<   2017年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 28日

東京創元社 2017年新刊ラインナップ説明会 映像化予定作品


今年も2月23日(木)に東京創元社 2017年新刊ラインナップ説明会が行われました!
開催4年目ともなると進行もこなれた感じで内容もみっちりつまっております。

しかし私の一番の関心は映像化関連翻訳の出版情報!
沢山のラインナップ作品がある中で現在確認できるのはこちら。
どれも期待できる作品ですね。


17年3月刊行予定 創元推理文庫
コードネーム・ヴェリティ Code Name Verity 
エリザベス・ウェイン Elizabeth Wein
第二次世界大戦中、イギリス特殊作戦執行部員の女性がスパイとしてナチの捕虜になった。彼女は尋問のさなか親衛隊大尉と取引し、インクと紙、時間を手に入れて手記を書き始める。それには親友である飛行士マディの戦場の日々が、まるで小説のように綴られていた。彼女はなぜ手記を物語風に書いたのか? 書かれているのは真実か? 撃墜された飛行機を操縦していたマディは無事なのか?
*(今話題の?)Levantine filmsにより映画化予定とのこと。
脚本はJessica & Henrietta Ashworth。


17年5月刊行予定 創元SF文庫
巨神計画(仮題) Sleeping Giants
シルヴァン・ヌーヴェル Sylvain Neuvel  
アメリカの片田舎で偶然発見された、明らかに人類の遺物ではないイリジウム合金製の巨大な「手」と、謎の記号群が刻まれたパネル。分析の結果、それらは6000年前に地球外知的生命体が何らかの理由で残していった、巨大な人型ロボットのパーツであることが判明する。そして、謎の人物「インタビュアー」の指揮のもと、地球全土に散らばっている全パーツの回収・調査計画が極秘に始動した―
*「The Themis Files」のタイトルで映画化予定(映画原作関連ニュース Neverhome、The Themis Files、The Elephanta Suit…)。
続報ではデヴィッド・コープが脚色するってことになってたようです。


17年4月刊行予定 創元SF文庫
ブルー・マーズ Blue Mars
キム・スタンリー・ロビンソン  Kim Stanley Robinson
ようやく3部作の完結編が翻訳!
*「Red Mars」三部作はTVシリーズ化の予定があったんですが(【TV】Spike TV、「レッド・マーズ」をドラマ化へ)ちと宙ぶらりんな状態に?(笑)


17年8月刊行予定 海外文学セレクション
レジャー・シーカー(仮題) The Leisure Seeker
マイケル・ザドゥリアン Michael Zadoorian
結婚60年、ともに80代のジョンとエラのロビナ夫妻。妻は末期癌、元GMエンジニアの夫ジョンはアルツハイマーを発症している。エラは治療は望まず、自分の死後、夫が施設に入れられることを案じ、決断する。愛用のキャンピングカー<レジャー・シーカー>で夫婦二人、ディズニーランド目指してひた走る。運転はジョン、記憶は突然戻ったり、消え去ったり…。そして…!
*Paolo Virzi監督、ドナルド・サザーランド、ヘレン・ミレン出演で撮影済、現在ポストプロダクションの状態。これは公開されたら話題になりそうですなー(映画原作関連ニュース ウィリアム・モナハン、The Leisure Seeker、Dog on It


この感じだとどれもみる前に読めそうですね。

その他R.D.ウィングフィールド「フロスト」シリーズの最終作「フロスト始末」も7月じゃなくて6月に?

映像化予定作品に名前が挙がっていたフィリップ・リーヴ(Philip Reeve)の「移動都市(Mortal Engines)」ですが
トム・ナッツワーシー=ロバート・シーアン
ヘスター・ショウ=ヘラ・ヒルマー
べヴィス・ポッド=Ronan Raftery
ゲンチ=Aaron Jackson
あたりのキャスティングが2月初めに決まっていたようです。

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-28 07:48 | その他 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 27日

全米映画興収速報 2017年2月27日 「Get Out」が初登場1位に


アカデミー賞ウィーク今週の3日間は
ジョーダン・ピール監督のサスペンス・スリラー「Get Out」が2781館で上映、$30Mで1位スタート。
2位にワンランクダウンで「レゴバットマン ザ・ムービー」
3位に先週4位から上昇!「John Wick: Chapter Two」となりました。

アッシュ・ブラノン監督のアニメーション「Rock Dog」は2077館、$3.7Mで11位、
ニコラス・ホルト出演のアクション「アウトバーン」は2045館、$1.5Mで13位スタート。

ジョージ・メンデラック監督、マックス・アイアンズ出演の「Bitter Harvest」は127館、$207,235。
Claude Barras監督のアニメーション「My Life as a Zucchini」は2館、$28,206。


