2004年 08月 27日

【映画の原作ニュース】C・V・オールズバーグ 「魔法のホウキ」も映画化予定

a0000270_1923183.jpg「ポーラー・エクスプレス」、「ザスーラ」と今後も公開予定の映画化作品が楽しみなクリス・ヴァン・オールズバーグ
そのオールズバーグの「魔法のホウキ」(原題「The Widow's Broom」)も「ジャングル・ジョージ」、「アウト・オブ・タウナーズ」監督サム・ワイズマンによりパラマウントで映画化予定。

魔女が置いていった飛べなくなった魔法のホウキ。
オールズバーグ自身が脚色している映画のストーリーは原作の絵本とはちょっと違っている?かもしれません。

表紙 魔法のホウキ 河出書房新社

ライフログ
魔法のホウキ C・V・オールズバーグ 村上 春樹 / 河出書房新社
[PR]

# by hamchu | 2004-08-27 19:21 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 27日

【Trailer】他人が自分を愛していると思い込む妄想…「Enduring Love」(追記アリ)

イアン・マキューアンの「愛の続き」(新潮クレストブックス)を映画化した「Enduring Love」公式サイトがオンラインに(予告もアリ)。
Enduring Love for Paramount Classics

恋人クレア(サマンサ・モートン)と出かけたピクニックで偶然気球事故に遭遇する主人公ジョー(ダニエル・クレイグ)。
その後、ジョーのもとに事故現場で救助に加わった一人の男(リス・アイファンズ)から電話がかかってくる…

他人が自分を愛しているという妄想を抱いてしまうド・クレランボー症候群。この妄想に陥った同性のストーカーに主人公がじわじわと追い詰められていくさまはなかなかに怖いです。
気球事故は映像にすると、なるほど…という感じ。

映画の監督は「ノッティングヒルの恋人」、「チェンジング・レーン」のロジャー・ミッチェル
上記三人のほかにもビル・ナイスーザン・リンチアンドリュー・リンカーンなども出演。
9月17日米限定公開予定です。

ライフログ
愛の続き
イアン マキューアン Ian McEwan 小山 太一 / 新潮社

*公開予定が10月に変更。トロント国際映画祭で上映予定アリ。
[PR]

# by hamchu | 2004-08-27 07:34 | Trailer・HP | Trackback | Comments(1)
2004年 08月 26日

【映画の原作ニュース】「The Martian Child」 監督はメノ・メイエスに

デイヴィッド・ジェロルドのSF作品を映画化するジョン・キューザック主演の「The Martian Child」…監督予定だったニック・カサヴェテスが降板し、かわりにメノ・メイエスが抜擢された模様。

メイエスはオランダ出身、「カラー・パープル」、「マーシャル・ロー」脚本家、最近ではジョン・キューザックの「アドルフの画集」を監督した人物。
カサヴェテス降板の理由はよくあるcreative differencesというやつらしいのですが…(残念)

【映画の原作ニュース】ニック・カサヴェテスとジョン・キューザックが「The Martian Child」を映画化
[PR]

# by hamchu | 2004-08-26 17:16 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2004年 08月 26日

【映画の原作ニュース】サマンサ・モートンとクリス・クーパーがカポーティの伝記映画に出演?

フィリップ・シーモア・ホフマンがトルーマン・カポーティを演じるタイトル未定のカポーティの伝記映画…
これにサマンサ・モートンクリス・クーパーが出演交渉されている模様。

原作はジェラルド・クラークの「カポーティ」(原題「CAPOTE : A BIOGRAPHY」)
監督はベネット・ミラー、脚本は俳優ダン・ファターマン。

カポーティ伝記映画の企画はダグ・マクグラス監督の「Every Word Is True」も同時並行してあり、なかなか紛らわしいのですが、こちらにはサンドラ・ブロック(ハーパー・リー)、グウィネス・パルトロウ(ペギー・リー)、トビー・ジョーンズ(カポーティ)、シガーニー・ウィーバーが出演予定。
「冷血」に登場するペリー・スミス役として発表されていたマーク・ウォルバーグはどうやら降板したようで…(しかし紛らわしいなあ)

ライフログ
カポーティ
ジェラルド・クラーク 中野 圭二 / 文芸春秋
[PR]

