2004年 09月 14日

【映画の原作ニュース】キャリア女性が専用オフィスをゲットする方法

またもやHOW TO本の映画化権が売れました(笑)。

働く女性がキャリアを積み、それを生かすのは難しい。
キャリア・ウーマンが行き詰まりを打破し、成功を収め、いかにして「Corner Office」をゲットするか…それが書かれているのがLois P.Frankel の「Nice Girls Don't Get the Corner Office: 101 Unconscious Mistakes Women Make That Sabotage Their Careers

まあ、日本で専用オフィスを持っている女性がどれくらいいるのか?と考えると、邦訳されるかどうかはやや疑問。
しかし、ゲイル・エバンスの「有能な女はなぜ、無能な男ほど評価されないのか」は角川書店から出ていたのでわからないか(はやばやと絶版のようですが。この本と「Nice Girls Don't Get the Corner Office」は同じシリーズのようです)。

映画化権は「ゴッドファーザー」、「10日間で男を上手にフル方法」製作者(というより「くたばれ!ハリウッド」の人)ロバート・エヴァンズとパラマウント・ピクチャーズが獲得。
ご丁寧に来年刊行予定の続編「Nice Girls Don't Get Rich」ともオプション契約を結んだ模様。さすがに抜かりないようです。

HOW TO本映画といえば「10日間で男を上手にフル方法」続編「How to Tell He's Not the One in 10 Days (and Other Warning Signs)」は脚本家がグレン・ウェルズに決定した模様。
【映画の原作ニュース】今度は10日間でどんな方法を教えてくれる?
もう、ここらは原作といってもどのあたりが原作なのか…

ライフログ
Nice Girls Don't Get the Corner Office: 101 Unconscious Mistakes Women Make That Sabotage Their Care Lois P. Frankel / Warner Business Books
How to Tell He's Not the One in Ten Days: (and Other Warning Signs) Michele Alexander Jeannie Long / Andrews McMeel Pub
[PR]

# by hamchu | 2004-09-14 08:58 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)
2004年 09月 13日

全米映画興行収益 速報 9月13日(追記アリ)

今週1位は(予想通り?)日本でも公開された「バイオハザード2 アポカリプス」でした。
2位はキム・ベイシンガーとクリス・エヴァンズ出演のスリラー「Cellular」 監督は「ファイナル・デスティネーション2」(邦題「デッドコースター」)監督デヴィッド・リチャード・エリス(今回は前作ほどひどい評価ではないようだ?)。

先週首位の「HERO」は4位に落ち、3位は先週2位のコメディ「Without a Paddle」
「アナコンダ2」が3位から6位、「パパラッチ」が4位から10位に降下。
ミーラー・ナーイル監督の「ヴァニティ・フェア」は1ランクアップで7位。
ランク外に消えていく作品が多い中、5週目の「プリティ・プリンセス2」、6週目の「コラテラル」はまだそこそこランキングにとどまっております。

9位に入った「Napoleon Dynamite」(ナポレオン・ダイナマイトという名前の青年が主人公のコメディ)は6月11日に公開されて以来、ずっと14位あたりをうろうろしていたのですが(公開映画館1館あたりの平均収入は大きかったんだけど)、徐々に劇場数を伸ばし今週はランクイン。

9月10日―12日
1位 バイオハザード2 アポカリプス $23.7M
2位 Cellular $10.6M
3位 Without a Paddle $4.6M
4位 HERO  $4.4M
5位 プリティ・プリンセス2 $2.93M
6位 Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid $2.9M
7位 ヴァニティ・フェア $2.75M
8位 コラテラル $2.7M
9位 Napoleon Dynamite $2.65M
10位 パパラッチ $2.6M

今週はジュード・ロウとグウィネス・パルトロウ、アンジェリーナ・ジョリーのSFアドベンチャー「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」(監督のケリー・コンランは「火星のプリンセス」を監督?)、ポール・ベタニーとキルスティン・ダンストのロマコメ「ウィンブルドン」、バーニー・マックの「Mr. 3000」あたりが拡大公開ですがどうでしょう?

