人気ブログランキング |

タグ:アガサ・クリスティー ( 20 ) タグの人気記事


2016年 09月 24日

【映画】アガサ・クリスティーの「ねじれた家」映画化へ


ねじれた家に住む心のねじれた老人が毒殺された。根性の曲がった家族と巨額の財産を遺して。状況は内部の者の犯行を示唆し、若い後妻、金に窮していた長男などが互いに疑心暗鬼の目を向け合う。そんな中、恐るべき第二の事件が…

アガサ・クリスティー(Agatha Christie)の「ねじれた家」を映画化する「Crooked House」の撮影が開始された模様。

グレン・クローズ、ジリアン・アンダーソン、クリスティナ・ヘンドリックス、マックス・アイアンズ、Stefanie Martini、テレンス・スタンプらが出演、「サラの鍵」、「ダーク・プレイス」のジル・パケ=ブランネールが監督。
脚色はジュリアン・フェロウズとティム・ローズ・プライス。

制作はJoseph Abrams、制作総指揮はジェームズ・スプリング。

キャスティングですが
外交官のチャールズ・ヘイワードにマックス・アイアンズ
その恋人ソフィア・レオニデスにStefanie Martin
ソフィアの母マグダにジリアン・アンダーソン
ソフィアの祖父の若い後妻にクリスティナ・ヘンドリックス
エディス・デ・ハヴィランドにグレン・クローズ
タヴァナー主任警部にテレンス・スタンプ
弁護士ゲイツキル氏にロジャー・アシュトン=グリフィス
ソフィアの妹ジョセフィンにオナー・ニーフシー
ソフィアの弟ユースティスにPreston Nyman
という感じ(男性キャラがまだ判明してないなあ~)。

原作 ねじれた家 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) アガサ・クリスティー 早川書房

原作 おもな登場人物
私 チャールズ・ヘイワード (マックス・アイアンズ)
ソフィア・レオニデス (Stefanie Martin)
アリスタイド ソフィアの祖父
ブレンダ アリスタイドの後妻 (クリスティナ・ヘンドリックス)
タヴァナー主任警部 (テレンス・スタンプ)
ロジャー アリスタイドの長男
フィリップ アリスタイドの次男、ソフィアの父
ユースティス ソフィアの弟 (Preston Nyman)
ジョセフィン ソフィアの妹 (オナー・ニーフシー)
エディス・デ・ハヴィランド アリスタイドの義姉 (グレン・クローズ)
チャールズの父 ロンドン警視庁の副総監
ラム部長刑事
ローレンス・ブラウン 家庭教師
クレメンシイ ロジャーの妻
マグダ ソフィアの母 (ジリアン・アンダーソン)
ゲイツキル氏 弁護士 (ロジャー・アシュトン=グリフィス)
ジャネット・ロウ ばあや

 

by hamchu | 2016-09-24 09:28 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 27日

【映画】「検察側の証人」、ベン・アフレックが監督へ?


20th Century Foxはアガサ・クリスティ(Agatha Christie)の「検察側の証人( The Witness For The Prosecution)」を映画化、ベン・アフレックが監督・出演する模様!

Christopher Keyser が脚色、アフレックとジェニファー・トッド、マット・デイモンが制作予定だそうです。

「検察側の証人」はBBCのドラマ版の製作が始まったばかり。あれ?と一瞬思いましたです(ジュリアン・フェロウズがベン・アフレックに?←ないない)。

原作 検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) アガサ・クリスティー 早川書房

原作 おもな登場人物
カーター 首席秘書
グリータ タイピスト
メイヒュー 事務弁護士
レナード・ボウル
ウィルフリッド・ロバーツ卿 勅撰弁護士
ローマイン レナードの妻
ジャネット・マッケンジー
ロバート・ハーン警部
エミリー・フレンチ
ウェインライト判事
判事書記
参事官
裁判所書記
速記者
マイヤーズ勅撰検事
補佐官
ワイアット博士 監察医
女性陪審員
男性陪審員
陪審員長
警官
看守
トーマス・クレッグ 法医学研究所研究員
若い女

 

by hamchu | 2016-08-27 09:09 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 07日

【BBC】アガサ・クリスティーの「検察側の証人」ドラマ化へ


街中で知り合い、親しくなってゆく金持ちのオールドミスと青年レナード。ある夜そのオールドミスが撲殺された。状況証拠は容疑者の青年に不利なものばかり。金が目当てだとすれば動機も充分。しかも、彼を救えるはずの妻が、あろうことか夫の犯行を裏付ける証言を…

