カテゴリ:興収成績( 429 )


2019年 02月 04日

全米映画興収速報 19年2月4日 1位、2位は先週と変わらず、3位は「Miss Bala」



今週は1位、2位が先週と変わらず1位「ミスター・ガラス」、2位「The Upside」、
3位に2203館、$6.7Mでキャサリン・ハードウィック監督、ジーナ・ロドリゲス主演、「MISS BALA/銃弾」のリメイク版「Miss Bala」が入りました。

10位にひょっこり登場の「They Shall Not Grow Old」、ピーター・ジャクソン監督の第一次世界大戦のドキュメンタリー、今回7週目735館で$2.405Mだけど前週順位がない。イベント上映時が初週扱いになってるのかな?

そのほかの初登場では
Shelly Chopra Dhar 監督、アニル・カプール出演のインドのコメディ「Ek Ladki Ko Dekha Toh Aisa Laga 」が193館、$600,000で暫定23位、
Aneesh Daniel 監督、シャルマン・ジョシ出演のドラマ「The Least of These: The Graham Staines Story」が440館、$312,589で暫定26位、
Joe Penna監督、マッツ・ミケルセン出演の「Arctic」が4館、$56,463(暫定30位)、
Nicolas Pesce監督が村上龍の「ピアッシング」を映画化した「 Piercing 」が25館、$8,500(暫定37位)、
ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督のドラマ「The Wild Pear Tree(Ahlat Agaci)」が1館、$5,392 (暫定38位)
といった感じ。


2月1日-3日
1位 ミスター・ガラス $9.535M
2位 The Upside $8.85M
3位 Miss Bala $6.7M
4位 アクアマン $4.785M
5位 スパイダーマン:スパイダーバース $4.41M
6位 グリーンブック $4.317M
7位 The Kid Who Would be King $4.2M
8位 A Dog's Way Home $3.51M
9位 Escape Room $2.9M
10位 They Shall Not Grow Old $2.405M


2月8日からは
「レゴ(R)ムービー2」
アダム・シャンクマン監督、タラジ・P・ヘンソン出演のロマコメ(「ハート・オブ・ウーマン」のリメイク版)「What Men Want」
ニコラス・マッカーシー監督、テイラー・シリング出演のホラー「The Prodigy」
ハンス・ペテル・モランド監督、リーアム・ニーソン出演、「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」のリメイク版「Cold Pursuit」
アスガー・ファルハディ監督、ハビエル・バルデム&ペネロペ・クルスのドラマ「Everybody Knows」
アンソロジーシリーズ「Berlin, I Love You」
Archie Borders監督、マット・ウォルシュ出演のロマコメ「Under the Eiffel Tower」
ダニエル・ファランズ監督のホラー「The Amityville Murders」
あたりが公開予定。




by hamchu | 2019-02-04 08:42 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 28日

全米映画興収速報 19年1月28日 1位から3位まで先週と変わらず


今週は1位から3位までが先週と変わらず、1位「ミスター・ガラス」、2位「The Upside」、3位「アクアマン」となりました。

4位に初登場ジョー・コーニッシュ監督、Louis Ashbourne Serkis 、レベッカ・ファーガソン出演の「The Kid Who Would be King」が3521館、$7.25M。
+1518館で2430館に上映館を増やした「グリーンブック」が$5.143Mで6位にランクイン。
スティーヴン・ナイト監督、マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ出演のサスペンス「Serenity」は2561館、$4.8Mで8位スタート。

そのほかの初登場では
日本では昨年公開済み、「ヒトラーを欺いた黄色い星( The Invisibles)」が4館、$27,000(暫定29位)、
フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督、トム・シリング、パウラ・ベーア出演の「Never Look Away(Werk Ohne Autor)」が1館、$26,270(暫定30位)、
ジャン=リュック・ゴダールの「イメージの本(The Image Book)」が3館、$15,200 (暫定32位)、
フランソワ・マルゴラン、Lemine Ould Salem監督の戦争ドキュメンタリー「 Jihadists 」が1館、$1,188(暫定34位)といった感じ。


1月25日-27日
1位 ミスター・ガラス $19.049M
2位 The Upside $12.24M
3位 アクアマン $7.35M
4位 The Kid Who Would be King $7.25M
5位 スパイダーマン:スパイダーバース $6.15M
6位 グリーンブック $5.413M
7位 A Dog's Way Home $5.225M
8位 Serenity $4.8M
9位 Escape Room $4.25M
10位 ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー $3.6M