*確定したら7位「パパラッチ」($2.77M)、8位「コラテラル」($2.72M)、9位「ヴァニティ・フェア」($2.6M)、10位「Napoleon Dynamite」($2.5M)と下位の順位に変動が!
[PR]

# by hamchu | 2004-09-13 09:32 | 興収成績 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 09月 12日

【映画の原作ニュース】ニール・ゲイマン「コララインとボタンの魔女」

a0000270_7464781.jpgニール・ゲイマン公式サイトのBlogで「コララインとボタンの魔女」の映画化オプション権が行使されたとゲイマン自身がコメント。
Film news and stuff

映画は「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」監督(ゲイマンも書いているように、この映画はティム・バートンの監督作品ではないのである)ヘンリー・セリックがストップモーションアニメで製作予定。

またゲイマンが脚本をつとめた「MirrorMask」(監督はデイヴ・マッキーン)はDVDスルーから来年劇場公開予定へ(公式サイト Sony Pictures MirrorMask)。
テント生活から普通の生活を夢見ているサーカス一家の少女ヘレナ。母が病で倒れた夜、彼女は不思議な世界の夢を見る。そこでヘレナは白の女王の病気を治すという「ミラーマスク」を探すことになる…というダーク・ファンタジー。
製作はジム・ヘンソン・カンパニー。
この映画の監督、デイヴ・マッキーンは上記「コラライン…」や「The Wolves in the Walls」などゲイマン作品のイラストなども手がけている人物。

他のゲイマン関連ニュースといえば少し前に、ニューラインがコミックブック「デス―ハイ・コスト・オブ・リビング」の映画化権を獲得、ゲイマン自身がスクリプトを書き、監督も?とも伝えられていたようです…

表紙 コララインとボタンの魔女 角川書店

ライフログ
コララインとボタンの魔女 ニール・ゲイマン / 角川書店
デス―ハイ・コスト・オブ・リビング ニール・ゲイマン 海法 紀光 / インターブックス
[PR]

# by hamchu | 2004-09-12 07:45 | 映画・ニュース | Trackback(1) | Comments(1)
2004年 09月 11日

【Trailer】原作は「高慢と偏見」?「Bride and Prejudice」

a0000270_756728.jpga0000270_7562021.jpg日本ではあまりヒットしなかった(残念)「ベッカムに恋して」の監督、グリンダ・チャーダの新作「Bride and Prejudice

題名からも明らかなように?ジェイン・オースティンの「高慢と偏見」(Pride and Prejudice)パロディと思っていたら…「高慢と偏見」が原作とのクレジットがありました!(笑)

本格的な?「高慢と偏見」の映画化はキーラ・ナイトレイ主演で企画されていますが(参考 【映画の原作ニュース】キーラ・ナイトレイ主演 「高慢と偏見」キャスト情報)、こちらはボリウッド・スタイル、「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」インド版といった雰囲気か?
Bride and Prejudice Trailer and Movie Clips

主演は「ジーンズ/世界は2人のために」、94年ミスワールドのアイシュワリヤー・ラーイ(コリーヌ・セロー作品「Chaos」でメリル・ストリープと共演?)。
お相手のダーシーには「トルク」、「ザ・リング」のマーティン・ヘンダーソン

グリンダ・チャーダには「猟奇的な彼女」リメイク版(原作はキム・ホシク)、TVシリーズ「かわいい魔女ジニー」の映画版(主演はキーラ・ナイトレイ?)企画もアリ、今人気の実力派女流監督の一人。

「Bride and Prejudice」の公開は、英国・インドでは10月8日、米ではNY・LA限定で12月24日予定です。

表紙 高慢と偏見 上・下 ちくま文庫(筑摩書房)

ライフログ
高慢と偏見 上 ちくま文庫 お 42-1 ジェイン・オースティン 中野 康司 / 筑摩書房
高慢と偏見 下 ちくま文庫 お 42-2 ジェイン・オースティン 中野 康司 / 筑摩書房
[PR]

# by hamchu | 2004-09-11 07:55 | Trailer・HP | Trackback(1) | Comments(1)
2004年 09月 10日

トロント国際映画祭 主な原作つき映画 上映作品 ② SPECIAL PRESENTATIONS

SPECIAL PRESENTATIONS

・Enduring Love(04年 英)
原作:「愛の続き」 イアン・マキューアン
関連 【Trailer】他人が自分を愛していると思い込む妄想…「Enduring Love」(追記アリ)

・キートンの大列車追跡(27年 米)
監督:クライド・ブラックマン
出演:バスター・キートン、マリアン・マック
原作:「The Great Locomotive Chase」 William Pittenger(クレジットなし?)

