<   2016年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 30日

【映画】「狼よさらば」リメイク、イーライ・ロスが監督?


イーライ・ロスが MGMとParamount、ブルース・ウィリス主演の「狼よさらば(Death Wish)」リメイク企画を監督する、という話が登場!

ジョー・カーナハンのオリジナルをスコット・アレクサンダーとラリー・カラゼウスキーがドラフト、ロジャー・バーンバウムが制作。

もともとカーナハンが監督する、と言われていた企画ですが、彼の降板後はアハロン・ケシャレスとナヴォット・パプシャドが起用されたというニュースもあったはず。

これ、ブライアン・ガーフィールド(Brian Garfield)の原作があるのですが今回クレジットは入るのか?

オリジナル版のブロンソンのキャラクター名はポール・カージーですが原作だとポール・ベンジャミンなんですよね。ちなみに奥さんの名前も違うんですが、娘婿とか同僚の名前は原作通りなんですわ。これは結構不思議だわ(笑)。

原作 狼よさらば (1974年) (ハヤカワ・ノヴェルズ) ブライアン・ガーフィールド 早川書房

原作 おもな登場人物
ポール・ベンジャミン
エスター 妻
キャロル 娘
サム・クルツァー 同僚
ビル・ダンディー 同僚
ジャック・トービイ 義理の息子
マルコム・ブリッグス 警部補
ヘンリー・アイブス
ジョージ・エン
フランク・オチョア 次席警視正

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-30 07:41 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)
2016年 06月 29日

【映画】ロバート・デ・ニーロ、「おじいちゃんとの戦争」に出演か


戸だなや本箱を3階へ運んでしまうと、ぼくの部屋は、急にがらんとしてしまった。それから、ぼくらはポスターをはがした。そして3階へ。715号ホームランを打ったハンク・アーロン。トム・シーパーのピッチング。月面着陸した最初の宇宙飛行士。学校の課題で描いたお気に入りの絵。あとに残ったのは、むきだしの壁。部屋は、みょうな感じだった。もう、ぼくの部屋じゃないみたいだった。

ロバート・デ・ニーロがロバート・K・スミス(Robert Kimmel Smith)の児童書「おじいちゃんとの戦争」を映画化するDimension Filmsの「The War With Grandpa」出演について最終交渉中である模様。

ティム・ヒルが監督、「ホーム」のマット・エンバーとトム・J・アッスルがリライト、Phillip Glasser、マーヴィン・ピア-トらが制作、ジェーン・ローゼンタール、Berry Welsh が制作総指揮。

原作 おじいちゃんとの戦争 (文研じゅべにーる) ロバート・K・スミス 文研出版

原作 おもな登場人物
ぼく ピーター・ストークス
おじいちゃん ジャック
父さん(アーサー) 会計士
母さん(サリー)
ジェニファー(ジェニー) 妹
カレン先生
スティーブ・メイヤー
ビリー・アルストン
[PR]

by hamchu | 2016-06-29 15:11 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2016年 06月 28日

【TVM】ヘレナ・ボナム・カーター、「Saint Mazie」をミニシリーズに


ヘレナ・ボナム・カーターがJami Attenbergの「Saint Mazie」をミニシリーズ化、フェイ・ウォード、スコット・ラステティと制作予定。

Clara Brennanが脚色。

[内容]
Meet Mazie Phillips: big-hearted and bawdy, she's the truth-telling proprietress of The Venice, the famed New York City movie theater. It's the Jazz Age, with romance and booze aplenty-even when Prohibition kicks in--and Mazie never turns down a night on the town. But her high spirits mask a childhood rooted in poverty, and her diary, always close at hand, holds her dearest secrets.
When the Great Depression hits, Mazie's life is on the brink of transformation. Addicts and bums roam the Bowery; homelessness is rampant. If Mazie won't help them, then who? When she opens the doors of The Venice to those in need, this ticket taking, fun-time girl becomes the beating heart of the Lower East Side, and in defining one neighborhood helps define the city.
Then, more than ninety years after Mazie began her diary, it's discovered by a documentarian in search of a good story. Who was Mazie Phillips, really? A chorus of voices from the past and present fill in some of the mysterious blanks of her adventurous life.

