2004年 05月 06日

【trailer】「キャットウーマン」trailerもオンライン!

遠くないどころか、オンライン上に予告映像も登場!(早いよ~ 笑)
http://www.blackfilm.com/ catwomantrailer

ハル・ベリー「キャットウーマン」オフィシャルサイト、オンラインに
[PR]

# by hamchu | 2004-05-06 10:05 | Trailer・HP | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 05月 06日

ハル・ベリー「キャットウーマン」オフィシャルサイト、オンラインに

ずっと猫の目マークのみ、この間は新しいポスター映像の掲示でお茶を濁してきたハル・ベリー主演「キャットウーマン」オフィシャルサイト。
内容的はまだまだとはいえ、シノプシス、photo galleryなどが追加され、一応形になりました(全米公開予定7月23日)。
http://catwoman.warnerbros.com/

シャロン・ストーンは昨年米公開のスリラー「Cold Creek Manor」が日本ではDVDスルーになってしまったようだし(マイク・フィギス監督、デニス・クエイド共演「コールド・クリーク 過去を持つ家」5月下旬発売予定)、すごく久しぶりな感じ。

「キャットウーマン」は今週には予告映像が初登場するらしい、とも伝えられています。
オンラインでネコの動きが見れるのはそう遠くない?
[PR]

# by hamchu | 2004-05-06 07:41 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 05日

【映画の原作ニュース】「悪魔の棲む家」リメイク、監督決定

英国のコマーシャルフィルム作家アンドリュー・ダグラスが「悪魔の棲む家」リメイク企画の監督に決定したようです。これが彼の劇場長編デビュー作となる模様。

関連 【映画の原作ニュース】悪魔の棲む家

アンドリュー・ダグラスはトライベッカ映画祭ドキュメンタリー部門に「Searching for The Wrong-Eyed Jesus」を出品。
http://www.searchingforthewrongeyedjesus.com/
マイクロソフトのCMを撮った人でないか?とも思うのですが…(違う?)

しかし、このところCM・ビデオクリップ出身者がホラーのリメイク企画で監督デビューすることが多いようですなあ。
例えば「テキサス・チェーンソー」のマーカス・ニスペルとか、「ドーン・オブ・ザ・デッド」のザック・スナイダー…
そういえば「肉の蝋人形」リメイク「House of Wax」のジャウマ・コレット=セラ(Jaume Collet-Serra)もそうなんだっけ?(違ったっけ?)
[PR]

# by hamchu | 2004-05-05 18:20 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 05日

【映画の原作ニュース】いよいよ日本上陸、「ダ・ヴィンチ・コード」

ロン・ハワード監督、アキバ・ゴールズマン脚本、監督の希望ではラッセル・クロウにケイト・ベッキンセイル主演で映画化が予定されているダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード

日本での翻訳版発売が今月31日に決定、予約が開始されました。
ここまでの大ベストセラーですと出版元の角川書店のほうでもかなり力が入っている様子。
あらすじなどはこちらを読んでいただくとして… 
web KADOKAWA ダ・ヴィンチ・コード

とにかく米では去年からエライ流行りようのこの本、そして作者のダン・ブラウン。
NYタイムズのベストセラーリストでも何度も首位に返り咲き、今週もハードカバー部門で1位。
その余波を受けてか、同じ主人公が活躍する前作「天使と悪魔」(角川書店)や旧作のハイテクスリラー「DIGITAL FORTRESS」までペーパーバック部門の上位に。
このブームは一体いつまで続くのか?(と、去年から何度も繰り返していて非常にくどい)

映画のほうは撮影中「Cinderella Man」の次になる予定。
「Cinderella Man」(ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー出演)の公開予定は2005年3月18日…「ダ・ヴィンチ・コード」の公開は上手くいっても2005年後半以降でしょうか。
[PR]

# by hamchu | 2004-05-05 07:34 | 映画・ニュース | Trackback(2) | Comments(10)
2004年 05月 04日

【映画の原作ニュース】「暗闇のスキャナー」キアヌの共演にウィノナ・ライダー

リチャード・リンクレイター監督、キアヌ・リーヴス主演、フィリップ・K・ディック原作の「暗闇のスキャナー」にウィノナ・ライダーロバート・ダウニーJrウッディ・ハレルソンロリー・コクレイン(「CSIマイアミ」のティム・スピードル)も出演予定とのことです。

2月に監督決定、3月末に主演決定で、共演者もどんどん決まりだし、撮影開始に向けて順調、順調?

