2018年 05月 07日

全米映画興収速報 18年5月7日 「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が$112.474M

 
今週は2週目の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が$112.474M。劇場数は4474館で変わらず。

ボブ・フィッシャー、ロブ・グリーンバーグ監督、「潮風のいたずら」をアンナ・ファリスとエウヘニオ・デルベス出演でリメイクした「Overboard」は1623館、$14.75Mで2位、
ジェイソン・ライトマン監督、ディアブロ・コディ脚本、シャーリーズ・セロン出演のコメディ「Tully」は1353館、$3.186Mで6位スタート。
またディーン・デヴリン監督、ロバート・シーアン、デヴィッド・テナント出演のスリラーホラー「Bad Samaritan」は2007館、$1.758Mで10位にランクイン。

その他の初登場では
ルース・ギンズバーグに関するドキュメンタリー「RBG」が34館、$560,000で暫定15位、
Umesh Shukla 監督、アミターブ・バッチャン出演のインドのコメディ「102 Not Out」が102館、$480,000で暫定16位、
グザヴィエ・ボーヴォワ監督、ナタリー・バイ、ローラ・スメット出演のドラマ「The Guardians」(原作はErnest Perochonの同名小説)が1館、$7,199(暫定39位)、
ミヒャエル・R・ロスカム監督、マティアス・スーナールツ出演のクライムドラマ「Racer and the Jailbird」が2館、$2,222 (暫定40位)
といった感じ。


5月4日-6日
1位 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー $112.474M
2位 Overboard $14.75M
3位 A Quiet Place $7.6M
4位 I Feel Pretty $4.9M
5位 ランペイジ 巨獣大乱闘 $4.62M
6位 Tully $3.186M
7位 ブラックパンサー $3.146M
8位 Truth or Dare $1.885M
9位 Super Troopers 2 $1.815M
10位 Bad Samaritan $1.758M


5月11日からは
ベン・ファルコーン監督、メリッサ・マッカーシー出演のコメディ「Life of the Party」
ジェームズ・マクティーグ監督、ガブリエル・ユニオン出演の「Breaking In」
マイケル・ピアース監督、ジェシー・バックレイ出演のスリラー「Beast」
マイケル・メイヤー監督、シアーシャ・ローナン主演、チェーホフの「かもめ」を映画化した「The Seagull」
Coralie Fargeat監督、マチルダ・ルッツ出演のスリラー「Revenge」
Alexandros Avranas監督、ジム・キャリー出演のスリラー「Dark Crimes」
Vaughn Stein監督、マーゴット・ロビー、サイモン・ペッグ出演のスリラー「Terminal」
ティモシー・マクニール監督、脚本、マット・ボマー、ジョン・キャロル・リンチ出演のドラマ「Anything」
Matthew Charles Santoro監督、ジェイド・テイラー出演のSFスリラー「Higher Power」
ドミニク・サヴェージ監督、ジェマ・アータートン、ドミニク・クーパー出演のドラマ「The Escape」
あたりが公開予定。

 
[PR]

# by hamchu | 2018-05-07 07:30 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 30日

全米映画興収速報 18年4月30日 「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が暫定$250Mでスタート

 
今週は「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が4474館、暫定$250Mで初登場首位に(先週8位の「ブラックパンサー」が5位に浮上してくるなどマーベルすごいことになってます)。
2位に先週1位の「A Quiet Place」、
3位が変わらず「I Feel Pretty」となりました。

そのほかの初登場では
セバスティアン・レリオ監督、レイチェル・ワイズ、レイチェル・マクアダムス出演の「Disobedience」(原作はNaomi Aldermanの同名小説)は5館、$241,276で暫定19位、
デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督、ハル・ベリー、ダニエル・クレイグ出演のドラマ「Kings」は214館、$173,113で暫定24位、
クレール・ドニ監督、ジュリエット・ビノシュ、グザヴィエ・ボーヴォワ出演の「Let the Sunshine In」が2館、$40,267で暫定30位、
アニメーション「Zoo Wars」が12館、$8,910(暫定39位)、
ミゲル・アルテタ監督、アリア・ショウカット出演のロマコメ「Duck Butter」が2館、$3,360(暫定40位)
といった感じ。


4月27日-29日
1位 アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー $250M
2位 A Quiet Place $10.65M
3位 I Feel Pretty $8.13M
4位 ランペイジ 巨獣大乱闘 $7.105M
5位 ブラックパンサー $4.38M
6位 Super Troopers 2 $3.6M
7位 Truth or Dare $3.21M
8位 Blockers  $2.945M
9位 レディ・プレイヤー1 $2.435M
10位 Traffik $1.62M