BBCはアガサ・クリスティー(Agatha Christie)の「検察側の証人(The Witness for the Prosecution)をドラマ化TVM「大いなる遺産」、「カジュアル・ベイカンシー 突然の空席」のサラ・フェルプス」が脚色予定。

2パート、ジュリアン・ジャロルドが監督、Mammoth ScreenとAgatha Christie Prods.が制作。
James Prichard、 Hilary Strong、Karen Thrussell、ダミアン・ティマーらが制作総指揮。

原作 検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) アガサ・クリスティー 早川書房

原作 おもな登場人物
カーター 首席秘書
グリータ タイピスト
メイヒュー 事務弁護士
レナード・ボウル
ウィルフリッド・ロバーツ卿 勅撰弁護士
ローマイン レナードの妻
ジャネット・マッケンジー
ロバート・ハーン警部
エミリー・フレンチ
ウェインライト判事
判事書記
参事官
裁判所書記
速記者
マイヤーズ勅撰検事
補佐官
ワイアット博士 監察医
女性陪審員
男性陪審員
陪審員長
警官
看守
トーマス・クレッグ 法医学研究所研究員
若い女

 

by hamchu | 2016-07-07 14:31 | TV・ニュース | Trackback | Comments(5)
2015年 06月 22日

【映画】「オリエント急行殺人事件」、ケネス・ブラナーが監督か?


ケネス・ブラナーがアガサ・クリスティー(Agatha Christie)の「オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express)」を監督する?という話が登場!

マイケル・グリーンが脚色、リドリー・スコット、マーク・ゴードン、サイモン・キンバーグが制作。

ケネス・ブラナーって人によって印象が「シンデレラ」の監督だったり、「マイティ・ソー」や「エージェント:ライアン」の監督だったり、ヴァランダーさんだったり、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの人だったり…
何だかんだ出演も監督も原作アリが結構多いんであります。近作に比べれば「オリエント急行」全然アリかな?

【関連】
【映画】「オリエント急行殺人事件」リメイクへ 13年12月26日

原作 オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) アガサ・クリスティー 早川書房

原作 おもな登場人物
エルキュール・ポアロ
ムシュー・ブーク
メアリ・ハーマイオニ・デブナム
アーバスノット大佐
ヘクター・ウィラード・マックイーン
サミュエル・エドワード・ラチェット
ナタリア・ドラゴミロフ公爵夫人
ミセス・ハバード
コンスタンティン博士
ピエール・ミシェル 車掌
エレナ・マリア・アンドレニ伯爵夫人
アンドレニ伯爵
サイラス・ベスマン・ハードマン 私立探偵
グレタ・オルソン
ヒルデガード・シュミット
エドワード・ヘンリー・マスターマン
アントニオ・フォスカレリ(トニオ)

by hamchu | 2015-06-22 17:40 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(2)
2013年 12月 26日

【映画】「オリエント急行殺人事件」リメイクへ


厳寒の季節、国際列車オリエント急行は世界各国からの乗客でいつになく混んでいた。一癖も二癖もある乗客たちが作る異様な雰囲気のなか、雪で立往生した車内で、老富豪が刺殺された。名探偵ポアロが腰を上げたが、乗客のすべてには堅牢なアリバイがあった…

Foxは「オリエント急行殺人事件(Murder on the Orient Express)」をリメイク、リドリー・スコット、マーク・ゴードン、サイモン・キンバーグが制作する模様。

原作はアガサ・クリスティー(Agatha Christie)の名作「オリエント急行の殺人」。
スコットは監督せず、まだ脚本家も起用されていないようです。

「オリエント急行」といえばシドニー・ルメット監督による映画版(ポアロ=アルバート・フィニー)も有名ですが(私はリチャード・ロドニー・ベネットの音楽がまず浮かぶ)、クリスティー作品はとにかくたくさん映像化されている、ということでTV版もいくつかあります(カール・シェンケル監督・アルフレッド・モリーナ出演のもの、デヴィッド・スーシェの「名探偵ポアロ」もの)。

クリスティ原作作品の音楽は皆それぞれ面白いでございます(そういえばオリジナル主題歌ってのもあったな~当時全然知らんで歌詞適当なまま喜んで歌ってましたが)。
私は「アガサ 愛の失踪事件」の「Close Enough For Love」がエライ大好きなんですけどね(ってクリスティ原作じゃないじゃん 笑)。

原作 オリエント急行の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) アガサ・クリスティー 早川書房

