2004年 02月 14日

【今日の映画の原作】バレンタイン

バレンタインの映画…なんていうとカナダのホラー「血のバレンタイン」がすぐに浮かびますがあれは原作がないなあ(笑)。
ということで、デニース・リチャーズ主演の日本未公開ホラー「バレンタイン」
これには(一応)原作があります。

バレンタイン 01年米 VALENTINE
監督 ジェイミー・ブランクス(「ルール」)
出演 デニース・リチャーズ、マーリー・シェルトン、デヴィッド・ボレアナズ
参考 http://valentinemovie.warnerbros.com/

日本では02年2月バレンタインの時期にDVD発売されました。まあ、デニース・リチャーズを見る映画?
原作はトム・サヴェージの「愛をこめて、ヴァレンタイン」(ミステリアス・プレス文庫)

*映画と原作はだいぶ違う…っていうか、ホントにこれが原作ですか?(笑)
[PR]

# by hamchu | 2004-02-14 10:43 | 映画の原作 | Trackback | Comments(0)
2004年 02月 13日

【映画の原作 ニュース】暗闇のスキャナー

a0000270_144550.jpg現在開催中のベルリン映画祭コンペで上映「Before Sunset」(「恋人までの距離(ディスタンス)」原題「Before Sunrise」の続編。前作と同じくイーサン・ホーク、ジュリー・デルピーが主演)が好評だったらしいリチャード・リンクレイター監督。
昨年は日本でも「テープ」が公開されたし、アメリカでは「スクール・オブ・ロック」がヒットしたし(日本では春公開予定)、今注目の監督の一人です。

そのリンクレイターが興味を示している企画がフィリップ・K・ディック原作の「暗闇のスキャナー」!(東京創元社)
主演はやっぱりイーサン・ホーク…なのでしょうか?

*イーサンはジョン・カーペンター監督の「要塞警察」リメイク版(監督は新人)に主演予定。ユマとの仲はどうなった?

表紙 「暗闇のスキャナー」 創元SF文庫(東京創元社刊)
[PR]

# by hamchu | 2004-02-13 07:57 | 映画・ニュース | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 02月 12日

【今日の映画の原作】ニューオーリンズ・トライアル

ジョン・グリシャム原作。原題は「RUNAWAY JURY」、原作の邦題は「陪審評決」(新潮社)、そして映画につけられたタイトルは「ニューオーリンズ・トライアル」(トライアルは集中審理の意)

原作との一番の相違点は、原作が肺ガンにより夫を失った未亡人によるタバコ訴訟であったのに対し、映画が銃乱射事件により夫を殺された未亡人による銃訴訟であること。
原作ではタバコを吸っていたのは被害者本人、映画では被害者は銃により一方的に殺されるている…とそのあたりを比べてみるのも面白いと思います(笑)。

ニューオーリンズ・トライアル
見てから読む?映画の原作 04年日本公開予定

*昨日はエドワード・バーンズの「コンフィデンス」とこの映画を見たんだけど、ダスティン・ホフマンにレイチェル・ワイズが被っているだけでなく、ルイス・ガスマンまで(笑)。まだ、他にもいる?
[PR]

# by hamchu | 2004-02-12 08:57 | 映画の原作 | Trackback | Comments(0)
2004年 02月 11日

【映画の原作 ニュース】ベン・アフレックの次回作

このところ、ジェニファー・ロペスとの破局ばかりが話題になっている気もするベン・アフレック。
フィリップ・K・ディック原作「報酬」の映画化「ペイチェック 消された記憶」は3月13日日本公開予定。

そのアフレックがユニバーサル・ピクチャーズ製作予定の「Brat Farrar」に出演すると発表されました。
「Brat Farrar」は60年代に映画化されたこともある(らしい)ジョセフィン・テイ原作の名作古典犯罪モノ。
日本では「魔性の馬」の名前で小学館より刊行(クラシック・クライム・コレクション)。

行方不明になっている兄と家督を継ぐことが決まっている弟。兄にそっくりだったことから彼に成りすまして名家に入り込もうとする孤児のお話です。

*やっぱり「太陽がいっぱい」(パトリシア・ハイスミス)が思い浮かぶと思いますが、映画ができたら「リプリー」のマット・デイモンと比べられるんだろうなあ。
[PR]

# by hamchu | 2004-02-11 08:31 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 02月 10日

【今日の海外TVシリーズの原作】 グルメ探偵ネロ・ウルフ

a0000270_164815.jpg先週2月3日よりWOWOW2で火曜後6:00より放送開始の「グルメ探偵ネロ・ウルフ」
安楽椅子探偵で美食家ネロ・ウルフとその助手アーチーが活躍するTVシリーズです。

グルメ探偵ネロ・ウルフ 米 01年~ 全6回 A NERO WOLFE MYSTERY
出演 モリー・チェイキン(ネロ・ウルフ)、ティモシー・ハットン(アーチー・グッドウィン)

原作者はレックス・スタウト。
先週放送第1話「ネロ・ウルフ対FBI」の原作が本日新装版で光文社より発売。
その他の原作 殺人犯はわが子なり 我が屍を乗り越えよ ハヤカワ・ミステリ など

*このごろはTVMで見かけるティモシー・ハットン。キング原作「秘密の窓、秘密の庭」映画化「Secret Window」ではジョニー・デップ、ジョン・タトゥーロと共演(3月12日全米公開予定)

表紙 「殺人犯はわが子なり」 ハヤカワ・ポケット・ミステリ(早川書房刊)
[PR]

