<   2016年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 29日

【Trailer】チューリップ熱 Tulip Fever


7月15日米公開が決定、ジャスティン・チャドウィック監督、アリシア・ヴィカンダー主演、デボラ・モーガン(Deborah Moggach)の「チューリップ熱」を映画化した「Tulip Fever」のTrailer!



デイン・デハーンが!(すごく若い、というか幼く見えるんですが 笑)
スタッフ、キャストとも非常に豪華。
いつの間にできてたの?って感じですが公開が決まってよかったよかった。

Tulip Fever 16年英・米
監督:ジャスティン・チャドウィック
脚色:トム・ストッパード
制作総指揮:マリア・セストーン、モリー・コナーズ、ハーヴェイ・ワインスタインほか
制作:アリソン・オーウェン
音楽:ダニー・エルフマン
撮影:Eigil Bryld
原作:チューリップ熱 デボラ・モガー 白水社
出演:アリシア・ヴィカンダー、クリストフ・ヴァルツ、デイン・デハーン、ホリデイ・グレインジャー、ジュディ・デンチ、ザック・ガリフィナーキス

【関連】
【映画】「チューリップ熱」の映画化企画、復活? 05年11月19日
【映画】「チューリップ熱」映画化、監督はジャスティン・チャドウィックに 13年10月19日
【映画】クリストフ・ヴァルツ、「チューリップ熱」に出演? 14年2月10日
【映画】アリシア・ヴィキャンデル、ジュディ・デンチら「チューリップ熱」に出演へ 14年6月7日

原作 おもな登場人物
ソフィア・サンツフォールト (アリシア・ヴィカンダー)
コルネリス・サンツフォールト ソフィアの年の離れた夫 (クリストフ・ヴァルツ)
ヤン・ファン・ロース 画家 (デイン・デハーン)
マリア 女中 (ホリデイ・グレインジャー)
ウィレム マリアの恋人
ヤーコプ ヤンの弟子
へリット ヤンの下男
クラース・ファン・ホーヘランデ チューリップ栽培業者
マテウス ヤンの友人 (マシュー・モリソン)
リスベット マテウスの妻 (アレクサンドラ・ギルブレス)
ソルフ 医師 (トム・ホランダー)
モーレナール夫人 ソフィアの隣人

 
[PR]

by hamchu | 2016-04-29 17:46 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 28日

【Trailer】セル Cell


ジョン・キューザックとサミュエル・L・ジャクソンが出演、スティーヴン・キング(Stephen King)のホラー小説をトッド・ウィリアムズが監督、「セル(Cell)」のTrailer!



今まで(かなり長い間)スチールしか見たことなかったんですが、いい感じじゃないですか?
しかし、トッド・ウィリアムズってホント寡作な人ですなあ。

米公開予定は7月8日。

Cell 16年米
監督:トッド・ウィリアムズ
脚色:アダム・アレッカ、スティーヴン・キング
制作総指揮:Armen Aghaeian 、パディ・カレン、Laurence Freed ほか
制作:マイケル・ベナローヤ、Shara Kay、リチャード・サパースタインほか
音楽:マーセロ・ザーヴォス
撮影:マイケル・シモンズ
原作:
セル〈上〉 (新潮文庫) スティーヴン・キング 新潮社
セル 下巻 (新潮文庫 キ 3-57) スティーヴン・キング 新潮社
出演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、イザベル・ファーマン、ステイシー・キーチ、Joshua Mikel

【関連】
【映画】サミュエル・L・ジャクソン、スティーヴン・キング原作の「セル」に出演 13年11月7日

原作 おもな登場人物
クレイトン(クレイ)・リデル (ジョン・キューザック)
シャロン クレイの妻 (Clark Sarullo)
ジョニー ジョン・ギャヴィン・リデル クレイの息子 (Ethan Andrew Casto)
トマス(トム)・マッコート (サミュエル・L・ジャクソン)
ウルリッチ・アッシュランド 巡査
アリス・マックスウェル (イザベル・ファーマン)
ミスター・リカーディ フロント係
ロスコー・ハンツ ( E. Roger Mitchell )
ジョーダン (オーウェン・ティーグ)
チャールズ・アーダイ 校長 (ステイシー・キーチ)
<ラゲディ・マン> (Joshua Mikel)
ダニエル(ダン)・ハートウィック
デニース・リンク (Erin Elizabeth Burns)
レイ・ホイゼンガ (Anthony Reynolds)

 
[PR]

by hamchu | 2016-04-28 08:02 | Trailer・HP | Trackback | Comments(6)
2016年 04月 26日

【映画】ホアキン・フェニックス、「シスターズ・ブラザーズ」に出演か


ホアキン・フェニックスがジャック・オーディアール監の「The Sisters Brothers」に出演?という話が登場!

