人気ブログランキング |

カテゴリ:TV・ニュース( 844 )


2019年 04月 19日

【Amazon】ジョエル・エドガートンら、バリー・ジェンキンズの「地下鉄道」に出演へ



19世紀初頭のアメリカ。南部のジョージア州にある農園の奴隷少女コーラは、ある日、自由な北部を目指して農園から逃亡することを決める。轟々たる音を立てて暗い地下を走る鉄道、〈地下鉄道〉に乗って―。しかし彼女の後を、悪名高い奴隷狩り人リッジウェイが追っていた。

コルソン・ホワイトヘッド(Colson Whitehead)のベストセラー「地下鉄道」をバリー・ジェンキンズがドラマ化するAmazonの「The Underground Railroad」にジョエル・エドガートン(リッジウェイ)、Thuso Mbedu(コーラ)、 Chase W. Dillon(ホーマー)、アーロン・ピエール(シーザー)が出演する模様。

1時間11エピソードでジェンキンズが監督予定、Pastel ProductionsとPlan Bが制作。

ほかのキャスティングもどんどん発表されそうですね。
リッジウェイ、誰が演るのかと思ったらエドガートンか~これはなかなかうまいキャスティングだと思います。

原作 地下鉄道 コルソン・ホワイトヘッド 早川書房

原作 おもな登場人物
コーラ
シーザー
コネリー 監督官
ラヴィ―
老ランドル氏
テレンス・ランドル
チェスター少年
ジェイムズ・ランドル テレンスの兄
アーノルド・リッジウェイ 奴隷狩り
フレッチャー氏
ランブリー
ルーシー嬢
サム
マーティン・ウェルズ
エセル マーティンの妻
フィオナ 小間使い
ジェイミソン
ボズマン
ホーマー少年
ジョージーナ
モリー
シビル モリーの母
ジョン・ヴァレンタイン
グロリア
ロイヤル
イライジャ・ランダー
レッド
ジャスティン



by hamchu | 2019-04-19 07:17 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 14日

【HBO】ウィノナ・ライダー、ゾーイ・カザンら「プロット・アゲンスト・アメリカ」に出演へ



もしも第二次大戦時に元飛行士で反ユダヤ主義者リンドバーグが大統領になっていたら…

HBOの6パートの限定シリーズ「The Plot Against America」にウィノナ・ライダー、ゾーイ・カザン、モーガン・スペクター、ジョン・タートゥーロが出演する模様。

原作はフィリップ・ロス(Philip Roth)の同名小説「プロット・アゲンスト・アメリカ もしもアメリカが…」

デヴィッド・サイモンとエド・バーンズが制作。アンソニー・ボイル、Azhy Robertson、Caleb Malisも出演、製作は4月10日より開始。

ウィノナ・ライダーはエヴリン叔母さん、タートゥーロはラビのライオネル・ベンゲルズドーフ、カザンはべス、スペクターはハーマン(ベスとハーマンは小説の主人公フィリップ・ロスの両親)。
アンソニー・ボイルはアルヴィン(ロスのいとこ)、Azhy Robertsonはフィリップ、Caleb Malisはフィリップの兄サンディ。

歴史改変もの、これもまたミニシリーズによさげな企画ですね。
リンドバーグが出てくる本、最近読んだような気がするんですがなんだったか忘れちゃった(ノンフィクションかフィクションかも覚えてないし…映画化かドラマ化に関係あると思うんですが…)。

原作 プロット・アゲンスト・アメリカ もしもアメリカが… フィリップ・ロス 集英社

原作 おもな登場人物
私 フィリップ・ロス
父 ハーマン
サンディ 兄
母 べス
チャールズ・A・リンドバーグ
アルヴィン いとこ
ウォルター・ウィンチェル
フランクリン・ローズヴェルト
ラビ ライオネル・ベンゲルズドーフ
エヴリン叔母さん
アドルフ・ヒトラー
アール・アクスマン
モンティ伯父
ドクター・リーバーファーブ
ミスタ・ウィッシュナウ
ビリー・スタインハイム
シュプシー・ターシュウェル
セルドン・ウィッシュナウ
ミセス・ウィッシュナウ(セルマ)
アン・モロー・リンドバーグ
トミー・ククッツァ
ジョーイ
ミナ




by hamchu | 2019-04-14 08:06 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 12日

【Hulu】ティモシー・シモンズ ロン・セファス・ジョーンズら「アラスカを追いかけて」に出演へ


 
ジョン・グリーン(John Green)のYA小説「アラスカを追いかけて」を限定シリーズ化するHuluの「Looking for Alaska」にクリスティン・フロセス、「荒野にて」のチャーリー・プラマー、「Veepヴィ―プ」のティモシー・シモンズ、「THIS IS US」の ロン・セファス・ジョーンズが出演する模様。

