<   2015年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 28日

【Trailer】High-Rise ハイ-ライズ


J・G・バラード(J.G. Ballard)の小説「ハイ-ライズ」を映画化した「High-Rise)」のTrailer!



日本のタワーマンションでもこういう話できそう。
リチャード・ワイルダーはルーク・エヴァンスでしたな。

High-Rise 15年英
監督:ベン・ウィートリー
脚色:エイミー・ジャンプ
制作総指揮:アンナ・ヒッグス、サム・ラヴェンダー、Genevieve Lemal ほか
製作:ジェレミー・トーマス
原作:ハイ-ライズ (ハヤカワ文庫 SF 377) J・G・バラード 早川書房
音楽:クリント・マンセル
撮影:ローリー・ローズ
出演:トム・ヒドルストン、ジェレミー・アイアンズ、シエナ・ミラー、ルーク・エヴァンス、エリザベス・モス

【関連】
【映画】ジェレミー・アイアンズ、シエナ・ミラー、「ハイ-ライズ」に出演へ 14年5月20日

原作 おもな登場人物
ロバート・ラング 医師 (トム・ヒドルストン)
アリス・フロビシャー ロバートの姉
スティール夫妻 (リース・シェアスミス)
シャーロット・メルヴィル (シエナ・ミラー)
リチャード・ワイルダー テレビ・プロデューサー (ルーク・エヴァンス)
アンソニー・ロイヤル 建築家 (ジェレミー・アイアンズ)
ヘレン・ワイルダー リチャードの妻 (エリザベス・モス)
エイドリアン・タルボット 精神科医 (エンゾ・シレンティ)
ポール・クロスランド ニュース・アナウンサー
エリナ・パウェル 映画評論家
ジェーン・シェリダン 女優 (シエンナ・ギロリー)
アン・ロイヤル アンソニーの妻 (キーリー・ホーズ)
チャールズ・フロビシャー アリスの夫
[PR]

by hamchu | 2015-12-28 14:09 | Trailer・HP | Trackback | Comments(1)
2015年 12月 26日

【映画】「ドイツ・アメリカ連合作戦」映画化へ


第二次世界大戦末期、ナチス武装親衛隊が守る「イッター城特別囚人収容所」にはフランス元首相や大臣ら連合国側VIPが収容されていた。収容所奪還作戦に動いたのは、アメリカ軍戦車部隊+ドイツ国防軍+元武装親衛隊。あり得ない敵同士による混成チームだった―当事者への取材と残された資料によって初めて明らかになった奇跡の作戦の全貌。

StudioCanalはスティーヴン・ハーディング(Stephen Harding)のノンフィクション書籍「ドイツ・アメリカ連合作戦: 第二次世界大戦の「奇跡」といわれた捕虜収容所奪還作戦(The Last Battle: When U.S. And German Soldiers Joined Forces In The Waning Hours Of World War II In Europe)」の権利を取得、アンドリュー・ローナ、アレックス・ハインマン製作で映画化予定。

Jackie Zabelが製作総指揮。

こりゃまた登場人物が多い系のノンフィクション。でもって映画で観たほうが日本人にはきっとわかりやすい(はず)。

原作 ドイツ・アメリカ連合作戦: 第二次世界大戦の「奇跡」といわれた捕虜収容所奪還作戦 スティーヴン・ハーディング 原書房

原作 おもな登場人物
ジョン・C・”ジャック”・リー・ジュニア大尉
ヨーゼフ・”ゼップ”・ガングル少佐
シュテファン・オットー少尉
セバスティアン・”ヴァストル”・ヴィンマーSS大尉
ズヴォニミール・”ズヴォンコ”・チュッコヴィッチ
エドゥアール・ダラディエ
モーリス・ガムラン将軍
レオン・ジュオー
マキシム・ヴェガン将軍
オーギュスタ・ブルシュレン
ポール・レノー
ジャン・ボルトラ
クリスティアーヌ・マビア
マリ=ルネ=ジョセフィーヌ・ヴェガン
ミシェル・クレマンソー
フランソワ・ド・ラロック
マリ=アニエス・カイリュー
アルフレッド・カイリュー
ゲオルグ・リッター・フォン・ヘンゲル中将
アロイス・マイヤー
アンドリアス・クロボット
クルト=ジークフリート・シュレーダー大佐
ジョン・T・クレイマーズ少佐
[PR]

by hamchu | 2015-12-26 08:44 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 25日