原作はパトリック・デウィット(Patrick deWitt)の同名小説「シスターズ・ブラザーズ(The Sisters Brothers)」

ジョン・C・ライリーが出演すると発表されていたこの作品、ホアキンの役はまだわかりませんがやっぱりなんだかピッタリだ~(笑)

【関連】
【映画】ジャック・オーディアールが「シスターズ・ブラザーズ」を映画化 15年9月10日

原作 シスターズ・ブラザーズ (創元推理文庫) パトリック・デウィット 東京創元社

原作 おもな登場人物
おれ イーライ・シスターズ
チャーリー
提督
ハーマン・カーミット・ウォーム 山師
ヘンリー・モリス

 
[PR]

by hamchu | 2016-04-26 07:42 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2016年 04月 25日

【映画】Playground、「The Widow」、「Jeremy Hutchinson’s Case Histories」の権利を取得


コリン・カレンダーのPlaygroundはFiona Bartonのスリラー「The Widow」とThomas Grantのノンフィクション「Jeremy Hutchinson’s Case Histories」のオプション権を取得した模様。

[内容]The Widow
When the police started asking questions, Jean Taylor turned into a different woman. One who enabled her and her husband to carry on, when more bad things began to happen...
But that woman’s husband died last week. And Jean doesn’t have to be her anymore.
There’s a lot Jean hasn’t said over the years about the crime her husband was suspected of committing. She was too busy being the perfect wife, standing by her man while living with the accusing glares and the anonymous harassment.
Now there’s no reason to stay quiet. There are people who want to hear her story. They want to know what it was like living with that man. She can tell them that there were secrets. There always are in a marriage.
The truth that’s all anyone wants. But the one lesson Jean has learned in the last few years is that she can make people believe anything…

[内容]Jeremy Hutchinson’s Case Histories
Born in 1915 into the fringes of the Bloomsbury Group, Jeremy Hutchinson went on to become the greatest criminal barrister of the 1960s, '70s and '80s. The cases of that period changed society for ever and Hutchinson's role in them was second to none. In Case Histories, Jeremy Hutchinson's most remarkable trials are examined, each one providing a fascinating look into Britain's post-war social, political and cultural history.
Accessibly and entertainingly written, Case Histories provides a definitive account of Jeremy Hutchinson's life and work. From the sex and spying scandals which contributed to Harold Macmillan's resignation in 1963 and the subsequent fall of the Conservative government, to the fight against literary censorship through his defence of Lady Chatterley's Lover and Fanny Hill, Hutchinson was involved in many of the great trials of the period. He defended George Blake, Christine Keeler, Great Train robber Charlie Wilson, Kempton Bunton (the only man successfully to 'steal' a picture from the National Gallery), art 'faker' Tom Keating, and Howard Marks who, in a sensational defence, was acquitted of charges relating to the largest importation of cannabis in British history. He also prevented the suppression of Bernardo Bertolucci's notorious film Last Tango in Paris and did battle with Mary Whitehouse when she prosecuted the director of the play Romans in Britain.
Above all else, Jeremy Hutchinson's career, both at the bar and later as a member of the House of Lords, has been one devoted to the preservation of individual liberty and to resisting the incursions of an overbearing state. Case Histories provides entertaining, vivid and revealing insights into what was really going on in those celebrated courtroom dramas that defined an age, as well as painting a picture of a remarkable life.


原作 
The Widow Fiona Barton NAL
Jeremy Hutchinson's Case Histories: From Lady Chatterley's Lover to Howard Marks (English Edition) Thomas Grant John Murray 

 
[PR]

by hamchu | 2016-04-25 08:15 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 23日

本日の映画 フィフス・ウェイブ


本日は地元に「フィフス・ウェイブ」を見に行ってきました。
もっと大幅に公開されているのかと思ったら都心のTOHO系には入らず29日のGW本番からは上映回数も減りそうな雰囲気。
それでも初日1回目なのでそこそこの入り。でも観客の年齢層がかな~り上!YAなのに。なんで~?(この劇場だけ?)

