2004年 10月 29日

【TVM】ABCとNBCが「9/11 Commission Report」をミニシリーズに

米ネットワークABCとNBCがそれぞれ「9/11 Commission Report」に基づくTVミニシリーズを企画している模様。

この「9/11 Commission Report」は米同時多発テロを検証していた9-11委員会の最終報告書で、ネット上でも全文のPDFファイルが無料でダウンロード可能。
ペーパーバック版は現在もベストセラーリストで上位をキープ(ちなみに最新のNYタイムズのベストセラーリストでは「フライデー・ナイト・ライツ」に次いでペーパーバックノンフィクション部門で2位)。やっぱり紙のほうが読みやすいですもんね…

NBC版は「スピード」、「バンド・オブ・ブラザース」のグラハム・ヨストが製作に関わるとのこと。

また、この文書は公文書なため、映像化に当たっての権利獲得や著作権使用料の支払い等は不要のようです。

ライフログ
9/11 Commission Report: Final Report of the National Commission on Terrorist Attacks Upon the United
National Commission on Terrorist Attacks / W W Norton & Co Inc
[PR]

# by hamchu | 2004-10-29 16:10 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 29日

【映画】トマス・ハリス「ハンニバル」続編 来秋出版へ!

新しいハンニバル・レクターの小説が来秋出版されると発表されました!
タイトルは「Behind the Mask」、出版社はthe Bantam Dell Publishing Group。
New Hannibal Lecter Novel Coming Next Fall

映画化権は「ハンニバル」、「レッド・ドラゴン」のディノ・デ・ラウレンティス・カンパニーが既に押さえている模様。
[PR]

# by hamchu | 2004-10-29 07:58 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(7)
2004年 10月 28日

【TVM】スティーヴン・キング原作「デスペレーション」 アリゾナでもうすぐ撮影開始

先日スティーヴン・キング原作の「ライディング・ザ・ブレット」が公開されたばかりのミック・ギャリスが、またもやキング原作モノ、ABCのミニシリーズ「デスペレーション」製作を開始する模様。
「デスペレーション」は今年の春から撮影開始まだかまだか~という状態だったので(何度アリゾナで撮影予定、と見たことか)ようやく…という感じでしょうか。

ネヴァダ州の寂れた鉱山の町、地底深く封印された何かが蘇るとき…

ファンゴリアのサイトに挙がっていたキャストの名前はこんなところ。
警察官コリー・エントラジアン 「ヘル・ボーイ」のロン・パールマン
スティーヴ・エイムズ ミニシリーズ「シャイニング」のスティーヴン・ウェバー
メアリ 「Xファイル」のモニカ・レイエス捜査官ことアナベス・ギッシュ
トム・ビリングスリー 「スパイダーマン」のベンおじさん、「ライディング・ザ・ブレット」にも出演、クリフ・ロバートソン
ラルフ・カーヴァー ギャリス作品にはよく出演、このところはシャーロック・ホームズで有名?マット・フルーワー
デヴィッド  Shane Haboucha(子役)

その他、ハリウッド・レポーターにはトム・スケリット出演とも書いてあったようです。
まあ、ミック・ギャリスも「ライディング・ザ・ブレット」の次は「デスペレーション」だ、と公言していましたからな。
ハロウィンに撮影開始…ってのもなかなかよいでしょう。

ライフログ
デスペレーション〈上〉
スティーヴン キング Stephen King 山田 順子 / 新潮社

デスペレーション〈下〉
スティーヴン キング Stephen King 山田 順子 / 新潮社
[PR]

# by hamchu | 2004-10-28 15:40 | TV・ニュース | Trackback(1) | Comments(1)
2004年 10月 28日

【映画】70年代のTVM「のぞき魔!バッド・ロナルド/十代の異常な欲望」リメイク映画化か?

