<   2016年 02月 ( 47 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 29日

【映画】B.A. Parisのスリラー「Behind Closed Doors」映像化へ


Stone Village Productionsのスコット・スタインドーフとDylan RussellはB.A. Parisのスリラー「Behind Closed Doors」の映画化、TV化権を取得した模様(うわ、またStone Villageだ)。

[内容]
The Sun Everyone knows a couple like Jack and Grace. He has looks and wealth, she has charm and elegance. You might not want to like them, but you do. You'd like to get to know Grace better. But it's difficult, because you realise Jack and Grace are never apart. Some might call this true love. Others might ask why Grace never answers the phone. Or how she can never meet for coffee, even though she doesn't work. How she can cook such elaborate meals but remain so slim. And why there are bars on one of the bedroom windows.

原作 Behind Closed Doors: The gripping debut thriller everyone is raving about B.A. Paris Mira

 
[PR]

by hamchu | 2016-02-29 18:30 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 29日

【映画】ガブリエレ・ムッチーノ、ナボコフの「マグダ」を映画化へ


「パパが遺した物語」のガブリエレ・ムッチーノがウラジミール・ナボコフ(Vladimir Nabokov)の「Laughter in the Dark」を映画化、監督する模様。

Bradley McManusとJustin Parkerが脚色、スコット・スタインドーフ、Dylan RussellのStone Village ProductionsがSander SoethのIntuit Filmsと制作。
撮影はNYで5月半ばに行われる予定。

この作品、ロシア語版の「カメラ・オブスクーラ」と英語版の「マグダ」のバージョンがあるのですが、この二つ内容、登場人物の名前等かなり違うのです(読んでビックリ!ネタにしやすいのか、面倒なのか)。
今回のニュースではタイトルが「Laughter in the Dark」ということなので「マグダ」の方を取り上げておきますが、日本語で今読みやすいのは圧倒的に光文社の「カメラ・オブスクーラ」だったり…
違いを比べるためにも映画ができる前には「マグダ」を新しく出してほしいのですが…(というかタイトルも「闇の中の笑い」にしてほしい)

参考
裕福で育ちの良い美術評論家クレッチマーは、たまたま出会った美少女マグダに夢中になるのだが、そこにマグダの昔の愛人が偶然姿をあらわす。ひそかに縒【よ】りを戻したマグダに裏切られているとは知らず、クレッチマーは妻と別居し愛娘をも失い、奈落の底に落ちていく…

原作 カメラ・オブスクーラ (光文社古典新訳文庫 Aナ 1-1) ナボコフ 光文社

マグダ おもな登場人物
アルビヌス
アクセル・レックス
パウル
エリザベート
マルゴ・ペータース
オットー
ドリアンナ・カレニーナ
ランペルト博士

 
[PR]

by hamchu | 2016-02-29 08:16 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 27日

【映画】Andrew Crokerの小説「Three in a Bed」映画化へ


マイケル・ウィンターボトムとアンドリュー・イートンのRevolution FilmsはAndrew Crokerの小説「Three in a Bed」の映画化権を取得した模様。

[内容]
Sam Plummer is the undisputed king of the front page expose, but he is growing increasingly bored with tabloid drivel. When he gets the chance to break a rare 'real' scoop, he makes a mistake that unravels his world, graphically exposes his own colourful private life, and forces him into the centre of a media storm. Convinced it's a conspiracy, Sam undertakes a thrilling investigation in pursuit of the truth that will restore his thrashed reputation…only to stumble upon a far more explosive story that could trigger a national security crisis.

原作 Three in a Bed: The shady world of the tabloids. Sex. Spies. Entrapment. Andrew Croker Unbound

 
[PR]

by hamchu | 2016-02-27 17:17 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 27日

【映画】Leia Stoneの「Matefinder」映画化へ


Mjw Media がLeia Stoneのファンタジーシリーズ「Matefinder」の権利を取得、「ジョン・ウィック」のマイク・ウィザリルが制作、LeAnn Goffが制作総指揮で映画化する模様。

http://leiastone.com/books/

[内容]
Werewolves, facing the threat of extinction, desperately seek their mates to bear young. Aurora, a human far removed from the supernatural world, is nearing her own end after being fatally injured in a car accident. Kai, an alpha werewolf, lurks in the nearby trees watching her bleed out. He chooses to save her the only way he knows how, by changing her. Aurora struggles with her past as a domestic abuse survivor and the new dominating and violent lifestyle of a werewolf. No one is prepared for what happens next. The tides turn in favor of the werewolves. The Matefinder has been found, and she is more powerful than anybody ever imagined. But is she prepared to be the most hunted werewolf in history?

