タグ:マーク・ボウデン ( 3 ) タグの人気記事


2017年 05月 12日

【TV】マイケル・マンとマイケル・デ・ルカ、マーク・ボウデンの書籍をミニシリーズに

 
マイケル・マンとマイケル・デ・ルカはマーク・ボウデン(Mark Bowden)の書籍「Hue 1968: A Turning Point of the American War in Vietnam」を10時間のミニシリーズにする模様。

[内容]
By January 1968, despite an influx of half a million American troops, the fighting in Vietnam seemed to be at a stalemate. Yet General William Westmoreland, commander of American forces, announced a new phase of the war in which "the end begins to come into view." The North Vietnamese had different ideas. In mid-1967, the leadership in Hanoi had started planning an offensive intended to win the war in a single stroke. Part military action and part popular uprising, the Tet Offensive included attacks across South Vietnam, but the most dramatic and successful would be the capture of Hue, the country's cultural capital. At 2:30 a.m. on January 31, 10,000 National Liberation Front troops descended from hidden camps and surged across the city of 140,000. By morning, all of Hue was in Front hands save for two small military outposts.
The commanders in country and politicians in Washington refused to believe the size and scope of the Front's presence. Captain Chuck Meadows was ordered to lead his 160-marine Golf Company against thousands of enemy troops in the first attempt to re-enter Hue later that day. After several futile and deadly days, Lieutenant Colonel Ernie Cheatham would finally come up with a strategy to retake the city, block by block and building by building, in some of the most intense urban combat since World War II.
With unprecedented access to war archives in the U.S. and Vietnam and interviews with participants from both sides, Bowden narrates each stage of this crucial battle through multiple points of view. Played out over twenty-four days of terrible fighting and ultimately costing 10,000 combatant and civilian lives, the Battle of Hue was by far the bloodiest of the entire war. When it ended, the American debate was never again about winning, only about how to leave.

原作 Hue 1968: A Turning Point of the American War in Vietnam Mark Bowden Atlantic Monthly Pr

 
[PR]

by hamchu | 2017-05-12 07:29 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 05日

【TV】HBO、マーク・ボウデンの「ホメイニ師の賓客」を映像化へ


1979年11月4日、テヘランのアメリカ大使館を、アーヤットラー・ホメイニを精神的支柱とする急進的イスラム主義の学生たちが占拠した。国民を抑圧したパフラヴィー前国王の身柄引き渡しを求める穏健な抗議行動は、事態を政治的に利用しようともくろむ勢力の参入で統制が失われ、結果66名のアメリカ人の大半を人質として1年以上も監禁する事態に発展する。往年のCIAによる内政干渉が遠因であるとはいえ、外交慣習を冒涜するこの暴挙は全米を震撼させ、ときのカーター政権に行動を促す声が沸きあがる―しかし人質の安全確保を最優先とするとき、まっとうな外交が機能しない国を相手にいったいどんな解決手段が残されているというのか?

HBOはマーク・ボウデン(Mark Bowden)のノンフィクション「ホメイニ師の賓客  イラン米大使館占拠事件と果てなき相克(Guests of the Ayatollah: The Iran Hostage Crisis, The First Battle in America's War With Militant Islam)」の権利を取得。

「ワールド・トレード・センター」のアンドレア・バーロフが脚本、「君のためなら千回でも」、「アメリカを売った男」のウィリアム・ホーバーグが製作総指揮予定。

原作 
ホメイニ師の賓客〈上〉―イラン米大使館占拠事件と果てなき相克 マーク ボウデン (著), 早川書房
ホメイニ師の賓客〈下〉―イラン米大使館占拠事件と果てなき相克 マーク ボウデン (著), 早川書房
 
[PR]

by hamchu | 2009-11-05 12:26 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 05日

【映画】「パブロを殺せ」、ハビエル・バルデムとクリスチャン・ベイル出演で映画化?


Yari Film Groupがハビエル・バルデムクリスチャン・ベイル出演で長年の企画、コロンビアのマフィア、パブロ・エスコバルについての「Killing Pablo」を映画化するという記事がVarietyに登場。

原作は「ブラックホークダウン」の著者マーク・ボウデンのノンフィクション「パブロを殺せ―史上最悪の麻薬王VSコロンビア、アメリカ特殊部隊

監督は当初から名前があがっていたジョー・カーナハン
ヤーリ、マーク・ゴードン、Jason Zelinが製作予定ですがこの5年以内に映画化って、これまた待たされるんじゃ…(笑)

03年のニュースからハビエル・バルデム=パブロ・エスコバルのキャスティング(他にはアントニオ・バンデラスが出演?みたいな話でした。この企画、カーナハンの予定作品っていうと名前が出るタイトルだったんですが、その後なかなか進展せず)。
クリスチャン・ベイルは陸軍の情報支援部隊セントラ・スパイクの少佐スティーヴ・ジャコウビの役だそうです。

*原作で一番オイシそうな?役はウーゴ・マルティネスとエドゥアルド・メンドーサ(その他、DEA捜査官もいいな)。このあたりのキャスティングにも今後注目?

原作 パブロを殺せ―史上最悪の麻薬王VSコロンビア、アメリカ特殊部隊 マーク ボウデン / / 早川書房


原作 おもな登場人物(一部抜粋)
パブロ・エスコバル(パブロ・エミリオ・エルコバル・ガビリア) (ハビエル・バルデム)
エルミルダ 母
マリア・ビクトリア 妻
フアン・パブロ 息子
ロベルト 兄
マヌエラ 娘
グスタポ・ガビリア いとこ
アロンソ、ホルへ、ファビオのオチョア兄弟 友人
ロベルト・ウリベ 弁護士

ウーゴ・マルティネス PNC大佐
セサル・ガビリア 大統領
エドゥアルド・メンドーサ 法務次官
ラファエル・パルド 国防大臣

ジョー・トフト DEA支局長
ビル・ワグナー CIAボゴダ支局長
モリス・D・バズビー コロンビア駐在アメリカ大使
スティーヴ・ジャコウビ セントラ・スパイクの少佐 (クリスチャン・ベイル)
サントス”大佐”
ジョー・ヴェガ"大尉”
ハビエル・ペニャ DEA捜査官
スティーヴ・マーフィー DEA捜査官
ウーゴ マルティネスの息子
 
[PR]

by hamchu | 2007-10-05 09:20 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)