<   2018年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2018年 11月 28日

【Trailer】アルテミス・ファウル Artemis Fowl 




Disney制作、オーエン・コルファー(Eoin Colfer)のベストセラーYAシリーズを映画化した「Artemis Fowl」のTrailer!



監督はケネス・ブラナー、米公開は19年8月9日。
こういうものは日本では売れにくいんですが、さすがに日本でも劇場公開は大丈夫でしょう。問題はいつごろになるか?

Artemis Fowl 19年米
監督:ケネス・ブラナー
脚色:マイケル・ゴールデンバーグ
制作総指揮:ロバート・デニーロ、マシュー・ジェンキンズ、Angus More Gordon、ジェーン・ローゼンタール
製作・ケネス・ブラナー、ジュディ・ホフランド
音楽:パトリック・ドイル
撮影:ハリス・ザンバーラウコス
原作:アルテミス・ファウル―妖精の身代金 (角川文庫) オーエン コルファー 角川書店
出演:Ferdia Shaw、ジュディ・デンチ、ジョシュ・ギャッド、ノンソー・アノジー、タマラ・スマート、ミランダ・レーゾン、ジョシュア・マクガイア

【関連】
【映画】「アルテミス・ファウル」映画化へ 13年8月2日
【映画】「アルテミス・ファウル」映画化、ケネス・ブラナーが監督? 15年9月5日
【映画】新人Ferdia Shaw、「アルテミス・ファウル」に出演へ 17年2月21日

原作 おもな登場人物
アルテミス・ファウル2世 (Ferdia Shaw)
バトラー (ノンソー・アノジー)
ジュリエット バトラーの妹 (タマラ・スマート)
アンジェリーン・ファウル (ミランダ・レーゾン)
ホリー・ショート (Lara McDonnell)
ジュリアス・ルート (ジュディ・デンチ)
フォーリー (ニケシュ・パテル)
カジョン (ジョシュア・マクガイア)
トラブル・ケルプ大尉
グラブ伍長
J・アルゴン博士
マルチ・ディガムズ (ジョシュ・ギャッド)



[PR]

by hamchu | 2018-11-28 09:32 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 26日

魔法ワールドファンにはおすすめ ファンタビ×東急線スタンプラリー


2018年11月10日(土)~2019年1月27日(日)まで開催、「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」と東急電鉄がコラボレーションした「東急線×ファンタビコラボキャンペーン」の「ファンタビ×東急線スタンプラリー」に行ってきました。
a0000270_10373548.jpg

スタンプ設置場所は渋谷駅、109シネマズ二子玉川、大井町駅、横浜駅、日吉駅の5カ所。スタンプを集めるのには東急のワンデーチケットがお得(スタンプ設置場所は改札外)。23日からは数量限定のオリジナルワンデーオープンチケットが発売されています。
a0000270_12502611.jpg
5箇所コンプリートで賞品としてクリアファイルがもらえます(1stファンタビステージは12月21日まで、22日から1月27日まではハリポタステージとなります)。

a0000270_12550081.jpg
ベビーニフラーがかわいいですね。

また横浜市営地下鉄センター南駅にある109シネマズ港北、東急宮崎台駅の電車とバスの博物館内にはボーナススタンプが設置されており、これを集めるとファンタビオリジナルノートがもらえます。
横浜市営地下鉄は東急ワンデーチケットは使えず、電車とバスの博物館は入場券が必要なところは要注意。

a0000270_13202211.jpg
ノートはA4版(結構大きい!)。イラストがなかなかいい感じです。

東急のスタンプラリーはスタンプ台も混雑しないのでねらい目ではないでしょうか。設置場所は少ないのに移動距離が結構あったので意外と時間がかかってしまいましたが鉄道ファン、そしてファンタビ(ハリポタ)ファンにはおすすめです。

渋谷ちかみちには9と3/4番線のフォトスポットがあったり(11月29日まで)大井町と二子玉川では発車メロディがハリーポッターのテーマになっていたりと(1月27日まで)まだまだ楽しいイベントはたくさん。

詳しくは
http://ii.tokyu.co.jp/tokyufantabi/
をチェックしてください。




[PR]

by hamchu | 2018-11-26 13:27 | その他 | Trackback | Comments(5)
2018年 11月 26日

全米映画興収速報 18年11月26日 「シュガー・ラッシュ:オンライン」が初登場1位に



サンクスギビングデーの週末(3日間)は1位、2位が初登場の作品、
1位が4017館、$55.672Mで「シュガー・ラッシュ」の続編「シュガー・ラッシュ:オンライン」
2位が3441館、$35.293Mで、「クリード チャンプを継ぐ男」の続編「クリード 炎の宿敵」となりました。
3位は先週2位の「グリンチ」
4位は先週首位の「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」ですがこのあたりは確定したり休日5日間の集計だと順位が変化するかもしれません。