クリスティン・フロセスがアラスカ・ヤング、チャーリー・プラマーがパッジことマイルズ・ホールター。シモンズはイーグル、ジョーンズはハイド博士。

そのほかの判明分は
ララ ソフィア・ヴァジリーヴァ
サラ ランドリー・ベンダー
ケヴィン Jordan Connor
タクミ Jay Lee
チップ・マーティン Denny Love
モーリーンさん Maureen Brennan
あたり。

サラ・アディナ・スミスがパイロット版を監督、ジョシュ・シュワルツ、ステファニー・サヴェージらが制作総指揮。

【関連】
【映画】「Looking for Alaska」 監督が決定 05年7月19日
【映画】 Rebecca Thomas、「アラスカを追いかけて」を監督へ 15年6月30日
【Hulu】ジョン・グリーンの「アラスカを追いかけて」シリーズ化へ 18年5月18日

原作 アラスカを追いかけて ジョン・グリーン 白水社

原作 おもな登場人物
マイルズ・ホールター(パッジ)
チップ・マーティン(カーネル)
アラスカ・ヤング
スターンズ先生(イーグル)
モーリーンさん
タクミ
ハイド博士(ジジイ先生)
サラ
ポール
マリア
ケヴィン・リッチマン
ジェイク
ララ
マックス・スタン
マイルズの父、母

 

by hamchu | 2019-04-12 07:23 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 11日

【HBO】「この手のなかの真実」、メリッサ・レオらが出演へ



マーク・ラファロ主演、HBOの6エピソードの限定シリーズ「I Know This Much Is True」にメリッサ・レオ、ロージー・オドネル、アーチー・パンジャビ、イモージェン・プーツ、ジュリエット・ルイス、キャスリン・ハーンが出演する模様。

原作はウォーリー・ラム(Wally Lamb)の同名ベストセラー「この手のなかの真実」

メリッサ・レオは主人公ドミニク、トーマスの母コニー、オドネルはソーシャルワーカーのリサ・シェーファー、パンジャビはドクター・パーテル。
プーツはジョイ、ルイスはネドラ・フランク、ハーンはデッサ。

デレク・シアンフランスが監督、脚色。
判明分キャスティングは見事に女性ばっかり。個性豊かな面々で素晴らしいドラマができそうです。

【関連】
【映画の原作ニュース】ウォーリー・ラム原作「この手のなかの真実」 監督決定? 04年9月2日
【HBO】「この手のなかの真実」ドラマ化、マーク・ラファロが出演へ 17年11月15日

原作 この手のなかの真実 ウォーリー ラム DHC

原作 おもな登場人物
ぼく ドミニク (マーク・ラファロ)
トーマス・バードシー (マーク・ラファロ)
テレサ・フェネック
レイ 継父
母 コニー(コンチェッティーナ) (メリッサ・レオ)
アンソニー夫妻
ネドラ・フランク (ジュリエット・ルイス)
デッサ 元妻 (キャスリン・ハーン)
ジョイ 恋人 (イモージェン・プーツ)
アンジ―(アテナ) デッサの妹
レオ・ブラッド 友人、アンジ―の夫
リサ・シェーファー ソーシャルワーカー (ロージー・オドネル)
ヘンリー・ルード
ルース ヘンリーの妻
ドクター・パーテル(ルビーナ) (アーチー・パンジャビ)
ジーン、スーラ デッサの両親
ラルフ・ドリンクウォーター
ルー・クルーキー
デル・ウィークス
スティーヴ・フェリス
ロナルド・エイヴリー巡査
デュエイン・ティラー 

ドメニコ・オノフリオ・テンペスタ 祖父
ジャーコモ 父
コンチェッティーナ 母
パスクアーレ 弟
ヴィンチェンツォ 弟
ナビー・ドリンクウォーター
グッリィエルモ神父
シニョーラ・シラクーザ
プロスペリーネ
イグナツィア
サル
ヴィオレッタ・ダナンツィオ
ガッランテ・セルヴィ

 

by hamchu | 2019-04-11 20:36 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 30日

【Netflix】ビル・スカルスガルドとエリザ・スカンレン、「The Devil All the Time」に出演へ



ビル・スカルスガルドとエリザ・スカンレンがNetflix 、アントニオ・カンポスの「The Devil All the Time」に出演する模様。

トム・ホランド、クリス・エヴァンズ、ミア・ワシコウスカ、ロバート・パティンソン、ガブリエル・イーバートも出演、ジェイク・ギレンホール、リーヴァ・マーカー、ランドール・ポスター、マックス・ボーンらが制作。
原作はDonald Ray Pollockの同名小説、アニー・マーター、ジェイコブ・ジャフケが制作総指揮。

