2019年 02月 04日

全米映画興収速報 19年2月4日 1位、2位は先週と変わらず、3位は「Miss Bala」



今週は1位、2位が先週と変わらず1位「ミスター・ガラス」、2位「The Upside」、
3位に2203館、$6.7Mでキャサリン・ハードウィック監督、ジーナ・ロドリゲス主演、「MISS BALA/銃弾」のリメイク版「Miss Bala」が入りました。

10位にひょっこり登場の「They Shall Not Grow Old」、ピーター・ジャクソン監督の第一次世界大戦のドキュメンタリー、今回7週目735館で$2.405Mだけど前週順位がない。イベント上映時が初週扱いになってるのかな?

そのほかの初登場では
Shelly Chopra Dhar 監督、アニル・カプール出演のインドのコメディ「Ek Ladki Ko Dekha Toh Aisa Laga 」が193館、$600,000で暫定23位、
Aneesh Daniel 監督、シャルマン・ジョシ出演のドラマ「The Least of These: The Graham Staines Story」が440館、$312,589で暫定26位、
Joe Penna監督、マッツ・ミケルセン出演の「Arctic」が4館、$56,463(暫定30位)、
Nicolas Pesce監督が村上龍の「ピアッシング」を映画化した「 Piercing 」が25館、$8,500(暫定37位)、
ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督のドラマ「The Wild Pear Tree(Ahlat Agaci)」が1館、$5,392 (暫定38位)
といった感じ。


2月1日-3日
1位 ミスター・ガラス $9.535M
2位 The Upside $8.85M
3位 Miss Bala $6.7M
4位 アクアマン $4.785M
5位 スパイダーマン:スパイダーバース $4.41M
6位 グリーンブック $4.317M
7位 The Kid Who Would be King $4.2M
8位 A Dog's Way Home $3.51M
9位 Escape Room $2.9M
10位 They Shall Not Grow Old $2.405M


2月8日からは
「レゴ(R)ムービー2」
アダム・シャンクマン監督、タラジ・P・ヘンソン出演のロマコメ(「ハート・オブ・ウーマン」のリメイク版)「What Men Want」
ニコラス・マッカーシー監督、テイラー・シリング出演のホラー「The Prodigy」
ハンス・ペテル・モランド監督、リーアム・ニーソン出演、「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」のリメイク版「Cold Pursuit」
アスガー・ファルハディ監督、ハビエル・バルデム&ペネロペ・クルスのドラマ「Everybody Knows」
アンソロジーシリーズ「Berlin, I Love You」
Archie Borders監督、マット・ウォルシュ出演のロマコメ「Under the Eiffel Tower」
ダニエル・ファランズ監督のホラー「The Amityville Murders」
あたりが公開予定。




# by hamchu | 2019-02-04 08:42 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 01日

【映画】ケイレブ・ランドリー、「The Forgiven」に出演へ



ケイレブ・ランドリーがレイフ・ファインズ、サイード・タグマウイ、レベッカ・ホール、マーク・ストロング出演の「The Forgiven」に出演する模様。

ジョン・マイケル・マクドナーが監督、Lawrence Osborneの同名小説が原作。制作はこの夏からモロッコで開始、Elizabeth Evesが制作。

[内容]
David and Jo Henniger are on their way to a party at their old friends’ home, deep in the Moroccan desert. But as a groggy David navigates the dark desert roads, two young men spring from the roadside, the car swerves and collides with one of the boys...
Meanwhile, festivities at the house are in full flow. Under the watchful eyes of their Moroccan staff, the extravagant hosts attend to the whims of their glittering, insatiable guests as the party rages on into a new day. The stage is set for a weekend in which David and Jo must come to terms with their fateful act and its shattering consequences.

原作 Forgiven, The Lawrence Osborne  Vintage




# by hamchu | 2019-02-01 10:48 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 30日

【Netflix】ビル・スカルスガルドとエリザ・スカンレン、「The Devil All the Time」に出演へ



ビル・スカルスガルドとエリザ・スカンレンがNetflix 、アントニオ・カンポスの「The Devil All the Time」に出演する模様。

トム・ホランド、クリス・エヴァンズ、ミア・ワシコウスカ、ロバート・パティンソン、ガブリエル・イーバートも出演、ジェイク・ギレンホール、リーヴァ・マーカー、ランドール・ポスター、マックス・ボーンらが制作。
原作はDonald Ray Pollockの同名小説、アニー・マーター、ジェイコブ・ジャフケが制作総指揮。

[内容]
Willard is a tormented veteran of the carnage in the South Pacific who can't save his beautiful wife, Charlotte, from a slow death by cancer no matter how much sacrificial blood he pours on his 'prayer log'.
Carl and Sandy Henderson, a husband-and-wife team of serial killers, trawl America's highways searching for suitable models to photograph and exterminate.
The spider-handling preacher Roy and his crippled virtuoso-guitar-playing sidekick are running from the law.
And caught in the middle of all this is Arvin, Willard and Charlotte's orphaned son, who grows up to be a good but also violent man in his own right.

