タグ:レオナルド・ディカプリオ ( 10 ) タグの人気記事


2011年 10月 08日

【映画】ドン・ウィンズロウの「サトリ」、レオナルド・ディカプリオ出演で映画化へ?

 
1951年東京。日本的精神の至高の境地〈シブミ〉を学んだニコライ・ヘルは、巣鴨拘置所で服役中、CIA局員ハヴァフォードの訪問を受けた。ハヴァフォードは釈放と引き換えに、ある人物の暗殺を依頼する。ニコライは謝礼金とコスタリカの旅券を準備すること、そして自分を拷問したダイアモンド少佐たちの住所を知らせることを条件に引き受ける。 拷問を受けて変形した顔を整形したニコライは、フランスの武器商人を装うことになり、ソランジュという美しい女性から完全なフランス人になる訓練を受ける。やがてハヴァフォードから標的について明かされた。朝鮮戦争が始まり、中国はソ連との連携を深めているが、アメリカはこの二国間に楔を打ち込む必要があり、ある人物を暗殺して互いに反目させようと企んでいた。暗殺の標的は、中国の顧問役をつとめているKGBの幹部ヴォロシェーニン。ニコライは驚いた。母と浅からぬ因縁があったからだ。ニコライは、いまや愛し合うようになっていたソランジュに別れを告げ、ついに北京に乗り込む!

Warner Bros. がドン・ウィンズロウの「サトリ」の映画化権を取得、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化する予定がある模様。

日本人の心を持つ男ニコライ・ヘルをディカプリオがやるのはいいとして、原作のほとんどの場面、ニコライはフランス人ミシェル・ギベールとして過ごしているんだけど、ディカプリオの完全なフランス人…(あと年齢的にどうなんでしょうか)
まあ、作者のウィンズロウがシェーン・サレルノと脚色、ということなんでとりあえず変なものにならないことを期待して…(私、ドン・ウィンズロウ大好き! 笑)

原作 
サトリ(上) ドン・ウィンズロウ 早川書房
サトリ(下) ドン・ウィンズロウ 早川書房

原作 おもな登場人物
ニコライ・ヘル 日本人の心を持つ男 (ミシェル・ギベール)
エリス・ハヴァフォード CIA局員
ダイアモンド少佐
ジョン・シングルトン CIAアジア部長
ソランジュ
ユーリ・アンドレイヴィチ・ヴォロシェーニン KGB幹部
アレクサンドラ・イヴァノヴナ ニコライの母
ヴァーシリー・レオートフ

劉徳懐将軍 中国国防部長
余大佐 
康生
雪心 僧侶
<コブラ> 暗殺者
エミール・ギベール
ル・ヴァン・ヴィエン ビン・スエン派の頭目
パオ・ダイ ヴェトナムの国長
アイ・クォク
タセル チベット人船頭
アントワーヌ・シニャヴィ大尉
マティウ・マンチーニ サイゴンのコルシカマフィア
モーリス・ド・ランド
 
[PR]

by hamchu | 2011-10-08 19:58 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 20日

【映画】レオナルド・ディカプリオ、「Legacy of Secrecy」に出演、制作

 
レオナルド・ディカプリオがJFK暗殺に関する映画「Legacy of Secrecy」に出演、制作もつとめる模様。

原作はLamar Waldronとトム・ ハートマン(Thom Hartmann)の書籍「Legacy of Secrecy: The Long Shadow of the JFK Assassination」

ディカプリオが父のジョージと制作、Earl Katzが制作総指揮。

ところで原作共著のトム・ ハートマンってADDやAD/HD関連の著書もある人でいいんですよね?(あ、いいみたいですな)
http://www.thomhartmann.com/

原作 Legacy of Secrecy: The Long Shadow of the JFK Assassination Lamar Waldron、Thom Hartmann(著) Counterpoint; Reprint版
 
[PR]

by hamchu | 2010-11-20 13:31 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)
2010年 11月 02日