2月1日からは
キャサリン・ハードウィック監督、ジーナ・ロドリゲス主演「キャサリン・ハードウィック監督、ジーナ・ロドリゲス主演」のリメイク版「Miss Bala」
Joe Penna監督、マッツ・ミケルセン出演の「Arctic」
あたりが公開予定。




by hamchu | 2019-01-28 08:54 | 興収成績 | Trackback | Comments(1)
2019年 01月 21日

全米映画興収成績 19年1月21日 「ミスター・ガラス」が初登場1位に


今週はM・ナイト・シャマラン監督のスリラー「ミスター・ガラス」が3841館、$40.586Mで初登場1位に。
2位は先週首位の「最強のふたり」のハリウッドリメイク版「The Upside」
3位に1233館で上映「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」が$10.652M。

今週は暫定の数字が近い作品も多いので確定すると順位が入れ替わるかも?

そのほかの初登場では
Roberta Grossman監督の歴史ドキュメンタリー「Who Will Write Our History」(Samuel Kassowの原作アリ)が1館、$12,719(暫定32位)、
日本ではラテンビート映画祭で上映されたマルセロ・マルティネッシ監督の「相続人(The Heiresses)」が2館、$11,288(暫定33位)、
ジョー・チャペル監督、チカ・サンプター出演のスリラー「An Acceptable Loss 」が1館、$5,103(暫定35位)
といった感じ。



1月18日-20日
1位 ミスター・ガラス $40.586M
2位 The Upside $15.67M
3位 ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー $10.652M
4位 アクアマン $10.33M
5位 スパイダーマン:スパイダーバース $7.255M
6位 A Dog's Way Home $7.11M
7位 Escape Room $5.275M
8位 メリーポピンズ リターンズ $5.244M
9位 バンブルビー $4.66M
10位 ビリーブ 未来への大逆転 $3.965M



1月25日からは
ジョー・コーニッシュ監督、Louis Ashbourne Serkis 、レベッカ・ファーガソン出演の「The Kid Who Would be King」
スティーヴン・ナイト監督、マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ出演のサスペンス「Serenity」
などが公開予定。





by hamchu | 2019-01-21 07:26 | 興収成績 | Trackback | Comments(1)
2019年 01月 07日

全米映画興収成績 19年1月7日 「アクアマン」がV3、「Escape Room」が2位に


今週は新作の公開がほぼ1本で
1位は「アクアマン」で変わらず、
その新作のアダム・ロビテル監督、テイラー・ラッセル主演の「Escape Room」が2717館、$18Mで2位、
3位に「メリー・ポピンズ リターンズ」となりました。

拡大公開では
公開4週目の「ビールストリートの恋人たち」が+270(335館)で先週21位から暫定14位に、公開2週目の「ビリーブ 未来への大逆転(On the Basis of Sex)」が+79(112館)で先週22位から暫定16位に。



1月4日-6日
1位 アクアマン $30.7M
2位 Escape Room $18M
3位 メリー・ポピンズ リターンズ $15.773M
4位 スパイダーマン:スパイダーバース $13M
5位 バンブルビー $12.775M
6位 運び屋 $9.04M
7位 バイス $5.8M
8位 Second Act $4.9M
9位 シュガー・ラッシュ:オンライン $4.685M
10位 Holmes and Watson $3.4M 



1月11日からは
チャールズ・マーティン・スミス監督、ブライス・ダラス・ハワード出演のW・ブルース・キャメロン「ぼくのワンダフル・ライフ」続編「A Dog's Way Home」
ニール・バーガー監督、「最強のふたり」のハリウッド・リメイク版「The Upside」
ジェフリー・ナックマノフ監督、アリス・イヴ、キアヌ・リーヴス出演のSF「Replicas」
「おとなの事情」のリメイク、アレックス・デ・ラ・イグレシア監督のコメディ「Perfect Strangers」
あたりが公開予定。






by hamchu | 2019-01-07 07:00 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 17日

全米映画興収速報 18年12月17日 「スパイダーマン:スパイダーバース」が初登場1位に


今週は1位、2位が初登場の作品で
1位、3813館、$35.4Mで「スパイダーマン:スパイダーバース」
2位、2588館、$17.21Mでクリント・イーストウッド監督・主演の「運び屋」
3位に先週2位の「グリンチ」となりました。

