2018年 01月 19日

【映画】「一本の樹(レッドウッド)が遺したもの―ルナの遺産」映画化へ

 
樹齢1000年のレッドウッド。その55メートルの樹上テントで、森林伐採に抵抗して雨の日も雪の日も738日にわたり「樹上座りこみ」を続けたアメリカ女性ジュリア・バタフライ。
彼女の行動は、アメリカの古代樹の森が失われつつあることに国際的な関心を集めた。

Gulfstream Picturesはジュリア・バタフライ・ヒル(Julia Butterfly Hill)の手記「一本の樹(レッドウッド)が遺したもの―ルナの遺産(Legacy of Luna: The Story of a Tree, a Woman and the Struggle to Save the Redwoods)」の映画化権を取得、マイク・カーツ、Bill Bindleyが制作、Jon Felsonが脚色、来年撮影を行う予定。

ルナ(Luna)というのはヒルが登った木の名前、彼女のミドルネームのバタフライは森林名(なんじゃそりゃ)。登場人物の多くはこの森林名で表現されているものと思われます(この木にはグレイトフル・デッドのミッキー・ハート、ウディ・ハレルソンものぼったことがあるとか…)。

この本、かなり以前にローリー・コルヤーが監督する、って話があったと思うのですが…

原作 一本の樹(レッドウッド)が遺したもの―ルナの遺産 ジュリア・バタフライ ヒル 現代思潮新社

原作 おもな登場人物
私 ジュリア・バタフライ・ヒル
シェイクスピア
アーモンド
クライマー・ダン
ジェラルディン
ロバート・パーカー
チャールズ・ハーウィッツ
メアリ・ブルウィンクル
ジョン・キャンベル

 
[PR]

by hamchu | 2018-01-19 09:02 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hamchu.exblog.jp/tb/238217967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【映画】ローラ・ハリントン、「...      【映画】「Everything... >>