原作 The Devil All the Time Donald Ray Pollock Vintage




# by hamchu | 2019-01-30 08:32 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 29日

【Netflix】リー・バーデュゴの「太陽の召喚者」シリーズ化へ



隣国との戦いが続くラヴカ国には通常の軍隊である第一軍に加えて、“闇の主”を指揮官とする第二軍があった。炎の召喚者、風の召喚者など、特殊な力を持つグリーシャたちの軍団。だが彼ら召喚者の怖るべき力をもってしても、“真海”との間に横たわり、魔物が潜む“偽海”を消し去ることはできなかった。太陽の召喚者が現われるまでは…

Netflixはリー・バーデュゴ(Leigh Bardugo)のファンタジーシリーズ「魔法師グリーシャの騎士団(Grishaverse)」の「太陽の召喚者(Shadow and Bone)」を8エピソードのシリーズにする模様。

「バード・ボックス」のエリック・ハイセラーが脚色、バーデュゴ、プーヤ・シャーバジアン、ショーン・レヴィ、ダン・レヴィン、ダン・コーエン、Josh Barryらが制作総指揮。

以前には映画化の企画もあったのですが結局はNetflixに…

【関連】
映画・TVM原作関連ニュース スティーヴン・キング、Shadow and Bone、Icons… 12年9月12日
映画原作関連ニュース Shadow and Bone、The Man Who Loved Dogs、The Racketeer 13年3月5日

原作 太陽の召喚者 (魔法師グリーシャの騎士団1) リー・バーデュゴ 早川書房

原作 おもな登場人物
わたし アリーナ・スターコフ
マルイェン・オレツェフ(マル)
アナ・クーヤ
ミカエル
ダブロフ
アレクセイ
イヴァ
ラヴスキー大佐
<闇の王>
イヴァン
フェデヨール
ジュンヤ
セルゲイ・ベズニコフ
マリー

女王
バグラ
ナディア
デヴィッド
<アパラット>
ゾーヤ
ポトキン




# by hamchu | 2019-01-29 17:28 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 28日

全米映画興収速報 19年1月28日 1位から3位まで先週と変わらず


今週は1位から3位までが先週と変わらず、1位「ミスター・ガラス」、2位「The Upside」、3位「アクアマン」となりました。

4位に初登場ジョー・コーニッシュ監督、Louis Ashbourne Serkis 、レベッカ・ファーガソン出演の「The Kid Who Would be King」が3521館、$7.25M。
+1518館で2430館に上映館を増やした「グリーンブック」が$5.143Mで6位にランクイン。
スティーヴン・ナイト監督、マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ出演のサスペンス「Serenity」は2561館、$4.8Mで8位スタート。

そのほかの初登場では
日本では昨年公開済み、「ヒトラーを欺いた黄色い星( The Invisibles)」が4館、$27,000(暫定29位)、
フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督、トム・シリング、パウラ・ベーア出演の「Never Look Away(Werk Ohne Autor)」が1館、$26,270(暫定30位)、
ジャン=リュック・ゴダールの「イメージの本(The Image Book)」が3館、$15,200 (暫定32位)、
フランソワ・マルゴラン、Lemine Ould Salem監督の戦争ドキュメンタリー「 Jihadists 」が1館、$1,188(暫定34位)といった感じ。


1月25日-27日
1位 ミスター・ガラス $19.049M
2位 The Upside $12.24M
3位 アクアマン $7.35M
4位 The Kid Who Would be King $7.25M
5位 スパイダーマン:スパイダーバース $6.15M
6位 グリーンブック $5.413M
7位 A Dog's Way Home $5.225M
8位 Serenity $4.8M
9位 Escape Room $4.25M
10位 ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー $3.6M


2月1日からは
キャサリン・ハードウィック監督、ジーナ・ロドリゲス主演「キャサリン・ハードウィック監督、ジーナ・ロドリゲス主演」のリメイク版「Miss Bala」
Joe Penna監督、マッツ・ミケルセン出演の「Arctic」
あたりが公開予定。




# by hamchu | 2019-01-28 08:54 | 興収成績 | Trackback | Comments(1)
2019年 01月 26日

【映画】アン・ハサウェイ、「魔女がいっぱい」に出演へ



a0000270_20555257.jpgアン・ハサウェイがロバート・ゼメキス監督、Warner Brosの「The Witches」に出演する模様。

原作はロアルド・ダール( Roald Dahl)の同名児童書「魔女がいっぱい」

ゼメキスは脚色、ジャック・ラプケ、アルフォンソ・キュアロン、ギレルモ・デルトロと制作。

原作 魔女がいっぱい (ロアルド・ダールコレクション 13) ロアルド ダール Roald Dahl Quentin Blake 清水 達也 鶴見 敏 クェンティン ブレイク / 評論社

【関連】【映画】ギレルモ・デル・トロ、ロアルド・ダールの「魔女がいっぱい」を映画化 06年5月18日

原作 おもな登場人物
ぼく
おばあちゃん
大魔女
ティミー
スプリングおばさん
ストリンガー氏 ホテル支配人
ブルーノ・ジェンキンズ
ジェンキンズさん
ジェンキンズ夫人