【TV】ジェームズ・パタースンの「Now You See Her」ドラマ化へ


CBSはジェームズ・パタースン(James Patterson)とMichael Ledwidgeの「Now You See Her」をドラマ化する模様。

Siobhan Byrne O’Connor が脚色、作者のパタースン、ビル・ヘイバー、ビル・ロビンソン、レオポルド・ゴウトが制作総指揮。

パタースン原作のTVシリーズ「ZOO」は「暴走地区-ZOO-」なるタイトルで年末からWOWOWで放送されるのですね。
パタースンは諸事情から翻訳しにくいだろうしなあ(まあ無理して読みたいかと聞かれたら返事に困っちゃいますが 笑 えっ、いや読みたいですよ、日本語で)。

[内容]
A successful lawyer and loving mother, Nina Bloom would do anything to protect the life she's built in New York - including lying to everyone, even her daughter, about her past.

Nina's secret life began eighteen years ago. She had a carefree existence in Key West, a handsome police-officer husband, and a baby on the way. But Nina's world is shattered when she unearths a terrible secret that causes her to run for her life and change her identity.

Now, years later, when an innocent man is framed for murder, Nina knows she must return to Florida and confront the murderous evil she fled.

原作 Now You See Her James Patterson  Arrow
[PR]

by hamchu | 2015-12-25 08:16 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 22日

【映画】サリム・アキル、「Counterfeit Son」を監督へ


サリム・アキルがAlcon Entertainment製作の「Counterfeit Son」監督として起用された模様。

原作はElaine Marie Alphinの同名YA小説。

アキルはマシュー・オルドリッチと脚色、スティーヴン・P・ウェグナー、ブロデリック・ジョンソン、Andrew Kosgrove、 Jessica Rhoadesが制作。

[内容]
Cameron Miller is pretending to be someone he isn't. When he began presenting himself as Neil Lacey, it was the only way he could think of to distance himself from what Pop had done, to finally climb out of his nightmarish existence. He thought it would be easy--playing the rich kid, sailing his boat--but he didn't count on Cougar. Now Cougar, his father's old accomplice, has tracked Cameron down and presented an ultimatum: Share the wealth or be exposed. Will Cameron give up his new identity to protect Neil's family? Or will he let his search for a new life destroy those around him?

原作 Counterfeit Son Elaine Marie Alphin HMH Books for Young Readers; Reprint版
[PR]

by hamchu | 2015-12-22 07:49 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 21日

【映画】DreamWorks、「Food Whore」の権利を取得


DreamWorks StudiosはJessica Tomの「Food Whore: A Novel of Dining and Deceit」の権利を取得、リサ・ルービンが脚色予定。

[内容]
Food whore (n.) A person who will do anything for food.

When Tia Monroe moves to New York City, she plans to put herself on the culinary map in no time. But after a coveted internship goes up in smoke, Tia’s suddenly just another young food lover in the big city.

But when Michael Saltz, a legendary New York Times restaurant critic, lets Tia in on a career ending secret that he’s lost his sense of taste everything changes. Now he wants Tia to serve as his palate, ghostwriting his reviews. In return he promises her lavish meals, a bottomless cache of designer clothing, and the opportunity of a lifetime. Out of prospects and determined to make it, Tia agrees.

Within weeks, Tia’s world transforms into one of luxury: four-star dinners, sexy celebrity chefs, and an unlimited expense account at Bergdorf Goodman. Tia loves every minute of it…until she sees her words in print and Michael Saltz taking all the credit. As her secret identity begins to crumble and the veneer of extravagance wears thin, Tia is forced to confront what it means to truly succeed and how far she’s willing to go to get there.