原作 Matefinder (English Edition)  Leia Stone Indigo House Publishing, LLC
[PR]

by hamchu | 2016-02-27 08:42 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 26日

【映画】デミアン・ビチルとディエゴ・ルナ、「The Black Minutes」に出演へ


「明日を継ぐために」のデミアン・ビチルとディエゴ・ルナ、Sofia Espinosaが「The Black Minutes」に出演する模様。

ディエゴ・ルナ、ガエル・ガルシア・ベルナル、パブロ・クルスが制作、原作はMartin Solaresの同名小説。

Mario Munozが監督、原作者と脚色。

[内容]
When a young journalist named Bernardo Blanco is killed in the fictional Mexican port city of Paracuan, investigation into his murder reveals missing links in a disturbing multiple homicide case from twenty years earlier. As police officer Ramon el Maceton” Cabrera discovers, Blanco had been writing a book about a 1970s case dealing with the murder of several young schoolgirls in Paracuan by a man known as el Chacal. Cabrera realizes that whoever killed Blanco wanted to keep the truth about el Chacal from being revealed, and he becomes determined to discover that truth. The Black Minutes chronicles both Cabrera’s investigation into Blanco’s murder and goes back in time to follow detective Vicente Rangel’s investigation of the original el Chacal case. Both narratives expose worlds of corruption, from cops who are content to close the door on a case without true justice to powerful politicians who can pay their way out of their families’ crimes. Full of dark twists and turns, and populated by a cast of captivating and mostly corrupt characters, The Black Minutes is an electrifying novel from a brilliant new voice.

原作 The Black Minutes Martin Solares Grove Press, Black Cat; 1 Tra版

 
[PR]

by hamchu | 2016-02-26 18:22 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 26日

【映画】ステラン・スカルスガルド、ニーナ・ホス、「Return to Montauk」に出演へ


フォルカー・シュレンドルフ監督の「Return to Montauk」にステラン・スカルスガルド、ニーナ・ホスが出演する模様。

原作はMax Frischの小説「Montauk」、撮影は春から行われる予定。
「ブルックリン」の原作者コルム・トビーンがシュレンドルフと共同脚色しているらしいです(へえ~)。

原作 Montauk Max Frisch Tin House Books

 
[PR]

by hamchu | 2016-02-26 08:26 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 25日

【Trailer】The Light Between Oceans 海を照らす光


二十世紀初頭のオーストラリア。悲惨な戦争が終わり帰国したトム・シェアボーンは、灯台守となって孤島ヤヌス・ロックに赴任する。朗らかな妻イザベルを得た島での日々は平穏で幸せなものだった。しかし数年後のある日、ふたりの人生は根底から変わった。島に漂着したボートに、生後間もない赤ん坊が乗っていたのだ。死産の直後で悲しみに沈んでいたイザベルは赤ん坊に魅了され、本土に報告しようとするトムを説得し、実子として育てはじめる。ルーシーと名付けられた赤ん坊は健やかに成長し、ふたりに喜びをもたらすが…



デレク・シアンフランスがM・L・ステッドマン(M.L. Stedman)の小説「海を照らす光」を映画化、「The Light Between Oceans」のTrailer!

映像をみていただければどんな感じのお話かすぐにわかることでしょう(コメントなし)。
米(仏)公開予定は16年9月、英は17年1月(日本もこのあたりかな?)。

The Light Between Oceans 16年米・ニュージーランド
監督・脚色:デレク・シアンフランス
制作総指揮:ロージー・アリソン、ジェフリー・クリフォード、トム・カーノウスキー
制作:デヴィッド・ヘイマン
音楽:アレクサンドル・デスプラ
撮影:アダム・アーカポー
原作:海を照らす光 M・L・ステッドマン 早川書房
出演:アリシア・ヴィカンダー、マイケル・ファスベンダー、レイチェル・ワイズ、エミリー・バークレイ、アンソニー・ヘイズ

【関連】
映画原作関連ニュース Bent Road、The Light Between Oceans、Wonder… 12年12月4日
映画・TV原作関連ニュース The Husband's Secret、No Way Back、The Light Between Oceans… 13年9月7日

原作 おもな登場人物
イザベル(イジー) (アリシア・ヴィカンダー)
トム・(トーマス・エドワード)シェアボーン (マイケル・ファスベンダー)
ブルーイ・スマート (Thomas Unger)
ルーシー (Caren Pistorius)
セプティマス・ポッツ
ハナ・レンフェルト (レイチェル・ワイズ)
ハリー・ガーストン 巡査 (Benedict Hardie)
グウェン ハナの妹 (エミリー・バークレイ)
ヴァーノン・ナッキー 巡査部長 (アンソニー・ヘイズ)
フランツ・ヨハネス (レオン・フォード)