フィリップ・リーヴのスチームパンクSF「移動都市」を映画化したピーター・ジャクソン制作の「移動都市/モータル・エンジン」は3103館、$7.5Mで5位と今ひとつなスタート…
「Once Upon a Deadpool」(これ、日本での公開は?)は1566館、 $2.6Mで11位。
公開2週目の「ふたりの女王 メアリーとエリザベス(Mary Queen of Scots)」は+62館(66館)となって先週27位から暫定17位に浮上。


そのほかの初登場は
バリー・ジェンキンズ監督が「ビール・ストリートに口あらば」を映画化した「ビール・ストリートの恋人たち」(【Trailer】ビール・ストリートに口あらば If Beale Street Could Talk)が4館、$219,174と高アベレージを出して暫定20位、
ラース・フォン・トリアー監督、マット・ディロン出演のスリラー「The House That Jack Built」が33館、$40,436(暫定26位)、
ナディーン・ラバキー監督のドラマ「Capernaum」が3館、$27,588(暫定29位)
といった感じ。


12月14日-16日
1位 スパイダーマン:スパイダーバース $35.4M
2位 運び屋 $17.21M
3位 グリンチ $11.58M
4位 シュガー・ラッシュ:オンライン $9.589M
5位 移動都市/モータル・エンジン $7.5M
6位 クリード 炎の宿敵 $5.3988M
7位 ボヘミアン・ラプソディ $4.125M
8位 Instant Family $3.72M
9位 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生  $3.65M
10位 グリーンブック $2.78M


12月19日からは
「メリー・ポピンズ リターンズ」
12月21日からは
「アクアマン」
「バンブルビー」
ピーター・シーガル監督、ジェニファー・ロペス出演のロマコメ「Second Act」
ロバート・ゼメキス監督、スティーヴ・カレル出演のドラマ「Welcome to Marwen」
あたりが公開予定。




by hamchu | 2018-12-17 07:26 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 10日

全米映画興収速報 18年12月10日 1位から6位までが先週と変わらず


今週は1位から6位までが先週と同じ順位で
1位「シュガー・ラッシュ:オンライン」、2位「 グリンチ」、3位「クリード 炎の宿敵」となりました。

「シンドラーのリスト」再上映版は1,029館で上映、$551,000で暫定14位、
そのほかアベレージが高いところが
シアーシャ・ローナン、 マーゴット・ロビー出演の「ふたりの女王 メアリーとエリザベス(Mary Queen of Scots)」が4館、$200,000で暫定23位、
ブラディ・コーベット監督、ナタリー・ポートマン出演の音楽ドラマ「Vox Lux」が6館、$162,252で暫定25位、
ピーター・ヘッジズ監督・脚本、ジュリア・ロバーツ、ルーカス・ヘッジズ出演のドラマ「Ben is Back」が4館、$80,972で暫定31位。
また、チェン・ウェイハオ監督のホラー「Tag Along: The Devil Fish」(なんか怖いです)が8館、$10,000 (暫定38位)、
マイケル・オブロウィッツ監督、Rico Simonini出演のドラマ「Frank and Ava」が1館、$3,062(暫定41位)といった感じ。


12月7日-9日
1位 シュガー・ラッシュ:オンライン $ $16.141M
2位 グリンチ $15.175M
3位 クリード 炎の宿敵 $10.323M
4位 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 $6.85M
5位 ボヘミアン・ラプソディ $6M
6位 Instant Family $5.6M
7位 グリーン・ブック $3.935M
8位 Robin Hood $3.585M
9位 The Possession of Hannah Grace $3.175M
10位 妻たちの落とし前 $3.1M


12月12日からは
「デッドプール2」のPG-13版「Once Upon a Deadpool」
12月14日からは
日本での公開は19年3月8日「スパイダーマン:スパイダーバース」
「移動都市/モータル・エンジン」(日本公開は19年3月1日)
クリント・イーストウッド監督・主演作「運び屋」(日本公開は19年3月8日)
ヨルゴス・ランティモス監督の「女王陛下のお気に入り」(日本公開は19年2月15日)
ナディーン・ラバキー監督のドラマ「Capernaum」あたりが公開予定。


第三回プラチナブロガーコンテストを開催! 自由部門に参加しています。


by hamchu | 2018-12-10 07:49 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 03日