原作 おもな登場人物
エルキュール・ポアロ
ムシュー・ブーク
メアリ・ハーマイオニ・デブナム
アーバスノット大佐
ヘクター・ウィラード・マックイーン
サミュエル・エドワード・ラチェット
ナタリア・ドラゴミロフ公爵夫人
ミセス・ハバード
コンスタンティン博士
ピエール・ミシェル 車掌
エレナ・マリア・アンドレニ伯爵夫人
アンドレニ伯爵
サイラス・ベスマン・ハードマン 私立探偵
グレタ・オルソン
ヒルデガード・シュミット
エドワード・ヘンリー・マスターマン
アントニオ・フォスカレリ(トニオ)

by hamchu | 2013-12-26 08:47 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)
2011年 05月 18日

【映画】ジェマ・アータートン、マシュー・グードら、「ねじれた家」に出演

 
アガサ・クリスティーの「ねじれた家」をニール・ラビュートが監督する「Crooked House」にジュリー・アンドリュース、ジェマ・アータートン、ガブリエル・バーン、マシュー・グードが出演する模様。

撮影はこの夏英で行われる予定。

原作 ねじれた家 アガサ・クリスティー 早川書房
  
原作 おもな登場人物
私 チャールズ・ヘイワード
ソフィア・レオニデス
アリスタイド・レオニデス ソフィアの祖父
ブレンダ アリスタイドの後妻
チャールズの父 ロンドン警視庁副総監
タヴァナー主任警部
ロジャー
クレメンシイ
フィリップ ソフィアの父
ユースティス ソフィアの弟
ジョセフィン ソフィアの妹
ラム部長刑事
ローレンス・ブラウン
エディス・デ・ハヴィランド ソフィアの伯母
マグダ ソフィアの母
ジョンスン 召使
ゲイツキル 弁護士
ばあや
 

by hamchu | 2011-05-18 23:34 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 08日

未公開作品 DVD アガサ・クリスティー 奥さまは名探偵~パディトン発4時50分~

 
アガサ・クリスティー 奥さまは名探偵 ~パディントン発4時50分~ Le crime est notre affaire 08年仏
監督:パスカル・トマ
脚本:パスカル・トマ、クレマンス・ドゥ・ビエヴィーユ、フランソワ・カヴィリオーリ
制作:ナタリー・ラフォーリ
音楽:ラインハルト・ワーグナー
撮影:ルナン・ポレ
DVD:アガサ・クリスティー 奥さまは名探偵~パディトン発4時50分~ ファインフィルムズ
原作:パディントン発4時50分 アガサ・クリスティー (著) 早川書房
出演:カトリーヌ・フロ、アンドレ・デュソリエ、クロード・リッシュ、キアラ・マストロヤンニ、メルヴィル・プポー
ストーリー
夜行列車に乗ったベレスフォード大佐の叔母のバベットは、ベレスフォード夫妻の家に向かう。夜、車中でふと目を覚ましたバベットは、併走する別の列車で起きた殺人事件を目撃する。バベットは車掌に伝えるが、夢を見て寝ぼけていたのだろうと相手にされない。翌日、プリュダンスに出迎えられ列車から降りると、バペットは開口一番、犯罪を目撃したと伝える。しかし、新聞に事件の記事の掲載は見当たらない。退屈な毎日に飽きて刺激を求めていたプリュダンスは、犯罪捜査に心が躍り始めるのだった。

*もとはミス・マープルもの。パスカル・トマが脚色したらこうなりました。
 

by hamchu | 2011-05-08 17:08 | DVD | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 08日

【映画】ジュリアン・フェロウズ、アガサ・クリスティーの「ねじれた家」を脚色

 
ねじれた家に住む心のねじれた老人が毒殺された。根性の曲がった家族と巨額の財産を遺して。状況は内部の者の犯行を示唆し、若い後妻、金に窮していた長男などが互いに疑心暗鬼の目を向け合う。
そんな中、恐るべき第二の事件が…

「ゴスフォード・パーク」、「ツーリスト」のジュリアン・フェロウズがアガサ・クリスティーの「ねじれた家」を脚色、「ベティ・サイズモア」のニール・ラビュートが監督する模様。

アガサ・クリスティー映画化のニュースではディズニーが「ミス・マープル」をジェニファー・ガーナー主演で映画化する、というものが…

原作 ねじれた家  アガサ・クリスティー 早川書房
  
原作 おもな登場人物
私 チャールズ・ヘイワード
ソフィア・レオニデス
アリスタイド・レオニデス ソフィアの祖父
ブレンダ アリスタイドの後妻
チャールズの父 ロンドン警視庁副総監
タヴァナー主任警部
ロジャー
クレメンシイ
フィリップ ソフィアの父
ユースティス ソフィアの弟
ジョセフィン ソフィアの妹
ラム部長刑事
ローレンス・ブラウン
エディス・デ・ハヴィランド ソフィアの伯母
マグダ ソフィアの母
ジョンスン 召使
ゲイツキル 弁護士
ばあや
 

by hamchu | 2011-04-08 21:35 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 10日

【HP・Trailer】Le Grand alibi ホロー荘の殺人


アガサ・クリスティー作品を仏で映画化するのが流行っている?ようですが、これはパスカル・ボニゼール監督の「Le Grand alibi」のオフィシャル・サイト。
http://www.legrandalibi-lefilm.com/

これ、原作がどの作品なのかちとよくわからなかったのですが、仏タイトル「Le Vallon」、英タイトル「The Hollow」ということで「ホロー荘の殺人」でいいのかな?