・Ladies in Lavender(04年 英)
監督:チャールズ・ダンス
出演:ジュディ・デンチ、マギー・スミス、ナターシャ・マケルホーン
原作 「Ladies in Lavender」(「Faraway Stories」中の短編) William J. Locke
*美しいコテージで静かに暮らす初老の姉妹はある日溺れかかったポーランド人の青年を助ける…
「ゴスフォード・パーク」、「スイミング・プール」などに出演の俳優チャールズ・ダンスの初監督作品。青年アンドレア役は「グッバイ、レーニン!」のダニエル・ブリュール(「Der Untergang」にも出ている)。

a0000270_10233245.jpg・ヴェニスの商人(04年 米)
監督:マイケル・ラドフォード(「イル・ポスティーノ」)
出演:アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ
原作:「ヴェニスの商人」 シェイクスピア
*ヴェネチア映画祭でも上映。

・P.S.(04年 米)
監督:Dylan Kidd
出演:ローラ・リニー、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ガブリエル・バーン
原作:「P.S.」 Helen Schulman
*原作者シュールマン自身が脚色を担当したロマンチック・ストーリー。

・Sideways(04年 米)
原作:「Sideways」 Rex Pickett
関連 【Trailer】アレクサンダー・ペイン監督のロードムービー「Sideways」

表紙 ヴェニスの商人 シェイクスピア全集 (10) ちくま文庫(筑摩書房)

ライフログ
Faraway Stories William J. Locke / Kessinger Publishing
シェイクスピア全集 (10) ヴェニスの商人 シェイクスピア 松岡 和子 / 筑摩書房
P.S.: A Novel Helen Schulman / St Martins Pr Special
[PR]

# by hamchu | 2004-09-10 10:23 | その他 | Trackback | Comments(1)
2004年 09月 09日

【Trailer】TVM「ディーン・クーンツのフランケンシュタイン」、「ゲド戦記」の予告が登場

この秋にはホールマークの本格派?「フランケンシュタイン」のTVMもあるんですが(ウィリアム・ハートとドナルド・サザーランドが出ているやつ)、これはマーティン・スコセッシ製作、マーカス・ニスペル監督、ディーン・R・クーンツ脚本のほう。
【海外TVの原作ニュース】ディーン・クーンツのフランケンシュタイン

このUSA NETWORKオリジナルムービーの公式サイトとTrailerはこちら。
USA NETWORK Frankenstein
おお、映像は一瞬で終わってしまった。これでは全然わからん(10秒くらい?まあ、TVですから…しかし”Based on characters created by Dean Koontz”って…)。

a0000270_751181.jpgホールマーク製作「ゲド戦記」TVM、Sci Fi Channelの「EARTHSEA」にもteaser trailerが登場。
SCIFICOM | Earthsea
こちらも短いです。

表紙 ゲド戦記1 影との戦い 岩波書店
[PR]

# by hamchu | 2004-09-09 07:40 | Trailer・HP | Trackback | Comments(2)
2004年 09月 08日

【映画の原作ニュース】クライヴ・バーカー「アバラット」映画化 脚色はジョン・ハリソン

a0000270_738877.jpg4部作からなるファンタジー・シリーズ「アバラット」の第2巻「Abarat: Days of Magic, Nights of War」がもうすぐ刊行予定ということで、作者クライヴ・バーカーのインタビュー記事がこちらに掲載。
In a terrifying world of his own

「アバラット」(日本ではソニー・マガジンズ刊)の映画化権はウォルト・ディズニーが獲得していますが(このあたりのエピソードはAmazon.co.jpの「アバラット」のレビュー、ソニー・マガジンズ提供のインタビュー記事で残っている)、上記インタビューによると脚色予定はジョン・ハリソンだそうな。
ジョン・ハリソンは「フロム・ザ・ダークサイド」、TVM「砂の惑星」の監督ですが、ロメロの「クリープショー」、「死霊のえじき」(公開当時のサントラ・カセットまだ持ってるんですが、聴きすぎてのびのび~ 笑)では音楽を担当。
この人選はバーカーも満足、といった感じでしょうか?

