<   2017年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2017年 03月 04日

【映画】Natalie C. Andersonの「City Of Saints & Thieves」映画化へ


Universal PicturesはNatalie C. Andersonのベストセラー「City Of Saints & Thieves」のオプション権を取得、ウィル・パッカーのWill Packer Productionsとケリー・ワシントンのSimpson Streetが制作予定。

[内容]
In the shadows of Sangui City, there lives a girl who doesn't exist. After fleeing the Congo as refugees, Tina and her mother arrived in Kenya looking for the chance to build a new life and home. Her mother quickly found work as a maid for a prominent family, headed by Roland Greyhill, one of the city’s most respected business leaders. But Tina soon learns that the Greyhill fortune was made from a life of corruption and crime. So when her mother is found shot to death in Mr. Greyhill's personal study, she knows exactly who’s behind it.
With revenge always on her mind, Tina spends the next four years surviving on the streets alone, working as a master thief for the Goondas, Sangui City’s local gang. It’s a job for the Goondas that finally brings Tina back to the Greyhill estate, giving her the chance for vengeance she’s been waiting for. But as soon as she steps inside the lavish home, she’s overtaken by the pain of old wounds and the pull of past friendships, setting into motion a dangerous cascade of events that could, at any moment, cost Tina her life. But finally uncovering the incredible truth about who killed her mother and why keeps her holding on in this fast-paced nail-biting thriller.

原作 City of Saints & Thieves Natalie C. Anderson G.P. Putnam's Sons Books for Young Readers

 
[PR]

by hamchu | 2017-03-04 16:53 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 03日

【BBC】ベネディクト・カンバーバッチ、イアン・マキューアンの「時間のなかの子供」を映像化


一瞬の隙に幼い娘が消えた―絶望の果てにバランスを失っていく妻と夫、危うい喪失感のうちに浮び上がる「もうひとつの記憶」…

ベネディクト・カンバーバッチがイアン・マキューアン(Ian McEwan)の「時間のなかの子供」を映像化するBBCの「The Child in Time」に出演、制作総指揮する模様。

ティーヴン・ブッチャードが脚色、ジュリアン・ファリノが監督予定。

今週は他にもベネディクト・カンバーバッチ原作アリ企画のニュースが出ておお~という感じ(笑)。これも話題になりますでしょう。

原作 時間のなかの子供 イアン マキューアン 中央公論社

原作 おもな登場人物
スティーヴン・ルイス
ジューリー
ケイト
チャールズ・ターク
セルマ
パーメンター卿
ピーター・キャナム
ジャック・タックル大佐
レイチェル・マレー
テッサ・スパンキー
ミス・アマンダ・リーン
ハロルド・モーリー
スティーヴンの父 ダグラス
スティーヴンの母 クレア

 
[PR]

by hamchu | 2017-03-03 09:32 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 02日

【Trailer】The Dinner 冷たい晩餐


リチャード・ギア、スティーヴ・クーガン、ローラ・リニー、レベッカ・ホール、クロエ・セヴィニー出演、ヘルマン・コッホ(Herman Koch)のベストセラー小説「冷たい晩餐」をハリウッド映画化した「The Dinner」のTrailer!



監督は「メッセンジャー」のオーレン・ムーヴァーマン。
メノ・メイエス監督のオランダ版、イヴァーノ・デ・マッテオ監督のイタリア版とも比べてみたいところ。
米公開は5月5日予定。

The Dinner 17年米
監督・脚色:オーレン・ムーヴァーマン
制作総指揮:エヴァ・マリア・ダニエルズ、レオニード・レビディフ、エンジェル・ロペス、オルガ・セグラ
制作:カルデコット・チャブ、ローレンス・イングリー、Julia Lebedev、エディ・ヴェイスマン
撮影:ボビー・ブコウスキー
原作:冷たい晩餐 ヘルマン・コッホ イースト・プレス
出演:リチャード・ギア、スティーヴ・クーガン、ローラ・リニー、レベッカ・ホール、クロエ・セヴィニー