5月4日からは
ディーン・デヴリン監督、ロバート・シーアン、デヴィッド・テナント出演のスリラーホラー「Bad Samaritan」
ボブ・フィッシャー、ロブ・グリーンバーグ監督、アンナ・ファリスとエウヘニオ・デルベス出演、「潮風のいたずら」リメイク版「Overboard」
ジェイソン・ライトマン監督、ディアブロ・コディ脚本、シャーリーズ・セロン出演のコメディ「Tully」
Umesh Shukla 監督、アミターブ・バッチャン出演のインドのコメディ「102 Not Out」
Bobby Miller 監督、アンナ・フリエル、ジョニー・ガレッキ出演のファンタジーコメディ「The Cleanse」
ミヒャエル・R・ロスカム監督、マティアス・スーナールツ出演のクライムドラマ「Racer and the Jailbird」
あたりが公開予定。

 
[PR]

# by hamchu | 2018-04-30 07:50 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 27日

【映画】レニー・ゼルウィガーとルーイ・アンダーソン、「Heft」に出演へ

 
レニー・ゼルウィガー、ルーイ・アンダーソンがマックス・ニコルズ監督の「Heft」に出演する模様。

原作はLiz Mooreの同名ベストセラー、作者自身が脚色。
Gotham Groupのエレン・ゴールドスミス=ヴァイン、Eric Robinsonが制作。

[内容]
Former academic Arthur Opp weighs 550 pounds and hasn't left his rambling Brooklyn home in a decade. Twenty miles away, in Yonkers, seventeen-year-old Kel Keller navigates life as the poor kid in a rich school and pins his hopes on what seems like a promising sporting career - if he can untangle himself from his family drama. The link between this unlikely pair is Kel's mother, Charlene, a former student of Arthur's. After nearly two decades of silence, it is Charlene's unexpected phone call to Arthur - a plea for help - that jostles them into action.

原作 Heft Liz Moore Windmill Books

 
[PR]

# by hamchu | 2018-04-27 07:46 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 27日

【Amazon】エイミー・スチュワートの「Girl Waits With Gun」シリーズ化へ

 
Amazonはエイミー・スチュワート(Amy Stewart)のベストセラー書籍「Girl Waits With Gun」をドラマシリーズ化、ジェニファー・クリッテンデン、ガブリエル・アランが脚色する模様。

エリザベス・バンクス、マックス・ハンデルマン、クリッテンデン、アランが制作総指揮。

原作 Girl Waits With Gun (Costco edition) Amy Stewart Scribe Publications; New版

 
[PR]

# by hamchu | 2018-04-27 07:40 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 26日

このところのイオンシネマ板橋は何気にすごい

 
ワンダーストラック(KADOKAWA)
ダンガル(ギャガ)
ベルリン・シンドローム(レスペ)
女は二度決断する(ビターズ・エンド)

上映時間は色々ありですが今週イオンシネマ板橋で上映されていた作品(邦画では「ニワトリ☆スター」もやってる)。
なかなかすごいラインナップですよね(特に「ベルリン・シンドローム」にはビックリ 笑)。

3月にはニコケイ氏の「ヒューマン・ハンター」(アルバトロス・フィルム)などもやっており、来月には「ファントム・スレッド」(ビターズ・エンド)も予定されているなど次に一体何が来るのか全く予測不能ですが、これからもどんどん単館系の作品を上映していただきたいものです。

昔ながらの単館映画館は座席的に子どもにはキビシイ。
ひょっこり入っているシネコン上映はとても便利なのですが、例えば「ボストン・ストロング」みたいな劇場展開だと何処に行ったらいいやら…(上映時間にもよりますがこの場合多分TOHOシネマズ川崎)
実際に行ってみると、ああ、勿体ないというお客さんの入りで何とも言えないことも多々ありますが…

*そうそう、イオンシネマは券売機でオーナーズカードが利用できるようになったんですよね。それまでは窓口に並ばねばならなかったのが便利便利。

 
[PR]

# by hamchu | 2018-04-26 08:06 | その他 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 25日

このところのIMAXは予定を立てるのが難しい

 
いよいよ「インフィニティ・ウォー」が公開されますが…D23以降我々(私+4年生になって背がグングン伸びてきた小さい人改め中くらいの人)が何をしていたかといえばやっぱり毎週映画に行ってました(笑)。
今年に入ってからハシゴが可能になったため(2本見ても全然疲れない、3本いけるんじゃないかってくらい)スケジュールにはかなり余裕が出たんですが(何しろ土曜のみ、夜もダメですからねー)ブッキングには苦労させられてます。
特に上映方式(IMAX)と見る順番は譲れないためにあっちにフラフラこっちにフラフラ。
スケジュールが発表されるたび予想(願望 笑)とは大幅に違っていてうわーそう来たか、これは困ったね、という感じ。
3月以降のIMAXは特に1週目が勝負(というか1週しかやってない場合も多数)。
これが5月以降になると公開予定作品が少なくてスカスカになるはずなんですけどねー