原作 Saint Mazie Jami Attenberg Grand Central Publishing; Reprint版

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-28 07:37 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 27日

【TV】アリソン・ハニガンとメーガン・ヒルディ、「ファースト・ワイフ・クラブ」に出演へ


「夫の成功は、みんなわたしのおかげじゃないの」―成功した男たちがつぎにやることは、糟糠の妻を追い出し、若い女と一緒になること。捨てられた妻たち三人が仕返しを誓いあい、チームを組んだ。その名も“第一夫人同盟”。泣き寝入りしないことをモットーに、文殊の知恵をしぼって、逆襲のシナリオを練りはじめたが…

アリソン・ハニガンとメーガン・ヒルディがTV Landのパイロット版「First Wives Club」に出演する模様。

オリジナルはベット・ミドラー、ゴールディ・ホーン、ダイアン・キートンが出演した96年の映画「ファースト・ワイフ・クラブ」
これにはオリヴィア・ゴールドスミス(Olivia Goldsmith)の原作小説「第一夫人同盟」があります。

レベッカ・アデルマンが脚色、ジェニー・ビッグスとカレン・ローゼンフェルトが制作総指揮。
新しいドラマ版は現代のサンフランシスコが舞台、またキャラクター名も原作とは違っているようですが一応原作クレジットはあるのかな。
なお監督はベティ・トーマスなようです。

原作 
第一夫人同盟〈上〉 (文春文庫) オリヴィア ゴールドスミス 文藝春秋
第一夫人同盟〈下〉 (文春文庫) オリヴィア ゴールドスミス 文藝春秋

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-27 07:37 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 26日

【映画】「臨死 そして与えられた二度目の人生」映像化へ


北ケンタッキー大学の元芸術学部長で芸術家だったハワード・ストーム。かつて完全な物質主義者で無神論者であったが、1985年6月1日に臨死体験をし、黄泉・地獄の淵に行く。そこにいた生きものとは?そこに救出に来た人物とは?ハワードはその後人生が180度変えられ、牧師となる。人間とはなにか?死んだらどうなるのか?天地万物はどこからきたのか?なぜ、世の中に戦争が起こるのか?なぜ、ホロコーストが起きたのか?なぜ、神は酷いことが起きることを許されるのか?地球の未来の姿はどうなるのか?善良な人に悪いことが起きるのはどうしてか?これらはハワードが臨死体験をした時に、直接天にいる聖なる者たちに聞いた質問である。これらの質問に答えが与えられるなら、生きることは、もっと意味のあるものとなるだろう。彼らが与えたその答えとは?

Alcon Entertainmentはハワード・ストーム(Howard Storm)の書籍「臨死 そして与えられた二度目の人生(My Descent Into Death)」の権利を取得、Jinder Hoが脚色予定。

「幸せのちから」のマーク・クレイマン、アンドリュー・コソーヴらが制作。

原作 臨死 そして与えられた二度目の人生 ハワード・ストーム リーハイバレージャパニーズミニストリーズ; 初版

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-26 17:00 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 23日

【Trailer】パンドラの少女 The Girl with All the Gifts


奇病の爆発的な蔓延“大崩壊”から二十年。人間としての精神を失い、捕食本能に支配された“餓えた奴ら”により、文明世界は完全に崩壊していた―。荒廃したイギリスの街で発見された、奇跡の少女メラニー。もたないはずのものをもつ健気な彼女は、この世界の救世主となりうるのか?ロンドンの北の軍事基地で、メラニーと、同じような特徴をもつ子供たちへの教育・研究が進められるなか、緊急事態が勃発。メラニー、彼女が大好きな教師、科学者、兵士ふたりの極限の逃避行がはじまる。



M・R・ケアリー(M. R. Carey)のベストセラー小説「パンドラの少女」をジェマ・アータートン、グレン・クローズ、パディ・コンシダイン出演で映画化、「The Girl with All the Gifts」のTrailerが登場!

