2017年 03月 07日

【映画】シェリー・ホーマン、「鼓動を聴いて」を映画化へ


ニューヨークの若き女性弁護士ユリアは、失踪した父の行方を追い、遠い異国ビルマへやってきた。高名な弁護士である父はビルマ出身の移民。けれど、白人の母と結婚し、成功の階段をのぼりつづけてきた父がこれまで幼少期について語ることはなかった。いったい父になにが起きたのか―?手がかりは「ミミ」という女性に宛てた、父の古い恋文。ミミを探す旅のなか、ユリアは偶然訪れた一軒のカフェで見知らぬビルマ人男性に声をかけられる。彼は静かに語りはじめた。かつてこの地に生きた盲目の少年ティンと、足の不自由な少女ミミ、ふたりのあまりに静謐で美しい愛の物語を…

「デザート・フラワー」のシェリー・ホーマンがヤン-フィリップ ・センドカー(Jan-Philipp Sendker)の「鼓動を聴いて (Art of Hearing Heartbeats)」を監督する模様。

作者自身が脚色、18年初期に撮影、ダニー・クラウスが制作予定。

原作  鼓動を聴いて (ヴィレッジブックス) ヤン-フィリップ ・センドカー ヴィレッジブックス

原作 おもな登場人物
わたし ユリア・ウィン
ウ・バ
ユーディッド わたしの母
ラウリア警部
ティン・ウィン わたしの父
ミミ
ミャミャ ティンの父
キン・マウング ティンの父
ス・キ ミャミャの姉
ウ・マイ 僧院責任者
ヤダナ ミミの母
モエ ミミの父
ウ・サウ
スチュアート・マックレー医師

 
[PR]

# by hamchu | 2017-03-07 08:59 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 06日

全米映画興収速報 2017年3月6日 「ローガン」が大ヒットスタート


3月3日から5日までの暫定は(順位が出てないな~何でしょうか)
1位は4071館で上映、$85.3Mで初登場の「ローガン」、
2位に先週首位の「Get Out」、
3位に2888館で上映、$16.1Mウィリアム・ポール・ヤングのベストセラー「神の小屋」を映画化した「The Shack」となりました。

ゾーイ・ドゥイッチ主演、ローレン・オリヴァーのベストセラーを映画化した「Before I Fall」は2346館で上映、$4.9Mで5位スタート。

その他の初登場では
ジェフリー・ブリッツ監督、アナ・ケンドリック出演の「Table 19」が868館、$1.575M、
Cameron Sawyer 監督のコメディ「Tim Timmerman, Hope of America 」が12館、$62,488、
マーク・ペリントン監督、シャーリー・マクレーン、アマンダ・サイフリッド出演のドラマ「The Last Word」が4館、$35,620。


17年3月3日-5日
1位 ローガン $85.3M
2位 Get Out $26.1M
3位 The Shack $16.1M
4位 レゴバットマン ザ・ムービー $11.65M
5位 Before I Fall $4.9M
6位 ジョン・ウィック:チャプター2 $4.7M
7位 Hidden Figures $3.8M
8位 グレートウォール $3.5M
9位 フィフティ・シェイズ・ダーカー $3.485M
10位 ラ・ラ・ランド $2.975M


3月10日からは
「キングコング:髑髏島の巨神」、
マルティン・コールホーヴェン監督、ガイ・ピアース、ダコタ・ファニング出演の西部劇「Brimstone」、
ジュリアン・バーンズ(Julian Barnes)の小説「終わりの感覚」を映画化した「The Sense of an Ending」(【Trailer】終わりの感覚 The Sense of an Ending )、
日本では5月公開予定、オリヴィエ・アサイヤス監督、クリステン・スチュワート出演の「パーソナル・ショッパー」、
Julia Ducournau監督、Garance Marillier出演の「Raw」、
ジョーイ・クライン監督、タチアナ・マズラニー出演のドラマ「The Other Half」ジョン・ダウアー監督のドキュメンタリー「My Scientology Movie」
あたりが公開予定。

 
[PR]

# by hamchu | 2017-03-06 07:58 | 数字・統計 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 04日

【Trailer】Mindhunter FBIマインドハンター


デヴィッド・フィンチャー監督、Netflix 製作の「Mindhunter」のTrailer!



