タグ:ジョージ・ハラ ( 3 ) タグの人気記事


2018年 02月 08日

【Trailer】Spinning Man 悩み多き哲学者の災難 

 
ジョージ・ハラ(George Harrar)の小説「悩み多き哲学者の災難」をガイ・ピアース、ピアース・ブロスナン出演で映画化、サイコロジカル・スリラー「Spinning Man」のTrailer!



監督はSimon Kaijser、脚色はマシュー・オルドリッチ。

当初は「ノーベル殺人事件」のペーテル・フリントが監督、ニコライ・コスター=ワルドーが主人公のバーチ教授、グレッグ・キニアが刑事のロバート・マロイ、エマ・ロバーツが大学生のアンナ・シェパードという企画だったのですが、映像を見てもだいぶ感じが変わりましたね(ピアース・ブロスナンがすごく目立ってるというか…)。

公開は限定劇場及び配信で18年4月6日予定。

Spinning Man 18年米・スウェーデン
監督:Simon Kaijser
脚色:マシュー・オルドリッチ
制作総指揮:Robert Ballo、バリー・ブルッカー、マイケル・T・コーヴェル、Tara Fineganほか
制作:Keith Arnold、Ellen S. Wander
音楽:ジャン=ポール・ウォール
撮影:ポリー・モーガン
原作:悩み多き哲学者の災難 (ハヤカワ文庫 NV) ジョージ・ハラ 早川書房
出演:ガイ・ピアース、ピアース・ブロスナン、ミニー・ドライヴァー、アレクサンドラ・シップ、クラーク・グレッグ、オデイア・ラッシュ

【関連】
【映画】ニコライ・コスター=ワルドー、「悩み多き哲学者の災難」に出演へ 16年5月30日
【映画】アレクサンドラ・シップ、「悩み多き哲学者の災難」に出演へ 17年4月27日

原作 おもな登場人物
エヴァン・バーチ ピアス大学哲学科教授 (ガイ・ピアース)
カーラ
エレン エヴァンの妻 (ミニー・ドライヴァー)
アダム エヴァンの息子 (Noah Salsbury Lipson)
ゼド エヴァンの息子
マーク・サントス 学部長 (カルロ・ロタ)
マット・マッケンジー (スターリング・ボーマン)
マーガレット・ホープ (ドナ・ラシュ)
ロバート・マロイ 刑事 (ピアース・ブロスナン)
ジェイムズ・ホナー
アンナ・シェパード (アレクサンドラ・シップ)
ポール・カリー 弁護士
ジェーン・グリーリー
メアリー・グリナルディ (フレイヤ・ティングリー)
ビル・マザース
ラルフ・ボナー
アイリーン・ボナー (Jennie Fahn)

 
[PR]

by hamchu | 2018-02-08 08:21 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 27日

【映画】アレクサンドラ・シップ、「悩み多き哲学者の災難」に出演へ

 
アレクサンドラ・シップがジョージ・ハラ(George Harrar)の小説「悩み多き哲学者の災難」を映画化するサイコロジカル・スリラー「Spinning Man」に出演する模様。

ピアース・ブロスナン、ガイ・ピアース、ミニー・ドライヴァー、ジェイミー・ケネディらも出演。
Simon Kaijserが監督、マシュー・オルドリッチが脚色、Keith Arnoldが Ellen Wanderと制作。

当初予定されていたキャスティング、監督からかなり変わってしまいましたが
ピアース・ブロスナン=ロバート・マロイ
ガイ・ピアース=エヴァン・バーチ
ミニー・ドライヴァー=エレン
Noah Salsbury Lipson =アダム
アレクサンドラ・シップ=アンナ・シェパード
エリザ・プライアー=Zelda(原作ではゼド)
という感じで今週撮影開始。

【関連】
【映画】ニコライ・コスター=ワルドー、「悩み多き哲学者の災難」に出演へ 16年5月30日

原作 悩み多き哲学者の災難 (ハヤカワ文庫 NV) ジョージ・ハラ 早川書房

原作 おもな登場人物
エヴァン・バーチ ピアス大学哲学科教授
カーラ
エレン エヴァンの妻
アダム エヴァンの息子
ゼド エヴァンの息子
マーク・サントス 学部長
マット・マッケンジー
マーガレット・ホープ
ロバート・マロイ 刑事
ジェイムズ・ホナー
アンナ・シェパード
ポール・カリー 弁護士
ジェーン・グリーリー
メアリー・グリナルディ
ビル・マザース
ラルフ・ボナー
アイリーン・ボナー

 
[PR]

by hamchu | 2017-04-27 09:30 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 30日

【映画】ニコライ・コスター=ワルドー、「悩み多き哲学者の災難」に出演へ


大学で哲学を教えているバーチ教授は、突然、警察に連行された。女子高生が失踪した事件で少女が消息を絶った日、彼女のアルバイト先の駐車場で教授の車が目撃されていたのだ。警察で事情を訊かれた教授は、少女との関わりを否定する。だが、明らかに警察は彼を被疑者として見ていた。しかも少女の毛髪や口紅が車から発見され、教授はますます窮地に…

ニコライ・コスター=ワルドー、グレッグ・キニア、エマ・ロバーツがサイコロジカル・スリラー「Spinning Man」に出演する模様。

ペーテル・フリントが監督、マシュー・オルドリッチが脚色、原作はジョージ・ハラ(George Harrar)の小説「悩み多き哲学者の災難」
Keith Arnoldが Ellen Wanderと制作。

コスター=ワルドーが主人公のバーチ教授、グレッグ・キニアが刑事のロバート・マロイ、エマ・ロバーツが大学生のアンナ・シェパードの役。
えらいカッコいい哲学教授だな~という感じ?

原作 悩み多き哲学者の災難 (ハヤカワ文庫 NV) ジョージ・ハラ 早川書房

原作 おもな登場人物
エヴァン・バーチ ピアス大学哲学科教授
カーラ
エレン エヴァンの妻
アダム エヴァンの息子
ゼド エヴァンの息子
マーク・サントス 学部長
マット・マッケンジー
マーガレット・ホープ
ロバート・マロイ 刑事
ジェイムズ・ホナー
アンナ・シェパード
ポール・カリー 弁護士
ジェーン・グリーリー
メアリー・グリナルディ
ビル・マザース
ラルフ・ボナー
アイリーン・ボナー

 
[PR]

by hamchu | 2016-05-30 14:28 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(1)