70年代のカルトTVM「Bad Ronald」(邦題は「のぞき魔!バッド・ロナルド/十代の異常な欲望」)にリメイク企画アリ?
ワーナーブラザース製作、「“アイデンティティー”」の脚本家マイケル・クーニーが脚色予定、ということのようです。

ちょっとしたはずみから近所の少女を殺してしまった少年ロナルドは、母に護られ密かに家の隠し部屋で暮らしていた。
しかし、母の死により、ロナルドの家は売りに出されてしまう。
そして何も知らないで越してきた一家と壁の中のロナルドの奇妙な同居生活が始まったのだが…(という話だったように記憶している。違ったらすみません)

しかし、TV放送題の「のぞき魔!…」って一体…(えらいインパクトのあるタイトルだったことは確か。何だか見るのが憚られる気分に)
主人公のロナルドにはスコット・ジャコビー(ジョディ・フォスターの「白い家の少女」にも出演。私、「白い家の少女」が好きでこのTVMを見てみたんですけど…ちとショック)。
その他、「猿の惑星」のキム・ハンター、ダブニー・コールマン、リサ・アイルバッハーが出演。
監督はスティーヴ・マックイーンの「ハンター」、ジェフリー・アーチャー原作のTVM「ケインとアベル」のバズ・キューリック。

のぞき穴からのぞいてみたら相手ものぞいてた、ってとこと、70年代らしいラストの余韻が遠い記憶に残っているようないないような(機会があればまた是非見てみたいものです)。

原作は「魔王子シリーズ」で知られるジャック・ヴァンス(クレジットは本名ジョン・ホルブリック・ヴァンス?)の「Bad Ronald
いやあ、このTVM、原作があったんだ…しかも、ジャック・ヴァンス…(いろんな意味でビックリ)
[PR]

# by hamchu | 2004-10-28 09:50 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)
2004年 10月 27日

【映画】「オデュッセイア」映画化?

a0000270_1645289.jpgリージェンシー・エンタープライゼスにホメロスの叙事詩「オデュッセイア」映画化の企画がある模様。

「ウェルカム・トゥ・サラエボ」、「24アワー・パーティ・ピープル」、「CODE46」などの英国の脚本家フランク・コットレル・ボイスが脚色予定(The Hollywood Reporterでは「ハリーポッター」の製作者アンドリュー・ハイマンが製作、と書かれているのですが…ディッド・ハイマンじゃなくて???)。

トロイア戦争の後、オデュッセウスは故国イタケへ帰還する途中嵐で漂流し、10年に渡って様々な脅威にあう。

「オデュッセイア」というとアーマンド・アサンテ、イザベラ・ロッセリーニのTVMがすぐ浮かんでしまうのは、私がホールマーク好きだから?(監督は「暴走機関車」のアンドレイ・コンチャロフスキー。怪物が出てくる神話物は実にホールマーク向きでしょう)
今年の「トロイ」でのオデュッセウスはショーン・ビーンでしたね。

映画のほうの「オデュッセイア」企画は以前ニール・ジョーダンが監督する…なんて話もあったと思うのですが…

表紙 オデュッセイア 上 岩波文庫(岩波書店)

ライフログ
オデュッセイア〈上〉 ホメロス Homeros 松平 千秋 / 岩波書店
オデュッセイア〈下〉 ホメロス Homeros 松平 千秋 / 岩波書店
[PR]

# by hamchu | 2004-10-27 16:37 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2004年 10月 27日

【TVM】「オズの魔法使い」の続編ではない「Surrender, Dorothy」

これもCBSのTVムービー。
ダイアン・キートン出演の「Surrender, Dorothy」に「母の眠り」のロム・エヴェレット・スコットと「リディック」のアレクサ・ダヴァロスが出演する模様。

ダイアン・キートン扮するナタリーの娘サラ(ダヴァロス)は、突然自動車事故で死亡。
最愛の娘を失ったナタリーはサラが夏期休暇を過ごすはずだった別荘で、サラの友人たちと交流することになるが…
エヴェレット・スコットはサラの友人で成功した脚本家アダム(ゲイのニール・サイモンなんてマスコミに称されている)。