原作はジョン・ダグラス(John E. Douglas)とマーク・オルシェイカー(Mark Olshaker)の「FBIマインドハンター -セックス殺人捜査の現場から(Mind Hunter:Inside the FBI's Elite Serial Crime Unit)」

原作は実録モノですがドラマ版はそうでない様子ですかね…(登場人物表作ったのに…残念!)

Mindhunter 17年米
監督:デヴィッド・フィンチャー、アンドリュー・ダグラス、アシフ・カパディア
脚色:ジョン・ダグラス、ジョー・ペンホール
制作総指揮:デヴィッド・フィンチャー、Jennifer Erwin、シャーリーズ・セロン
制作:ジム・デヴィッドソン
撮影:Erik Messerschmidt、クリストファー・プロブスト
原作:FBIマインド・ハンター―セックス殺人捜査の現場から ジョン ダグラス (著), マーク オルシェイカー (著), 早川書房
出演:ジョナサン・グロフ、ホルト・マッキャラニー、アナ・トーヴ、コッター・スミス、Tyler James Larkin、Hannah Gross

【関連】
【HBO】シャーリーズ・セロンとデヴィッド・フィンチャー、「FBIマインドハンター」をドラマ化へ 10年1月28日

 
[PR]

# by hamchu | 2017-03-04 16:59 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 04日

【映画】Natalie C. Andersonの「City Of Saints & Thieves」映画化へ


Universal PicturesはNatalie C. Andersonのベストセラー「City Of Saints & Thieves」のオプション権を取得、ウィル・パッカーのWill Packer Productionsとケリー・ワシントンのSimpson Streetが制作予定。

[内容]
In the shadows of Sangui City, there lives a girl who doesn't exist. After fleeing the Congo as refugees, Tina and her mother arrived in Kenya looking for the chance to build a new life and home. Her mother quickly found work as a maid for a prominent family, headed by Roland Greyhill, one of the city’s most respected business leaders. But Tina soon learns that the Greyhill fortune was made from a life of corruption and crime. So when her mother is found shot to death in Mr. Greyhill's personal study, she knows exactly who’s behind it.
With revenge always on her mind, Tina spends the next four years surviving on the streets alone, working as a master thief for the Goondas, Sangui City’s local gang. It’s a job for the Goondas that finally brings Tina back to the Greyhill estate, giving her the chance for vengeance she’s been waiting for. But as soon as she steps inside the lavish home, she’s overtaken by the pain of old wounds and the pull of past friendships, setting into motion a dangerous cascade of events that could, at any moment, cost Tina her life. But finally uncovering the incredible truth about who killed her mother and why keeps her holding on in this fast-paced nail-biting thriller.

原作 City of Saints & Thieves Natalie C. Anderson G.P. Putnam's Sons Books for Young Readers

 
[PR]

# by hamchu | 2017-03-04 16:53 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 03日

【BBC】ベネディクト・カンバーバッチ、イアン・マキューアンの「時間のなかの子供」を映像化


一瞬の隙に幼い娘が消えた―絶望の果てにバランスを失っていく妻と夫、危うい喪失感のうちに浮び上がる「もうひとつの記憶」…

ベネディクト・カンバーバッチがイアン・マキューアン(Ian McEwan)の「時間のなかの子供」を映像化するBBCの「The Child in Time」に出演、制作総指揮する模様。

ティーヴン・ブッチャードが脚色、ジュリアン・ファリノが監督予定。

今週は他にもベネディクト・カンバーバッチ原作アリ企画のニュースが出ておお~という感じ(笑)。これも話題になりますでしょう。

原作 時間のなかの子供 イアン マキューアン 中央公論社

原作 おもな登場人物
スティーヴン・ルイス
ジューリー
ケイト
チャールズ・ターク
セルマ
パーメンター卿
ピーター・キャナム
ジャック・タックル大佐
レイチェル・マレー
テッサ・スパンキー
ミス・アマンダ・リーン
ハロルド・モーリー
スティーヴンの父 ダグラス
スティーヴンの母 クレア