# by hamchu | 2004-08-26 07:20 | 映画・ニュース | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 08月 25日

【Trailer】「es[エス]」の監督が描くヒトラーの最期

「es[エス]」の監督オリヴァー・ヒルシュビーゲルの新作「Der Untergang(英題「The Downfall」)」の予告が登場。
Der Untergang

ヒトラーの私設秘書トラウドゥル・ユングの目によって語られるヒトラー最期の12日間。
ヒトラーに対する描写が論争を生みそうな?この映画、本国ドイツでは9月16日公開予定のようです。

出演はヒトラーにブルーノ・ガンツ、ユングに「トンネル」(ベルリンの壁から脱出するやつ)のアレクサンドラ・マリア・ラーラ、フェルマン・フェーゲラインにトーマス・クレッチマン、エバ・ブラウンに「名もなきアフリカの地で」のユリアーネ・ケーラーなど。

原作は「ヒトラー」の伝記、ドキュメンタリー映画「ヒトラー」(77年作品)で知られるジャーナリストで歴史家ヨアヒム・フェストの「Der Untergang Hitler und das Ende des 3. Reichs

この映画、ヒルシュビーゲルの作品ということで?日本でも来年公開予定(配給はGAGA)。
[PR]

# by hamchu | 2004-08-25 08:19 | Trailer・HP | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 08月 24日

【海外TVの原作ニュース】「マペットのオズの魔法使い」にタランティーノが

a0000270_1711299.jpgABCのオリジナルムービー「The Muppets' Wizard of Oz」(マペットのオズの魔法使い)にアシャンティクイーン・ラティファクエンティン・タランティーノ(自身の役!)が参加する模様。

おまけにこの作品、(ヴィクター・フレミング監督、ジュディ・ガーランドの)ミュージカル作品ではなく、ライマン・フランク・ボームの原作を基に作られるらしい。
つまり、劇中でマペットは「オーバー・ザ・レインボー」を歌わないということでしょうか(笑)。

監督は「マペットのメリー・クリスマス」「マペットの宝島」のカーク・R・サッチャー
マペットといえばやはりジム・ヘンソン・プロダクツ。
9月からカナダのバンクーバーで撮影予定のようです。

表紙 オズの魔法使い ハヤカワ文庫 NV(早川書房刊)
[PR]

# by hamchu | 2004-08-24 17:09 | TV・ニュース | Trackback | Comments(1)
2004年 08月 24日

【映画の原作ニュース】フィッツジェラルド原作「夜は帰って来ない」がリメイク

20世紀FOXはヘンリー・キング監督、ジェニファー・ジョーンズ出演の61年の作品「夜は帰って来ない」(Tender Is the Night)をリメイク予定。
原作はF・スコット・フィツジェラルドの自伝的要素を含んだ長編小説「夜はやさし」(角川文庫)

舞台は1910年代後半から30年代のヨーロッパ。精神科医ディック・ダイヴァーは統合失調症の患者である富豪の娘ニコルと出会い、結婚。しかし、ニコルは再び病気を発症し…

今回の脚色はカーク、マイケルなどダグラス一家が出演「グロムバーグ家の人々」の脚本、製作、ジェシー・ウィガトウが担当。

同じ原作ではピーター・ストラウス、メアリー・スティンバージェン出演の英国版TVM(85年「夜はやさしく」)もあります。
[PR]

# by hamchu | 2004-08-24 08:49 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 23日

全米映画興行収益 速報 8月23日(追記アリ)

今週はシリーズ4作目「エクソシスト ザ・ビギニング」が$18.2Mで初登場1位、「脱出」のパロディ「Without a Paddle」が2位スタート。
先週2位だった「プリティ・プリンセス2」が先週首位の「エイリアンVSプレデター」を逆転して3位。

その他では低予算の海洋スリラー「Open Water」が拡大公開されて先週17位から5位に。
ザック・ブラフとナタリー・ポートマンの「Garden State」も4週目で公開館を500程度増やして10位にランクイン。
先週4位の「遊☆戯☆王」は11位に降下という感じです。

