2004年 07月 07日

【映画の原作ニュース】マシュー・マコノヒー&ペネロペ・クルス 「サハラ」撮影風景

今年の夏に公開のはずが延期続き、現在は来年3月25日公開予定のクライブ・カッスラー原作ダーク・ピットシリーズ「死のサハラを脱出せよ」(新潮文庫)の映画化「サハラ」…
作者カッスラーはこの映画化には何やら言いたいこともあるようですが、撮影のほうは進んでいるようです。
On the 'Sahara' Set with Matthew & Penelope

主人公ダーク・ピットにはマシュー・マコノヒー、ヒロインにはペネロペ・クルス。ピットの相棒アルにはスティーヴ・ザーン
監督はTVM「インビジブル・マン」や「TAKEN テイクン」のブレック・アイズナー

キャスティングが決定したあたりでは「サラマンダー」(ロブ・ボウマン監督のドラゴンがいっぱい出てくるやつ)の印象が強くて、マコノヒー=ダーク・ピットに馴染めなかったのですが、このビデオクリップを見て少し安心しました(そういう問題か)。
マシューとペネロペのロマンス話も現在進行形のゴシップになってたりして、そんなところでも注目の映画か?

原作は国立海中海洋機関NUMA(National Underwater & Marine Agency)責任者ダーク・ピットを主人公にした海洋アクションアドベンチャーシリーズ。
NUMA - National Underwater and Marine Agency founded by Dr. Clive Cussler

私自身は(うん10年前?)中学生のころ「QD弾頭を回収せよ」を読んで、ダーク・ピットに惚れた(まあ、その気持ちもわからんでもない)。
このシリーズは80年に「タイタニックを引き揚げろ」が「レイズ・ザ・タイタニック」として映画になっているわけですが、ここでのダーク・ピットはリチャード・ジョーダン…(何も言いますまいて)

それはともかくとして、3月後半の公開予定ってのもまだまだ変動はあるかもしれないなあ、という気はします(マシューとペネロペの仲も)。
[PR]

# by hamchu | 2004-07-07 17:29 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2004年 07月 07日

【Trailer】コリン・ファレル主演、マイケル・カニンガム原作 「この世の果ての家」Trailer

a0000270_81023.jpg「めぐりあう時間たち」の作者マイケル・カニンガムの「この世の果ての家」の映画化「A Home at the End of the World」の予告もオンラインで公開されています(7月23日米公開予定)。
A Home at the End of the World Trailer

ジョナサンとボビー。純粋ゆえに傷つきやすい二人は親友となり、やがてゲイを自覚するジョナサンをボビーは受け入れる。時を経て再会した二人は年上の女性クレアと奇妙な家族生活を始め、三人に子供が生まれる……。

コリン・ファレルが主人公ボビー、その親友でゲイのジョナサンがダラス・ロバーツ、二人に絡む年上の女性クレアにロビン・ライト・ペン
そして、ジョナサンの母にシシー・スペイセク

何やら映画からコリン・ファレルのヌードシーンがカットされる模様。
試写を見た女性たちがこのシーンで騒いでしまったのが原因らしいのですが、確かにこの映画はそういうお話じゃないし、致し方ないと言ったらいいのか何なのか…

表紙 この世の果ての家 角川文庫 (c)角川書店
[PR]

# by hamchu | 2004-07-07 08:11 | Trailer・HP | Trackback | Comments(7)
2004年 07月 06日

S・キング原作「ライディング・ザ・ブレット」映画版 公式サイト

ミック・ギャリス監督ですでに撮影済、スティーヴン・キング原作「ライディング・ザ・ブレット」の公式サイトはコチラ。
HP Riding the Bullet Movie

母親が倒れたとの知らせを受け、アランはヒッチハイクで病院へと向かう。
原作はS・キングのe-book。日本では通常の書籍として刊行、限定表紙版をbol(今はbk1と統合)で先行予約販売。
もっと入手困難かと思いましたが、結構簡単に手に入ったりしてやや拍子抜けだったような…(出版はアーティストハウス)

主人公アランには「ディープエンド・オブ・オーシャン」、「エバーラスティング 時をさまようタック」のジョナサン・ジャクソン
共演はこの間奥様コートニー・コックスとの間に待望の赤ちゃんが生まれたデヴィッド・アークエット、「プール」(というか「スイムファン」)のエリカ・クリステンセン、色々出てますマット・フルーワー、「スパイダーマン」のベンおじさんクリフ・ロバートソンほか、バーバラ・ハーシーまで(すごいスゴイ)。

HPではMEDIAのプロダクションストーリーボードなどなかなか面白いと思います(ジェットコースター…)。
さて、今年のハロウィンあたりまでには公開できるのか?