 
[PR]

by hamchu | 2016-02-25 08:27 | Trailer・HP | Trackback | Comments(1)
2016年 02月 25日

【TVM】フィリッパ・グレゴリーの「The White Princess」を映像化


Starzはレベッカ・ファーガソン主演で13年にオンエアされた「The White Queen」(原作「白薔薇の女王」)続編の「The White Princess」を8エピソードの限定シリーズとして製作する模様。

原作はフィリッパ・グレゴリー(Philippa Gregory)の同名小説。
エマ・フロストが脚色、制作総指揮、Lachlan MacKinnonが制作。

[内容]
The haunting story of the mother of the Tudors, Elizabeth of York, wife to Henry VII. Beautiful eldest daughter of Edward IV and Elizabeth Woodville - the White Queen - the young princess Elizabeth faces a conflict of loyalties between the red rose and the white. Forced into marriage with Henry VII, she must reconcile her slowly growing love for him with her loyalty to the House of York, and choose between her mother's rebellion and her husband's tyranny. Then she has to meet the Pretender, whose claim denies the House of Tudor itself.

原作 The White Princess Philippa Gregory Simon & Schuster Ltd

 
[PR]

by hamchu | 2016-02-25 07:02 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2016年 02月 24日

東京創元社2016年新刊ラインナップ説明会 映像化予定作品


月曜日(2月22日)は都内某所で行われた東京創元社2016年新刊ラインナップ説明会にお邪魔させていただきました。

作家、翻訳家の諸先生方の貴重なお話、白熱するビブリオバトルなど大変有意義な時間を過ごさせていただいたのですが、私の一番の目的?…翻訳作品の映像化予定の隠し玉がなかったあたりがちと残念だったかも(昨年は「ハヤブサの守る家」←これは今年のクリスマスに公開予定が延びちゃったんですよね、「もうひとりのタイピスト」、「ギリシャに消えた嘘」などが紹介されていました)。

これは勝手にリスト作れ、ということかな?とこれまた勝手に判断して公開予定リストなど現在作成中なのですが(いや前から予定表は作っては中断しているんですが、結構面倒なんですよ、検索するのが…)その前に新刊ラインナップから映像化予定のニュースが出ていた作品について分かっている分だけでも書きだしてみたいと思います(抜けていたら是非教えて下さいませ~)。


真実、その他の嘘(仮) Die Wahrheit und andere Luegen(The Truth and Other Lies) ザーシャ・アランゴ(Sascha Arango)
16年6月刊行予定
ベストセラー作家として富と名声を得たヘンリー。だが実は、ヘンリーの小説はすべて妻マルタが書いたものだった。夫婦仲は円満とは言えず、ヘンリーは”自分の”原稿を見出してくれた編集者ベティと愛人関係にあった。しかし、ヘンリーはベティから妊娠したと告げられ、彼女との関係を清算することに。待ち合わせ場所で魔が差したヘンリーは、相手の車を断崖からたたき落とす。だが、家に戻ったヘンリーを、ベティが訪ねてくる…
*Chockstone Picturesのスティーヴ・シュワルツとポーラ・メイ・シュワルツがニック・ウェクスラーと映画化権を取得、作者のアランゴ自身(ドイツの脚本家です)が脚色予定。
14年5月にDeadlineでニュースになっていました(その後続報なし)。

ささやかで大きな嘘 Big Little Lies リアーン・モリアーティ(Liane Moriarty)
16年4月刊行
*HBOによるTVシリーズ化が現在進行中。これは4月の刊行まで待てん!とゲラモニターに応募、先日送っていただきましたがまだ読めてません(読んだら記事アップ予定)。
作者リアーン・モリアーティの作品は「The Husband's Secret」(映画原作関連ニュース Lamb、The Husband's Secret、Grasshopper Jungle…)、「What Alice Forgot」(映画原作関連ニュース What Alice Forgot、April 23、My Name Is Memory…)も権利が売れています。「The Husband's Secret」は17年創元推理文庫より刊行予定とのこと。「Big Little Lies」の流れで映画化が早まることもあるのでは?、と思うのですが、17年といわずおはやめに出して下さいまし。

(仮) The Well キャサリン・チャンター(Catherine Chanter)
16年9月刊行予定
”わたし”は自宅監禁されることになり、ウェル農場へ護送された。異常な干魃が続くイギリスで、なぜか”わたし”がいるこの農場にだけ雨が降る。常に三人の若い男性に監視されている”わたし”は心の安寧を得るため聖職者との面会を認められ、彼から外の世界の様子を聞き出しながら、自分の体験について語りはじめる。かつてある殺人事件が起こり、”わたし”は何をしたのか-。そして犯人は誰なのか-。
*これをここに入れていいのか?という気はするんですが、作者自身のサイトのニュースにあったもんで…(笑)
TV Rights for The Well are under option with a major US Studio だそうです。
メジャーのスタジオって何処?