原作 Food Whore: A Novel of Dining and Deceit Jessica Tom William Morrow Paperbacks
[PR]

by hamchu | 2015-12-21 13:59 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 20日

【TV】Spike TV、「レッド・マーズ」をドラマ化へ


a0000270_15404628.jpga0000270_1541753.jpgSpike TVはキム・スタンリー・ロビンスン(Kim Stanley Robinson)のベストセラー・ハードSFシリーズ「レッド・マーズ(Red Mars)」を10エピソードで制作、17年1月のプレミアを予定。

J・マイケル・ストラジンスキー、ヴィンス・ジェラルディス、デヴィッド・エリソン、デイナ・ゴールドバーグらが制作総指揮。

沢山の人が登場するお話ですが、どんな感じのキャスティングになるのかな…(Spike TV…)

【関連】
【TV】AMC、キム・スタンリー・ロビンスンのSF「レッド・マーズ」をシリーズ化? 08年10月3日

原作
レッド・マーズ〈上〉 (創元SF文庫) キム・スタンリー・ロビンスン 東京創元社
レッド・マーズ〈下〉 (創元SF文庫) キム・スタンリー・ロビンスン 東京創元社

原作 おもな登場人物
フランク・チャーマーズ
ジョン・ブーン
マヤ・カタリナ・トイトヴナ
サックス・ラッセル
ミシェル・デュヴァル
ヒロコ・アイ
ヴラド・タネュフ
アルカディイ・ボグダノフ
ジャネット・ブライルヴェン
メアリ・ダンケル
ウルズラ・コール
アン・クレイボーン
フィリス・ボイル
サーシャ・エフレーモフ
ナジェンダ・フランシン・チェルネシェフスキー(ナディア)
サイモン・フレイザー
スペンサー・ジャクソン
イェーリ・ジュードフ
[PR]

by hamchu | 2015-12-20 19:03 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 20日

【映画】ダニエル・ブルマン、「Tambien Esto Pasara」の権利を取得


ダニエル・ブルマンがMilena Busquetsの「Tambien Esto Pasara (This Too Shall Pass)」のオプション権を取得した模様。

[内容]
Blanca is forty years old and motherless. Shaken by the unexpected death of the most important person in her life, she suddenly realizes that she has no idea what her future will look like.

To ease her dizzying grief and confusion, Blanca turns to her dearest friends, her closest family, and a change of scenery. Leaving Barcelona behind, she returns to Cadaques on the coast, accompanied by her two sons, two ex-husbands, and two best friends, and makes a plan to meet her married lover for a few stolen moments as well. Surrounded by those she loves most, she spends the summer in an impossibly beautiful place, finding ways to reconnect and understand what it means to truly, happily live on her own terms, just as her mother would have wanted.

原作 This Too Shall Pass: A Novel Milena Busquets Hogarth
[PR]

by hamchu | 2015-12-20 09:50 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 18日

【TV】マット・ボマー、ケルシー・グラマーら「ラスト・タイクーン」に出演へ


F・スコット・フィッツジェラルド(F. Scott Fitzgerald)の未完の作品をドラマ化するAmazon Studiosの「ラスト・タイクーン(The Last Tycoon)」にマット・ボマー、ケルシー・グラマー、ローズマリー・デウィット、Mark O’Brien、エンゾ・シレンティが出演する模様。