「Surrender, Dorothy」というのは「オズの魔法使い」関連のフレーズのひとつで、数年前にドリュー・バリモア主演で製作が発表された「オズの魔法使い」続編のタイトル(そういえばこの映画の企画どこに行っちゃったのやら)。
ここでは仲良し母娘のナタリーとサラが日常会話で使っていたフレーズ、ということのようです。

原作は「ディス・イズ・マイライフ」、メグ・ウォリッツァーの小説「Surrender, Dorothy」。
スタンダップ・コメディアンを目指す母親とその子供たちを描いた「ディス・イズ・マイライフ」はノーラ・エフロン監督の映画版もなかなか面白かったですね~

ライフログ
Surrender, Dorothy: A Novel Meg Wolitzer / Scribner
[PR]

# by hamchu | 2004-10-27 09:33 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 26日

【TVM】この人たち、本当は恐竜です…「Anonymous Rex」

a0000270_1645561.jpga0000270_16452282.jpg米the SCI FI Channel で来年放送予定のTVM「Anonymous Rex
オフィシャルサイトがオンラインに(やっと出ました)。
SCIFICOM | SCI FI Pictures: Anonymous Rex

アイザック・ヘイズとフェイ・ダナウェイのキャラクターはTVMオリジナルだったはず(どっかで書いたっけ?)。
しかし、ギャラリー写真だけ見ていると、これが「鉤爪…」のTVMだとはまずわかりません(笑 これだけでわかったらすごいって)。
【海外TVの原作ニュース】恐竜ハードボイルドもTVMに

原作はエリック・ガルシアの「鉤爪プレイバック」(TVMの題は「Anonymous Rex」でシリーズ1作目「さらば愛しき鉤爪」と同じなのですが、お話はいわゆるprequel 前日譚である2作目「Casual Rex」に基づいている)
シリーズ3作目「Hot and Sweaty Rex」の翻訳版はまだかしらん。

表紙 さらば、愛しき鉤爪 鉤爪プレイバック ヴィレッジ・ブックス(ソニー・マガジンズ)

ライフログ
さらば、愛しき鉤爪 エリック ガルシア Eric Garcia 酒井 昭伸 / ソニーマガジンズ
鉤爪プレイバック エリック ガルシア Eric Garcia 酒井 昭伸 / ソニーマガジンズ
[PR]

# by hamchu | 2004-10-26 16:46 | Trailer・HP | Trackback | Comments(2)
2004年 10月 26日

【映画】「PS, I Love You」 監督が決定

現在米で公開中の「P.S.」とはまた違う映画です。

「マディソン郡の橋」、「マンハッタン・ラプソディ」の脚本家で未公開「マンハッタンで抱きしめて」の監督リチャード・ラグラヴェネーズがワーナーブラザーズ製作の「PS, I Love You」を監督する模様。

原作はセシリア・アハーン(Cecilia Ahern)のデビュー小説。
主人公は仲の良い夫を脳腫瘍で亡くした若い未亡人ホリー。
亡くなった夫ゲリーは死の前に妻に10のメッセージを残していた。
「PS, I Love You」で終わるそれは、ホリーに様々な指示を与え、新しい人生を踏み出させる力になっていく…

「死ぬまでにしたい10のこと」とは反対に、愛する人に残された者が辿る道筋を描いたものですが、残すも残されるも愛する人を想う気持ちはせつなく、ありがたい、というところかな。

映画は「グッドナイト・ムーン」、「ドラムライン」のウェンディ・フィネルマンが製作、アン・タイラー原作のTVM「ブロークン・ハイウェイ」(スーザン・サランドンとスティーヴン・ドーフ出演のやつ。原作邦題は「夢見た旅」)のスティーヴン・ロジャースが脚色予定。

*日本版の翻訳は林真理子氏。タイトル「P.S.アイラヴユー」小学館

ライフログ
PS, I Love You
Cecelia Ahern / Hyperion Books (Adult Trd Pap)
[PR]

