タグ:サラ・ウォーターズ ( 3 ) タグの人気記事


2017年 05月 09日

【映画】ルース・ウィルソンとドーナル・グリーソン、「エアーズ家の没落」に出演へ

 
かつて隆盛を極めながらも、第二次世界大戦終了後まもない今日では、広壮なハンドレッズ領主館に閉じこもって暮らすエアーズ家の人々。かねてから彼らと屋敷に憧憬を抱いていたファラデー医師は、往診をきっかけに知遇を得、次第に親交を深めていく。その一方、続発する小さな“異変”が、館を不穏な空気で満たしていき…

「アフェア 情事の行方」のルース・ウィルソンがドーナル・グリーソン出演の「The Little Stranger」に出演する模様。

監督は「ルーム」のレニー・アブラハムソン、ゲイル・イーガンが制作。
原作はサラ・ウォーターズ(Sarah Waters)の同名小説(邦題は「エアーズ家の没落」)。

ドーナル・グリーソンがファラデー、ルース・ウィルソンがキャロライン(なんだかピッタリな気がする… 笑)。

原作 
エアーズ家の没落上 (創元推理文庫) サラ・ウォーターズ 東京創元社
エアーズ家の没落下 (創元推理文庫) サラ・ウォーターズ 東京創元社

原作 おもな登場人物
私 ファラデー 医師
デイヴィッド・グレアム
ロデリック・エアーズ
ベティ メイド
キャロライン
ベイズリー夫人
エアーズ夫人(アンジェラ)
グレアム夫人(アン)
ダイアナ・ベイカー=ハイド
ビル・デズモンド
ヘレン・デズモンド
ミス・ダブニー
ロシター夫妻
ジリアン・ベイカー=ハイド
ピーター・ベイカー=ハイド
ジム・シーリィ
モーリス・バッブ

 
[PR]

by hamchu | 2017-05-09 07:44 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2010年 11月 26日

【BBC】サラ・ウォーターズの「夜愁」ドラマ化、アンナ・マックスウェル・マーティンらが出演

 
1947年、ロンドン。第二次世界大戦の爪痕が残る街で生きるケイ、ジュリアとその同居人のヘレン、ヴィヴとダンカンの姉弟たち。戦争を通じて巡り合った人々は、毎日をしぶとく生きていた。そんな彼女たちが積み重ねてきた歳月を、夜は容赦なく引きはがす。想いは過去へとさかのぼり、隠された真実や心の傷をさらけ出す。

「ジェイン・オースティン 秘められた恋」のアンナ・マックスウェル・マーティン、「リトル・ドリット」のクレア・フォイ、「ヴィーナス」のジョディ・ウィッテカー、「コントロール 」のハリー・トレッダウェイがサラ・ウォーターズの「夜愁」をドラマ化するBBCの「The Night Watch」に出演する模様。

「永遠のアフリカ」のポーラ・ミルンが脚色、「サダム 野望の帝国」のヒラリー・サルモンが制作総指揮。
Annie Tricklebankが制作、Richard Laxtonが監督、撮影は今週から開始、90分×1本の番組になる予定。

キャスティングですがアンナ・マックスウェル・マーティン=ケイ、クレア・フォイ=ヘレン、ジョディ・ウィッテカー=ヴィヴ、ハリー・トレッダウェイ=ダンカンという感じ。

このドラマにはアンナ・ウィルソン=ジョーンズ(ジュリア)、Liam Garrigan(レジー)、クローディー・ブレイクリー、ケネス・クラナム(ホレイス・マンディ氏)も出演とか。

やや地味な話かと思いますがじっくり見るには面白いかも(時間は90分でちょうどいい感じでしょうね)。

原作 
夜愁〈上〉 サラ ウォーターズ (著), 東京創元社
夜愁〈下〉 サラ ウォーターズ (著), 東京創元社

原作 おもな登場人物
ケイ・ラングリッシュ 屋根裏部屋に住む女性 (アンナ・マックスウェル・マーティン)
ダンカン・W・ピアス (ハリー・トレッダウェイ)
ホレイス・マンディ氏 ダンカンの同居人 (ケネス・クラナム) 
ヘレン・ジニヴァー (クレア・フォイ)
ヴィヴ(ヴィヴィアン)・ピアス (ジョディ・ウィッテカー)
ジュリア・スタンディング 作家 (アンナ・ウィルソン=ジョーンズ)
ロバート・フレイザー
アースラ・ウェリング
レジー・ニグリ ヴィヴの恋人 (Liam Garrigan)
ミッキー・カーマイケル ケイの友人
アレック・J・C・プレイナ ダンカンの友人 
 