【映画の原作ニュース】「暗闇のスキャナー」にキアヌ・リーブス参加?
[PR]

# by hamchu | 2004-05-04 15:57 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)
2004年 05月 04日

【映画の原作ニュース】ケイト・ハドソンの新作ロマコメ脚本家決定

「セクレタリー」の脚本家エリン・クレシダ・ウィルソンがケイト・ハドソン主演の「Can You Keep a Secret?」を脚色する模様。

原作は「買い物中毒のひそかな夢と欲望」(扶桑社)「レベッカのお買いもの日記」(ソニー・マガジンズ)などで知られる英国の作家ソフィー・キンセラの同名小説。

主人公はOLエマ。ある日彼女の乗った飛行機が大揺れ、墜落の危機?
そんな緊急事態の中、彼女は隣の席のカッコイイ男性に自分の秘密をぶちまけてしまう。ところが、その男性というのが…

はっきりいって、このような話はまず現実にはありえんですじゃろう。すぐにそう思ってしまう私は夢がないのか?
ケイト以外の出演者及び監督は決まっていないようですが、誰に相手役をやって欲しいかなど、女性の間では結構盛り上がっているようです。

ケイトといえばロブ・ライナー監督の「あなたにも書ける恋愛小説」、ジェイムズ・アイヴォリー監督の「ル・ディヴォース/パリに恋して」(ダイアン・ジョンソンの原作あり)が共に5月22日日本公開予定。
26日には「Raising Helen」(ゲイリー・マーシャル監督)が全米公開。
ママになった彼女の躍進はまだまだ続く?
[PR]

# by hamchu | 2004-05-04 09:23 | 映画・ニュース | Trackback(2) | Comments(4)
2004年 05月 03日

【映画の原作ニュース】アリス・ホフマンの人魚も映画に

アリス・ホフマンの「恋におちた人魚」(アーティストハウス)も映画化予定(「タートル・ムーン」でなくてこっちで来たか…)。

原題の「Aquamarine」というのは、2人の少女がビーチ・クラブで見つけた迷子の人魚の名前。
あろうことか、その人魚はクラブで働く青年に恋していた!
恋に身をやつすアクアマリンのために2人はいろいろと知恵を絞る…
アリス・ホフマンにしては読者の対象年齢がやや低めの話でしょうか。

監督はエリザベス・アレン
アレンには他にもいくつか企画があるようですが、ジェリー・スピネッリのYA小説「スターガール」(理論社)もそのひとつ。
「スターガール」といえば「トラベリング・パンツ」などと共によく見かける理論社のYA本。
不思議な魅力を持った(やや破天荒な)転校生スターガールが引き起こすあれこれはなかなか映画向き?(実はこの本、結構好きだったりします。似合わん。笑)

エリザベス・アレンはまだ日本に紹介された作品はないようですが、ファンタジー系の青春ストーリーに適したタイプの監督なのかな?(今後に注目)

関連 【映画の原作ニュース】アリス・ホフマンの魔女再び?
[PR]

# by hamchu | 2004-05-03 22:36 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 03日

全米映画興行収益 速報 5月3日

今週は新作の公開が多かったのですが、原作があるモノはリンゼイ・ローハン主演、マーク・S・ウォーターズ監督の「Mean Girls」のみ。
これがBOX OFFICEの上位に来てくれるとうれしいなという感じだったのですが(また勝手に)、$25Mで初登場1位に輝きました!

監督、主演は日本でも現在公開中「フォーチュン・クッキー」(原題「Freaky Friday」)のコンビ。「フォーチュン・クッキー」も親子の関係を描いたティーンムービーでしたが、「Mean Girls」もティーンモノのコメディ。
原作はロザリンド・ワイズマンの「Queen Bees and Wannabes: Helping Your Daughter Survive Cliques, Gossip, Boyfriends and Other Realities of Adolescene」(長い題…)

とはいえ、映画は原作から離れ?リンゼイ扮する主人公はアフリカ帰り、初めての高校生活に戸惑いいっぱいという感じ(この年代の女の子はやはり、ややこしいのか?)。
観客の多くは女性のようです。

