人気ブログランキング |

2005年 10月 15日 ( 3 )


2005年 10月 15日

映画原作関連ニュース X-MEN3、エロール・フリン、You Want Me to Kill Him?

★06年5月26日公開予定、「X-Men 3」のteaser websiteがオンラインに。
http://www.x3movie.com/

★映画「アビエイター」ではジュード・ロウが演じていた俳優エロール・フリンの伝記映画が彼の孫ルーク・フリン主演で作られる模様。

フリンの自伝「Beam Ends」に基づき、ルーク、Corey Large、Kyle Kramerが脚本。
映画のタイトルは「In Like Flynn」
製作は来年オーストラリアで開始される模様。

ルーク・フリンはクリストファー・リーヴ監督のTVM「The Brooke Ellison Story」(原作は「ミラクル! 母娘(おやこ)で通うハーヴァード」)に出演しています。

【TVM】クリストファー・リーヴ最後の監督作品「The Brooke Ellison Story」

Beam Ends Errol Flynn / Buccaneer Books

★ワーナーブラザースは「You Want Me to Kill Him?」の脚本家としてFernley Phillipsを起用した模様。

これはJudy Bachrachのヴァニティ・フェア誌の記事「U Want Me 2 Kill Him?」を映画化するものでブライアン・シンガーが製作(以前は監督予定とも伝えられていた)。

映画原作関連ニュース ヘッドライン

Fernley Phillipsはジム・キャリー主演、ジョエル・シューマッカー監督で映画化予定「The Number 23」の脚本家で、「アルタード・ステーツ」リメイク版の脚本も担当するとアナウンスされています。

by hamchu | 2005-10-15 20:52 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2005年 10月 15日

【TVM】BBC 「Bleak House」 チャールズ・ディケンズの「荒涼館」

英BBC ONEでオンエア予定、チャールズ・ディケンズの「荒涼館」をTVシリーズ化した「Bleak House」のサイトがようやく登場!(別な記事に書くときは確かにまだなのに、ふと見ると出来ている。私がせっかちなのか?タイミングが悪いのか?)
BBC - Drama - Bleak House

出生の秘密を持つ少女エスタにより語られる数々の出来事。
ジャーンディス対ジャーンディス事件とは一体何なのか?デッドロック夫人の秘密とは?

脚本家アンドリュー・デイヴィスがディケンズの原作を15パートに脚色。
監督は俳優でもあるジャスティン・チャドウィックSusanna White
出演は「Xファイル」のジリアン・アンダーセンデニス・ローソンAnna Maxwell MartinPatrick Kennedyケイリー・マリガン(キーラ・ナイトレイの「プライドと偏見」にも出演)、チャールズ・ダンスなどなど。

今のところオンエアの開始予定はComing Soon。
アンドリュー・デイヴィスは同じくBBCで07年に放送予定、ジェイン・オースティンの「分別と多感」クラシック・ドラマの脚本を担当すると発表されたばかり(TVM原作関連ニュース Undaunted Courage、Skeletons of the Zahara、分別と多感)。


Bleak House
BBC ONE TVシリーズ

監督:ジャスティン・チャドウィック(パート1~9)、Susanna White(パート10~15)
製作:ナイジェル・スタフォード=クラーク
脚色:アンドリュー・デイヴィス
出演:ジリアン・アンダーセン(デッドロック夫人)、デニス・ローソン(ジャーンディス氏)、Anna Maxwell Martin(エスタ)、Patrick Kennedy(リチャード)、ケイリー・マリガン(エイダ)、チャールズ・ダンス(タルキングホーン弁護士)
原作:チャールズ・ディケンズ 「荒涼館」ちくま文庫

by hamchu | 2005-10-15 10:54 | TVの原作 | Trackback | Comments(0)
2005年 10月 15日

【映画】新ジェームズ・ボンド ダニエル・クレイグに決定!

a0000270_9581147.jpg6代目ジェームズ・ボンドにはダニエル・クレイグが決定!

なんだあ、何だかんだいってサンが正しかった、ということですか(笑)。
【TVM】BBCがロバート・ハリスの「アルハンゲリスクの亡霊」をTVMに

ダニエルはここ近年「Layer Cake」、BBCのTVM「Archangel 」(原作はロバート・ハリスの「アルハンゲリスクの亡霊」)、「Jの悲劇」(原作はイアン・マキューアンの「愛の続き」)とややマイナーながらなかなか評価も高い(おまけに原作アリの)作品に出演。

また、「ボディスナッチャー」リメイク版オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督の「The Visiting」ではニコール・キッドマンと共演(スピルバーグの「Munich」にも出ている)。
タイトルが「Every Word Is True」から「Have You Heard?」に変更になったらしいトルーマン・カポーティの伝記映画ではペリー・スミスを演じていますが、この映画、ジョージ・プリンプトンの原作クレジットが出現???(ジョージ・プリンプトンの「トルーマン・カポーティ」はいわゆる「オーラル・バイオグラフィ」で、クレジットもこの間まで違う表記だったような…)
まあ、本のクレジットがあったほうが私はうれしいんですが…(ってそればっか)

【映画】007 カジノ・ロワイヤル 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本家がリライトか?

表紙 007/カジノ・ロワイヤル イアン・フレミング 井上 一夫 / 東京創元社

by hamchu | 2005-10-15 00:16 | 映画・ニュース | Trackback(3) | Comments(1)