 
[PR]

# by hamchu | 2017-03-03 09:32 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 02日

【Trailer】The Dinner 冷たい晩餐


リチャード・ギア、スティーヴ・クーガン、ローラ・リニー、レベッカ・ホール、クロエ・セヴィニー出演、ヘルマン・コッホ(Herman Koch)のベストセラー小説「冷たい晩餐」をハリウッド映画化した「The Dinner」のTrailer!



監督は「メッセンジャー」のオーレン・ムーヴァーマン。
メノ・メイエス監督のオランダ版、イヴァーノ・デ・マッテオ監督のイタリア版とも比べてみたいところ。
米公開は5月5日予定。

The Dinner 17年米
監督・脚色:オーレン・ムーヴァーマン
制作総指揮:エヴァ・マリア・ダニエルズ、レオニード・レビディフ、エンジェル・ロペス、オルガ・セグラ
制作:カルデコット・チャブ、ローレンス・イングリー、Julia Lebedev、エディ・ヴェイスマン
撮影:ボビー・ブコウスキー
原作:冷たい晩餐 ヘルマン・コッホ イースト・プレス
出演:リチャード・ギア、スティーヴ・クーガン、ローラ・リニー、レベッカ・ホール、クロエ・セヴィニー

【関連】
映画原作関連ニュース The Dinner、Graveland、Demonologists 13年9月20日
【映画】ローラ・リニー、「The Dinner」に出演か 15年12月17日
【映画】リチャード・ギア、スティーヴ・クーガンら「冷たい晩餐」映画化に出演へ 16年1月20日

原作 おもな登場人物
私 パウル・ローマン (ポール・ローマン スティーヴ・クーガン)
セルジュ・ローマン パウルの兄 (スタン・ローマン リチャード・ギア)
クレア 私の妻 (ローラ・リニー)
バベット セルジュの妻
ミシェル 私の息子 (マイケル チャーリー・プラマー)
リック セルジュの息子 (シーマス・デイヴィー=フィッツパトリック)
ヴァレリー セルジュの娘
ボウ・ファソ セルジュの養子
ナオミ

 
[PR]

# by hamchu | 2017-03-02 12:45 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 02日

【映画】トム・ハンクス、「駆逐艦キーリング」を映画化へ


ふきすさぶ寒風と猛り狂う波濤に抗い、北大西洋を進む連合国輸送船団。その護衛戦隊を率いるアメリカ海軍駆逐艦キーリングの艦長クラウス中佐に安寧の時はなかった。海面下にはナチのUボート群が潜んでいるのだ。味方の護衛艦はわずか4隻。しかもクラウスは初陣。だが、待ちわびる英国の同胞のために、何としても船団を無事送りとどけなければならない。 たとえ自らの命が燃えつきようとも!

Sonyはトム・ハンクスの「Greyhound」の全世界配給権を取得した模様。
脚本はハンクス自身がセシル・スコット・フォレスター (C.S. Forester)の「駆逐艦キーリング(The Good Shepherd)」に基づき執筆、アーロン・シュナイダーが監督、ハンクスとゲイリー・ゴーツマンが制作予定。

トム・ハンクスは出演もするらしいですが一体誰の役?