イヴリン・ウォーの「Vile Bodies」が原作、スティーヴン・フライ(「オスカー・ワイルド」などに出演の俳優)初監督作品「Bright Young Things」はNY3館で$53,500。

8月20日-22日
1位 エクソシスト ザ・ビギニング $18.2M
2位 Without a Paddle $13.7M
3位 プリティ・プリンセス2 $13.2M
4位 エイリアンVSプレデター $12.5M
5位 Open Water $11.8M
6位 コラテラル $10.5M
7位 ボーン・スプレマシー $6.6M
8位 The Manchurian Candidate $4.2M
9位 ヴィレッジ $3.7M
10位 Garden State $3.2M

今週は「アナコンダ」続編「Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid」、アーロン・エッカート、キャリー・アン・モス、ベン・キングズレー出演のスリラー「サスペクト・ゼロ」、99年の日本未公開作品「Baby Geniuses」続編「Superbabies: Baby Geniuses 2 」が拡大公開予定。

参考 全米映画興収速報 8月23日

*8月26日 追記
確定したらば10位に「遊☆戯☆王」、11位に「Garden State」という結果になりました。

ライフログ
Vile Bodies (Penguin Modern Classics)
Evelyn Waugh Richard Jacobs / Penguin Books Ltd
[PR]

# by hamchu | 2004-08-23 07:21 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 22日

【映画の原作ニュース】「悪い種子(たね)」リメイク?

昨年公開された低予算ホラー「キャビン・フィーバー」(日本では本年12月公開予定)が結構ヒットしたエリ・ロス監督が56年の古典「悪い種子(たね)」をリメイク映画化する模様。

原作はウィリアム・マーチの恐るべき子供をテーマにしたスリラー「悪い種子

無垢なる子供は先天的な殺人者なのか?
オリジナルは子役パティ・マコーミックが不気味。

85年にはTVMに(ビデオ邦題「死の天使レイチェル」)。
まあ、ロス監督がリメイクするのでは上記とは違った作品になるのでしょう。

この手のテーマを扱った小説や映画は結構ありますが、B・M・ギルの小説「Nursery Crimes」は邦題が「悪い種子が芽ばえる時」(サンケイ文庫 後に扶桑社ミステリー)だったりして…(まんま…)

ライフログ
悪い種子
/ ワーナー・ホーム・ビデオ
[PR]

# by hamchu | 2004-08-22 08:40 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 08月 21日

【映画の原作ニュース】「プリティ・プリンセス」メグ・キャボット原作のロマコメ、2作品が映画化

「きいてほしいのあたしのこと ウィン・ディキシーのいた夏」映画版の製作者ジョーン・シングルトンがメグ・キャボットの2作品「Teen Idol」、「Every Boy's Got One」の映画化権を獲得した模様。

「Teen Idol」の主人公はハイスクールの学校新聞でお悩み相談の匿名コラムニストをしているジェニー・グリーンレイ。ある日、俳優ルーク・ストライカーが役のリサーチのため彼女の高校にやってきて…

「Every Boy's Got One」は来年刊行予定。
この本は読者の対象年齢はティーンよりやや上?、主人公はカレを親友に盗られた漫画家ジェーン。

a0000270_8365996.jpgこの他にもメグ・キャボットの本は「恋するアメリカン・ガール」(河出書房新社)も映画化予定(ディズニー製作)。
こちらは「レイブン 見えちゃってチョー大変!」のレイブン(レイブン・シモーネ)が出演。
容姿端麗な姉、成績優秀な妹にはさまれた三人姉妹の真ん中、サマンサ(サム)が主人公。姉の彼氏に恋する彼女は、ある日偶然大統領暗殺を阻止し、大統領の息子と知り合って…

メグ・キャボットの本は、主人公に偶然に起こることがありえない~!(笑)って感じなのですが、何だかんだいいつつ(女の子なら特に)結構楽しく読める?

表紙 恋するアメリカン・ガール 河出書房新社刊

ライフログ
Teen Idol Meg Cabot / Harpercollins
Every Boy's Got One Meg Cabot / Harpercollins
恋するアメリカン・ガール メグ・キャボット 代田 亜香子 Meg Cabot / 河出書房新社
[PR]

# by hamchu | 2004-08-21 08:32 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)