[内容]
Willard is a tormented veteran of the carnage in the South Pacific who can't save his beautiful wife, Charlotte, from a slow death by cancer no matter how much sacrificial blood he pours on his 'prayer log'.
Carl and Sandy Henderson, a husband-and-wife team of serial killers, trawl America's highways searching for suitable models to photograph and exterminate.
The spider-handling preacher Roy and his crippled virtuoso-guitar-playing sidekick are running from the law.
And caught in the middle of all this is Arvin, Willard and Charlotte's orphaned son, who grows up to be a good but also violent man in his own right.

原作 The Devil All the Time Donald Ray Pollock Vintage




by hamchu | 2019-01-30 08:32 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 29日

【Netflix】リー・バーデュゴの「太陽の召喚者」シリーズ化へ



隣国との戦いが続くラヴカ国には通常の軍隊である第一軍に加えて、“闇の主”を指揮官とする第二軍があった。炎の召喚者、風の召喚者など、特殊な力を持つグリーシャたちの軍団。だが彼ら召喚者の怖るべき力をもってしても、“真海”との間に横たわり、魔物が潜む“偽海”を消し去ることはできなかった。太陽の召喚者が現われるまでは…

Netflixはリー・バーデュゴ(Leigh Bardugo)のファンタジーシリーズ「魔法師グリーシャの騎士団(Grishaverse)」の「太陽の召喚者(Shadow and Bone)」を8エピソードのシリーズにする模様。

「バード・ボックス」のエリック・ハイセラーが脚色、バーデュゴ、プーヤ・シャーバジアン、ショーン・レヴィ、ダン・レヴィン、ダン・コーエン、Josh Barryらが制作総指揮。

以前には映画化の企画もあったのですが結局はNetflixに…

【関連】
映画・TVM原作関連ニュース スティーヴン・キング、Shadow and Bone、Icons… 12年9月12日
映画原作関連ニュース Shadow and Bone、The Man Who Loved Dogs、The Racketeer 13年3月5日

原作 太陽の召喚者 (魔法師グリーシャの騎士団1) リー・バーデュゴ 早川書房

原作 おもな登場人物
わたし アリーナ・スターコフ
マルイェン・オレツェフ(マル)
アナ・クーヤ
ミカエル
ダブロフ
アレクセイ
イヴァ
ラヴスキー大佐
<闇の王>
イヴァン
フェデヨール
ジュンヤ
セルゲイ・ベズニコフ
マリー

女王
バグラ
ナディア
デヴィッド
<アパラット>
ゾーヤ
ポトキン




by hamchu | 2019-01-29 17:28 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 24日

【TV】ジュリアン・フェロウズの「Belgravia」シリーズ化へ


ITVはジュリアン・フェロウズ(Julian Fellowes)の小説「Belgravia」をシリーズ化、Carnival Filmsが制作する模様。

フェロウズが脚色、ジョン・アレクサンダーが監督、ギャレス・ニーム、ナイジェル・マーチャント、Liz Trubridgeが制作総指揮、コリン・ラッテンが制作予定。

[内容]
Set in the 1840s when the upper echelons of society began to rub shoulders with the emerging industrial nouveau riche, Belgravia is peopled by a rich cast of characters. But the story begins on the eve of the Battle of Waterloo in 1815. At the Duchess of Richmond's now legendary ball, one family's life will change for ever...

原作 Julian Fellowes's Belgravia (English Edition) Julian Fellowes Weidenfeld & Nicolson



by hamchu | 2019-01-24 12:39 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 12日

【TV】サラ・ミシェル・ゲラー、「Sometimes I Lie」に出演へ


サラ・ミシェル・ゲラーがAlice Feeneyのデビュー小説をミニシリーズ化する「Sometimes I Lie」に主演、製作総指揮する模様。

エレン・デジェネレスのVery Good ProductionとWarner Bros TVが制作、ジェフ・クリーマンも制作総指揮、ロビン・スウィコードが脚色予定。

これはそのうちハーパーコリンズさんから出る、という感じかな?

[内容]My name is Amber Reynolds. There are three things you should know about me:1. I'm in a coma.2. My husband doesn't love me anymore.3. Sometimes I lie.Amber wakes up in a hospital. She can't move. She can't speak. She can?t open her eyes. She can hear everyone around her, but they have no idea. Amber doesn't remember what happened, but she has a suspicion her husband had something to do with it. Alternating between her paralyzed present, the week before her accident, and a series of childhood diaries from twenty years ago, this brilliant psychological thriller asks: Is something really a lie if you believe it's the truth?