原作 駆逐艦キーリング (ハヤカワ文庫 NV 222) セシル・スコット・フォレスター  早川書房

原作 おもな登場人物
ジョージ・クラウス アメリカ海軍中佐
カーリング大尉
ハート少尉
パーカー 操舵員
ワトソン大尉 航海長
チャーリー・コール少佐 先任将校
マカリスター一等兵曹
フィップラー大尉 砲術長
ワトソン大尉 上級士官
トム・エリス 一等電探兵
ドーソン 通信長
ナイストロム中尉
ロード少佐
イヴリン クラウスの元妻

 
[PR]

# by hamchu | 2017-03-02 08:23 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 01日

【映画】Cohen Media Group、「Girl at Sea」の権利を取得


18歳のタニアは、父親の助言でヨット単独世界一周を決意。1985年5月ヴァルナ号(全長26×全幅7.5フィート)でニューヨークを出航。彼女のたったひとりの処女航海開始―ガラパゴス―タヒチ―スリランカ―スエズ―マルタ―ジブラルタルなど22カ所に寄港、1987年11月完走し無事帰還。勇気と孤独と愛情がいっぱいの帆走300日、上陸生活590日の全貌を描く著者自身によるノンフィクション。

Cohen Media Groupはジョエル・シルヴァーマンの脚本「Girl at Sea」の権利を取得した模様。
この脚本はタニア・アービィ(Tania Aebi)の手記「タニア18歳 世界一周―890日の青春航海記(Maiden Voyage)」に基づくものらしいです。

チャールズ・コーエン、エリカ・スタインバーグが制作予定。

若い女の子がヨットで単独世界一周…でもその内容はヨットの世界を知らない人々(もちろん私も)が考えるイメージとは少し違うかもしれません。
その他もろもろ含めて結構面白い映画になるのかも(タニアはもちろんタニアの父親もオイシイ役?)。

原作 タニア18歳 世界一周―890日の青春航海記 (新潮文庫) タニア アービィ 新潮社

原作 おもな登場人物
わたし タニア
エルンスト・アービィ タニアの父
トニー タニアの弟
サビナ タニアの母
ジュリ
ルーク
ジャン・マリー
ルネ
フレッド
ミシェル
オリヴィエ
ドン・ウィンザー

 
[PR]

# by hamchu | 2017-03-01 08:29 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 28日

東京創元社 2017年新刊ラインナップ説明会 映像化予定作品


今年も2月23日(木)に東京創元社 2017年新刊ラインナップ説明会が行われました!
開催4年目ともなると進行もこなれた感じで内容もみっちりつまっております。

しかし私の一番の関心は映像化関連翻訳の出版情報!
沢山のラインナップ作品がある中で現在確認できるのはこちら。
どれも期待できる作品ですね。


17年3月刊行予定 創元推理文庫
コードネーム・ヴェリティ Code Name Verity 
エリザベス・ウェイン Elizabeth Wein
第二次世界大戦中、イギリス特殊作戦執行部員の女性がスパイとしてナチの捕虜になった。彼女は尋問のさなか親衛隊大尉と取引し、インクと紙、時間を手に入れて手記を書き始める。それには親友である飛行士マディの戦場の日々が、まるで小説のように綴られていた。彼女はなぜ手記を物語風に書いたのか? 書かれているのは真実か? 撃墜された飛行機を操縦していたマディは無事なのか?
*(今話題の?)Levantine filmsにより映画化予定とのこと。
脚本はJessica & Henrietta Ashworth。


17年5月刊行予定 創元SF文庫
巨神計画(仮題) Sleeping Giants
シルヴァン・ヌーヴェル Sylvain Neuvel  
アメリカの片田舎で偶然発見された、明らかに人類の遺物ではないイリジウム合金製の巨大な「手」と、謎の記号群が刻まれたパネル。分析の結果、それらは6000年前に地球外知的生命体が何らかの理由で残していった、巨大な人型ロボットのパーツであることが判明する。そして、謎の人物「インタビュアー」の指揮のもと、地球全土に散らばっている全パーツの回収・調査計画が極秘に始動した―
*「The Themis Files」のタイトルで映画化予定(映画原作関連ニュース Neverhome、The Themis Files、The Elephanta Suit…)。
続報ではデヴィッド・コープが脚色するってことになってたようです。


17年4月刊行予定 創元SF文庫
ブルー・マーズ Blue Mars
キム・スタンリー・ロビンソン  Kim Stanley Robinson
ようやく3部作の完結編が翻訳!
*「Red Mars」三部作はTVシリーズ化の予定があったんですが(【TV】Spike TV、「レッド・マーズ」をドラマ化へ)ちと宙ぶらりんな状態に?(笑)


