カテゴリ:TV・ニュース( 806 )


2018年 02月 22日

【BBC】アンドリュー・デイヴィスがジョン・アップダイクの「走れウサギ」を脚色へ

 
高校時代には《ウサギ》と異名をとったバスケットボールの花形選手であったハリーもいまは勤勉なサラリーマンである。だが家事を顧みない妻との空虚な生活には耐えられなかった。ある夜衝動的に深夜の街へとび出す…

アンドリュー・デイヴィスがジョン・アップダイク(John Updike)の「走れウサギ(Rabbit, Run)」を脚色、BBC Worldwideがシリーズ化する模様。

さすがに有名な作品で70年にジャック・スマイト監督、ハワード・B・クライチェック脚色、ジェームズ・カーン主演で映画化(日本未公開なようですが…)。

アンドリュー・デイヴィスで「走れウサギ」ですか(へえ~、続けて作るんですかね?)。これはキャスティングにも期待したいと思います。

原作
走れウサギ (上) (白水Uブックス (64)) ジョン・アップダイク 白水社
走れウサギ (下) (白水Uブックス (65)) ジョン・アップダイク 白水社

原作 おもな登場人物
ウサギ ハリー・アングストローム
ジャニス・スプリンガー ウサギの妻
ネルソン
ミリアム ウサギの妹
マーティ・トセロ
マーガレット・コスコ
ルース・レナード
ジャック・イクレス 牧師
フレッド・スプリンガー
レベッカ・スプリンガー
ルーシー・イクレス ジャックの妻
ロニー・ハリソン
アール・アングストローム
メアリー・アングストローム
スミス夫人

 
[PR]

by hamchu | 2018-02-22 17:41 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 21日

【TV】ウォルトン・ゴギンズ、CBSの「LAコンフィデンシャル」に出演へ

 
悪の坩堝のような50年代のロサンジェルス市警に生きる三人の警官―幼時のトラウマから女に対する暴力を異常に憎むホワイト、辣腕警視だった父をもち、屈折した上昇志向の権化エクスリー、麻薬課勤務をいいことに芸能界や三流ジャーナリズムに食指を伸ばすヴィンセンズ。そこへ彼らの人生を大きく左右する三つの大事件が…

「JUSTIFIED 俺の正義」のウォルトン・ゴギンズがCBSのリブート版「LAコンフィデンシャル(L.A. Confidential)」に出演する模様。

原作はジェイムズ・エルロイ(James Ellroy)の同名小説、ジョーダン・ハーパーが脚色、アーノン・ミルチャンと制作総指揮、マイケル・ディナーが監督予定。

ゴギンズは映画版でケヴィン・スペイシーが演じたジャック・ヴィンセンズの役っぽいです。

原作
LAコンフィデンシャル(上) (文春文庫) ジェイムズ エルロイ 文藝春秋
LAコンフィデンシャル〈下〉 (文春文庫) ジェイムズ エルロイ 文藝春秋

原作 おもな登場人物
バド・ウェンデル・ホワイト
エド(エドマンド)・エクスリー
ジャック・ヴィンセンズ
ミッキー・コーエン
ダドリー・L・スミス
ジョニー・ストンパナート
ディック(リチャード)・ステンズランド
プレンストン・エクスリー
シド・ハジェンズ
エリス・ロウ
ピアース・パチェット
リン・ブラッケン

 
[PR]

by hamchu | 2018-02-21 08:30 | TV・ニュース | Trackback | Comments(3)
2018年 02月 19日

【TV】Michael Stewartの「Ill Will」、TV化へ

 
KudosはMichael Stewartの「Ill Will」のTV化権を取得、Emma Kingsman-Lloydとディードリック・サンターが制作総指揮する模様。

[内容]
I am William Lee: brute; liar, and graveside thief. But you will know me by another name. Heathcliff has left Wuthering Heights, and is travelling across the moors to Liverpool in search of his past. Along the way, he saves Emily, the foul-mouthed daughter of a Highwayman, from a whipping, and the pair journey on together. Roaming from graveyard to graveyard, making a living from Emily's apparent ability to commune with the dead, the pair lie, cheat and scheme their way across the North of England. And towards the terrible misdeeds - and untold riches - that will one day send Heathcliff home to Wuthering Heights.

