2017年 08月 29日

【TV】エドワード・バーンズ、「ヤバい社会学」をTV化へ

 
シカゴの麻薬売人ギャングの懐に飛び込んだ社会学者ヴェンカテッシュの話は、ベストセラー『ヤバい経済学』で取り上げられて世界中の注目を集めた。本書は、彼がギャングとつるんだ冒険と災難の日々の全貌を明らかにした地下経済ノンフィクションだ。アメリカ最悪のゲットーの一つ、シカゴのロバート・テイラー・ホームズで、ヴェンカテッシュはギャング・リーダー、ヤクの売人、ヤク中、ホームレス、売春婦、ポン引き、活動家、警官、自治会長、役人たちと知り合う。そこには、ギャングと住民のあやしく複雑な関係と貧しいなかで必死に生きる人々の姿があった。ゲットーに生まれ、大学を出て就職しながらギャング・リーダーとしてゲットーに戻って来たJTと、中流家庭出身で、怖いもの知らずの社会学者ヴェンカテッシュの間の不思議な友情を描いた話題の書。

AMCはスディール・ヴェンカテッシュ(Sudhir Venkatesh)の「ヤバい社会学(Gang Leader for a Day)」をドラマシリーズ化、ベン・ワトキンス、エドワード・バーンズが制作予定。

ワトキンスが脚色、バーンズは制作総指揮、出演もする模様。

この間の朝日新聞の日曜読書面に取り上げられてたようなんですが、結構話題になるんですよね、この本。
映画化権もとられてたようなんですが、今の流れはTVの方にあり…

原作 ヤバい社会学 スディール・ヴェンカテッシュ 東洋経済新報社

原作 おもな登場人物
ぼく スディール・ヴェンカテッシュ
ウィリアム・ジュリアス・ウィルソン 社会学教授
JT
ミズ・メイ JTの母
クラリス
クリス・ジョンソン
マイケル・ジョンソン
Tボーン
プライス
ベイリーさん
オートリー・ハリスン
レジー巡査
カトリーナ
ビービー

 
[PR]

by hamchu | 2017-08-29 16:58 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hamchu.exblog.jp/tb/237691939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TV】マイケル・シーンとデヴ...      【映画】ドン・ウィンズロウ、ノ... >>