3月後半にはリック・ヤンシーの原作の翻訳版が集英社文庫から出ていたのですが、何だか謎がありそう、ということで手元において温存。
基本的に見る前に読んでしまう私にしては非常に珍しいことです(こういうのは映画まで1月以上開けられるかどうかが基準。だから「レヴェナント」は読んじゃいました←まああの話ならね)。

というわけで原作はまだ読んでいないのですが、この映画、モニター試写会において鑑賞者の97パーセントが「フィフス・ウェイブ」の正体を観賞中に予想することができなかった…ってホントにホントですか?(だって軍人さんリーヴ・シュライバーにマリア・ベロですよ? 笑)
どんなモニター試写会でどんな観客層だったんだろう、ってそっちの方が気になっちゃいました(私、だまされた?)。

原作は3部作ということで映画も含みを持たせた終わり方になってるわけですが、続編が製作されるかはかなりアヤシイ。
雰囲気としてはシアーシャ・ローナン主演の「ザ・ホスト 美しき侵略者」の状況とかなり似ているのではないでしょうか。
その他構成等言いたいことは色々ありますがネタバレになりそうなのでここではパス。
原作を読んでから少し何か書くかも…しれません。

さて、GWは
29日に4DX「シビル・ウォー」、1日に「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」、3日に「テラフォーマーズ」、4日に「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」、5日に「ズートピア」という予定を組んでみました(その前、平日どこかにR-15の「レヴェナント」を入れておかないと)。

困ったのが「ズートピア」
メインは2D吹替えの上映で3D吹替え、2D字幕を上映している劇場が非常に限定されているのです(3D字幕があれば何にも迷うことないんだけどねえ)。
ここはジェイソン・ベイトマンとジニファー・グッドウィンを選択。まだ来週の上映スケジュールは発表されていませんが字幕上映といったら…TOHOの新宿がベストでしょうか。

 
[PR]

by hamchu | 2016-04-23 14:33 | 予定は未定 | Trackback | Comments(9)
2016年 04月 23日

【映画】リチャード・ウェンク、「The Second Life Of Nick Mason」を脚色へ


Lionsgateはスティーヴ・ハミルトン(Steve Hamilton)の小説シリーズ「The Second Life Of Nick Mason」の脚本家として「イコライザー」のリチャード・ウェンクを起用した模様。

[内容]
Nick Mason has already spent five years inside a maximum security prison when an offer comes that will grant his release twenty years early. He accepts   but the deal comes with a terrible price.
Now, back on the streets, Nick Mason has a new house, a new car, money to burn, and a beautiful roommate. He’s returned to society, but he's still a prisoner. Whenever his cell phone rings, day or night, Nick must answer it and follow whatever order he is given. It’s the deal he made with Darius Cole, a criminal mastermind serving a double-life term who runs an empire from his prison cell.
Forced to commit increasingly more dangerous crimes, hunted by the relentless detective who put him behind bars, and desperate to go straight and rebuild his life with his daughter and ex wife, Nick will ultimately have to risk everything his family, his sanity, and even his life to finally break free.

原作 The Second Life of Nick Mason (A Nick Mason Novel) Steve Hamilton G.P. Putnam's Sons

 
[PR]

by hamchu | 2016-04-23 08:54 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 22日

【映画】Ronald Keyserの小説「Ruby’s Prayer」映像化へ


Truth EntertainmentはRonald Keyserの小説「Ruby’s Prayer」の権利を取得、ジョー・ニューコムと作者のKeyserが制作総指揮で映像化する模様。

[内容]
The years following the American Civil War propelled the great state of Texas into a bold future through a rush of expansionism. Much of this industrious activity was made possible by the ever-increasing reach of the railroads and, in Texas, great stretches of track were laid down and paid for with the lives of prisoners having little hope of ever escaping the state penal system. Ruby's Prayer is the story of the Texas-based Wallace family during the spring of 1880. The family is recovering from the wounds of the Civil War, including the loss of their mother, son Tom Wallace’s inhuman incarceration, and sibling rivalries and double-dealings, all while enmeshed in the intrigues of political, monetary and personal ambitions. Full of colorful characters both likable and despicable, Ruby’s Prayer reveals the hopes, loves and trials of an American family struggling to find their way during the tumultuous emergence of the Industrial Age and the final days of the Wild West.

原作 Ruby's Prayer (English Edition) Ronald Keyser Defiance Press & Publishing LLC; 1版 

 
[PR]

by hamchu | 2016-04-22 08:06 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 21日

【Trailer】ガール・オン・ザ・トレイン The Girl on the Train


ポーラ・ホーキンズ(Paula Hawkins)のベストセラー「ガール・オン・ザ・トレイン」を映画化、テイト・テイラー監督、エミリー・ブラント主演「The Girl on the Train」のTrailer!



映像ではエミリー・ブラントのアル中っぽい感じがなかなか出ている?(あんな家だったら執着するかも…)
またこれ、映画は原作とは違う結末…とかはあるんですかね?