[PR]

by hamchu | 2010-11-26 23:15 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 28日

TVM作品 DVD 荊の城


荊の城 05年英
監督:エイスリング・ウォルシュ
脚本:ピーター・ランスリー
製作:ジョージナ・ロウ
製作総指揮:サリー・ヘッド
撮影:サイモン・コソフ
原作:
荊[いばら]の城 上 サラ・ウォーターズ 中村 有希 / 東京創元社
荊[いばら]の城 下 サラ・ウォーターズ 中村 有希 / 東京創元社
DVD:荊の城  / ジェネオン エンタテインメント
出演:サリー・ホーキンス、エレイン・キャシディ、ルパート・エヴァンズ、チャールズ・ダンス、デヴィッド・トラウトン、イメルダ・スタウントン、スティーヴン・ワイト、リチャード・ダーデン、ニック・ルーカス、ローラ・ドス・サントス
ストーリー
a0000270_1646051.jpga0000270_16462347.jpg19世紀半ばのロンドン。17歳になる孤児スウは、下町の故買屋の家に暮らしていた。ある冬の晩、彼女のもとに顔見知りの詐欺師がやってくる。さる貴族の息子というふれこみで、<紳士>とあだ名されている、以前スウのスリの腕前を借りにきたこともあった男だ。彼はスウにある計画を持ちかける。とある令嬢をたぶらかして結婚し、その巨額の財産をそっくりいただこうというのだ。スウの役割は、令嬢の新しい侍女。スウはためらいながらも、話にのることにする。
スウが侍女として入ったのは、俗世間とは隔絶した辺鄙な地に建つ城館。そこに住んでいるのは、スウが世話をする令嬢、モード。それに彼女の伯父と使用人たち。訪ねてくる者と言えば、伯父の年老いた友人たちだけという屋敷で、モードは親しい友人もなく、蔵書狂の伯父の手伝いをして暮らしていた。他に話し相手もないそんな環境で、同い年のスウとモードが親しくなっていくのは当然のことだった。その背後で、冷酷な計画を進めていようとも。計画の行方は? 二人を待ち受ける運命とは?

【関連】
【TVM】このミス2005 海外編1位 「荊[いばら]の城」はBBCのミニシリーズに 04年12月20日

原作 おもな登場人物
スーザン(スウ)・トリンダー (サリー・ホーキンス)
サクスビー夫人 スウの育ての母 (イメルダ・スタウントン)
イッブス親方(ハンフリー) 錠前屋 (デヴィッド・トラウトン)
ジョン・ヴルーム (Bronson Webb)
ディーリア(デインティ)・ウォレン (Demelza Randall)
リチャード・リヴァーヌ(<紳士>) (ルパート・エヴァンズ)
クリストファー・リリー (チャールズ・ダンス)
モード・リリー (エレイン・キャシディ)
ウィリアム・インカー 厩番 
マーガレット
スタイルズ夫人 家政婦 (Polly Hemingway)
アグネス・フィー 侍女 (Laura Dos Santos)
ケーキブレッド夫人
マーティン・ウェイ
チャールズ (Stephen Wight)
クリーム夫人 (Wendy Morgan)
グレイヴス医師 (William Oliver)
クリスティー医師 (Sam Graham)
ホートリー氏 (Richard Durden)
ハス氏 (Nick Lucas)
ベリンダ・ベーコン 看護婦 (Sophie Stanton)
スピラー 看護婦 (Tina Malone)
ベティ (Michelle Dockery)
ミス・ウィルソン (Eileen Page)
  
[PR]

by hamchu | 2007-12-28 22:40 | DVD | Trackback | Comments(1)