17年8月刊行予定 海外文学セレクション
レジャー・シーカー(仮題) The Leisure Seeker
マイケル・ザドゥリアン Michael Zadoorian
結婚60年、ともに80代のジョンとエラのロビナ夫妻。妻は末期癌、元GMエンジニアの夫ジョンはアルツハイマーを発症している。エラは治療は望まず、自分の死後、夫が施設に入れられることを案じ、決断する。愛用のキャンピングカー<レジャー・シーカー>で夫婦二人、ディズニーランド目指してひた走る。運転はジョン、記憶は突然戻ったり、消え去ったり…。そして…!
*Paolo Virzi監督、ドナルド・サザーランド、ヘレン・ミレン出演で撮影済、現在ポストプロダクションの状態。これは公開されたら話題になりそうですなー(映画原作関連ニュース ウィリアム・モナハン、The Leisure Seeker、Dog on It


この感じだとどれもみる前に読めそうですね。

その他R.D.ウィングフィールド「フロスト」シリーズの最終作「フロスト始末」も7月じゃなくて6月に?

映像化予定作品に名前が挙がっていたフィリップ・リーヴ(Philip Reeve)の「移動都市(Mortal Engines)」ですが
トム・ナッツワーシー=ロバート・シーアン
ヘスター・ショウ=ヘラ・ヒルマー
べヴィス・ポッド=Ronan Raftery
ゲンチ=Aaron Jackson
あたりのキャスティングが2月初めに決まっていたようです。

 
[PR]

# by hamchu | 2017-02-28 07:48 | その他 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 27日

全米映画興収速報 2017年2月27日 「Get Out」が初登場1位に


アカデミー賞ウィーク今週の3日間は
ジョーダン・ピール監督のサスペンス・スリラー「Get Out」が2781館で上映、$30Mで1位スタート。
2位にワンランクダウンで「レゴバットマン ザ・ムービー」
3位に先週4位から上昇!「John Wick: Chapter Two」となりました。

アッシュ・ブラノン監督のアニメーション「Rock Dog」は2077館、$3.7Mで11位、
ニコラス・ホルト出演のアクション「アウトバーン」は2045館、$1.5Mで13位スタート。

ジョージ・メンデラック監督、マックス・アイアンズ出演の「Bitter Harvest」は127館、$207,235。
Claude Barras監督のアニメーション「My Life as a Zucchini」は2館、$28,206。


2月24日-26日
1位 Get Out $30M
2位 レゴバットマン ザ・ムービー $19M
3位 John Wick: Chapter Two $9M
4位 グレートウォール $8.7M
5位 フィフティ・シェイズ・ダーカー $7.7M
6位 Fist Fight $6.38M
7位 Hidden Figures $5.875M
8位 ラ・ラ・ランド $4.6M
9位 スプリット $4.1M
10位 LION/ライオン ~25年目のただいま~ $3.8M


3月3日からは
マーク・ペリントン監督、シャーリー・マクレーン、アマンダ・サイフリッド出演のドラマ「The Last Word」
スチュアート・ヘイゼルダイン監督がウィリアム・ポール・ヤングのベストセラー「神の小屋」を映画化、「The Shack 」
ライ・ルッソ=ヤング監督がベストセラーYA小説を映画化「Before I Fall」
日本での公開は6月1日、ラスト・ウルヴァリン「ローガン」
アビー・コーニッシュ出演、エド・ガス=ドネリー監督のスリラー「Lavender」
アリシア・シルヴァーストーン、サンドラ・オーの「Catfight」
ジェフリー・ブリッツ監督、アナ・ケンドリック出演の「Table 19」
バート・フレインドリッチ監督、マイケル・シャノン、カーラ・グギーノ出演の「Wolves」
あたりが公開予定。

 
[PR]

# by hamchu | 2017-02-27 08:43 | 興収成績 | Trackback | Comments(2)