2018年 03月 03日 ( 1 )


2018年 03月 03日

【映画】ダイアン・クルーガーとエリック・バナ、「The Operative」に出演へ

 
「父が死んだわ。父が死んだのはこれで二度目よ」かつて敵国の首都に長期潜入していた元スパイのレイチェルが、この言葉だけを残して失踪した。モサド本部はパニックに陥る。機密情報を知る彼女を連れ戻さなければならない。だが今は引退した工作担当者のエフードにもレイチェルの意図はまったく不明だった。彼女の真実はどこにあるのか?

ダイアン・クルーガーとエリック・バナがユヴァル・アドラー監督、脚色のエスピオナージ・スリラー「The Operative」に出演する模様。

原作は元イスラエル国防軍情報部隊准将エフタ・ライチャー・アティル(Yiftach Reicher Atir)のベストセラー「潜入―モサド・エージェント(The English Teacher)」

Spiro FilmsのEitan Mansuri、Archer Grayのアン・ケアリー、Match Factory Productionのミヒャエル・ヴェバー、ヴィオラ・フーゲンが制作。 Black Bear Picturesのテディ・シュウォーツマンが制作総指揮。

原作 潜入――モサド・エージェント (ハヤカワ文庫NV) エフタ・ライチャー・アティル 早川書房

原作 おもな登場人物
レイチェル
マイケル レイチェルの父
エフード
リナ エフードの亡妻
ヤーコフ・ペレド(ジョー)
ステファン
バーバラ
ラシード・カナファーニー
シュトラウス
ヤニフ

 
[PR]

by hamchu | 2018-03-03 09:01 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)