2月24日-26日
1位 Get Out $30M
2位 レゴバットマン ザ・ムービー $19M
3位 John Wick: Chapter Two $9M
4位 グレートウォール $8.7M
5位 フィフティ・シェイズ・ダーカー $7.7M
6位 Fist Fight $6.38M
7位 Hidden Figures $5.875M
8位 ラ・ラ・ランド $4.6M
9位 スプリット $4.1M
10位 LION/ライオン ~25年目のただいま~ $3.8M


3月3日からは
マーク・ペリントン監督、シャーリー・マクレーン、アマンダ・サイフリッド出演のドラマ「The Last Word」
スチュアート・ヘイゼルダイン監督がウィリアム・ポール・ヤングのベストセラー「神の小屋」を映画化、「The Shack 」
ライ・ルッソ=ヤング監督がベストセラーYA小説を映画化「Before I Fall」
日本での公開は6月1日、ラスト・ウルヴァリン「ローガン」
アビー・コーニッシュ出演、エド・ガス=ドネリー監督のスリラー「Lavender」
アリシア・シルヴァーストーン、サンドラ・オーの「Catfight」
ジェフリー・ブリッツ監督、アナ・ケンドリック出演の「Table 19」
バート・フレインドリッチ監督、マイケル・シャノン、カーラ・グギーノ出演の「Wolves」
あたりが公開予定。

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-27 08:43 | 興収成績 | Trackback | Comments(2)
2017年 02月 24日

【TV】「アフリカの日々」ドラマ化へ


Heyday Televisionとデヴィッド・ヘイマンはカーレン・ブリクセン(Karen Blixen)若しくはイサク・ディネセン(アイザック・ディネーセン)の「アフリカ農場(Out of Africa)」(「アフリカの日々」)の権利を取得、TVシリーズ化する模様。

スサンネ・ビアが監督、制作総指揮予定とか。

この本はシドニー・ポラック監督、メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード主演で映画化された「愛と哀しみの果て」の原作。
85年のアカデミー賞作品賞ほか脚色賞なども受賞した作品で、この年の脚色賞はほかに「カラーパープル」「蜘蛛女のキス」「女と男の名誉」「バウンティフルへの旅」がノミネート。
しかしこの映画化、原作を知る人からは非常に評判がよろしくなかったんですよね(読むとその理由もなんとなくわかるんですが…)。
また原作を知らないで映画を観た方と批評のポイントがずれていて原作アリ映画化の難しさを考えさせられる1本でもあります。

で、これを今どういう風にドラマ化するのか…
翻訳版も色々あるので映像を見る前に読まれてみるとまた面白いかも。

原作 
アフリカの日々 (ディネーセン・コレクション 1) アイザック・ディネーセン  晶文社
アフリカ農場―アウト・オブ・アフリカ (筑摩叢書) カーレン・ブリクセン 筑摩書房

原作 おもな登場人物
わたし
カマンテ
ファラー
クヌッセン老人
プーラン・シン
ベルナップ
ワニヤンゲリ
カニヌー
キナンジュイ
ワイナイナ
デニス・フィンチ=ハットン
バークリー・コール
イングリッド・リンドストーム

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-24 10:09 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 22日

【映画】ウォレン・アドラーの「シベリア横断急行」映画化へ


急行<ロシア号>は定刻にヤロスラフ駅を発った。全行程9300キロ、雪風吹きすさぶタイガをひた走る一週間の旅だ。
白血病の権威であるアメリカ人医師、アレックス・カズンズは、ソ連最高首脳ディミトリフ書記長の治療を秘密裏に終え、ナホトカ経由で帰国するところだった。同室者はアンナ・ワレンチノフと名乗る濃艶なロシア美人。
書記長の病は小康を得たとはいえ、死期の近いことは目に見えていた。その死は政治局内に必ずや大異変を引き起こさずにはおかないだろう。この重大秘密を握った自分が無事出国できるのだろうか、とアレックスは半信半疑だった…
それよりも彼の不安を掻きたてたのは、書記長の机上に見た一通の極秘文書である。それは中国への核先制攻撃をはっきりと示唆していた。書記長は緊張緩和の支持者などではなく、本気で中国を叩き潰す気なのか?死期を悟ったディミトロフは明日にもボタンを押すかもしれない。その時このシベリアは、中国の報復攻撃にあって完全に死滅する…
彼はまた影のごとくつきまとうKGB機関員の存在に気づいていた。そしてワレンチノフ夫人の明さまな挑発にも、彼は危険な罠の匂いを嗅ぎとっていた…

Grey Eagle Filmsはウォレン・アドラー( Warren Adler)のスリラー小説「シベリア横断急行(Trans-Siberian Express)」を映画化する模様。

この小説77年の作品で帯には映画化決定!なんて書かれていましたが当時は制作されず。これを今どんなふうに脚色するのか…また原作の再販はアリ?