原作 Ill Will Michael Stewart HQ

 
[PR]

by hamchu | 2018-02-19 09:58 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 14日

【TV】「Gork, The Teenage Dragon」シリーズ化へ

 
The Gotham GroupはGabe Hudsonのデビュー小説「Gork, The Teenage Dragon」のオプション権を取得、TVシリーズ化する模様。

エレン・ゴールドスミス=ヴァインとジェレミー・ベルが制作総指揮予定。

[内容]
Gork isn’t like the other dragons at WarWings Military Academy. He has a gigantic heart, two-inch horns, and an occasional problem with fainting. His nickname is Weak Sauce and his Will to Power ranking is Snacklicious-the lowest in his class. But he is determined not to let any of this hold him back as he embarks on the most important mission of his life: tonight, on the eve of his high school graduation, he must ask a female dragon to be his queen. If she says yes, they'll go off to conquer a foreign planet together. If she says no, Gork becomes a slave.
Vying with Jocks, Nerds, Mutants, and Multi-Dimensioners to find his mate, Gork encounters an unforgettable cast of friends and foes, including Dr. Terrible, the mad scientist; Fribby, a robot dragon obsessed with death; and Metheldra, a healer specializing in acupuncture with swords. But finally it is Gork's biggest perceived weakness, his huge heart, that will guide him through his epic quest and help him reach his ultimate destination: planet Earth.

原作 Gork, the Teenage Dragon: A novel Gabe Hudson Vintage; Reprint版

 
[PR]

by hamchu | 2018-02-14 08:04 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 13日

【TV】ステファニー・メイヤーの「The Chemist」シリーズ化へ

 
Tomorrow Studios、マーティ・アデルスタイン、ITV Studiosはステファニー・メイヤー(Stephenie Meyer)のスリラー小説「The Chemist」をTVシリーズ化する模様。

メイヤーとMeghan Hibettがアデルスタイン、ベッキー・クレメンツと制作。

[内容]
She used to work for the U.S. government, but very few people ever knew that. An expert in her field, she was one of the darkest secrets of an agency so clandestine it doesn't even have a name. And when they decided she was a liability, they came for her without warning.
Now she rarely stays in the same place or uses the same name for long. They've killed the only other person she trusted, but something she knows still poses a threat. They want her dead, and soon.
When her former handler offers her a way out, she realizes it's her only chance to erase the giant target on her back. But it means taking one last job for her ex-employers. To her horror, the information she acquires only makes her situation more dangerous.
Resolving to meet the threat head-on, she prepares for the toughest fight of her life but finds herself falling for a man who can only complicate her likelihood of survival. As she sees her choices being rapidly whittled down, she must apply her unique talents in ways she never dreamed of.

原作 The Chemist (English Edition) Stephenie Meyer Sphere

 
[PR]

by hamchu | 2018-02-13 14:04 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 09日

【TVM】リサ・エデルスタイン、「ソシオパスの告白」に出演へ

 
ソシオパスはあなたの隣人であり、同僚であり、愛人、家族、友達といったごく近しい人であるかもしれない。ソシオパスの自ら危険を求める行動や一般的に恐怖感を覚えない態度はスリルに満ちているし、言葉巧みで魅力的な点も惹かれる。しばしばウィットに富み、常識外の思考をするので、ソシオパスは知的に見え、非常に聡明に見えることもある。ソシオパスは他の人々よりも出世階段を速く昇り、強い自信を持っている。ソシオパスとはどのような人間なのだろうか? 成功しているソシオパスも存在し、犯罪行為に及ばないソシオパスは米国の人口の4パーセントに上る。