原作 Sometimes I Lie Alice Feeney HQ




by hamchu | 2019-01-12 13:53 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 10日

【TV】マイケル・シェイボンの「ユダヤ警官同盟」TV化へ


安ホテルでヤク中が殺された。傍らにチェス盤。後頭部に一発。プロか。時は2007年、アラスカ・シトカ特別区。流浪のユダヤ人が築いたその地は2ヶ月後に米国への返還を控え、警察もやる気がない。だが、酒浸りの日々を送る殺人課刑事ランツマンはチェス盤の謎に興味を引かれ、捜査を開始する―

CBS TV Studiosはマイケル・シェイボン(Michael Chabon)の「ユダヤ警官同盟(Yiddish Policemen’s Union)」をTVシリーズ化、Nina Tasslerとデニーズ・ディ・ノヴィのPatMa Productions と Keshet Studiosがシェイボンとアイアレット・ウォルドマン(シェイボンの奥さんですね)の脚本の権利を取得した模様。

ピーター・トラゴット、レイチェル・カプラン、ジョナサン・レヴィンらと制作総指揮。

マイケル・シェイボンもアイアレット・ウォルドマンも久しぶりに名前が出てきてビックリ。
特に「ユダヤ警官同盟」は読んだ記憶はあるものの(10年位前ですね)登場人物表がどこかに埋もれてて…
マイケル・シェイボンが脚本を担当した「ジョン・カーター」(火星のプリンセス)だの「最終目的地」、「ブライトンロック」あたりと一緒に出てきましたよ~(笑)

【関連】
【映画】コーエン兄弟&スコット・ルーディン、マイケル・シェイボンのベストセラーを映画化 08年2月12日

原作
ユダヤ警官同盟〈上〉 (新潮文庫) マイケル・シェイボン 新潮社
ユダヤ警官同盟〈下〉 (新潮文庫) マイケル・シェイボン 新潮社

原作 おもな登場人物
マイヤー・ランツマン 警部
エマヌエル・ラスカー 被害者
テネンボイム ザメンホフホテルの夜勤支配人
ベルコ・シュメッツ ライツマンの相棒
ビーナ ランツマンの元妻
フェルゼンフェルト警視
ヘルツ・シュメッツ ベルコの父
エステル=マルケ ベルコの妻
ファインゴルト(ゴールディー) ベルコの息子
ピンカス
デニス・ブレナン 新聞記者
メレフ・ガイスティック
イツィク・ジンバリスト
ヘスケル・シュピルマン
メンデル・シュピルマン
アリエー・バロンシュテイン
パトシェヴァ・シュピルマン
シュプリンツル・ルダシェフスキー
アルター・リトヴァク 
キャサリン・スウィーニー
キャッシュダラー
ウィルフレッド・ディック




by hamchu | 2019-01-10 16:26 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 04日

【TV】Jeff Johnsonの「Darby Holland」TV化へ


「ゴッド・アンド・モンスター 」の製作者マーク・R・ハリスのThe Harris CompanyがJeff Johnsonの小説「Darby Holland」シリーズ3部作のオプション権を取得した模様。

ケイト・オルシーニが脚色でTVシリーズ化を予定。

第1作目は「Lucky Supreme」、2作目は「A Long Crazy Burn」そして3作目「The Animals After Midnight」は来月刊行予定でしょうか。

[内容]
The night world of Old Town, Portland, Oregon, has gone mad in the grip of gentrification, and at the center of it all is Lucky Supreme, a seedy tattoo parlor, whose proprietor is a street-bred artist with a unique approach to problem solving. Darby Holland has enough on his radar, but when some flash (tattoo artwork) stolen from him resurfaces in California he can't help himself. His efforts to reclaim it set him on a dangerous path, dragging along his delightfully eccentric colleagues, including the brains behind his brawn, Delia, a twiggy vinyl-clad punk genius secretly from the other side of the tracks. No one knows why the art signed "Roland Norton, Panama, 1955" is worth anything or how it came to hang on the walls of a tattoo shop in Portland, Oregon. Only the deranged former owner can say--and he's not talking. Before the wrecking balls swing through Old Town in the name of "progress," Darby must settle old scores and face new demons to save his reputation, his shop, and his sanity. He has secrets of his own, and a tattoo shop in Old Town was a perfect place to hide, but when cash, lies, crime, and history collide, Darby Holland will need his ramshackle skill set, his wits, and a lot of luck to rise to the top of a human food chain, or be eaten alive.

原作 Lucky Supreme: A Novel of Many Crimes Jeff Johnson Arcade Publishing



by hamchu | 2019-01-04 16:49 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)