アンカテル卿の午餐に招かれたポアロは、少なからず不快になった。邸のプールの端で一人の男が血を流し、傍らにピストルを手にした女が虚ろな表情で立っていたのだ。それは風変わりな歓迎の芝居でもゲームでもなく、本物の殺人事件だった!恋愛心理の奥底に踏み込みながら、ポアロは創造的な犯人に挑む。
…というのが原作のレビューですが、今回の映画版はどんな脚色がなされているのでしょうか。


Le Grand alibi 08年仏
監督:パスカル・ボニゼール
脚本:パスカル・ボニゼール、ジェローム・ボージュール
製作:サイド・ベン・サイド
撮影:Marie Spencer
原作:ホロー荘の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) アガサ クリスティー / / 早川書房
出演:ミュウ=ミュウ、ランベール・ウィルソン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、ピエール・アルディティ、アンヌ・コンシニ、マチュー・ドゥミ、カテリーナ・ムリーノ、モーリス・ベニシュー


原作 おもな登場人物(映画版と比べて誰が誰やら…オフィシャルサイトを確認しよう…)
ヘンリー・アンカテル卿 
ルーシー ヘンリーの妻
ミッジ・ハードカースル
ヘンリエッタ・サヴァナク
エドワード・アンカテル
デイヴィッド・アンカテル
ジョン・クリストウ
ガーダ・クリストウ
エルシー・パターソン ガーダの姉
ヴェロニカ・クレイ
ガジョン 執事
シモンズ 女中
グレンジ警部
エルキュール・ポアロ
 

by hamchu | 2008-04-10 20:42 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2007年 11月 11日

【HP・Trailer】ゼロ時間の謎 L'Heure zero


アガサ・クリスティのミステリー「ゼロ時間へ」を映画化、仏で07年10月31日公開の「L'Heure zero」のオフィシャルサイト。
L'Heure zero

美しい若妻と前の妻が顔を合わせるとき、残忍な殺人計画は進められようとしていた…
タイトルの”ゼロ時間”というのは人の命を奪う魔の瞬間のことだそうな。

日本では「ゼロ時間の謎」のタイトルで12月から公開予定です。
http://www.zerojikan.jp/

監督は「アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵」のパスカル・トマ。
出演はメルヴィル・プポー、キアラ・マストロヤンニ、ローラ・スメット、ダニエル・ダリュー。


ゼロ時間の謎 L'Heure zero 07年仏
監督:パスカル・トマ
脚本:フランソワ・カヴィリオーリ、ナタリー・ラフォリ
原作:ゼロ時間へ (クリスティ文庫) アガサ・クリスティー / / 早川書房
出演:メルヴィル・プポー、キアラ・マストロヤンニ、ローラ・スメット、ダニエル・ダリュー


原作 おもな登場人物(仏で映画化のためキャラクター名マイナーチェンジアリ)
カミーラ・トレシリアン 金持ちの老未亡人 (ダニエル・ダリュー)
メアリー・オルデン (マリ アレサンドラ・マルチネス)
ネヴィル・ストレンジ (ギョーム・ネヴィル メルヴィル・ブボー)
ケイ (キャロリーヌ・ネヴィル ローラ・スメット)
オードリー (オード・ネヴィル キアラ・マストロヤンニ)
テッド・ラティマー (フレッド グザヴィエ・ティアム)
トマス・ロード (クレマン・トマ)
ハーストール 執事
ジェーン・バレット (Carmen Durand)
アリス・ベンサム
エマ・ウェイルズ (Valériane de Villeneuve)
スパイサー 料理人
アンガス・マクワーター
ミスター・トレーヴ 弁護士 (Jacques Sereys)
レイズンビー 医者
ロバート・ミッチェル 警察署長
ジョーンズ 巡査部長
バトル 警視 (バタイユ警視 )
ジェイムズ・リーチ 警部。バトルの甥 (レカ )
 

by hamchu | 2007-11-11 22:33 | Trailer・HP | Trackback | Comments(12)