# by hamchu | 2004-02-10 12:44 | TVの原作 | Trackback | Comments(0)
2004年 02月 09日

【今日の映画の原作】 ドク・ハリウッド 

ノベライズではなく実は原作もの。でも、映画自体も今では当時大人気のマイケル・J・フォックス主演のコメディ…という程度の認知だったりして…

ドク・ハリウッド 91年米 DOC HOLLYWOOD
マイケル・ケイトン=ジョーンズ監督、マイケル・J・フォックス、ジュリー・ワーナー、ブリジッド・フォンダ、ウディ・ハレルソン

原作は医学博士ニール・シュルマンが書いた「ドク・ハリウッド」(扶桑社)。
彼の他の著書は「ついに…僕は医者になった」(三笠書房)などがあります。

*この映画なんとなく同年に公開された「ハード・ウェイ」(ジョン・バダム監督、ジェームズ・ウッズ共演)とかぶっちゃってるんですけど…
[PR]

# by hamchu | 2004-02-09 10:06 | 映画の原作 | Trackback | Comments(0)
2004年 02月 08日

【映画の原作 ニュース】アンソニー・ミンゲラの次回作

最新作「コールドマウンテン」では出演のジュード・ロウ、レニー・ゼルヴィガーがアカデミー賞にノミネートされているアンソニー・ミンゲラ監督の次回作は、イギリスの作家リズ・ヤンセン(Liz Jensen)の小説「The Ninth Life of Louis Drax」の映画化となる模様です。

原作はまだ未発表ですが英国では6月下旬に刊行予定(現在予約受付中)。
内容はサイコロジカル・スリラーのようですが詳細は不明です。

製作はミラマックス。ミンゲラは脚色も担当(予定)。

「コールドマウンテン」も日本公開が4月24日に決定。
コールドマウンテン
見てから読む?映画の原作 03年全米公開予定

*「コールド・マウンテン」は現在開催中のベルリン映画祭の開幕作品として上映されました(アウト・オブ・コンペ)。監督もご夫婦で登場されたようですね。
[PR]

# by hamchu | 2004-02-08 15:34 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2004年 02月 07日

【今日の海外TVシリーズの原作】 名探偵ポワロ

a0000270_114038.jpg2月7日・8日深夜NHK総合にて「名探偵ポワロ」の3作品が再放送されます。

エッジウェア卿の死 2月7日(土)深夜【=日曜午前】 0:50~2:30 
メソポタミア殺人事件 2月7日(土)深夜【=日曜午前】 2:30~4:10 
白昼の悪魔 2月8日(日)深夜【=月曜午前】 0:40~2:20 

名探偵ポワロ(99・00年 英) Agatha Christie's Poirot
出演 デヴィッド・スーシェ(ポワロ)、ヒュー・フレイザー(ヘイスティングス)、フィリップ・ジャクソン(ジャップ警部)、ポーリン・モラン(ミス・レモン)

原作 アガサ・クリスティー 「エッジウェア卿の死」(ハヤカワ・ミステリ文庫)、「メソポタミア殺人事件」(新潮文庫)、「白昼の悪魔」(ハヤカワ クリスティー文庫)

*「メソポタミア殺人事件」と「白昼の悪魔」はまだDVDが出ていないんですよね…

表紙 「白昼の悪魔」 クリスティー文庫(早川書房刊) 
[PR]

# by hamchu | 2004-02-07 08:12 | TVの原作 | Trackback | Comments(2)
2004年 02月 07日

【海外TVシリーズの原作 ニュース】 アボンリーへの道

「赤毛のアン」でおなじみカナダのプリンスエドワード島を舞台にしたTVシリーズ「アボンリーへの道」が2月14日より毎週土曜深夜NHK教育TVで再放送になります。
モントリオールから島にやってきた夢見がちな少女セーラと家族(キング一家)、村の人々の物語。
主演のセーラには「死ぬまでにしたい10のこと」、GW公開予定「ゾンビ」リメイク版「ドーン・オブ・ザ・デッド」のサラ・ポーリー。まだ幼さの残る彼女に注目です。

アボンリーへの道(90~96年 カナダ) ROAD TO AVONLEA
出演 サラ・ポーリー(セーラ・スタンリー)、ジャッキー・バロウズ(へティ・キング)

原作 ルーシー・モード・モンゴメリ 「ストーリー・ガール」「黄金の道」「アンの村の日々」(篠崎書林)
ドラマシリーズのノベライズ 「特選・アボンリーへの道」 【全15巻】(金の星社)

*今のところ2シーズンまでの放送予定しか出てないけど、7シーズン全部放送するんでしょうか?
[PR]

# by hamchu | 2004-02-07 07:45 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 02月 06日

【映画の原作 今週の米公開予定】 ザ・ドリーマーズ

「ザ・ドリーマーズ」はギルバート・アデアの「The Holy Innocents」(現「The Dreamers」)が原作、「ラストエンエラー」のベルナルド・ベルトルッチ監督の期待の新作。
学生運動に揺れる1968年5月革命前夜のパリ、退廃的な雰囲気漂う中映画マニアのアメリカ人大学生マシューはフランス人兄妹テオとイザベルに出会う…

脚本は原作者のアデア自身が担当。昨年のヴェネチア映画祭で特別招待作品として上映され話題になりました。

ザ・ドリーマーズ(原題) 03年英・仏・伊  The Dreamers
ベルナルド・ベルトルッチ監督、マイケル・ピット、ルイス・ガレル、エヴァ・グリーン出演
2月6日 LA/NY限定公開予定。7月 シネスイッチ銀座・新宿武蔵野館ほかにてロードショー
原作 「The Dreamers」 ギルバート・アデア(Faber and Faber)

オフィシャルサイト http://www.the-dreamers.com/

*ギルバート・アデアは昨年翻訳が出た「閉じた本」(東京創元社)もなかなか面白いですね。映画にならないかな?
[PR]

# by hamchu | 2004-02-06 07:15 | 映画の原作 | Trackback | Comments(2)