タグ:ブルー・マーズ ( 1 ) タグの人気記事


2017年 02月 28日

東京創元社 2017年新刊ラインナップ説明会 映像化予定作品


今年も2月23日(木)に東京創元社 2017年新刊ラインナップ説明会が行われました!
開催4年目ともなると進行もこなれた感じで内容もみっちりつまっております。

しかし私の一番の関心は映像化関連翻訳の出版情報!
沢山のラインナップ作品がある中で現在確認できるのはこちら。
どれも期待できる作品ですね。


17年3月刊行予定 創元推理文庫
コードネーム・ヴェリティ Code Name Verity 
エリザベス・ウェイン Elizabeth Wein
第二次世界大戦中、イギリス特殊作戦執行部員の女性がスパイとしてナチの捕虜になった。彼女は尋問のさなか親衛隊大尉と取引し、インクと紙、時間を手に入れて手記を書き始める。それには親友である飛行士マディの戦場の日々が、まるで小説のように綴られていた。彼女はなぜ手記を物語風に書いたのか? 書かれているのは真実か? 撃墜された飛行機を操縦していたマディは無事なのか?
*(今話題の?)Levantine filmsにより映画化予定とのこと。
脚本はJessica & Henrietta Ashworth。


17年5月刊行予定 創元SF文庫
巨神計画(仮題) Sleeping Giants
シルヴァン・ヌーヴェル Sylvain Neuvel  
アメリカの片田舎で偶然発見された、明らかに人類の遺物ではないイリジウム合金製の巨大な「手」と、謎の記号群が刻まれたパネル。分析の結果、それらは6000年前に地球外知的生命体が何らかの理由で残していった、巨大な人型ロボットのパーツであることが判明する。そして、謎の人物「インタビュアー」の指揮のもと、地球全土に散らばっている全パーツの回収・調査計画が極秘に始動した―
*「The Themis Files」のタイトルで映画化予定(映画原作関連ニュース Neverhome、The Themis Files、The Elephanta Suit…)。
続報ではデヴィッド・コープが脚色するってことになってたようです。


17年4月刊行予定 創元SF文庫
ブルー・マーズ Blue Mars
キム・スタンリー・ロビンソン  Kim Stanley Robinson
ようやく3部作の完結編が翻訳!
*「Red Mars」三部作はTVシリーズ化の予定があったんですが(【TV】Spike TV、「レッド・マーズ」をドラマ化へ)ちと宙ぶらりんな状態に?(笑)


17年8月刊行予定 海外文学セレクション
レジャー・シーカー(仮題) The Leisure Seeker
マイケル・ザドゥリアン Michael Zadoorian
結婚60年、ともに80代のジョンとエラのロビナ夫妻。妻は末期癌、元GMエンジニアの夫ジョンはアルツハイマーを発症している。エラは治療は望まず、自分の死後、夫が施設に入れられることを案じ、決断する。愛用のキャンピングカー<レジャー・シーカー>で夫婦二人、ディズニーランド目指してひた走る。運転はジョン、記憶は突然戻ったり、消え去ったり…。そして…!
*Paolo Virzi監督、ドナルド・サザーランド、ヘレン・ミレン出演で撮影済、現在ポストプロダクションの状態。これは公開されたら話題になりそうですなー(映画原作関連ニュース ウィリアム・モナハン、The Leisure Seeker、Dog on It


この感じだとどれもみる前に読めそうですね。

その他R.D.ウィングフィールド「フロスト」シリーズの最終作「フロスト始末」も7月じゃなくて6月に?

映像化予定作品に名前が挙がっていたフィリップ・リーヴ(Philip Reeve)の「移動都市(Mortal Engines)」ですが
トム・ナッツワーシー=ロバート・シーアン
ヘスター・ショウ=ヘラ・ヒルマー
べヴィス・ポッド=Ronan Raftery
ゲンチ=Aaron Jackson
あたりのキャスティングが2月初めに決まっていたようです。

 
[PR]

by hamchu | 2017-02-28 07:48 | その他 | Trackback | Comments(0)