バーカーにはトッド・マクファーレンとのコラボ、アクション・フィギュア「Tortured Souls」を基にした映画を監督するなんて話もあったと思うのですが、このインタビューでは触れられていない様子。
公式サイトを見てみると、企画はなくなっていないようだけど、進行してもいないという感じかな…
Official Website of Clive Barker

表紙 アバラット ソニー・マガジンズ

ライフログ
アバラット クライヴ バーカー 池 央耿 / ソニーマガジンズ
Abarat: Days of Magic, Nights of War (Barker, Clive, Abarat, Bk. 2.) Clive Barker / Harpercollins Childrens Books
[PR]

# by hamchu | 2004-09-08 07:36 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)
2004年 09月 07日

リドリー・スコットが「アンドロメダ…」、フランク・ダラボンが「THE THING」をTVMに?

a0000270_1540619.jpga0000270_15402459.jpgリドリー・スコットが「アンドロメダ…」、フランク・ダラボンが「遊星よりの物体X」「THE THING」をリメイク、TVMに?
それぞれSci Fi Channelの4時間番組になる模様。

アンドロメダ…」はロバート・ワイズの71年作品。マイケル・クライトンの「アンドロメダ病原体」が原作。
今回のリメイク版では「愛の落日」(11日より公開予定。原作はグレアム・グリーンの「おとなしいアメリカ人」)ロバート・シェンカンが脚色予定。

THE THING」はクリスチャン・ネイビー監督、というよりハワード・ホークスの製作で知られる51年の作品。ジョン・カーペンター、カート・ラッセルで80年代にリメイク(「遊星からの物体X」)。ジョン・W・キャンベル・Jrの短篇「影が行く」が原作。

a0000270_15404628.jpga0000270_1541753.jpgSci Fi Channelの企画では他に
・スティーヴン・スピルバーグの「Nine Lives」
・マーティン・スコセッシの「The Twelve」 クリスマスの12日間の物語。脚本はデヴィッド・ピリー?
・ゲイル・アン・ハードの「Red Mars」 原作はキム・スタンリー・ロビンソンの「レッド・マーズ」
・ニコラス・ケイジの「The Dresden Files」 原作はジム・ブッチャーのオカルト探偵シリーズ「ドレスデン・ファイルズ」
・ブライアン・シンガーとディーン・デブリンの「The Triangle」 バミューダ・トライアングルの話。
が発表済(去年の6月くらいからニュースになっていたと思うのですが、その後すっかり忘れてた。しかし、Variety があげてるのを並べてみるとスゴイメンバーだなあ)。

ニュースになっていた段階ではそれぞれ05年放送予定、なんて書いてあったと思うのですが、本当にできるのかどうかは???とつい本音が(笑)。

表紙 アンドロメダ病原体 ハヤカワ文庫SF(早川書房)
  影が行く―ホラーSF傑作選 創元SF文庫(東京創元社)
  レッド・マーズ 上・下 創元SF文庫(東京創元社)

ライフログ
アンドロメダ・・・
/ ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

遊星よりの物体X《ニューマスター版》
/ アイ・ヴィー・シー

遊星からの物体X ― コレクターズ・エディション
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
[PR]

# by hamchu | 2004-09-07 15:40 | TV・ニュース | Trackback(2) | Comments(6)
2004年 09月 07日

全米映画興行収益 速報 9月7日

a0000270_8392560.jpg9月の最初の月曜日はレイバーデイの休日。ということでこの週末は9月3日から6日まで4日間の集計となっております。

先週首位の「HERO」が$11.5Mで今週も1位をキープ。
先週3位のパロディコメディ「Without a Paddle」が1ランク上昇して2位。
「アナコンダ」続編の「Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid」が2位から3位に降下。