【映画】レオナルド・ディカプリオ、「悪魔と博覧会」に出演


医師の名はH.H.ホームズ。英国の“切り裂きジャック”と踵を接してアメリカに現れた連続殺人犯。一人の刑事が足跡を追って全米を巡り、ついにその仮面を剥ぐ。

レオナルド・ディカプリオがエリック・ラーソン(Erik Larson)のベストセラー・ノンフィクション「悪魔と博覧会(The Devil in the White City)」映画化で出演について契約を結んだ模様。

Appian Way Prods. とDouble Feature Filmsが制作。
04年のエドガー賞関連の記事にはディカプリオの名前もあって、誰を演るのか?なんて書いていましたが、ディカプリオはH.H.ホームズを演じるのだそうです(ま、そうだ)。

この原作、日本では海外ほど話題にならなかったようで…(それより登場人物表が何処かに行ってしまった…)

【関連】
エドガー賞 結果発表 04年5月2日
【映画】Paramount、「悪魔と博覧会」のオプション権を再び取得 07年2月7日

原作 悪魔と博覧会 エリック ラーソン (著)  文藝春秋
 
[PR]

by hamchu | 2010-11-02 12:05 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2009年 09月 29日

【映画】「濃紺のさよなら」映画化、レオナルド・ディカプリオが出演?


a0000270_16273366.jpgジョン・D・マクドナルド(John D. MacDonald)のハードボイルド「濃紺のさよなら(The Deep Blue Goodbye)」映画化で出演者としてレオナルド・ディカプリオの名前が浮上している模様(ええ~ 笑)。

前回ニュースになったときは、ゲイリー・フレダーが監督候補としてあがっていたのですが今回のニュースにはその名前はないようです。

出演が決定すれば、ディカプリオは主人公のトラヴィス・マッギー。
とはいえ、ディカプリオは出演予定作が多いですからなあ(正式にアナウンスされてるものさえ)。その中でどれが実現するのか、私にはまったく予測がつきません(できれば原作あり←企画はたくさんある に出てもらいたいものです 笑)。

【関連】
【映画】ジョン・D・マクドナルド「濃紺のさよなら」映画化 04年11月24日
【映画】ゲイリー・フレダー、ジョン・D・マクドナルドの「濃紺のさよなら」映画版を監督? 08年6月13日

原作 おもな登場人物
トラヴィス(トラヴ)・マッギー
チューキー(チューク)・マッコール
キャシイ・カー
ジュニア・アレン
ミセス(ロイス)・アトキンソン
ジョー・トルー
クリスティン キャシイの妹
ウィリアム・キャロウェル
ジョージ・ブレル
ジュリー・ブレル
ハワード・ウィッカー
ウィリー・ラジーア
パティ(パトリシア)・デヴラン
アラバマ・タイガー
 
[PR]

by hamchu | 2009-09-29 13:14 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2009年 01月 09日

【映画】New Regency、レオナルド・ディカプリオ出演で「Beat the Reaper」を映画化へ


New RegencyはJosh Bazellのデビュー小説「Beat the Reaper」の映画化権を取得、レオナルド・ディカプリオ出演で映画化予定。

ジュリー・ヨーン、ディカプリオ、Jennifer Davisson Killoranらが製作。

「Beat the Reaper」の主人公は以前ニュージャージーのマフィアのヒットマンだったが証人保護プログラムにより現在はお医者さんをしているという設定みたいです(作者も医者。この本の権利が高額で売れたことが話題になった)。

原作 Beat the Reaper Josh Bazell Little Brown & Co (P)
 
[PR]

by hamchu | 2009-01-09 10:00 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(2)
2007年 10月 29日

【映画】マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオ、「シャッター・アイランド」を映画化


ボストン沖のシャッター島に、アッシュクリフ病院という、精神を病んだ犯罪者のための病院があった。1954年、そこで一人の女性患者が行方不明になり、捜査のために連邦保安官のテディ・ダニエルズと、相棒のチャック・オールが派遣された。行方不明になった女性患者は、鍵のかかった病室から抜け出し、誰にも見られずに姿を消したのだという。そして、病室には「4の法則」という謎のメッセージが残されていた。実はテディには、島へ来る別の重要な目的があった。彼のアパートメントに火をつけて妻のドロレスを殺した男がこの病院に収容されていることを知り、彼を捜し出そうと考えていたのだ。病院側のよそよそしい態度にあいながらも、嵐が接近する中、テディはチャックとともに捜査を進めるが、謎のメッセージがさらに発見され、次々と不可思議な出来事が起きる。
そして、ついに想像を絶する真相が明らかに!