# by hamchu | 2019-01-26 12:45 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 24日

【TV】ジュリアン・フェロウズの「Belgravia」シリーズ化へ


ITVはジュリアン・フェロウズ(Julian Fellowes)の小説「Belgravia」をシリーズ化、Carnival Filmsが制作する模様。

フェロウズが脚色、ジョン・アレクサンダーが監督、ギャレス・ニーム、ナイジェル・マーチャント、Liz Trubridgeが制作総指揮、コリン・ラッテンが制作予定。

[内容]
Set in the 1840s when the upper echelons of society began to rub shoulders with the emerging industrial nouveau riche, Belgravia is peopled by a rich cast of characters. But the story begins on the eve of the Battle of Waterloo in 1815. At the Duchess of Richmond's now legendary ball, one family's life will change for ever...

原作 Julian Fellowes's Belgravia (English Edition) Julian Fellowes Weidenfeld & Nicolson



# by hamchu | 2019-01-24 12:39 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 24日

【映画】「Turtles All The Way Down」、ハンナ・マークスが監督へ


ジョン・グリーン(John Green)のベストセラーYA小説を映画化する「Turtles All The Way Down」をハンナ・マークスが監督する模様。

エリザベス・バーガーとアイザック・アプテイカーが脚色、Temple Hillのアイザック・クラウスナーとマーティ・ボーウェンが制作。
作者のグリーンとRosianna Halse Rojasが制作総指揮。

[内容]
'Our hearts were broken in the same places. That's something like love, but maybe not quite the thing itself'
Aza's life is filled with complications. Living with anxiety and OCD is enough but when Daisy, her Best and Most Fearless Friend, brings her on a mission to find a fugitive billionaire things are about to get even more complicated. To find Russell Pickett, Aza must enter the world of his geeky, but maybe kind-of-cute son, Davis. But the chances of a first kiss, and maybe even a first love, could send Aza into a spiral of anxiety...

原作 Turtles All the Way Down John Green Penguin



# by hamchu | 2019-01-24 08:33 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 24日

最近のちょっとした疑問


なんで「ミスター・ガラス」のパンフレットは作成されなかった(んですよね?)んですかね?(米と同時公開だから時間的に作れなかったのかな?)
ご存知の方いらっしゃいましたら理由など是非教えて下さいませ。

「ボヘミアン・ラプソディ」旋風のおかげで煽りを喰らってるIMAX上映作品ですが「TAXiダイヤモンド・ミッション」…なんでこれをIMAXでかけたかねー?
いくつかのシーン大画面は正直キツイ(笑)。映画館で気持ち悪くなったのは初めてかもしれません(直前にご飯食べちゃったから…4Dで臭いがついてたらもっときついなーとか想像したらもっと気持ち悪くなりました←バカだな)。
まあ「TAXi」は監督、脚本、主演のフランク・ガスタンビドゥがなんとなくカッコいい(どことなくジェイソン・ステイサム風に見えなくもない)ので大きくてもいいかなという気も…





# by hamchu | 2019-01-24 08:09 | 予定は未定 | Trackback | Comments(8)
2019年 01月 21日

全米映画興収成績 19年1月21日 「ミスター・ガラス」が初登場1位に


今週はM・ナイト・シャマラン監督のスリラー「ミスター・ガラス」が3841館、$40.586Mで初登場1位に。
2位は先週首位の「最強のふたり」のハリウッドリメイク版「The Upside」
3位に1233館で上映「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」が$10.652M。

今週は暫定の数字が近い作品も多いので確定すると順位が入れ替わるかも?

そのほかの初登場では
Roberta Grossman監督の歴史ドキュメンタリー「Who Will Write Our History」(Samuel Kassowの原作アリ)が1館、$12,719(暫定32位)、
日本ではラテンビート映画祭で上映されたマルセロ・マルティネッシ監督の「相続人(The Heiresses)」が2館、$11,288(暫定33位)、
ジョー・チャペル監督、チカ・サンプター出演のスリラー「An Acceptable Loss 」が1館、$5,103(暫定35位)
といった感じ。



1月18日-20日
1位 ミスター・ガラス $40.586M
2位 The Upside $15.67M
3位 ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー $10.652M
4位 アクアマン $10.33M
5位 スパイダーマン:スパイダーバース $7.255M
6位 A Dog's Way Home $7.11M
7位 Escape Room $5.275M
8位 メリーポピンズ リターンズ $5.244M
9位 バンブルビー $4.66M
10位 ビリーブ 未来への大逆転 $3.965M



1月25日からは
ジョー・コーニッシュ監督、Louis Ashbourne Serkis 、レベッカ・ファーガソン出演の「The Kid Who Would be King」
スティーヴン・ナイト監督、マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ出演のサスペンス「Serenity」
などが公開予定。





# by hamchu | 2019-01-21 07:26 | 興収成績 | Trackback | Comments(1)