「Dr.HOUSE ―ドクター・ハウス―」のリサ・エデルスタインがM・E・トーマス(M.E. Thomas)の書籍「ソシオパスの告白(Confessions of a Sociopath)」を基にしたTVMに出演する模様。

エデルスタインがキャロル・バービー、マイク・メダヴォイらと制作総指揮。

金剛出版から翻訳版が出版されている原作には巻頭著者注で、これは「わたしのできる限り正しい記憶に基づいた真実の話」である一方「家族や友人たちやその他の人々のプライバシーを保護するために、名前や本人を同定するような特徴を意図的に変えてある。物語を伝えるうえで、状況を変えたり、いくつかの出来事や日時を混ぜ合わせたりした例もある。」と書かれています。そして「しかし、これはあくまで真実で、正直な話であり、いかなる事実も故意に謝り伝えていたりはしない。」とも…
何をもって真実とするのかとはまた別に、この本に記されているのはあくまで筆者のサイドから見た筆者にとっての真実であることも忘れてはならないと思います。
こういうものの映像化をどう扱ったらいいか…特に翻訳物は判断に困るんですけど、人目を引くし興味深い題材であることは確かですよね(笑)。

原作 ソシオパスの告白 M・E・トーマス 金剛出版

原作 おもな登場人物
私 M・E・トーマス
ジョン・イーデンス博士


ジム
キャサリン
スージー
スコット

 
[PR]

by hamchu | 2018-02-09 08:24 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 05日

【TV】カズオ・イシグロの「わたしたちが孤児だったころ」ドラマ化へ

 
上海の租界に暮らしていたクリストファー・バンクスは十歳で孤児となった。貿易会社勤めの父と反アヘン運動に熱心だった美しい母が相次いで謎の失踪を遂げたのだ。ロンドンに帰され寄宿学校に学んだバンクスは、両親の行方を突き止めるために探偵を志す。やがて幾多の難事件を解決し社交界でも名声を得た彼は、戦火にまみれる上海へと舞い戻るが…

Caryn Mandabach Productionsはカズオ・イシグロ(Kazuo Ishiguro)の「わたしたちが孤児だったころ(When We Were Orphans)」のTV化権を取得、「ピーキー・ブラインダーズ」のカリン・マンダバック製作で限定シリーズ化予定。

この本は刊行当時映画化の予定もあったんですが実現しなかったんですよね…

原作 わたしたちが孤児だったころ (ハヤカワepi文庫) カズオ イシグロ 早川書房

原作 おもな登場人物
わたし クリストファー・バンクス
ジェームズ・オズボーン
サラ・ヘミングズ
サー・セシル・メドハースト
ヤマシタ・アキラ
母 ダイアナ

メイ・リー
フィリップおじさん
リン・チェン
エツコ アキラの姉
ジョン・マクドナルド
グレイスン
アンソニー・モーガン
クン警部

 
[PR]

by hamchu | 2018-02-05 17:10 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 02日

【TV】Fox、「愛しき者はすべて去りゆく」をドラマ化へ

 
Foxはデニス・ルヘイン(Dennis Lehane)のベストセラー「愛しき者はすべて去りゆく(Gone Baby Gone)」のパイロット版を制作、ロバート・レヴィーンが脚色予定。

1時間、タイトル未定、レヴィーンと作者のルヘインが制作総指揮。

ベン・アフレック監督、ケイシー・アフレック、ミシェル・モナハン主演の映画版は評価は高かったものの日本未公開(「ゴーン・ベイビー・ゴーン」)。
パトリック&アンジーではやっぱりこれが一番…ということになるんですかね。

