人気ブログランキング |
2004年 11月 07日

【映画】デイヴィッド・S・ゴイヤーがスウェーデン映画「The Invisible」を英語リメイク

「ブレイド」シリーズ、「バッドマン・ビギンズ」の脚本家で「ブレイド」最新作「ブレイド・トリニティ」の監督デイヴィッド・S・ゴイヤーが02年のスウェーデン映画「Den Osynlige」(「The Invisible」)を英語リメイクする模様。
スパイグラス・エンターテインメントが製作、ドリームワークスが配給予定。

原作は「冬の入り江」、「マイがいた夏」マッツ・ヴォール(Mats Wahl )の「Den osynlige
有望な将来がひらけているはずだった高校生ニコラスの人生は、ある事件で一変する。
事件の次の日学校に行ってみると、誰もが彼を見ることが出来ず、彼の声を聞くことが出来ない…彼は誰の目からも見えなくなっていたのだ。
彼は死によってInvisibleになるわけですが、もう一人別の理由で他人から見えなくなる少女も関わるストーリーのようで、何だか不思議なスーパーナチュラルスリラーっぽい。

オリジナルスウェーデン版の監督はJoel BergvallとSimon Sandquist。
このふたりは「Victor」という作品が98年のアカデミー賞短編実写賞にノミネートされているほか、次回作はニール・ゲイマンの「Books of Magic」!(コンスタンティンも登場、ハリーポッターに似た少年が主人公の魔法モノ。今年5月に監督が決定したとニュースになり調べた覚えがありますが、パソコンが壊れて内容が飛びました 笑)と、なかなか注目のコンビなのであります。

というわけで英語リメイク版の前に、このスウェーデン版が見たいかも…(原作も日本で翻訳して欲しい)

*ニコラスを助けることが出来る唯一の存在?である少女(ニコラスを襲ったメンバーの一員?)が姿をくらましてしまっている…という設定らしいことがその後判明。

by hamchu | 2004-11-07 18:54 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://hamchu.exblog.jp/tb/1281574
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamchu at 2006-08-15 16:45
完成済。米公開予定日が07年1月26日に設定。


<< 全米映画興行収益 速報 11月8日      【TVM】昨年の米2冠馬、ファ... >>