ライフログ
ライディング・ザ・ブレット
スティーヴン キング Stephen King 白石 朗 / アーティストハウス
[PR]

# by hamchu | 2004-07-06 16:47 | Trailer・HP | Trackback(1) | Comments(2)
2004年 07月 06日

全米映画興行収益 速報 7月6日

先週はパソコンが壊れている間にマイケル・ムーアの「華氏911」が話題になっていたようですが(900弱の公開劇場数でBOX OFFICEの1位になるというのは、当初あまり予想されていなかったと思う)、劇場数を増やして今週も2位をキープしました($21M)。

というわけで首位は初登場「スパイダーマン2」
金曜日から月曜日までの4日間の累計は$115.8M、水曜の公開からの累計も$180.1Mと記録づくめ。
前作は2002年5月に公開、3週目に「スター・ウォーズ エピソード2」に首位を明け渡していますが、今回は何週首位をキープするのか?(評価もなかなか高いようです)

2位以下は12位まで先週の1ランクダウン(ここまできれいなシフトも珍しい)。
1位 スパイダーマン2 $115,8M
2位 華氏911 $21M
3位 White Chicks $12M
4位 Dodgeball: A True Underdog Story $10.5M
5位 ザ・ノートブック(原題) $10.3M
6位 ターミナル $10.2M
7位 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人  $8.1M

今週はアントワン・フークア監督、クライヴ・オーウェン、キーラ・ナイトレイの「キング・アーサー」が7日公開、ウィル・フェレルのコメディ「Anchorman: The Legend of Ron Burgundy」はどうか?

参考 全米映画興行収益速報 7月6日
[PR]

# by hamchu | 2004-07-06 07:30 | 興収成績 | Trackback(3) | Comments(0)
2004年 07月 05日

先週までの映画原作関連ニュース

・ウォルト・ディズニーがケイト・ブライアン(Kate Brian)のYA小説「The Princess & the Pauper」のオプション契約を結んだ模様。
題名からもわかるように?「王子と乞食」の現代版女の子バージョン。この本、表紙がなかなか面白いです。
*邦題「プリンセス・プロジェクト」 理論社 YA新しい海外文学シリーズ

・「タイガーランド」の脚本家マイケル・マクグルーサーがアーサー・C・クラークの処女長編「宇宙への序曲」を脚色予定。

・ニューラインが桐野夏生さんの「OUT」ハリウッド版を製作、「リング」シリーズの中田秀夫氏が監督予定!
*いやあ、本来中田監督はダグ・リチャードソン(「バッド・ボーイズ」脚本家)の小説「True Believers」でハリウッドデビューなはずだったんですけど…
今度、東京創元社がこの本を出す予定なんですが、こっちの映画化はどうなっちゃったんでしょう???
[PR]

# by hamchu | 2004-07-05 16:49 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 07月 05日

【Trailer】アメコミ・原作つき映画関連 最近の新作Trailer

a0000270_1029.jpg映画原作・アメコミ関連の最近の新作予告、主なものは以下の通り。

・アンドリュー・・ロイド・ウェバー版「オペラ座の怪人
12月3日米限定公開予定
ジョエル・シューマッカー監督、ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム
原作 「オペラ座の怪人」 ガストン・ルルー(角川文庫ほか)
HP Andrew Lloyd Webber's The Phantom of the Opera 予告あり

・「ブレイド」シリーズ第三弾「Blade: Trinity
12月10日全米公開予定
デヴィッド・S・ゴイヤー監督、ウェズリー・スナイプス、クリス・クリストファーソン
HP Blade: Trinity 予告あり

*ゴイヤーは「ブレイド」シリーズ、「フレディVSジェイソン」などの脚本家。

・もうすぐ公開「ボーン・アイデンティティー/殺戮のオデッセイ
7月24日全米公開予定
ポール・グリーングラス監督、マット・デイモン
原作 「殺戮のオデッセイ」上・中・下 ロバート・ラドラム(角川文庫)
HP The Bourne Supremacy Trailer2

*今週のNYタイムズベストセラーリストで新作「(Robert Ludlum's) the Bourne Legacy」が8位に登場。作者は「真夜中の戦士」(ハヤカワ文庫FT)のエリック・ヴァン・ラストベーダー!