マーティン・スコセッシレオナルド・ディカプリオデニス・ルヘインのミステリー・サスペンス「シャッター・アイランド」を映画化予定とのこと。

脚本は「アレキサンダー」、「ナイトウォッチ」のレータ・カログリディス。
出演が決定すればディカプリオはテディ・ダニエルズの役だそうです。

この本の映画化はずっとウォルフガング・ペーターゼンの企画と言われてきたもの。
作者のルへインはインタビューで私の好きなあの映画(もちろんリメイク版じゃないほう)に強く影響を受けたと語っているようなんですが…(笑)

原作 シャッター・アイランド (ハヤカワ・ミステリ文庫) デニス ルヘイン / / 早川書房


原作 おもな登場人物(ネタバレ防止のため、早川書房翻訳版に記載の登場人物のみ)
テディ・ダニエルズ 連邦保安官
チャック・オール テディの相棒
ドロレス・シャナル テディの妻
ジョン・コーリー アッシュクリフ病院の医長
マクファースン アッシュクリフ病院の副医長
ジェレマイア・ネーリング 医師
レスター・シーハン 医師
レイチェル・ソランド 患者
ブリジット・カーンズ 患者
ピーター・ブリーン 患者
アイク・ガントン 
トレイ・ワシントン
ビビー・リュース
ジョージ・ノイス
アンドルー・レディス 放火魔
ハーリー 上院議員
 
[PR]

by hamchu | 2007-10-29 17:58 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 09日

【映画】レオナルド・ディカプリオ、リドリー・スコット監督のスパイ・スリラーに出演?


レオナルド・ディカプリオがWarner Bros製作、リドリー・スコット監督、ウィリアム・モナハン脚本予定の作品「Body of Lies」に主演?という話。

原作はデイヴィッド・イグネイシアスの新作、ヨルダンに配属されたCIAのエージェントRoger Ferrisを主人公に9/11後のスパイを描く同名スリラー。

スコット、モナハン、イグネイシアス、のコラボということでこの企画、以前は「Penetration」と呼ばれていたもの(だよね?)。

リドリー・スコット監督はラッセル・クロウ、デンゼル・ワシントン出演の「American Gangster」が07年11月2日に公開予定。
昨年公開されたものの全く話題にならなかったピーター・メイル原作の「ア・グッド・イヤー プロヴァンスからの贈りもの」は日本では公開されるのか?

【関連】
映画原作関連ニュース The Spellman Files、Penetration 06年2月5日
映画原作関連ニュース ねずみの騎士デスペローの物語、Penetration 06年3月16日 

原作 Body of Lies David Ignatius / / W W Norton & Co Inc
 
[PR]

by hamchu | 2007-04-09 17:12 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 02日

映画原作関連ニュース The Caliph's House、ヴェラ・ファーミガ、The Wolf of Wall Street…


★リメイク版「蝋人形の館」の脚本家ケイリー・ヘイズとチャド・ヘイズのヘイズ兄弟が「The Caliph's House」の脚色に着手。

原作はTahir Shahの「The Caliph's House: A Year in Casablanca」

原作 The Caliph's House: A Year in Casablanca Tahir Shah / / Bantam Dell Pub Group (P)


★Miramax Films製作、John Boyneの「The Boy in the Striped Pajamas」映画化で「ディパーテッド」のヴェラ・ファーミガが出演する模様。

撮影はブダペストで4月後半に行われる予定。

【関連】
【映画】マーク・ハーマン、「The Boy in the Striped Pajamas」を監督 06年12月9日

原作 The Boy in the Striped Pajamas (David Fickling Books) John Boyne / David Fickling Books


★マーティン・スコセッシがJordan Belfortの9月刊行予定の書籍「The Wolf of Wall Street」を映画化する?という話が浮上。
Warner Bros. Pictures製作、レオナルド・ディカプリオが出演で「ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン」のテレンス・ウィンターが脚本とか。