オットー・バサースト監督、タロン・エガートン主演の「Robin Hood」は2827館、$9.125Mで7位スタート。
ピーター・ファレリー監督、ヴィゴ・モーテンセンの「Green Book」は+1,038館(1063館)で先週22位から9位にランクイン。

そのほかの初登場は
ヨルゴス・ランティモス監督、オリヴィア・コールマン、レイチェル・ワイズ、エマ・ストーン、ニコラス・ホルト出演の「The Favourite」が4館、$420,000(どういうアベレージだ)で暫定19位、
日本映画「万引き家族(Shoplifters)」が5館、$88,000(暫定31位)、
Jeremy Workman 監督のドキュメンタリー「The World Before Your Feet」が2館、$22,000(暫定39位)、
アストリッド・リンドグレーンの伝記映画「Becoming Astrid」が3館、$5,121(暫定45位)
といった感じ。


11月23日-25日
1位 シュガー・ラッシュ:オンライン $55.672M
2位 クリード 炎の宿敵 $35.293M
3位 グリンチ $30.21M
4位 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 $29.65M
5位 ボヘミアン・ラプソディ― $13.855M
6位 Instant Family $9.125M
7位 Robin Hood $9.125M
8位 妻たちの落とし前 $7.955M
9位 Green Book $5.443M
10位 アリー/ スター誕生 $3.005M


11月30日からは
ディーデリク・ヴァン・ローイェン監督、シェイ・ミッチェル主演のホラー「Possession of Hannah Grace」
Johnny McPhail監督、エラ・ハント出演のゾンビミュージカルコメディホラー「Anna and the Apocalypse」
ティル・シュヴァイガー監督、ニック・ノルティ出演の「Head Full of Honey」
コリン・ファース主演、日本では19年1月11日公開予定の「喜望峰の風に乗せて」
バリー・ジェンキンズ監督が「ビール・ストリートに口あらば」を映画化した「If Beale Street Could Talk」
あたりが公開予定。



[PR]

by hamchu | 2018-11-26 07:41 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 21日

そしてジェレミー・レナーさん


ジェレミー・レナーさんが来て、アンソニー・マッキーさんが来ない。もう何でもアリですね、ホント。

しかしこれは大変困りましたなー
私たちは第一回のコミコンでジェレミーさんと写真を撮っているようにジェレミーさんの大ファンなのです(チケットとるかは子どもが帰ってから相談ですね)。

そのほかステージのタイムスケジュールが決定したので大体の予定を立てておいたのですが(ざっくりざっくり)、これは来日ゲスト登壇予定のイベントにもいたほうがいいですかね。

そしてこの週末の予定も何とかせねば。
赤毛のアン、アンクルドリュー、ポリスストーリーの中から二つとIMAXのファンタビを組み合わせるパターンで一つは赤毛のアンとIMAXレーザー川崎のファンタビ(これはとれました)。アンクルドリューは日比谷以外はムリなので新宿か日比谷でポリスストーリーとファンタビ。ファンタビの新宿のチケットの出具合がいいので(マイレージ会員の21時スタートならまだいいんですが…)いつもの場所で取れないようなら日比谷にしようか、という感じです。

ところで…くるみ割り人形ってIMAXあり?



[PR]

by hamchu | 2018-11-21 14:41 | Trackback | Comments(3)
2018年 11月 20日

【Trailer】The Informer 三秒間の死角



アンデシュ・ルースルンド(Anders Roslund)とベリエ・ヘルストレム(Borge Hellstrom)のベストセラー「三秒間の死角(Three Seconds)」を映画化した「The Informer」(いつの間にそんなタイトルに!)のTrailer!



監督はアンドレア・ディ・ステファノ、ジョエル・キナマン、ロザムンド・パイク、コモン、クライヴ・オーウェンらが出演。
北欧系の小説が原作なので主人公ほか登場人物の名前は改変、そのほか設定も若干変わっている感じ。

ジョエル・キナマンのお姉さんって「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」のあの男の子みたいな女の子(メリンダ・キナマン)だったんだーでもってTVシリーズの「犯罪心理分析官インゲル・ヴィーク」の主演だよ(アンネ・ホルトの原作アリですよ)とビックリです。

The Informer 19年英
監督:アンドレア・ディ・ステファノ
脚色:マット・クック
制作総指揮:Lee Broda、シェリー・ブラウニング、デヴィッド・ダイナースタイン、アンダース・エアデン、ジョナサン・ファーマンほか
製作:ウェイン・マーク・ゴッドフリー、ジェームズ・ハリス、ベイジル・イワニク、ロバート・ジョーンズほか
音楽:ブルック・ブレア、ウィル・ブレア
撮影:ダニエル・カッツ
原作:
三秒間の死角 上 (角川文庫) アンデシュ・ルースルンド、 ベリエ・ヘルストレム 角川書店
三秒間の死角 下 (角川文庫) アンデシュ・ルースルンド、 ベリエ・ヘルストレム 角川書店
出演:ジョエル・キナマン、ロザムンド・パイク、コモン、クライヴ・オーウェン

