2004年 02月 28日

【今日の映画の原作】マスター・アンド・コマンダー

a0000270_162734.jpgパトリック・オブライアンの海洋小説シリーズを映画化。私は原作ではマチュリンファン(笑)。全米公開が昨年後半に延びたときからヤキモキしていましたが(当初は6月予定だった)、今日日本でも公開ということで早速見てきました。

映画はシリーズ10作目の「The Far Side of the Wolrd」(邦題「南太平洋、波瀾の追撃戦」ハヤカワ文庫NV)が基とされていますが、それでもかなり翻案がある(敵方の設定や年代などなど…女性の登場人物もスッパリ切られて男ばっかりの映画に 笑)。

日本版の予告やTVスポット(+日本の公式HP)では何故か士官候補生のブレイクニー(マックス・パーキス)がクローズアップされ、何だか違うお話のよう。ラッセル・クロウ扮するジャック・オーブリーの親友で船医スティーヴン・マチュリン(ポール・ベタニー)の影は妙に薄い。
もしかして映画ではたいした役でないのでは?…などと心配していましたが、あ~よかった(笑 いくらなんでもそれはないでしょう)。

字幕に関してその専門用語の翻訳の難しさは原作の訳者あとがきにも触れられていましたが、「ミズンマスト」の件などもきちんと心配りされてたようで大変好感が持てました。

マスター・アンド・コマンダー 03年 米 MASTER AND COMMANDER: THE FAR SIDE OF THE WORLD
監督 ピーター・ウィアー
出演 ラッセル・クロウ(ジャック・オーブリー)、ポール・ベタニー(スティーヴン・マチュリン)、ビリー・ボイド、ジェームズ・ダーシー
音楽 クリストファー・ゴードン、アイヴァ・ディヴィス、リチャード・トネッティ

*初日土曜の第1回目にしては客の入りがイマイチ(私が見た劇場だけ?)…確かに売るには難しい映画とは思いますが…

表紙 「南太平洋、波瀾の追撃戦 上」 ハヤカワ文庫NV(早川書房刊)
[PR]

by hamchu | 2004-02-28 20:01 | 映画の原作 | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : https://hamchu.exblog.jp/tb/40721
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 週末少年クマガジン at 2004-03-03 11:43
タイトル : マスター・アンド・コマンダー
 Let's go to the movie! 毎月1日は映画の日。1000円で観られます。  てわけで、チョー久しぶりに映画館に行く。「キル・ビルVol.1」以来ッス。  観に行ったのは、おとつい(2月28日)封切られたばかりの、ラッセル・クロウ主演「マスター・アンド・コマンダー」。「グ... more
Tracked from 書斎のうちそと at 2004-04-11 21:20
タイトル : 新鋭艦長、戦乱の海へ(ジャック・オーブリー・シリーズ)
映画化されて初めて、こんな面白い小説があることを知った、という好例でございます。英国海軍の航海長兼海尉艦長(マスター・アンド・コマンダー)、ジャック・オーブリーの活躍を描くシリーズの第一巻です。 お話は、18世紀後半から19世紀初頭、英国海軍海尉ジャック・オーブリーに艦長着任の命が下るところから始まります。不遇をかこっていた彼は、ようやく自分の指揮する乗艦を手に入れた訳ですが、それからが一苦労。人足を揃えたり、積み荷を手配したり、出航までにゲッソリするほど何やかやと用事があるものだとは。映画だけ見てると颯爽と指揮を執ってる艦長ですが、陸(おか)に上がると大変なんですね。こういうディ...... more


<< 【ランキング】NYタイムズ・ベ...      【今日の海外TVシリーズの原作... >>