ディカプリオは作者のJordan Belfortを演じる予定。
アレクサンドラ・ミルチャン、レオナルド・ディカプリオのAppian Wayが製作予定。
この本の権利、パラマウント、プランBも狙っていた様子ですが結局ゲットしたのはワーナー、Appian Way。

原作 The Wolf of Wall Street Jordan Belfort / / Bantam Dell Pub Group (Trd)


★Haddock Films、Vanessa Ragone、Tornasol FilmsはClaudia Pineiroの小説「Las viudas de los jueves (Thursday's Widows)」の映画化権を取得、今年後半に製作する模様。
Lucrecia Martel が監督予定。
 
[PR]

by hamchu | 2007-04-02 12:59 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2007年 03月 23日

【映画】レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット、サム・メンデス監督の作品で共演?


レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレットサム・メンデスが監督予定、DreamWorksの「Revolutionary Road」に出演する模様。

舞台は1950年代の半ば、主人公は2人の子供とコネティカット州の郊外の町に暮らすAprilとFrank Wheelerの若い夫妻。
表面的には幸福な生活も、二人の心の中には満たされないものが募り…てな感じ?の原作はRichard Yatesの61年発表の小説(この本のレビュー読むとなんだか鬱々としてきちゃう 笑)。

ジョン・N・ハート、スコット・ルーディン、ボビー・コーエン、サム・メンデスがBBC Filmsと製作。
脚本は「二重誘拐」のジャスティン・ヘイスでこの夏から製作予定。

原作 Revolutionary Road Richard Yates / / Vintage Books

原作 おもな登場人物
フランクリン(フランク)・H・ホイーラー (レオナルド・ディカプリオ)
エイプリル フランクの妻 (ケイト・ウィンスレット)
ジェニファー フランクの娘、6歳 (Ryan Simpkins)
マイケル フランクの息子、4歳 (タイ・シンプキンス)
シェップ・キャンベル フランクの隣人 (David Harbour)
ミリー シェップの妻 (キャスリン・ハーン)
ヘレン・ギヴィングズ 不動産屋 (キャシー・ベイツ)
ハワード ヘレンの夫
ジョン ヘレンの息子、精神病院に入院している (マイケル・シャノン)
ジャック・オードウェイ フランクの同僚
モーリーン・グルーブ フランクの不倫相手 (Zoe Kazan)
   
[PR]

by hamchu | 2007-03-23 13:13 | 映画・ニュース | Trackback(2) | Comments(2)
2007年 02月 18日

映画原作関連ニュース  ヴィクトル・ペレーヴィン、かもめのジョナサン、レオナルド・ディカプリオ


★Tony Pembertonがロシアの作家ヴィクトル・ペレーヴィンの「Buddha's Little Finger」(The Clay Machine Gun)を映画化。

撮影は今夏、ドイツのRohfilmとロシアのKalatozov Fundが共同製作(言語は英語)。

主演は「リバティーン」、「プライドと偏見」のルパート・フレンド、脚本はWilliam Jennings。

原作 Buddha's Little Finger Victor Pelevin / / Viking Pr


★「氷の微笑2」、「ターミネーター3」の製作者アンドリュー・G・ヴァイナに「Jonathan Livingston Seagull」「かもめのジョナサン」をCGアニメ映画化する計画がある様子。

脚本は準備中、その他は未定。
ホール・バートレット監督の映画版とは違って「シュレック」みたいな感じの映画になるみたい。

原作 かもめのジョナサン Richard Bach / / 新潮社


★Warner Bros.はエンロン関係の映画を企画、レオナルド・ディカプリオが主演する予定。

スタジオはNYタイムズのKurt Eichenwaldの書籍「Conspiracy of Fools: A True Story」の権利を取得。「ロンゲスト・ヤード 」、「テキサス・チェーンソー ビギニング」のシェルダン・ターナーが脚本。

原作 Conspiracy of Fools: A True Story Kurt Eichenwald / / Broadway Books
  
[PR]

by hamchu | 2007-02-18 10:39 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)