2018年 10月 12日 ( 1 )


2018年 10月 12日

【BBC】ニコラス・ブレイクの「野獣死すべし」をドラマ化へ


探偵作家フィリクス・レインは、最愛の一人息子を暴走する自動車に引き逃げされた。再三の調査にもかかわらず自動車の行方は知れず、6カ月がむなしく過ぎた。怒りを抑えきれない彼は、ひとり見えざる犯人に復讐を誓った!

BBCはニコラス・ブレイク(Nicholas Blake)(=セシル・デイ=ルイス)の古典ミステリー「野獣死すべし(The Beast Must Die)」を映像化する模様。

「ヴェラ ~信念の女警部~」、「人生はシネマティック!」のギャビー・チャッペが脚色、「リンリー警部」に出演のナサニエル・パーカーが制作総指揮。

「野獣死すべし」…大藪春彦さんの同名小説(&映画)をイメージしちゃうと全然違うんで(笑)。
69年にクロード・シャブロル監督、ミシェル・デュショーソワ出演で映画になってたりしますが…

原作 野獣死すべし (ハヤカワ・ミステリ文庫 17-1) ニコラス・ブレイク 早川書房

原作 おもな登場人物
わたし フランク・ケアンズ(フィリクス・レイン)
マーティ わたしの息子
テッサ わたしの妻、故人
エルダー巡査部長
リーナ・ロースン
ジョージ・ラタリー
ヴァイオレット ジョージの妻
ラタリー老夫人(エセル) ジョージの母
フィル(フィリップ) ジョージの息子
ハリソン・カーファックス
ローダ カーファックスの妻
ナイジェル・ストレンジウェイズ
ジョージア ナイジェルの妻
ブラント警部


[PR]

by hamchu | 2018-10-12 12:19 | Trackback | Comments(0)