原作 愛しき者はすべて去りゆく (角川文庫) 角川書店 デニス レヘイン

原作 おもな登場人物 
パトリック・ケンジー 
アンジェラ(アンジー)・ジェナーロ 
ブッバ・ロゴウスキー (スレイン)
アマンダ・マックリーディ 行方不明になった少女 
へリーン アマンダの母親 
ライオネル ヘリーンの兄 
ビアトリス ライオネルの妻 
ニック・ラットポーラス(プール) 刑事 
レミィ・ブルサード 刑事 
ジャック・ドイル 
トリシア ジャックの妻 
レイ・リカンスキ 
ドッティ・メイヒュー ヘリーンの友人
チーズ・オラモン 
ロベルタ・トレット、レオン・トレット、コーウィン・アール
ニール・ライアーソン

 
[PR]

by hamchu | 2018-02-02 13:24 | TV・ニュース | Trackback | Comments(5)
2018年 02月 02日

【TV】ABC、「Illusion of Justice」をドラマ化へ

 
ABCはJerome F. Butingの書籍を原作とした法定ドラマ「Illusion of Justice」を製作する模様。

デヴィッド・ザベルが脚色、Jeff Gaspin、Tony Sabistinaと制作総指揮。

[内容]
Over his career, Jerome F. Buting has spent hundreds of hours in courtrooms representing defendants in criminal trials. When he agreed to join Dean Strang as co-counsel for the defense in Steven A. Avery vs. State of Wisconsin, he knew a tough fight lay ahead. But, as he reveals in Illusion of Justice, no-one could have predicted just how tough and twisted that fight would be-or that it would become the center of the documentary Making a Murderer, which made Steven Avery and Brendan Dassey household names and thrust Buting into the spotlight.
Buting’s powerful, riveting boots-on-the-ground narrative of Avery’s and Dassey’s cases becomes a springboard to examine the shaky integrity of law enforcement and justice in the United States, which Buting has witnessed firsthand for more than 35 years. From his early career as a public defender to his success overturning wrongful convictions working with the Innocence Project, his story provides a compelling expert view into the high-stakes arena of criminal defense law; the difficulties of forensic science; and a horrifying reality of biased interrogations, coerced or false confessions, faulty eyewitness testimony, official misconduct, and more.
Combining narrative reportage with critical commentary and personal reflection, Buting explores his professional and personal motivations, career-defining cases-including his shocking fifteen-year-long fight to clear the name of another man wrongly accused and convicted of murder-and what must happen if our broken system is to be saved. Taking a place beside Just Mercy and The New Jim Crow, Illusion of Justice is a tour-de-force from a relentless and eloquent advocate for justice who is determined to fulfill his professional responsibility and, in the face of overwhelming odds, make America’s judicial system work as it is designed to do.

原作 Illusion of Justice: Inside Making a Murderer and America's Broken System Jerome F. Buting Harper

 
[PR]

by hamchu | 2018-02-02 07:06 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 31日

【TV】Charles Souleの「The Oracle Year」シリーズ化へ

 
Tomorrow Studios、マーティ・アデルスタインはCharles Souleの刊行予定のデビュー小説「The Oracle Year」の権利を取得、TVシリーズ化する模様。

作者のSoule、アデルスタイン、ベッキー・クレメンツが制作総指揮予定。

[内容]
Knowledge is power. So when an unassuming Manhattan bassist named Will Dando awakens from a dream one morning with 108 predictions about the future in his head, he rapidly finds himself the most powerful man in the world. Protecting his anonymity by calling himself the Oracle, he sets up a heavily guarded Web site with the help of his friend Hamza to selectively announce his revelations. In no time, global corporations are offering him millions for exclusive access, eager to profit from his prophecies.
He's also making a lot of high-powered enemies, from the President of the United States and a nationally prominent televangelist to a warlord with a nuclear missile and an assassin grandmother. Legions of cyber spies are unleashed to hack the Site-as it's come to be called-and the best manhunters money can buy are deployed not only to unmask the Oracle but to take him out of the game entirely. With only a handful of people he can trust-including a beautiful journalist-it's all Will can do just to survive, elude exposure, and protect those he loves long enough to use his knowledge to save the world.

原作 The Oracle Year: A Novel Charles Soule Harper Perennial

 
[PR]

by hamchu | 2018-01-31 09:09 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)