The Girl on the Train 16年米
監督:テイト・テイラー
脚色:エリン・クレシダ・ウィルソン
制作総指揮:ジャレッド・ルボフ、セリア・D・コスタス
制作:マーク・プラット
撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
原作:
ガール・オン・ザ・トレイン(上) (講談社文庫) ポーラ・ホーキンズ  講談社
ガール・オン・ザ・トレイン(下) (講談社文庫) ポーラ・ホーキンズ  講談社
出演:エミリー・ブラント、ハリー・ベネット、レベッカ・ファーガソン、ルーク・エヴァンズ、ジャスティン・セロー、エドガー・ラミレズ

【関連】
【映画】「The Girl on the Train」、テイト・テイラーが監督へ 15年6月1日
【映画】「ガール・オン・ザ・トレイン」撮影中 15年12月16日

原作 おもな登場人物
私 レイチェル・ワトソン (エミリー・ブラント)
トム・ワトソン (ジャスティン・セロー)
アナ・ワトソン (レベッカ・ファーガソン)
わたし メガン・ヒップウェル (ハリー・ベネット)
スコット (ルーク・エヴァンズ)
カマル・アブディッチ ドクター(セラピスト) (エドガー・ラミレズ)

 
[PR]

by hamchu | 2016-04-21 16:36 | Trailer・HP | Trackback | Comments(4)
2016年 04月 21日

【TVM】デブラ・マーティン・チェイス、「The Black Calhouns」を制作へ


「スパークル」のデブラ・マーティン・チェイスがABCのミニシリーズ「The Black Calhouns」を製作する模様。

原作はGail Lumet Buckleyの同名書籍。
ハワード・ローゼンマンが制作総指揮、作者の娘Amy Lumetが制作予定。

[内容]
Beginning with her great-great grandfather Moses Calhoun, a house slave who used the rare advantage of his education to become a successful businessman in post-war Atlanta, Buckley follows her family’s two branches: one that stayed in the South, and the other that settled in Brooklyn. Through the lens of her relatives’ momentous lives, Buckley examines major events throughout American history. From Atlanta during Reconstruction and the rise of Jim Crow, to New York City during the Harlem Renaissance, and then from World War II to the Civil Rights Movement, this ambitious, brilliant family witnessed and participated in the most crucial events of the 19th and 20th centuries.

原作 The Black Calhouns: From Civil War to Civil Rights with One African American Family Gail Lumet Buckley Atlantic Monthly Pr

 
[PR]

by hamchu | 2016-04-21 07:59 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 20日

【映画】アーロン・ストッカード、ナサニエル・フィルブリックの「Bunker Hill」を脚色へ


「ザ・タウン」のアーロン・ストッカードがナサニエル・フィルブリック(Nathaniel Philbrick)の書籍「Bunker Hill: A City, A Siege, A Revolution」を脚色する模様。

ベン・アフレック、マット・デイモン、ジェニファー・トッドが制作。

[内容]
What lights the spark that ignites a revolution?
Lost in the story of America's path to independence is the tumultuous nature of that nation's origins: the interplay of ideologies and personalities that provoked a group of merchants, farmers, artisans, and sailors to take up arms in pursuit of liberty…
A city of 15,000 inhabitants packed onto a land-connected island a little over one square mile, Boston in 1775 was also - following a series of incendiary incidents by patriotic citizens and trouble-seeking vigilantes - a city occupied by the British. In the year following the infamous Tea Party an uneasy peace had reigned, but on 19th April 1775, violence erupted, with skirmishes at Lexington and Concord. Two months later, with the city cut off by British forces, these clashes reached a bloody climax in an encounter that would mark the point of no return for the rebellious colonists: the Battle of Bunker Hill.
With a keen sense of the unexplored side of mythic events, Nathaniel Philbrick shines fresh light on this momentous story, revealing new key players and finding unknown sides to familiar ones. The real work of choreographing the rebellion fell to physician Joseph Warren (fated to die at Bunker Hill) while others include Warren's fiancee - the poet Mercy Scollay, Paul Revere and a notable new recruit to the Revolutionary cause, an elegant Virginian called George Washington. On the British side, reluctant combatant General Thomas Gage was succeeded by the bellicose William Howe who would lead three charges at Bunker Hill and preside over the claustrophobic cauldron of a city under siege.

原作 Bunker Hill: A City, a Siege, a Revolution Nathaniel Philbrick Doubleday

 
[PR]

by hamchu | 2016-04-20 07:25 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)