2位、3位は先週から1ランクダウン、デンゼル・ワシントンの「マン・オン・ファイアー」( $15.2M)とジェニファー・ガーナーの「13 Going on 30」($10M)

4位以下は初登場が並び、4位「Laws of Attraction」、5位「Godsend」、6位「Envy」
このあたりは公開劇場数は同じくらいなのですが、だいたい批評家の評価通りに並んでいたりして(「Envy」の評判はあまりよろしくない様子)。
7位以下も先週のシフト。

来週の公開作品ではヒュー・ジャックマンの「ヴァン・ヘルシング」が大きなところでしょうか。

参考 全米映画興収速報 5月3日
[PR]

# by hamchu | 2004-05-03 09:25 | 興収成績 | Trackback | Comments(3)
2004年 05月 02日

ガーフィールド・ザ・ムービー

アメリカ生まれのトラ猫キャラ、2004年6月11日全米公開予定「ガーフィールド」映画版の公式サイトがオンラインになりました!
ガーフィールド・ザ・ムービー http://www.garfieldmovie.com/

ただし英語バージョンのみ、日本語はカミングスーンです。
私、これ、アニメかと思ってましたら、ライブアクションとCGIの合成だった(おまけにガーフィールド以外のイヌ・ネコキャラは本物に見える)。

ガーフィールドの声はビル・マーレイ
人間キャラの出演は「ロード・トリップ」のブレッキン・メイヤージェニファー・ラヴ・ヒューイット
監督は「ビルとテッドの地獄旅行」「サンダーパンツ!」のピーター・ヒューイット

日本でも2004年下半期に公開予定。
ジム・デイビスのコミックスは日本でもかつて出版されていましたが現在絶版のようです。
でも、ここまでマンガ版と違ってるCGキャラなら(マンガと一緒じゃやっぱり実写は不自然か)本物のトラ猫をガーフィールドにしても面白かったんじゃないか~???なんて気がしないでも(あのシッポぐるんぐるんは本物では無理か)。
キャラクター・オフィシャルサイト http://www.garfield.com/

ネコはネコでもマイク・マイヤーズの「ハットしてキャット」(原作 ドクター・スース「キャット・イン・ザ・ハット」) 
こちらは日本春公開予定のはずが日本版公式HPもなくなってしまったようで。どうしちゃったの~???
[PR]

# by hamchu | 2004-05-02 22:07 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2004年 05月 02日

エドガー賞 結果発表

a0000270_112558.jpg桐野夏生さんが「OUT」でノミネートされていたことからも話題になっていたエドガー賞ことアメリカ探偵作家クラブ賞(MWA賞)。
今年の最優秀長編賞はイアン・ランキンの「甦る男」(早川書房)に決定しました。
多分「OUT」以外のノミネート作品で日本人に一番馴染みがあったであろうこの作品(また勝手に)。早川書房から刊行されているリーバス警部シリーズの一冊です。

「リーバス警部」は「ハムナプトラ」のエヴリン(レイチェル・ワイズ)の兄ジョナサン役で知られるジョン・ハナー主演でTVシリーズに。
日本ではミステリ・チャンネルで放送され、全4巻のDVDでも発売中(このDVDに封入のメイキング映像ってミステリ・チャンネルでやってたのと同じもの?)。
「ハムナプトラ」では何だか頼りなげなハナーが、ここでは違う印象(当たり前だって)。今月からは彼主演の「検察医マッカラム」の再放送も始まるようです…

FACT CRIME部門ではエリック・ラーソンの「THE DEVIL IN THE WHITE CITY」が受賞。
これもパラマウントが映画化権を取得していてキャスリーン・ビグローが監督する、なんて話も。
1893年ワールドフェアに沸くシカゴ。建築家ダニエル・ハドソン・バーンハムと元開業医でホテルを経営し若い女性を大量に殺害したハーマン・ウェブスター・マジェット(H.H.ホームズ)の2人に焦点を当てたベストセラー。

レオナルド・ディカプリオもこの話に興味を持っていて主演をする(誰をやるの?)なんてニュースが伝えられていたときもありましたが(パラマウントの企画とは別に)、その後めっきり話を聞かないようです(それより邦訳は?)。

表紙 甦る男 ハヤカワ・ポケット・ミステリ(早川書房 刊)
[PR]

# by hamchu | 2004-05-02 11:27 | TV・ニュース | Trackback | Comments(4)