予告を見る前に原作を日本語で読めた!(笑)
この原作、今年前半の私の一推し本なんであります。
これ読んでるときからダン・シモンズの「最後のクラス写真」をとにかく思い浮かべたんですが、ゾンビ好きならやっぱりみんな同じこと考えますよね(笑)。
映像を見ての第一印象はメラニーはちょっと顔色良すぎないかい?(生気がありすぎ)というもの(ほかの人たちもそうなんですけどね)。そして日本でのレイティングは如何に?
公開が楽しみです。

The Girl with All the Gifts 16年英・米
監督:コーム・マッカーシー
脚色:M・R・ケアリー
制作総指揮:ウィル・クラーク、リチャード・ホームズ、アンディ―・メイソン、クリストファー・モル
制作:Camille Gatin、アンガス・ラモント
音楽:Cristobal Tapia de Veer
撮影:サイモン・デニス
原作:パンドラの少女 M・R・ケアリー  東京創元社
出演:Sennia Nanua、ジェマ・アータートン、グレン・クローズ、パディ・コンシダイン、Fisayo Akinade

【関連】
【映画】グレン・クローズ、「The Girl With all the Gifts」に出演へ 15年3月27日

原作 おもな登場人物
メラニー (Sennia Nanua)
ミス・ジャスティノー(ヘレン・ジャスティノー) (ジェマ・アータートン)
軍曹(エディ・パークス) (パディ・コンシダイン)
ドクター・コールドウェル(キャロライン・コールドウェル) (グレン・クローズ)
K(キーラン)・ギャラガー一等兵 (Fisayo Akinade)
ミスター・ウィテカー
ドクター・セルカーク(ジーン・セルカーク) (アナマリア・マリンカ)

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-23 07:39 | Trailer・HP | Trackback | Comments(3)
2016年 06月 22日

【映画】StudioCanal、「秘密の花園」を映画化へ


十歳にして両親を亡くし、親戚に引きとられたメアリ。顔色も悪く愛想のない彼女を唯一楽しませたのは、隠されるように存在する庭園だった。世話役のマーサの弟で、大自然のなかで育ったディコンに導かれ、庭園と同様にその存在が隠されていたいとこのコリンとともに、メアリは庭の手入れを始めるのだが…

デヴィッド・ヘイマンとStudioCanalはフランシス・ホジソン・バーネット(Frances Hodgson Burnett)の古典児童書「秘密の花園(The Secret Garden)」を映画化予定。

ロージー・アリソンが制作、Jack Thorneが脚色。

この原作何度か映像化されていますが、すぐに思い出すのはコッポラ制作、アグニェシュカ・ホランド監督のモノでしょうか。

原作 秘密の花園 (新潮文庫) フランシス・ホジソン・バーネット 新潮社

原作 おもな登場人物
メアリ・レノックス
アーヤ
メアリの母
アーチボルド・クレイヴン
メドロックさん
マーサ・クィービー・サワビー 女中
ベン・ウェザスタッフ 庭師
ディコン
スーザン・サワビー 
コリン・クレイヴン
クレイヴン先生
ローチさん
ベティ・バタワース

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-22 08:16 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 21日

【Trailer】ツバメ号とアマゾン号 Swallows and Amazons


アーサー・ランサム(Arthur Ransome)のベストセラー児童書シリーズ「ツバメ号とアマゾン号」を映画化した「Swallows and Amazons」のTrailer!(結構長い!)



この映画版、何故か重要な登場人物ティティの名前をTattyに代えていて、この本から名づけられたというティティさんから抗議が来ていたとニュースになっていたのですがこの件その後どうなった?

Swallows and Amazons 16年
監督:フィリッパ・ロウソープ
脚色:アンドレア・ギブ
制作総指揮:パトリック・フィッシャー、ヒューゴ・ヘッペル、John Jencks ほか
制作:ニック・バートン、Nick O’Hagan、ジョー・オッペンハイマー
音楽:イラン・エシュケリ
撮影:ジュリアン・コート
原作:
ツバメ号とアマゾン号(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ) アーサー・ランサム 岩波書店
ツバメ号とアマゾン号(下) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ) アーサー・ランサム 岩波書店
出演:アンドリュー・スコット、ケリー・マクドナルド、ティモシー・スポール、Dane Hughes 、Orla Hill

【関連】
【映画】BBC FilmsとHarbour Pictures、「ツバメ号とアマゾン号」を映画化へ 11年5月21日
【映画】アンドリュー・スコット、「ツバメ号とアマゾン号」に出演へ 15年7月2日