絵日記の絵ですが3月からはツイッターにアップしています(こちらの方で何処に何を見に行ったかわかったり…)。
@leokabw

さて、このGWは2回「インフィニティ・ウォー」を見て、1回は午前10時の映画祭の「シェーン」、1回はIMAXの「レディ・プレイヤー1」(2度目)と併せたいと思っています。
となると前者TOHO新宿、後者「レディ・プレイヤー1」を先に見れるスケジュールは109川崎しかない。
我々は席もほぼ定位置(前より、前に通路、真ん中よりやや左)、最もチケットがとりにくいTOHO新宿IMAXでいつもの場所がとれるかどうか(ただ、3Dだとこの場所はイマイチでそれより前の方がしっくりくるんですよねーただし画面が伸びると下がどうかなー?)。
日比谷で「インフィニティ・ウォー」だけだったらだいぶ楽なんですけどねー
ちなみに5月5日は「サバービコン」と「ホース・ソルジャー」の予定です(なんだかすごい組み合わせですね 笑)。

そうそう、中くらいの人はTOHOのシネマイレージ6000マイル(1ヶ月フリーパスポート)に王手をかけました。鑑賞ポイント(6ポイントで1本無料)は41P(ため込んだなー)。
新宿は土日祝当日券を買うのは難しいのですが夏休みの平日なら何とかなるかな?

 
[PR]

# by hamchu | 2018-04-25 08:59 | その他 | Trackback | Comments(6)
2018年 04月 24日

【映画】The Jim Henson Company、「フクロウからのプロポーズ」を映像化

 
The Jim Henson Companyはステイシー・オブライエン(Stacey O’Brien)のベストセラー手記「フクロウからのプロポーズ(Wesley the Owl: The Remarkable Love Story of an Owl and His Girl)」の権利を取得、「イルカと少年」のカレン・ジャンツェンが脚色する模様。

リサ・ヘンソンがHalle Stanford、 Sarah Maizes、ラリー・ハンメル、Tera Kurtzと制作。

メンフクロウの飼育、思ったより大変そうです(ご近所のペットショップではフクロウ、ミミズク売ってますが…)。
私は冷凍のネズミなど全く抵抗ありませんが、鶏頭水煮缶なんかまんま入ってるのもありますもんね。鶏足(もみじというやつかな?)の方が気持ち悪いや(何の話だ 笑)。

原作 フクロウからのプロポーズ ステイシー・オブライエン 日経ナショナルジオグラフィック社

原作 おもな登場人物
わたし ステイシー
ウェズリー(ウェズ) メンフクロウ

ロナン・ペンフィールド博士
ウェンディ 親友
アニー ウェンディの娘
ウォリー 母のボーイフレンド
ガイ・リター
アイリーン ガイの母
祖父
祖母
ケイト・リード

 
[PR]

# by hamchu | 2018-04-24 13:15 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 24日

【Trailer】Sharp Objects KIZU―傷―

 
ギリアン・フリン(Gillian Flynn)の小説「KIZU―傷― 」をシリーズ化、HBO、エイミー・アダムス出演の「Sharp Objects」のTrailer!



プレミアは7月予定。
これ、ジェイソン・ブラム関連だったんですね(テーマとしてはよくわかるけどすっかり忘れてた)。

Sharp Objects 18年米
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
脚色:マーティ・ノクソン、スコット・ブラウン、Ariella Blejer、Vince Calandra Jr. ほか
制作総指揮:エイミー・アダムス、ジェイソン・ブラム、ギリアン・フリン、チャールズ・レイトン、マーティ・ノクソンほか
撮影:イヴ・ベランジェ、ロナルド・ブラント
原作:KIZU―傷― (ハヤカワ・ミステリ文庫) ギリアン・フリン 早川書房
出演:エイミー・アダムス、パトリシア・クラークソン、クリス・メッシーナ、マット・クレイヴン、ミゲル・サンドヴァル、エリザベス・パーキンス

【関連】
【TV】ギリアン・フリンのデビュー作、ドラマ化へ? 14年7月26日
【TVM】エイミー・アダムス、「Sharp Objects」に出演へ 16年2月23日

