2005年 05月 04日

【映画】ハーラン・コーベン「唇を閉ざせ」映画化 監督はギョーム・カネ?

女優ダイアン・クルーガーのダンナさまで「ザ・ビーチ」、「世界でいちばん不運で幸せな私」などに出演している仏の俳優・映画監督ギョーム・カネハーラン・コーベンの小説「唇を閉ざせ(Tell No One)」を映画化する模様。

医師ベックは8年前、連続殺人犯に殺された妻エリザベスのことを未だに忘れられずにいた。
そんな彼の元にある日1通のメールが届く。そのメールにはベックとエリザベス、二人だけしか知らないはずのことが書かれていた…
エリザベスは生きている???事件の真相を探るベックは殺人事件に巻き込まれ、追われる身に。

主人公に「歌え! ジャニス★ジョプリンのように」のフランソワ・クルゼ、エリザベスに「みなさん、さようなら」のマリ=ジョゼ・クローズ
その他クリスティン・スコット・トーマスジャン・ロシュフォールナタリー・バイフランソワ・ベルレアンなどが出演。
撮影はパリで7月から開始予定。

この映画の監督は当初「エニグマ」のマイケル・アプテッドとアナウンス。脚本は「アイランド」、「MI3」のAlex KurtzmanとRoberto Orci。
ソニーが設定した公開予定日は今年の12月25日になっているようなんですが…


原作 おもな登場人物(フランスで映画化のため映画版はキャラクター名が大幅に変更)
デヴィッド・ベック 医師
エリザベス デヴィッドの妻
ショーナ ベックの友人、モデル
リンダ・ベック デヴィッドの姉
ホイト・パーカー エリザベスの父
レベッカ・シェイズ エリザベスの友人、カメラマン
タイリーズ・バートン 麻薬の売人
ブルータス タイリーズのボディガード
グリフィン・スコープ 富豪
ブランドン・スコープ グリフィンの息子
ラリー・ギャンドル 殺し屋
エリック・ウー ラリーの相棒
エルロイ・ケラートン(キルロイ) 連続殺人犯

ライフログ
唇を閉ざせ〈上〉 ハーラン コーベン Harlan Coben 佐藤 耕士 / 講談社
唇を閉ざせ〈下〉 ハーラン コーベン Harlan Coben 佐藤 耕士 / 講談社
[PR]

by hamchu | 2005-05-04 23:47 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hamchu.exblog.jp/tb/1904671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】80のデートで世界一周?      【映画】「娘たちのための狩りと... >>