原作 おもな登場人物
ジョン・ウォーカー ツバメ号船長(キャプテン) (Dane Hughes)
スーザン ツバメ号航海士(メイト) (Orla Hill)
ティティ ツバメ号AB船員(エイブルシーマン) (Teddie-Rose Malleson-Allen)
ロジャ ツバメ号ボーイ(シップボーイ) (Bobby McCulloch)
ナンシイ・ブラケット アマゾン号船長兼共同所有者 (Seren Hawkes)
ペギイ アマゾン号航海士兼共同所有者 (Hannah Jayne Thorp)
おかあさん (ケリー・マクドナルド)
ヴィッキイ 赤ちゃん
ナース
ジム(ジェイムズ)・ターナー
ジャクソンおばさん (ジェシカ・ハインズ)
ジャクソンおじさん(ハリー・エンフィールド)
ディクソンさん、ディクソンおばさん
年寄りのビリー (リチャード・プレマー)
若いビリー
サミー 警官
キャプテン・フリント (ティモシー・スポール)

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-21 07:49 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 20日

今週の映画 アウトバーン


今週は候補作が沢山あったんですよね~(「教授のおかしな妄想殺人」「マネーモンスター」「アウトバーン」「探偵ミタライの事件簿」「スノーホワイト」「神様メール」「エンド・オブ・キングダム」「二ツ星の料理人」…)
もう終了間際の作品もあり、来週からは予定が混んでいるのでとても見切れない、でも今年前半とか夏休みにやってたら見てたよね、ってものばっかり。

そんな面白作品目白押しな中、予告など考慮しつつ選ばれたのはなんと「アウトバーン」!
新宿バルト9で「エンド・オブ・キングダム」?なんて予想していた私には少しビックリなチョイスでした(笑)。

おまけに公開2週目にして見に行く劇場に困る始末(火曜日の時点では完全にTOHOシネマズ新宿で予定を立てていました 笑)。その後ああでもないこうでもないと上映時間をサーチしてユナイテッドシネマウニクス南古谷にお邪魔することとなりました(南古谷自体はじめて。てかまあこんな機会がなければなかなか行けないですわ)。
ウニクス自体もなかなかに面白いところだったのですが(ペットショップ見た!)、ここは本来遠くから電車で行く場所ではないですね(笑)。

劇場自体の造り(並び)も面白くてシネコンでも色々あるな~という発見もあり。
9番は座席数少な目、でもスクリーンの大きさはまあまあ、私たちは前目の席だったのでなぜか見上げる形になっちゃいました(こういう劇場だったのかあ)。
お客さんの数もかな~り少なめ(こりゃ上映時間減るわ。でも劇場自体にあんまり人がいなかったんですけどね)。都心部での動員はどうだったのでしょうか?(特に新宿、六本木あたり)

で、肝心の作品なんですけど…(笑)何じゃこりゃあ!(また変なものを見てしまった)
これ、きっといつか色々と話題になる?と思うので今のうちに是非劇場でご覧になることをお薦めいたします。
とにかく突っ込みどころはたくさんあると思うのですが(ベン・キングズレーとか、ベン・キングズレーとか 笑)、これからご覧になる方はエンドロールの最後のあたりの監督のスペシャルサンクスなど読んでみるとよろしいかと…
また私はニコラス・ホルトが別の人に見えちゃって…(笑)
そのほかにも色々あるのですが、とにかくいや~まいったまいった(これが選ばれたのは運命だったと思うことにしよう)。

というわけで来週は日曜日に「10クローバーフィールドレーン」IMAXの予定です。

今回はじめて見た予告の中ではブレイク・ライヴリーの「ロスト・バケーション」がなかなかよさげでした。
ストーリーは知ってたんですが、あんなにサメでかいんだ、あんなに岸近いんだ、という感じ。
夏休みなら見る機会はある、かも。

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-20 14:55 | 予定は未定 | Trackback | Comments(3)
2016年 06月 20日

【映画】ケイト・ウィンスレット、「The Mountain Between Us」に出演か


ケイト・ウィンスレットがイドリス・エルバ出演の「The Mountain Between Us」に出演交渉中である模様。

Charles Martinの原作をハニ・アブ・アサドが監督。
ピーター・チャーニン、ジェンノ・トッピングが制作。
もっとも最近のドラフトはクリス・ワイツが担当、制作は12月ブリティッシュコロンビアで行われる予定。

【関連】
映画原作関連ニュース The Mountain Between Us、Blood Ties、Hold Tight 12年3月17日
映画原作関連ニュース Crazy for the Storm、The Mountain Between Us、The Lizard King… 12年8月20日
映画原作関連ニュース The Mountain Between Us、The Necklace、Sylo 13年10月9日

原作 The Mountain Between Us: A Novel Charles Martin Broadway

 
[PR]

by hamchu | 2016-06-20 08:30 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)