表紙 オペラ座の怪人 新訳版 角川文庫 (c)角川書店
[PR]

# by hamchu | 2004-07-05 10:03 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2004年 07月 04日

【Trailer】クリスマス・コメディ「Christmas with the Kranks」Trailer

1週間の間に色々なニュース、新作予告などがオンラインになっていたようですが、やや地味ながら?面白い予告も登場していました。

ジョン・グリシャムの「スキッピング・クリスマス」映画版「Christmas with the Kranks
Christmas with the Kranks

やっぱりどう見てもティム・アレン、ティム・ロスじゃないね(しつこいよ)。
日本ではクリスマスシーズンに公開…されないでしょうなあ…(「リーマン・ジョー!」のように銀パト上映になっちゃったりして)

【映画の原作ニュース】ジョン・グリシャム原作のクリスマス・コメディ撮影開始(修正版)

ライフログ
スキッピング・クリスマス
ジョン グリシャム John Grisham 白石 朗 / 小学館
[PR]

# by hamchu | 2004-07-04 21:51 | Trailer・HP | Trackback(1) | Comments(1)
2004年 06月 26日

【映画の原作ニュース】ティーンズ小説「The A-List」も映画に?

ユニバーサルがゾーイ・ディーン(Zoey Dean)の「The A-List」の映画化権を取得、「ウェディング・プランナー」の脚本家コンビパメラ・フォークとマイケル・エリスが脚色を担当?

原作はセレブの女の子アンナが主人公、ということで何かと セシリー・V・Z の「ゴシップガール」(ソニーマガジンズ)シリーズと比べられるティーン向け小説。
この手の世界は私には理解不能。興味がある方是非読んでレビューしてください。

ちなみに「ゴシップガール」にも映画化予定がありますが(まあ当然だ?)、ブレアにリンゼイ・ローハン!セレナ(セリーナ)は誰がやるんだろう…
[PR]

# by hamchu | 2004-06-26 17:39 | 映画・ニュース | Trackback(2) | Comments(0)
2004年 06月 26日

【映画の原作ニュース】ファンタジー「Wormwood」、「Shadowmancer」映画化の話

G.P テイラーの「Wormwood」の映画化権をFortitude Filmsが取得した模様。
この本は、天使と召使の少女アゼッタが隕石のロンドン衝突を止めようとする…という18世紀イギリスを舞台にしたファンタジー・アドベンチャー。

作者G.P テイラーは牧師さんで、自費出版から大手で出版されたファンタジー「Shadowmancer」が有名(この本もこのところニューヨークタイムズベストセラーリストで上位に来ている)。
悪の魔法使い、デムラルを倒すため少年トーマス、ケイト、ラファ、そして謎の人物ジェイコブ・クレインが力をあわせる、という話。
こちらも映画化の話が以前からありまして上記Fortitude Filmsが権利を持っています。

作者はショーン・ビーン好きとして?一部で知られているようで(同郷らしい)、映画にも彼の出演を希望。
その他にもインタビューではピート・ポスルスウェイ、ティム・ロス、マイケル・ケイン(デムラル)の名前をあげていたようです。
この映画化、当初の噂ではメル・ギブソン監督予定…だったと思うのですが、「パッション」以前の話だからなあ…

まあ、映画化としては「Wormwood」より「Shadowmancer」が先になると思いますが…
[PR]

# by hamchu | 2004-06-26 08:12 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)
2004年 06月 25日

ハリウッド版「ドラゴンボールZ」 脚本家が決定?

以前から何だかんだと話のあった?20世紀FOX製作「ドラゴンボールZ」ハリウッド版。
ここにきて「ビッグ・ヒット」のベン・ラムジーが脚本家として起用された模様!

いやあ、もうこの映画化の話、消えたのかと思ってました(笑)。
[PR]

# by hamchu | 2004-06-25 15:30 | その他 | Trackback(1) | Comments(2)