【関連】
映画原作関連ニュース Three Seconds、Falling Out of Fashion… 11年4月6日
【映画】「三秒間の死角」ルーク・エヴァンス主演で映画化へ 15年3月10日 
【映画】ジョエル・キナマン、ロザムンド・パイクら「三秒間の死角」に出演へ  17年5月18日

原作 おもな登場人物
エリック・ウィルソン
パウラ(ピート・ホフマン) (ジョエル・キナマン)
エーヴェルト・グレーンス 警部
アンニ・グレーンス (コモン)
マウリシュ
イエジ
スヴェン・スンドクヴィスト
マリアナ・ヘルマンソン
ニルス・クランツ
ソフィア ピートの妻 (アナ・デ・アルマス)
ヒューゴー、ラスムス ピートの息子
ヘンリック・バク
ズビグニエフ・ボルツ
グシェゴシェ・クミーヌヴェック
ルードヴィッグ・エルフォシュ
ヤコプ・アナスン
フレドリック・ヨーランソン
ステファン・リガス
ラーシュ・オーゲスタム 
レナート・オスカーション 刑務所長
警察庁長官
マルティン・ヤコブソン 看守長
政務次官
ステルネル 狙撃手



[PR]

by hamchu | 2018-11-20 13:31 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 19日

今度はエズラ・ミラーさんだって(笑)


東京コミコン、残念ながら「バーフバリ・グッズセット購入券」は外れた…
のですが、ジョン・キューザックさんが来日中止、でもって、エズラ・ミラーさんの来日が決定!
うひゃーここにきてまたですかい(今年のコミコンはホントにやってくれるなあ 笑)という感じ(フラッシュは好きですよね、われらは←ああいうキャラは鉄板ですよね)。

ラーナー・ダッグバーティ氏もエズラ・ミラー氏も日曜のステージイベントに登壇予定なのでこれは待機しておくべし(去年のマッツさんみたいにフラフラ通りかかっても見えたりするんですが…)。混雑している中ぐるんぐるん歩きっぱなしは疲れるんですよね(トイレも混んでるし)。
セバスチャン・スタンさんがいらっしゃらないとなったときはどうなることかと思いましたが、これは何だかんだ3DAYと宿をとっておいてよかった…ですね。



[PR]

by hamchu | 2018-11-19 18:38 | Trackback | Comments(1)
2018年 11月 19日

全米映画興収速報 18年11月19日 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が初登場1位に



今週は「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が4163館、$62.2Mで初登場1位、
2位、3位は先週からワンランクダウンで
2位「グリンチ」、3位「ボヘミアン・ラプソディ」となりました。

4位、5位は初登場の作品で
ショーン・アンダース監督、マーク・ウォールバーグ&ローズ・バーン出演のコメディ「Instant Family」が3286館、$14.7Mで4位、
スティーヴ・マックィーン監督、ヴィオラ・デイヴィス、ミシェル・ロドリゲスらが出演、原作はリンダ・ラ・プラントのベストセラー「妻たちの落とし前(Widows)」(日本公開は19年4月)は2803館、$12.3Mで5位。

原作アリ関連では
「Boy Erased」が+332館(409館)で$1.28M、先週18位から暫定12位へ、「A Private War」が+827館(865館)で$725,000、先週28位から暫定15位へランクアップ。

そのほかの初登場では
賞戦線でも注目ピーター・ファレリー監督、ヴィゴ・モーテンセンの「Green Book」が25館、$312,000で暫定20位、
ジュリアン・シュナーベル監督、ウィレム・デフォー出演のゴッホの伝記映画「At Eternity's Gate」が4館、$92,000で暫定27位、
饒曉志(Xiaozhi Rao) 監督のコメディ「A Cool Fish」が15館、$65,000で暫定31位といった感じ。


11月16日-18日
1位 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 $62.2M
2位 グリンチ $38.165M
3位 ボヘミアン・ラプソディ $15.7M
4位 Instant Family $14.7M
5位 妻たちの落とし前 $12.3M
6位 くるみ割り人形と秘密の王国 $4.678M
7位 アリー/ スター誕生 $4.35M
8位 Overlord $3.85M
9位 蜘蛛の巣を払う女 $2.5M
10位 Nobody's Fool $2.26M


11月21日からは
「クリード 炎の宿敵」
「シュガー・ラッシュ:オンライン」
オットー・バサースト監督、タロン・エガートン主演の「Robin Hood」
あたりが公開予定。



[PR]

by hamchu | 2018-11-19 07:34 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 12日