原作 シベリア横断急行 (1978年) ウォレン・アドラー 角川書店

原作 おもな登場人物
アレックス・カズンズ
ビクトル・モイセイェビッチ・ディミトロフ ソ連共産党書記長
フョードル・ペトロビッチ・ゼルドビッチ KGB
マクシム・セルゲイェビッチ・グリベツキー将軍
ターニア・レベッカ・ロモラン ロシア号乗客係
アンナ・ペトロブナ・ワレンチノフ 
ミス・ピータースン
イワン・ワシリエビッチ・ゴドロフ
アルバート・ファーマー
ケネス・マクバレン
トルベツコイ夫妻
ウラジミール
ミハイル・モイセイェビッチ・ギンズバーグ
ベラ
イワン・レオニドビッチ・ヤシェンコ
ソコロビッチ
ボイコフ

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-22 14:34 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 21日

【映画】アーシュラ・K・ル・グィンの「辺境の惑星」映像化へ


五千日も続く冬の到来を前に、竜座の第三惑星では大混乱が生じていた。原住種族ヒルフのなかでも蛮族として知られるガールが、他部族の食糧を略奪しに北から移動してこようとしていたのだ。この惑星に移住して、何世代もたつ異星人ファーボーンは、ガールの大軍に立ち向かうべく、ヒルフの温和な部族トバールと同盟を結ぶ。だが、ファーボーンの頭アガトとトバールの族長の娘ロルリーが出会ったとき、事態は大きく展開するのだった…

Los Angeles Media Fundはアーシュラ・K・ル・グィン(Ursula K. Le Guin)の60年代のSF「辺境の惑星(Planet Of Exile)」の権利を取得、Daniel Stieplemanが脚色する模様。

Jeffrey SorosとSimon Horsmanがマーク・ジョンソンと制作予定。

原作 辺境の惑星 (ハヤカワ文庫SF) アーシュラ・K・ル・グィン 早川書房

原作 おもな登場人物
ロルリー
ジョンケンディ・リ
ウォルド
ジャコブ・アガト・アルテラ
フル・パイロットソン
アラ・パスファル
セイコ・エスミット
ウォルメク
ウァクスマン

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-21 17:51 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 21日

【TV】マックス・アイアンズ、「コンドル」に出演へ


マックス・アイアンズがAT&T Audience Network、MGM Television、Skydance TVの10エピソードのドラマ「Condor」に出演する模様。

これはロバート・レッドフォード、シドニー・ポラック監督の75年のスパイスリラー「コンドル(Three Days of the Condor)」を基にしたもの。
ジェイソン・スマイロヴィックとTodd Katzbergが脚本。

映画版の「コンドル」は一応ジェームズ・グレイディ(James Grady)の原作がありますがこのタイトルは「コンドルの六日間(Six Days of the Condor)」
映画の方は3日間ですから短くなっている(笑)。

また登場人物の名前(映画版主人公はジョゼフ・ターナー、原作版はロナルド・マルカム)も変わっているなど全般的にかなり脚色。
今回のシリーズもアイアンズの演じるのはジョー・ターナーらしいので映画版のリメイクで原作クレジットは入らない感じでしょうか。

やっぱりコンドルと言えばデイヴ・グルーシンのコンドルのテーマ。TV版でもこれがカッコよく流れてほしい…ものですがいかがなものでしょうか。

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-21 09:58 | TV・ニュース | Trackback | Comments(1)
2017年 02月 20日

全米映画興収速報 2017年2月20日 「グレートウォール」は3位スタート


今週は1位と2位が先週と変わらず
1位「レゴバットマン ザ・ムービー」、2位「フィフティ・シェイズ・ダーカー」
3位に初登場、3,326館で上映のチャン・イーモウ監督、マット・デイモン主演のアクション「グレートウォール」となりました。

リッチー・キーン監督、アイス・キューブ主演のコメディ「Fist Fight」は3,185館で上映、$12Mで5位、
ゴア・ヴァービンスキー監督のサスペンス「A Cure for Wellness」は2,704館、$4.2Mで10位スタート。

その他の初登場は
Catalina Aguilar Mastretta監督のロマコメ「Everybody Loves Somebody」は333館、$1Mで暫定14位、
Matthew Newton 監督のドラマ「From Nowhere」が2館、$7,000、
ドキュメンタリー「Keep Quiet」が1館、$6,500。


2月17日-19日
1位 レゴバットマン ザ・ムービー $34M
2位 フィフティ・シェイズ・ダーカー $20.967M
3位 グレートウォール $18M
4位 John Wick: Chapter Two $16.5M
5位 Fist Fight $12M
6位 Hidden Figures $7.1M
7位 スプリット $7M
8位 A Dog's Purpose $5.56M
9位 ラ・ラ・ランド $4.5M
10位  A Cure for Wellness  $4.2M