【関連】
映画原作関連ニュース The Dinner、Graveland、Demonologists 13年9月20日
【映画】ローラ・リニー、「The Dinner」に出演か 15年12月17日
【映画】リチャード・ギア、スティーヴ・クーガンら「冷たい晩餐」映画化に出演へ 16年1月20日

原作 おもな登場人物
私 パウル・ローマン (ポール・ローマン スティーヴ・クーガン)
セルジュ・ローマン パウルの兄 (スタン・ローマン リチャード・ギア)
クレア 私の妻 (ローラ・リニー)
バベット セルジュの妻
ミシェル 私の息子 (マイケル チャーリー・プラマー)
リック セルジュの息子 (シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック)
ヴァレリー セルジュの娘
ボウ・ファソ セルジュの養子
ナオミ

 
[PR]

by hamchu | 2017-03-02 12:45 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 02日

【映画】トム・ハンクス、「駆逐艦キーリング」を映画化へ


ふきすさぶ寒風と猛り狂う波濤に抗い、北大西洋を進む連合国輸送船団。その護衛戦隊を率いるアメリカ海軍駆逐艦キーリングの艦長クラウス中佐に安寧の時はなかった。海面下にはナチのUボート群が潜んでいるのだ。味方の護衛艦はわずか4隻。しかもクラウスは初陣。だが、待ちわびる英国の同胞のために、何としても船団を無事送りとどけなければならない。 たとえ自らの命が燃えつきようとも!

Sonyはトム・ハンクスの「Greyhound」の全世界配給権を取得した模様。
脚本はハンクス自身がセシル・スコット・フォレスター (C.S. Forester)の「駆逐艦キーリング(The Good Shepherd)」に基づき執筆、アーロン・シュナイダーが監督、ハンクスとゲイリー・ゴーツマンが制作予定。

トム・ハンクスは出演もするらしいですが一体誰の役?

原作 駆逐艦キーリング (ハヤカワ文庫 NV 222) セシル・スコット・フォレスター  早川書房

原作 おもな登場人物
ジョージ・クラウス アメリカ海軍中佐
カーリング大尉
ハート少尉
パーカー 操舵員
ワトソン大尉 航海長
チャーリー・コール少佐 先任将校
マカリスター一等兵曹
フィップラー大尉 砲術長
ワトソン大尉 上級士官
トム・エリス 一等電探兵
ドーソン 通信長
ナイストロム中尉
ロード少佐
イヴリン クラウスの元妻

 
[PR]

by hamchu | 2017-03-02 08:23 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 01日

【映画】Cohen Media Group、「Girl at Sea」の権利を取得


18歳のタニアは、父親の助言でヨット単独世界一周を決意。1985年5月ヴァルナ号(全長26×全幅7.5フィート)でニューヨークを出航。彼女のたったひとりの処女航海開始―ガラパゴス―タヒチ―スリランカ―スエズ―マルタ―ジブラルタルなど22カ所に寄港、1987年11月完走し無事帰還。勇気と孤独と愛情がいっぱいの帆走300日、上陸生活590日の全貌を描く著者自身によるノンフィクション。

Cohen Media Groupはジョエル・シルヴァーマンの脚本「Girl at Sea」の権利を取得した模様。
この脚本はタニア・アービィ(Tania Aebi)の手記「タニア18歳 世界一周―890日の青春航海記(Maiden Voyage)」に基づくものらしいです。

チャールズ・コーエン、エリカ・スタインバーグが制作予定。

若い女の子がヨットで単独世界一周…でもその内容はヨットの世界を知らない人々(もちろん私も)が考えるイメージとは少し違うかもしれません。
その他もろもろ含めて結構面白い映画になるのかも(タニアはもちろんタニアの父親もオイシイ役?)。

原作 タニア18歳 世界一周―890日の青春航海記 (新潮文庫) タニア アービィ 新潮社

原作 おもな登場人物
わたし タニア
エルンスト・アービィ タニアの父
トニー タニアの弟
サビナ タニアの母
ジュリ
ルーク
ジャン・マリー
ルネ
フレッド
ミシェル
オリヴィエ
ドン・ウィンザー

 
[PR]

by hamchu | 2017-03-01 08:29 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)