全米映画興収速報 18年11月12日 「グリンチ」が初登場1位を獲得



今週はイルミネーションの新作「グリンチ」が4141館、$66Mで初登場1位を獲得!
2位はワンランクダウンで先週首位の「ボヘミアン・ラプソディ」
3位に2589館、$10.1MでJ・J・エイブラムス製作のゾンビ映画「Overlord」が入りました。

「ミレニアム」シリーズ4作目を映画化した「蜘蛛の巣を払う女」は2929館、$8.015Mで5位スタート。

そのほかの初登場は
岩井俊二監督の「Last Letter」(日本より先に公開?でもポスターはこれだなあ)が18館、$70,000(暫定31位)、
ジェイソン・ライトマン監督、ヒュー・ジャックマン主演の「フロントランナー」(日本公開は19年2月1日予定)が4館、$56,000(暫定32位)、
Luis Ortega監督、Lorenzo Ferro出演のアルゼンチン映画「El Angel」が2館、$25,473(暫定38位)、
シェフフリン・マガリーに関するドキュメンタリー「Chef Flynn」が1館、$8,100(暫定43位)
といった感じ。


11月9日-11日
1位 グリンチ $66M
2位 ボヘミアン・ラプソディ $30.85M
3位 Overlord $10.1M
4位 くるみ割り人形と秘密の王国 $9.565M
5位 蜘蛛の巣を払う女 $8.015M
6位 アリー/ スター誕生 $8.01M
7位 Nobody's Fool $6.54M
8位 ヴェノム $4.85M
9位 Halloween $3.84M
10位 The Hate U Give $2.07M


11月16日からは
「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」
ショーン・アンダース監督、マーク・ウォールバーグ&ローズ・バーン出演のコメディ「Instant Family」
スティーヴ・マックィーン監督、ヴィオラ・デイヴィス、ミシェル・ロドリゲスらが出演の「妻たちの落とし前(Widows)」(日本公開は19年4月)
ジュリアン・シュナーベル監督、ウィレム・デフォー出演のゴッホの伝記映画「At Eternity's Gate」
ジョン・ラッセンホップ監督、ジョン・トラヴォルタのアクション・スリラー「Speed Kills」
あたりが公開予定。



[PR]

by hamchu | 2018-11-12 07:32 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 05日

全米映画興収速報 18年11月5日 「ボヘミアン・ラプソディ」が$50Mで初登場1位に



今週は1位から3位までが初登場の作品で
1位、4000館、$50Mで「ボヘミアン・ラプソディ」
2位、3766館、$20Mで「くるみ割り人形と秘密の王国」
3位、2468館、 $14Mでタイラー・ペリー監督、ティファニー・ハディッシュ、ミッシー・パイル出演のコメディ「Nobody's Fool」となりました。

そのほかの初登場では
ジョエル・エドガートン監督、ルーカス・ヘッジズ出演のドラマ「Boy Erased」(原作Garrard Conley)が5館、$220,000で暫定22位、
日本では12月21日公開予定「私は、マリア・カラス(Maria by Callas)」が16館、$152,633 で暫定25位、
マシュー・ハイネマン監督、ロザムンド・パイク出演の実録ドラマ「A Private War」が4館、$72,000で暫定30位、
ジョセフ・カーン監督、ケイラム・ワーシー出演のコメディ「Bodied」が14館、$50,528(暫定35位)、
ギャビー・ポルスキー監督のドキュメンタリー「In Search of Greatness」が16館、$35,000(暫定38位)
といった感じ。


11月2日-4日
1位 ボヘミアン・ラプソディ $50M
2位 くるみ割り人形と秘密の王国 $20M
3位 Nobody's Fool $14M
4位 アリー/ スター誕生 $11.1M
5位 Halloween $11.015M
6位 ヴェノム $7.85M
7位 スモールフット $3.805M
8位 Goosebumps 2: Haunted Halloween $3.7M
9位 Hunter Killer $3.525M
10位 The Hate U Give $3.4M



11月6日からはジェイソン・ライトマン監督、ヒュー・ジャックマン主演の政治ドラマ「The Front Runner」
11月9日からは
「グリンチ」
「蜘蛛の巣を払う女」(日本公開は19年1月11日)
ゾンビ、戦争、IMAX!「Overlord」
ファビアン・コンスタン監督、サラ・ジェシカ・パーカー主演のドラマ「Here and Now」
Wes Miller監督、ジョン・キューザック出演のクライム・アクション「River Runs Red」
ハンナ・フィデル監督、トニー・レヴォロリ出演のコメディ「The Long Dumb Road」
Jaron Albertin監督、アレッサンドロ・ニヴォラ出演のドラマ「Weightless」
あたりが公開予定。



[PR]

by hamchu | 2018-11-05 07:54 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)