今週の初登場ではスリラー「パパラッチ(Paparazzi)」が$7.8Mで4位。
96年のフランス映画「アパートメント」(ジル・ミモーニ監督、ロマーヌ・ボーランジェ、ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ出演)のハリウッドリメイク版「Wicker Park」が$6.7Mで6位。
リース・ウィザースプーンが文芸作品に挑んだ「ヴァニティ・フェア(原題)」が$6.11Mで8位(まあ、劇場数は1000程度だし)、コメディ「The Cookout」が$6.1Mで9位スタートでした(このあたり確定すると変動があるかも?)。

9月3日-6日
1位 HERO $11.5M
2位 Without a Paddle $9.4M
3位 Anacondas: The Hunt for the Blood Orchid $8M
4位 パパラッチ $7.8M
5位 プリティ・プリンセス2 $7.3M
6位 Wicker Park $6.7M
7位 コラテラル $6.5M
8位 ヴァニティ・フェア(原題) $6.11M
9位 The Cookout $6.1M
10位 ボーン・スプレマシー $5.4M

この週末は日本でも公開予定の「バイオハザード2 アポカリプス」、クリス・エヴァンズ、キム・ベイシンガー出演のスリラー「Cellular」が公開。

表紙 虚栄の市(3) 岩波文庫(岩波書店)

ライフログ
虚栄の市〈一〉 サッカリー 中島 賢二 / 岩波書店
虚栄の市〈二〉 サッカリー 中島 賢二 / 岩波書店
虚栄の市〈3〉 サッカリー 中島 賢二 William Makepeace Thackeray / 岩波書店
虚栄の市〈4〉 サッカリー William Makepeace Thackeray 中島 賢二 / 岩波書店
[PR]

# by hamchu | 2004-09-07 08:40 | 興収成績 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 09月 06日

トロント国際映画祭 主な原作つき映画 上映作品 ① VIACOM GALAS

VIACOM GALAS
・Arsène Lupin(04年 仏・英・スペイン・伊)
原作:「カリオストロ伯爵夫人」 モーリス・ルブラン
関連 【映画の原作ニュース】原作は「カリオストロ伯爵夫人」 「Arsène Lupin」

・Being Julia(04年 カナダ・英・ハンガリー)
監督:イシュトヴァン・サボー(「太陽の雫」)
出演:アネット・ベニング、ジェレミー・アイアンズ、ブルース・グリーンウッド
原作:「劇場」 サマセット・モーム
*若さを失っていく自分に焦燥する大女優ジュリアにアネット・ベニング。

・Downfall(Der Untergang)(04年 独)
原作:「Der Untergang Hitler und das Ende des 3. Reichs」 ヨアヒム・フェスト  「Until the Final Hour」 トラウドゥル・ユング
関連 【Trailer】「es[エス]」の監督が描くヒトラーの最期

・Five Children and It(04年 英)
原作:「砂の妖精」 イーディス・ネズビット
関連 【映画の原作ニュース】E・ネズビット原作「砂の妖精」 トロント国際映画祭で上映予定

・A Good Woman(04年 英・伊)
監督:マイク・バーカー(「完全犯罪」)
出演:ヘレン・ハント、スカーレット・ヨハンソン、トム・ウィルキンソン
原作:「ウィンダミア卿夫人の扇」 オスカー・ワイルド

・モーターサイクル・ダイアリーズ(04年 米・アルゼンチン・チリ・ペルー)
監督:ウォルター・サレス
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル
原作:「チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記」 エルネスト・チェ・ゲバラ

・Red Dust(04年 英・南アフリカ)
監督:トム・フーパー
出演:ヒラリー・スワンク、キウェテル・イジョフォー、ジェイミー・バートレット
原作:「Red Dust」 Gillian Slovo
*ヒラリー・スワンクが反アパルトヘイトの人権派弁護士を演じる話題作。
今回のトロントではPLANET AFRICAというプログラムが組まれており、アフリカ映画も多数上映されるようです。

こうみるとやはり文芸作品が多い。来年のアカデミー賞にノミネートされそうなラインナップですね(特に女優さんたちは)。

ライフログ
サロメ・ウィンダミア卿夫人の扇 ワイルド 西村 孝次 / 新潮社
チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記 エルネスト・チェ・ゲバラ 棚橋 加奈江 / 現代企画室
Red Dust Gillian Slovo / Virago Press
[PR]

# by hamchu | 2004-09-06 17:18 | その他 | Trackback | Comments(2)