# by hamchu | 2004-10-26 09:12 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 25日

【TVM】ミミ・ロジャースがロバート・B・パーカー原作のTVMでトム・セレックと共演

a0000270_1714729.jpgトム・クルーズの元奥さんミミ・ロジャースと「ソラリス」のヴィオラ・ディヴィスがCBSのTVムービー「Stone Cold」に出演する模様。
原作はロバート・B・パーカーのジェッシイ・ストーン・シリーズ第4作目「影に潜む

ロス市警から東部の町パラダイスの警察署長になった主人公ジェッシイ・ストーンをトム・セレックが演じ、ミミ・ロジャースは弁護士リタ・フィオーレ。デイヴィスは警官モリー役。

リタはパーカーのスペンサー・シリーズでおなじみのキャラ(初めは検事補として登場、第24作「悪党」では依頼人)。

このスペンサー・シリーズは80年代ロバート・ユーリック主演でTVシリーズになっているほか、ジョー・マンテーニャの単発TVMも何本か製作(マンテーニャ版は多分日本には入ってきていない。ここでのスーザンはマーシャ・ゲイ・ハーデン!)。
ちなみに、「悪党」は99年にTVMになっていてここでのリタは「悲しみよさようなら」のライラ・ロビンズ(TVシリーズ版ではキャロリン・マコーミック)。

ジェッシイ・ストーンのシリーズはまだ映像化されていない模様で今回が初?(このごろCBSのTVMラインナップのニュースが結構あるんだよね)

しかし、「ストーン・コールド」なんて題だから、はじめブライアン・ボズワースのアクション映画かと思いました…

表紙 影に潜む ロバート・B・パーカー ハヤカワ・ノヴェルズ(早川書房)

ライフログ
影に潜む ロバート・B・パーカー 菊池 光 / 早川書房
[PR]

# by hamchu | 2004-10-25 17:02 | TV・ニュース | Trackback | Comments(2)
2004年 10月 25日

全米映画興行収益 速報 10月25日

今週は「呪怨」のハリウッドリメイク版「The Grudge」(日本でのタイトルは「THE JUON/呪怨」)が$40Mで初登場ダントツの1位。
主演はサラ・ミシェル・ゲラー、監督はオリジナル版の清水崇氏、製作はサム・ライミ。
同じく初登場のベン・アフレックのコメディ「Surviving Christmas」は$4.5Mで7位スタートでした。

先週首位の「シャーク・テイル」は2位に降下、先週4位スタートの「Shall We Dance?」は3位に浮上。
「スリー・キングス」のデヴィッド・O・ラッセル監督、ジュード・ロウ、ナオミ・ワッツの「I Heart Huckabees」が公開館を増やして公開4週目で10位にランクイン。

NY、LAの4館で上映、アレクサンダー・ペイン監督のロードムービー「Sideways」(原作はレックス・ピケットの同名小説)は1館のアベレージが$52,073。この映画、なかなか評判がいいようで…

10月22日-24日
1位 THE JUON/呪怨 $40M
2位 シャーク・テイル $14.3M
3位 Shall We Dance?" $8.6M
4位 フライデー・ナイト・ライツ $7M
5位 Team America: World Police $6.6M
6位 Ladder 49 $5.4M
7位 Surviving Christmas $4.5M
8位 Taxi $4.25M
9位 The Forgotten $3.4M
10位 I Heart Huckabees $3M

29日からはジェイミー・フォックスがレイ・チャールズを演じるテイラー・ハックフォード監督の「Ray」、ニコール・キッドマンの「Birth」、そして「ソウ」が公開予定。
原作つきの映画ではイアン・マキューアンの「愛の続き」(新潮クレストブックス)を映画化した「Enduring Love」も限定公開予定です。
[PR]

# by hamchu | 2004-10-25 08:45 | 興収成績 | Trackback(2) | Comments(0)