マット・ボマーがモンロー・スターなんでしょうがあとはまだ誰が誰やら…

【関連】
【TV】ビリー・レイ、「ラスト・タイクーン」をドラマ化へ 13年12月7日

原作 ラスト・タイクーン (角川文庫) フィツジェラルド 角川グループパブリッシング; 改版

原作 おもな登場人物
モンロー・スター
わたし セシリア・ブレーディ
ワイリー・ホワイト
ブレーディ
マーカス氏
ロビンソン(ロビー)
ローズマリー・シュミエル
ジャック・ラ・ボルビッツ
ジョージ・ボックスレー
キャサリン・ドーラン
ジェーン・メラニー
アギー王子
ジョー・ポポロス
モート・フライシェイカー
レッド・ライディングウッド
ピート・サプラス
エドナ
キャサリン・ムーア
ブリマー
[PR]

by hamchu | 2015-12-18 07:59 | TV・ニュース | Trackback | Comments(1)
2015年 12月 17日

【映画】ローラ・リニー、「The Dinner」に出演か


予約が取れない人気レストランで食事を楽しむ二組の夫婦。
元教師のパウルとその妻クレア、そして次期首相候補最有力の兄セルジュとその妻バベット。
一見、何不自由のない幸せそうなふたつの家族だが、高級レストランでの晩餐が進むにつれ、四人が直面している問題が徐々に明らかにされていく。
それぞれの息子たちが起こした凄惨な事件。
その真実を公表するべきか? それとも隠蔽しつづけるのか?
そして夫婦のとった驚愕の行動とは?

ローラ・リニーが「The Dinner」出演について交渉中である模様。

原作はヘルマン・コッホ( Herman Koch)の同名小説「冷たい晩餐」、「メッセンジャー」のオーレン・ムーヴァーマンが脚色、監督予定。

この本、非常に人気がありまして(映画化には美味しい素材!)既にメノ・メイエス監督のオランダ版(【HP・Trailer】Het Diner)、イヴァーノ・デ・マッテオ監督のイタリア版(イタリア映画祭2015での上映タイトル「われらの子供たち」)があります。
ケイト・ブランシェットの監督はなかったね…

【関連】
映画原作関連ニュース The Dinner、Graveland、Demonologists 13年9月20日

原作 冷たい晩餐 ヘルマン・コッホ イースト・プレス

原作 おもな登場人物
私 パウル・ローマン 
セルジュ・ローマン パウルの兄
クレア 私の妻
バベット セルジュの妻
ミシェル 私の息子
リック セルジュの息子
ヴァレリー セルジュの娘
ボウ・ファソ セルジュの養子
ナオミ
[PR]

by hamchu | 2015-12-17 19:30 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 16日

【映画】「ガール・オン・ザ・トレイン」撮影中


夫と離婚し、酒浸りの日々を送るレイチェル。彼女は通勤電車の窓から、一組の幸せそうな夫婦を見つけ、昔の自分の姿と重ね合わせていた。その夫婦の家は、かつての自宅に近接しており、元夫は当時の家で新しい妻子と暮らしているのだった。

今年のこのミスのランキング作品、映画化企画的にイマイチだったのですが、16位タイ「ガール・オン・ザ・トレイン(The Girl on the Train)」は撮影中、10月7日米公開予定です。

監督はテイト・テイラー、脚色はエリン・クレシダ・ウィルソン。

離婚してこういう風に壊れちゃって他人に迷惑かける女性っているよね…なお話。
でもってこういうのは大抵元夫がイカンわけです。

キャスティング的には酒に溺れ、身体の締まりも無くなったレイチェルにエミリー・ブラントってのは…

【関連】
【映画】「The Girl on the Train」、テイト・テイラーが監督へ 15年6月1日

原作
ガール・オン・ザ・トレイン(上) (講談社文庫) ポーラ・ホーキンズ  講談社
ガール・オン・ザ・トレイン(下) (講談社文庫) ポーラ・ホーキンズ  講談社

原作 おもな登場人物
私 レイチェル・ワトソン (エミリー・ブラント)
トム・ワトソン (ジャスティン・セロー)
アナ・ワトソン (レベッカ・ファーガソン)
わたし メガン・ヒップウェル (ハリー・ベネット)
スコット (ルーク・エヴァンズ)
カマル・アブディッチ ドクター(セラピスト) (エドガー・ラミレズ)
[PR]

by hamchu | 2015-12-16 13:23 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)