2月24日からは
日本では昨年6月既に公開済ニコラス・ホルト、フェリシティ・ジョーンズ主演のアクション「アウトバーン」、
デボラ・モガーの小説「チューリップ熱」をジャスティン・チャドウィック監督が映画化、アリシア・ヴィカンダー、クリストフ・ヴァルツ、デイン・デハーン出演の「Tulip Fever」(【Trailer】チューリップ熱 Tulip Fever)、
M・R・ケアリー(M. R. Carey)のベストセラー小説「パンドラの少女」を映画化、「The Girl with All the Gifts」(【Trailer】パンドラの少女 The Girl with All the Gifts)、
ジョーダン・ピール監督のサスペンススリラー「Get Out」、
アッシュ・ブラノン監督のアニメーション「Rock Dog」、
Claude Barras監督のアニメーション「My Life as a Zucchini」(原作Gilles Paris)
あたりが公開予定。

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-20 09:29 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 19日

【映画】グレアム・スウィフトの「Mothering Sunday」映画化へ


Film4はグレアム・スウィフト(Graham Swift)の16年の小説「Mothering Sunday」のオプション権を取得、エリザベス・カールセンとスティーヴン・ウーリーが制作予定。

Alice Birchが脚色。

[内容]
Jane Fairchild, orphaned at birth, has worked as a maid at an English country estate since she was sixteen. And for almost all of those years, she has been the secret lover of Paul Sheringham, the scion of the estate next door. On an unseasonably warm March afternoon, when all the servants have been let off work for the day in order to pay their annual visits to their families, Jane and Paul will make love for the last time in Paul's own bedroom--though not, as Jane believes, because Paul is about to be married.

原作 Mothering Sunday (English Edition) Graham Swift Random House Canada

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-19 09:51 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 19日

【映画】イギー・アゼリア、テンプル・マシューズの小説の権利を取得


イギー・アゼリアと彼女のAzalea Street Productionsはテンプル・マシューズ(Temple Mathews)の小説「Bad Girl Gone」のオプション権を取得した模様。

[内容]
Sixteen year-old Echo Stone awakens in a cold sweat in a dark room, having no idea where she is or how she got there. But she soon finds out she’s in Middle House, an orphanage filled with mysteriously troubled kids.
There’s just one problem: she’s not an orphan. Her parents are very much alive.
She explains this to everyone, but no one will listen. After befriending a sympathetic (and handsome) boy, Echo is able to escape Middle House and rush home, only to discover it sealed off by crime scene tape and covered in the evidence of a terrible and violent crime. As Echo grapples with this world shattering information, she spots her parents driving by and rushes to flag them down. Standing in the middle of street, waving her arms to get their attention, her parents’ car drives right through her.
She was right. Her parents are alive but she’s not.
She’s a ghost, just like all the other denizens of Middle House. Desperate to somehow get her life back and reconnect with her still-alive boyfriend, Echo embarks on a quest to solve her own murder. As the list of suspects grows, the quest evolves into a journey of self discovery in which she learns she wasn’t quite the girl she thought she was. In a twist of fate, she’s presented with one last chance to reclaim her life and must make a decision which will either haunt her or bless her forever.

原作 Bad Girl Gone: A Novel Temple Mathews A Thomas Dunne Book for St. Martin's Griffin

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-19 09:46 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 17日

【BBC】ヘイリー・アトウェル、マシュー・マクファディン、「ハワーズ・エンド」に出演へ


E・M・フォースター(E.M. Forster)の古典小説を映像化するBBCの限定シリーズ「ハワーズ・エンド(Howards End)」にヘイリー・アトウェル、マシュー・マクファディン、トレイシー・ウルマンが出演する模様。

ヘティ・マクドナルドが監督で4パートにミニシリーズ化。
キャスティングはアトウェルがマーガレット、マクファディンがヘンリー・ウィルコックス、ウルマンがジュリー・マント夫人のようです。

【関連】
【BBC】「ハワーズ・エンド」ミニシリーズ企画、ケネス・ロナーガンが脚色へ 13年10月22日

原作 ハワーズ・エンド (池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 1-7) E・M・フォースター 河出書房新社

原作 おもな登場人物
ヘレン・シュレーゲル
マーガレット(メッグ)
ヘンリー・ウィルコックス
チャールス・ウィルコックス
ルース・ウィルコックス
ティビ―
イーヴィー
ジュリー・マント夫人
ポール・ウィルコックス
ドリー チャールスの妻
レオナード(レン)・バスト
ジャッキー レンの妻
エーヴァリーさん
アルバート・ファッスル

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-17 07:34 | TV・ニュース | Trackback | Comments(1)