全米映画興収速報 18年12月3日 「シュガー・ラッシュ:オンライン」がV2



今週は「シュガー・ラッシュ:オンライン」が$25.756MでV2を達成!
2位と3位が先週と逆転で2位「グリンチ」、3位「クリード 炎の宿敵」
4位から6位までは先週と変わらず、7位に2065館、$6.5Mでディーデリク・ヴァン・ローイェン監督、シェイ・ミッチェル主演のホラー「Possession of Hannah Grace」が入りました。

そのほかの初登場では
「未来のミライ」が69館、$62,497で暫定28位、
Johnny McPhail監督、エラ・ハント出演のゾンビミュージカルコメディホラー「Anna and the Apocalypse」が5館、$50,163で暫定30位といった感じ。


11月30日-12月2日
1位 シュガー・ラッシュ:オンライン $25.756M
2位 グリンチ $17.73M
3位 クリード 炎の宿敵 $16.832M
4位 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 $11.2M
5位 ボヘミアン・ラプソディ $8.1M
6位 Instant Family $7.15M
7位 Possession of Hannah Grace $6.5M
8位 Robin Hood  $4.7M
9位 妻たちの落とし前 $4.4M
10位 Green Book $3.9M


12月7日からは
日本では19年3月公開予定、シアーシャ・ローナン、 マーゴット・ロビー出演の「ふたりの女王 メアリーとエリザベス(Mary Queen of Scots)」
ピーター・ヘッジズ監督・脚本、ジュリア・ロバーツ、ルーカス・ヘッジズ出演のドラマ「Ben is Back」、
ブラディ・コーベット監督、ナタリー・ポートマン出演の音楽ドラマ「Vox Lux」
オリヴァー・パーカー監督の中年シンクロナイズドスイミングドラマ「Swimming with Men」
あたりが公開予定。
そのほか「シンドラーのリスト」再上映も1000館規模で?予定されているようです。




by hamchu | 2018-12-03 08:51 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 26日

全米映画興収速報 18年11月26日 「シュガー・ラッシュ:オンライン」が初登場1位に



サンクスギビングデーの週末(3日間)は1位、2位が初登場の作品、
1位が4017館、$55.672Mで「シュガー・ラッシュ」の続編「シュガー・ラッシュ:オンライン」
2位が3441館、$35.293Mで、「クリード チャンプを継ぐ男」の続編「クリード 炎の宿敵」となりました。
3位は先週2位の「グリンチ」
4位は先週首位の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」ですがこのあたりは確定したり休日5日間の集計だと順位が変化するかもしれません。

オットー・バサースト監督、タロン・エガートン主演の「Robin Hood」は2827館、$9.125Mで7位スタート。
ピーター・ファレリー監督、ヴィゴ・モーテンセンの「Green Book」は+1,038館(1063館)で先週22位から9位にランクイン。

そのほかの初登場は
ヨルゴス・ランティモス監督、オリヴィア・コールマン、レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン、ニコラス・ホルト出演の「The Favourite」が4館、$420,000(どういうアベレージだ)で暫定19位、
日本映画「万引き家族(Shoplifters)」が5館、$88,000(暫定31位)、
Jeremy Workman 監督のドキュメンタリー「The World Before Your Feet」が2館、$22,000(暫定39位)、
アストリッド・リンドグレーンの伝記映画「Becoming Astrid」が3館、$5,121(暫定45位)
といった感じ。


11月23日-25日
1位 シュガー・ラッシュ:オンライン $55.672M
2位 クリード 炎の宿敵 $35.293M
3位 グリンチ $30.21M
4位 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 $29.65M
5位 ボヘミアン・ラプソディ― $13.855M
6位 Instant Family $9.125M
7位 Robin Hood $9.125M
8位 妻たちの落とし前 $7.955M
9位 Green Book $5.443M
10位 アリー/ スター誕生 $3.005M


11月30日からは
ディーデリク・ヴァン・ローイェン監督、シェイ・ミッチェル主演のホラー「Possession of Hannah Grace」
Johnny McPhail監督、エラ・ハント出演のゾンビミュージカルコメディホラー「Anna and the Apocalypse」
ティル・シュヴァイガー監督、ニック・ノルティ出演の「Head Full of Honey」
コリン・ファース主演、日本では19年1月11日公開予定の「喜望峰の風に乗せて」
バリー・ジェンキンズ監督が「ビール・ストリートに口あらば」を映画化した「If Beale Street Could Talk」
あたりが公開予定。




by hamchu | 2018-11-26 07:41 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 19日

