2018年 01月 19日 ( 2 )


2018年 01月 19日

【映画】ローラ・ハリントン、「The Trials of Nina McCall」を脚色へ

 
ローラ・ハリントンが「The Trials of Nina McCall」脚本家として起用された模様。

原作はScott Wasserman Sternの18年刊行予定の書籍「The Trials of Nina McCall: Sex, Surveillance, and the Decades-Long Government Plan to Imprison"Promiscuous" Women」

キャシー・シュルマンが制作。

[内容]
In 1918, shortly after her eighteenth birthday, Nina McCall was told to report to the local health officer for an STI examination. Confused and humiliated, McCall did as she was told, and the health officer performed a hasty (and invasive) examination and quickly diagnosed her with gonorrhea. Though McCall insisted she could not possibly have an STI, she was coerced into committing herself to the Bay City Detention Hospital--a facility in which she would spend almost three miserable months subjected to humiliation, exploitation, and painful injections of mercury.
Nina McCall was one of many women unfairly imprisoned by the United States government throughout the twentieth century. The government imprisoned tens, probably hundreds, of thousands of women and girls--usually without due process--simply because officials suspected these women were prostitutes, infected with STIs, or simply "promiscuous."
This discriminatory program, dubbed the "American Plan," lasted from the 1910s into the 1950s, implicating a number of luminaries, including Eleanor Roosevelt, John D. Rockefeller Jr., Earl Warren, and even Eliot Ness, while laying the foundation for the modern system of women's prisons. In some places, vestiges of the Plan lingered into the 1960s and 1970s, and the laws that undergirded it remain on the books to this day.

原作 The Trials of Nina McCall: Sex, Surveillance, and the Decades-Long Government Plan to Imprison"Promiscuous" Women Scott Wasserman Stern Beacon Press

 
[PR]

by hamchu | 2018-01-19 16:34 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 19日

【映画】「一本の樹(レッドウッド)が遺したもの―ルナの遺産」映画化へ

 
樹齢1000年のレッドウッド。その55メートルの樹上テントで、森林伐採に抵抗して雨の日も雪の日も738日にわたり「樹上座りこみ」を続けたアメリカ女性ジュリア・バタフライ。
彼女の行動は、アメリカの古代樹の森が失われつつあることに国際的な関心を集めた。

Gulfstream Picturesはジュリア・バタフライ・ヒル(Julia Butterfly Hill)の手記「一本の樹(レッドウッド)が遺したもの―ルナの遺産(Legacy of Luna: The Story of a Tree, a Woman and the Struggle to Save the Redwoods)」の映画化権を取得、マイク・カーツ、Bill Bindleyが制作、Jon Felsonが脚色、来年撮影を行う予定。

ルナ(Luna)というのはヒルが登った木の名前、彼女のミドルネームのバタフライは森林名(なんじゃそりゃ)。登場人物の多くはこの森林名で表現されているものと思われます(この木にはグレイトフル・デッドのミッキー・ハート、ウディ・ハレルソンものぼったことがあるとか…)。

この本、かなり以前にローリー・コルヤーが監督する、って話があったと思うのですが…

原作 一本の樹(レッドウッド)が遺したもの―ルナの遺産 ジュリア・バタフライ ヒル 現代思潮新社

原作 おもな登場人物
私 ジュリア・バタフライ・ヒル
シェイクスピア
アーモンド
クライマー・ダン
ジェラルディン
ロバート・パーカー
チャールズ・ハーウィッツ
メアリ・ブルウィンクル
ジョン・キャンベル

 
[PR]

by hamchu | 2018-01-19 09:02 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)