2018年 02月 16日

【映画】クリストファー・ウォーケンとエリザベス・デビッキ、「炎に消えた名画(アート)」映画化に出演へ

 
クリストファー・ウォーケンとエリザベス・デビッキがジュゼッペ・カポトンディ監督のスリラー「The Burnt Orange Heresy」に出演する模様。

チャールズ・ウィルフォード(Charles Willeford)の同名小説「炎に消えた名画(アート)」をスコット・B・スミスが脚色。
ウィリアム・ホーバーグ、デヴィッド・ランカスター、デヴィッド・ザンダーが制作、Stephanie Wilcox、エイシャー・ウォルシュが制作総指揮。

エリザベス・デビッキがベレニス・ホリス、ウォーケンは原作とキャラクター名が違う感じでしょうか。

この企画久々~に復活(ホーバーグは長いこと温存してましたな)。
制作はこの夏イタリアで開始予定。

【関連】
【映画】ニール・ラビュート、チャールズ・ウィルフォードの「炎に消えた名画(アート)」を映画化 09年8月19日

原作 炎に消えた名画(アート) (扶桑社ミステリー) チャールズ ウィルフォード (著),  扶桑社

原作 おもな登場人物
ジェームズ・フィゲラス(わたし) 美術評論家
ジャック・ドゥビエリュー フランス人画家
グロリア・ベンサム ギャラリーオーナー
ベレニス・ホリス ハイスクールの英語教師
トム・ラッセル
ジョゼフ・キャシディ 美術コレクター、弁護士
ハーブ・ウェストコット 画家

 
[PR]

by hamchu | 2018-02-16 15:52 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hamchu.exblog.jp/tb/238333412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< D23 ウォルト・ディズニー・...      D23 ウォルト・ディズニー・... >>