全米映画興収速報 18年11月19日 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が初登場1位に



今週は「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が4163館、$62.2Mで初登場1位、
2位、3位は先週からワンランクダウンで
2位「グリンチ」、3位「ボヘミアン・ラプソディ」となりました。

4位、5位は初登場の作品で
ショーン・アンダース監督、マーク・ウォールバーグ&ローズ・バーン出演のコメディ「Instant Family」が3286館、$14.7Mで4位、
スティーヴ・マックィーン監督、ヴィオラ・デイヴィス、ミシェル・ロドリゲスらが出演、原作はリンダ・ラ・プラントのベストセラー「妻たちの落とし前(Widows)」(日本公開は19年4月)は2803館、$12.3Mで5位。

原作アリ関連では
「Boy Erased」が+332館(409館)で$1.28M、先週18位から暫定12位へ、「A Private War」が+827館(865館)で$725,000、先週28位から暫定15位へランクアップ。

そのほかの初登場では
賞戦線でも注目ピーター・ファレリー監督、ヴィゴ・モーテンセンの「Green Book」が25館、$312,000で暫定20位、
ジュリアン・シュナーベル監督、ウィレム・デフォー出演のゴッホの伝記映画「At Eternity's Gate」が4館、$92,000で暫定27位、
饒曉志(Xiaozhi Rao) 監督のコメディ「A Cool Fish」が15館、$65,000で暫定31位といった感じ。


11月16日-18日
1位 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 $62.2M
2位 グリンチ $38.165M
3位 ボヘミアン・ラプソディ $15.7M
4位 Instant Family $14.7M
5位 妻たちの落とし前 $12.3M
6位 くるみ割り人形と秘密の王国 $4.678M
7位 アリー/ スター誕生 $4.35M
8位 Overlord $3.85M
9位 蜘蛛の巣を払う女 $2.5M
10位 Nobody's Fool $2.26M


11月21日からは
「クリード 炎の宿敵」
「シュガー・ラッシュ:オンライン」
オットー・バサースト監督、タロン・エガートン主演の「Robin Hood」
あたりが公開予定。




by hamchu | 2018-11-19 07:34 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 12日

全米映画興収速報 18年11月12日 「グリンチ」が初登場1位を獲得



今週はイルミネーションの新作「グリンチ」が4141館、$66Mで初登場1位を獲得!
2位はワンランクダウンで先週首位の「ボヘミアン・ラプソディ」
3位に2589館、$10.1MでJ・J・エイブラムス製作のゾンビ映画「Overlord」が入りました。

「ミレニアム」シリーズ4作目を映画化した「蜘蛛の巣を払う女」は2929館、$8.015Mで5位スタート。

そのほかの初登場は
岩井俊二監督の「Last Letter」(日本より先に公開?でもポスターはこれだなあ)が18館、$70,000(暫定31位)、
ジェイソン・ライトマン監督、ヒュー・ジャックマン主演の「フロントランナー」(日本公開は19年2月1日予定)が4館、$56,000(暫定32位)、
Luis Ortega監督、Lorenzo Ferro出演のアルゼンチン映画「El Angel」が2館、$25,473(暫定38位)、
シェフフリン・マガリーに関するドキュメンタリー「Chef Flynn」が1館、$8,100(暫定43位)
といった感じ。


11月9日-11日
1位 グリンチ $66M
2位 ボヘミアン・ラプソディ $30.85M
3位 Overlord $10.1M
4位 くるみ割り人形と秘密の王国 $9.565M
5位 蜘蛛の巣を払う女 $8.015M
6位 アリー/ スター誕生 $8.01M
7位 Nobody's Fool $6.54M
8位 ヴェノム $4.85M
9位 Halloween $3.84M
10位 The Hate U Give $2.07M


11月16日からは
「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
ショーン・アンダース監督、マーク・ウォールバーグ&ローズ・バーン出演のコメディ「Instant Family」
スティーヴ・マックィーン監督、ヴィオラ・デイヴィス、ミシェル・ロドリゲスらが出演の「妻たちの落とし前(Widows)」(日本公開は19年4月)
ジュリアン・シュナーベル監督、ウィレム・デフォー出演のゴッホの伝記映画「At Eternity's Gate」
ジョン・ラッセンホップ監督、ジョン・トラヴォルタのアクション・スリラー「Speed Kills」
あたりが公開予定。




by hamchu | 2018-11-12 07:32 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)