原作 おもな登場人物
わたし カミル・プリーカー デイリー・ポスト紙記者 (エイミー・アダムス)
フランク・カリー (ミゲル・サンドヴァル)
アドラ・クレリン カミルの母 (パトリシア・クラークソン)
アラン カミルの義父 (ヘンリー・ツェーニー)
アマ(アミティ・アドラ) カミルの異母妹 (Eliza Scanlen)
ナタリー・ジェイン・キーン 被害者 (ジェシカ・トレスカ)
ビル・ウィッカリー ウィンド・ギャップ警察署長
ケイティ・レイシー カミルの友人
アン・マリー・ナッシュ 被害者
ロバート(ボブ)・ナッシュ アンの父 (ウィル・チェイス)
ジェイムズ・キャピシ
リチャード・ウィリス カンザスシティの刑事 (クリス・メッシーナ)
アイリーン カリーの妻 (バーバラ・イヴ・ハリス)
ジャッキー・オニール アドラの友人 (エリザベス・パーキンス)
ジョン ナタリーの兄 (テイラー・ジョン・スミス)
メレディス・ホイーラー

 
[PR]

# by hamchu | 2018-04-24 08:11 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 23日

【Amazon】アンドレア・ライズブロー、ガブリエル・バーンら「Zero, Zero, Zero」に出演へ

 
死の薬コカインはいかに世界を崩壊させているのか。

アンドレア・ライズブロー出演、Amazon-Skyのミニシリーズ、ステファノ・ソッリマ監督の「Zero, Zero, Zero」の製作が開始された模様。

原作は「ゴモラ」の原作者ロベルト・サヴィアーノ(Roberto Saviano)の書籍「コカイン ゼロゼロゼロ: 世界を支配する凶悪な欲望」
8パートのシリーズ、ガブリエル・バーン、デイン・デハーン、Harold Torresも出演。

実在の犯罪者の名前がてんこ盛り(でもってみんなフルネームが長い!あだ名もあるし)、拷問の恐ろしい描写もあり万人にお薦めできる本ではありませんがドン・ウィンズロウの「犬の力」あたりがお好きなら是非。
ライズブローの役などは原作には直接的に該当する人物はいないと思うんですが…

原作 コカイン ゼロゼロゼロ: 世界を支配する凶悪な欲望 ロベルト サヴィアーノ 河出書房新社

 
[PR]

# by hamchu | 2018-04-23 14:00 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 23日

全米映画興収速報 18年4月23日 「A Quiet Place」が再び1位に

 
今週末は先週2位の「A Quiet Place」が$22Mで首位に返り咲き、2位は先週1位の「ランペイジ 巨獣大乱闘」、3位に初登場、3440館で上映、$16.22Mでアビー・コーン&マーク・シルヴァースタイン監督、エイミー・シューマー出演のコメディ「I Feel Pretty」となりました。

ジェイ・チャンドラセカール監督・出演のコメディ「だめんず・コップ」の続編「Super Troopers 2」は2038館、$14.7Mで4位、
デオン・テイラー監督、ポーラ・パットン、オマー・エップス出演のアクション・スリラー「Traffik」は1046館、$3.875Mで9位、
Siva Koratala監督、Mahesh Babu出演のインド映画「Bharat Ane Nenu」は305館、$2.85Mで11位スタート。

その他の初登場は
ミシェル・アザナヴィシウス監督、ルイ・ガレル、ステイシー・マーティン出演、原作はアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説「Un an apres」(「彼女のひたむきな12ヶ月」の続編)「Godard Mon Amour(Le Redoutable)」(日本では7月13日公開予定)が4館、$12,646(暫定37位)、
ジェレミー・ダイソン&アンディ・ナイマンが監督、マーティン・フリーマン出演のホラー「Ghost Stories」が1館、$12,563(暫定38位)、
ウィリアム・フリードキン監督のガブリエーレ・アモルト(バチカンの悪魔払い司祭?)に関するドキュメンタリー「The Devil and Father Amorth」が8館、$10,851(暫定39位)、
Cordula Kablitz-Post監督、ニコール・ヒースターズ出演のドラマ「Lou Andreas-Salome, the Audacity to be Free」が1館、$5,000(暫定40位)
といった感じ。


4月20日-22日
1位 A Quiet Place $22M
2位 ランペイジ 巨獣大乱闘 $21M
3位 I Feel Pretty $16.22M
4位 Super Troopers 2 $14.7M
5位 Truth or Dare $7.91M
6位 レディ・プレイヤー1 $7.5M
7位  Blockers  $6.985M
8位 ブラックパンサー $4.642M
9位 Traffik $3.875M
10位 犬ヶ島 $3.4M


4月27日からは
既にチケットが相当スゴイことになっている「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」
セバスティアン・レリオ監督、レイチェル・ワイズ、レイチェル・マクアダムス出演の「Disobedience」(原作はNaomi Aldermanの同名小説)
Peter Livolsi監督、エレン・バースティン、ニック・オファーマン出演のコメディ「The House of Tomorrow」
デニズ・ガムゼ・エルギュヴェン監督、ハル・ベリー、ダニエル・クレイグ出演のドラマ「Kings」
あたりが公開予定。

 
[PR]

# by hamchu | 2018-04-23 08:07 | 興収成績 | Trackback | Comments(2)