2018年 10月 03日

【TV】ジェイムズ・W・ホールのソーンシリーズ、ドラマ化へ



男は、フロリダ・キイズの湖のほとりに一人で住んでいた。フィッシング・ガイドとフライ作りをなりわいとして。恋人がいたが、その女にも、ほかの誰にも心を開いたことはなかった。生まれたばかりの時に自動車事故で両親を失い、その事実を十代の終わりに知らされた時、彼は復讐を決意した。この湖で相手の男を殺し、事故に見せかけて逃亡してから、人目を避けるように生きてきたのだ。そして、母親代わりに男を育ててきた女性が、いま釣り船の中で殺された…

アダム・レヴィーンの222 ProductionsとUniversal TVはジェイムズ・W・ホール(James W. Hall)のフィッシング・ガイド、ソーンシリーズのオプション権を取得、TV化する模様。

原作は第1作目の「まぶしい陽の下で(Under Cover of Daylight)」から14作続いているようですが日本での翻訳は止まっちゃったんですよね。
バリバリっとフロリダ系なので読みたいんですけど…(ソーンはカッコいいし)

原作 まぶしい陽の下で (ハヤカワ・ミステリ文庫) ジェイムズ・W・ホール 早川書房

原作 おもな登場人物
ソーン
ケイト・トルーマン
シュガーマン



[PR]

by hamchu | 2018-10-03 14:32 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hamchu.exblog.jp/tb/238788626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 【TV】フランク・シェッツィン...      全米映画興収速報 18年10月... >>