へ


Straight Up FilmsはDonnie Eicharの書籍「Dead Mountain: The Untold True Story of the Dyatlov Pass Incident」を映画化する模様。

ケイト・コーエン、マリサ・ポルヴィーノ、 Casey Carrollが制作、ピーター・サスマンが制作総指揮。
Brandon Lee Tenneyが脚色。

[内容]
In February 1959, a group of nine experienced hikers in the Russian Ural Mountains died mysteriously on an elevation known as Dead Mountain. Eerie aspects of the incident unexplained violent injuries, signs that they cut open and fled the tent without proper clothing or shoes, a strange final photograph taken by one of the hikers, and elevated levels of radiation found on some of their clothes have led to decades of speculation over what really happened.

原作 Dead Mountain: The Untold True Story of the Dyatlov Pass Incident Donnie Eichar Chronicle Books
[PR]

by hamchu | 2015-07-29 08:28 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 28日

【TV】TNT、ブレイク・クラウチの小説を映像化へ


TNTはブレイク・クラウチ(Blake Crouch)の小説「 Letty Dobesh」シリーズを原作としたパイロット版を「Good Behavior」のタイトルで制作、「ウェイワード・パインズ 出口のない街 」のチャド・ホッジが制作、ミシェル・ドッカリーが出演する模様。

[内容]
Letty Dobesh, a gorgeous, degenerate thief, is fresh out of the clink and back to her old tricks in this case, burglarizing suites at a luxury hotel in Asheville, North Carolina.

But when she’s surprised by returning guests on her last room of the day, she’s forced to hide in the closet to avoid getting caught, and inadvertently overhears a hitman being contracted to murder the wife of a wealthy lawyer.

Letty is hardly a heroine, but this puts even her threadbare morality to the test.

Only in hindsight will she see her choice to intervene for what it is…a dramatic fork in the trajectory of her life, propelling her toward a terrifying shocker of an ending that neither she (or you) ever saw coming.

原作 The Pain of Others (Letty Dobesh Book 1) (English Edition) Blake Crouch Kindle版
[PR]

by hamchu | 2015-07-28 00:33 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 28日

【TV】ヒュー・ハウイーの「Sand」も映像化へ


Imperative Entertainmenはヒュー・ハウイー(Hugh Howey)の小説「Sand」のオプション権を取得、Dan Friedkin、ブラッドリー・トーマス、Zak Kadison、ティム・クリング脚色でTVシリーズ化する模様。

[内容]
The old world is buried beneath the dunes. For those who live above, life is short, miserable, and piteous. But it is still life. There are families here. Brothers and sisters and neglected moms and forgotten fathers. They make what life they can, ignored by the gods. Which is worse than being tortured by them.

They build what they can from the scraps of old. They bring up trinkets from the past and they hammer them into a tenuous future. And those who make this happen are the divers. The sand divers. This is their world. Hold your breath and join them.

原作 Sand: Part 1 - The Belt of the Buried Gods (English Edition) Hugh Howey Createspace
[PR]

by hamchu | 2015-07-28 00:30 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 28日

【映画】「Give + Take」脚本家が決定へ


David Posamentier とGeoff Mooreが「Give + Take」脚本家として起用された模様。

原作はStona Fitchの同名小説。

[内容]
An unholy marriage of the classic American road narrative combined with the slyest moments of Thomas Pynchon, Give + Take is one part caper, one part social satire. Disillusioned after years of conspicuous consumption, jazz pianist Ross Clifton has become a talented thief, robbing from the rich to give to the poor. But when his teenage nephew, Cray, turns up to join him, his life on the road is turned upside down. Between his nephew’s criminal aspirations and Ross’ romance with an enigmatic singer, his grifter lifestyle is about to be in serious jeopardy.

原作 Give + Take Stona Fitch Thomas Dunne Books; 1版
[PR]

by hamchu | 2015-07-28 00:29 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)