愚者たちの棺 Coffin Scarcely Used コリン・ワトスン(Colin Watson)
16年3月刊行予定
ロンドン近郊の小さな港町フラックスボローの名士、新聞社社主グウィル氏が十二月のある夜感電死する。電柱の下で発見された遺体はスリッパ履きのうえ、現場付近では“幽霊"の目撃証言も飛び出していた。この不可解な変死事件を捜査するのは、地元署の温和なパーブライト警部。
*これはもう映像化されてますよ~の方。
77年の「Murder Most English: A Flaxborough Chronicle」でドラマ化されました(50分前後編)。
監督はRonald Wilson、脚色は「ステッピング・アウト」のリチャード・ハリス。
「第四の核」のアントン・ロジャースがパーブライト警部を演じているようです。

狼を恐れた男(仮)Den som frykter ulven カリン・フォッスム(Karin Fossum)
16年8月刊行予定
ノルウェーの夏のある朝。独り暮らしの老女が玄関先で死んでいた。右目に鋏が突き刺さっている。セイエル警部の捜査で容疑者として浮上してきたのは、変人として知られる青年エリケ。警部は彼の行方を追うが、なんと翌朝起きた近くの町の銀行強盗事件で、エリケは人質になっていた。逃走を続ける銀行強盗の人質となってしまった容疑者。捜査は混乱を深めていくが…
*これも既に04年に映像化されている作品。
Erich Hortnagl監督、Stefan Ahnhem脚色、クリストッフェル・ヨーネルがエリケ役。

パンドラの少女 The Girl With all the Gifts M・R・ケアリー(M. R. Carey)
16年4月刊行予定
<餓えた奴ら>によって文明社会が崩壊したイギリス。荒廃した街で発見された、奇跡の少女メラニー。持たないはずのあるものをもつ健気な彼女は、この崩壊しつつある世界の救世主なのか?ロンドンの北にある隔絶した軍事基地で研究が進められているさなか、予想だにしない事態が勃発し、メラニー、彼女が大好きな教師、科学者、兵士ふたりの極限の逃避行がはじまる-。
*既にポストプロダクションに入っていて公開日の決定を待つのみ。Trailerが出る前に日本語で読めるかな?

 
[PR]

by hamchu | 2016-02-24 13:38 | その他 | Trackback | Comments(1)
2016年 02月 24日

【映画】ロザムンド・パイク、「ガーンジー島の読書会」に出演?


一冊の本をきっかけに、ガーンジー島の人々と手紙を交わしはじめたジュリエット。そこで彼女が知ったのは、大戦中ナチスに占領され不自由な世界を強いられた島民の心を支えた“読者会”の存在だった。

ロザムンド・パイクがマイク・ニューウェル監督予定の「Guernsey」に出演する模様。

原作はメアリー・アン・シェイファー(Mary Ann Shaffer)とアニー・バロウズ(Annie Barrows)の同名ベストセラー「ガーンジー島の読書会(The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society)」
「マーリー」のドン・ルースが脚色、Mitchell Kaplan、ポーラ・メイザ―が制作。

この作品、私はすごく大好きなんですが、映像化にもとても良い素材ですよね。
イメージ的にはNHKの朝の連続テレビ小説。あんな感じの登場人物、あんな感じで進んでいく(日本だったら俳優を替えて何バージョンも作られそう 笑)。ラストも期待を裏切らないはずです。

【関連】
映画原作関連ニュース The Hanging Tree、Good Morning, Killer… 11年8月8日

原作
ガーンジー島の読書会 (上) メアリー・アン・シェイファー、アニー・バロウズ イースト・プレス
ガーンジー島の読書会 (下) メアリー・アン・シェイファー、アニー・バロウズ イースト・プレス

原作 おもな登場人物
ジュリエット・アシュトン
シドニー・スターク
スーザン・スコット
ドージー・アダムズ
マーカム・V・レイノルズ・ジュニア
ギリー・ギルバート 記者
アメリア・モージェリー
エリザベス・マッケンナ
ジョン・ブッカー
イゾラ・プリッピー
エーベン・ラムジー
ウィル・ディスピー
アデレード・アディソン
クロビス・フォッシー
イーライ エーベンの孫
クリスティーナ(キット)
クリスチャン・ヘルマン
クララ・ソーシー
サリー・アン・フロビシャー
マイカ・ダニエルズ
ビリー・ビー・ジョーンズ

 
[PR]

by hamchu | 2016-02-24 08:13 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(6)