人気ブログランキング |

タグ:ダ・フォース ( 2 ) タグの人気記事


2019年 01月 03日

このミス 19年版 海外編 映像化・映像化予定作品


19年版のこのミス海外編は映像化予定作品が多かったので一応書き出しておきます(抜けてたら教えて下さいませ)。

2位(文春2位) そしてミランダを殺す(The Kind Worth Killing) ピーター・スワンソン(Peter Swanson)
ある日、ヒースロー空港のバーで、離陸までの時間をつぶしていたテッドは、見知らぬ美女リリーに声をかけられる。彼は酔った勢いで、1週間前に妻のミランダの浮気を知ったことを話し、冗談半分で「妻を殺したい」と漏らす。話を聞いたリリーは、ミランダは殺されて当然と断じ、殺人を正当化する独自の理論を展開してテッドの妻殺害への協力を申し出る。だがふたりの殺人計画が具体化され、決行の日が近づいたとき、予想外の事件が起こり…
*音沙汰なしは変わらずですが今アンバー・ハードというのはかなり難しいのでは?ピッタリなキャスティングだっただけにちと残念。
【映画】アンバー・ハード、「The Kind Worth Killing」に出演へ

3位(文春4位) IQ ジョー・イデ(Joe Ide)
ロサンゼルスに住む黒人青年アイゼイアは“IQ”と呼ばれる探偵だ。ある事情から大金が必要になった彼は腐れ縁の相棒の口利きで大物ラッパーから仕事を請け負うことに。だがそれは「謎の巨犬を使う殺し屋を探し出せ」という異様なものだった!奇妙な事件の謎を全力で追うIQ。そんな彼が探偵として生きる契機となった凄絶な過去とは―
* Alcon Television GroupとAtlas EntertainmentがTV化権を取得というニュースが15年に流れましたがその後どうなったかは不明です。

5位(文春14位) ダ・フォース(The Force) ドン・ウィンズロウ(Don Winslow)麻薬や銃による犯罪を取り締まるマンハッタン・ノース特捜部、通称“ダ・フォース”。ニューヨーク市警3万8千人の中でも最もタフで最も優秀で最も悪辣な警官たちを率いるデニー・マローンは市民のヒーローであり、この街を統べる刑事の王だった。だが、ドミニカ人麻薬組織の手入れの際におこなったある行動をきっかけに、栄光を約束されたマローンの人生は、転落の道をたどりはじめる…
*ジェームズ・マンゴールド監督で映画化という話で公開予定日も19年3月に設定されてましたが…(残念 笑)
【映画】スコット・フランク、ジェームズ・マンゴールド監督の「The Force」をリライトへ

7位(文春3位) 乗客ナンバー23の消失(Passagier 23) セバスチャン・フィツェック(Sebastian Fitzek)
乗客の失踪が相次ぐ大西洋横断客船“海のスルタン”号。消えた妻子の行方を追うべく乗船した敏腕捜査官の前に現れる謎、謎、謎。錯綜する謎を解かないかぎり、ニューヨーク到着まで逃げ場はない。
*セバスチャン・フィツェック作品はTV化がガンガン進んでこの「乗客ナンバー23の消失」もLucas Gregorowicz出演、Alexander Dierbach監督でTVMに。オフィシャルHPもあるので後で情報アップ予定。

9位(文春17位) 蝶のいた庭(The Butterfly Garden)ドット・ハチソン( Dot Hutchison)
FBI特別捜査官のヴィクターは、若い女性の事情聴取に取りかかった。彼女はある男に拉致軟禁された10名以上の女性とともに警察に保護された。彼女の口から、蝶が飛びかう楽園のような温室〈ガーデン〉と、犯人の〈庭師〉に支配されていく女性たちの様子が語られるにつれ、凄惨な事件に慣れているはずの捜査官たちが怖気だっていく。美しい地獄で一体何があったのか?
*一応Anonymous ContentとPalmStar Mediaがオプション権を取得した…というニュースが16年に。「13の理由」のマイケル・シュガーが製作、一応ラインナップにも入ってます。

9位 インターンズ・ハンドブック(The Intern's Handbook) シェイン・クーン(Shane Kuhn)
おれはジョン・ラーゴ。もちろん本名ではない。ヒューマン・リソース社のエース工作員だ。うちは表向き人材派遣の会社だが、裏では派遣インターンによる要人の暗殺を請け負っている。おれは子供のころから暗殺者として鍛えられ、ずっとここで働いてきた。だがもうすぐ25歳で引退だ。だからおれは新入り諸君のために、最後の任務を詳述して暗殺の心得を伝授したいと思う…
*デイヴ・フランコ主演で映画化予定ってあったなあ…(すでに遠い目…)
映画原作関連ニュース The Wife、The Intern's Handbook、Alone in Berlin…

12位(文春11位)あなたを愛してから(Since We Fell) デニス・ルヘイン(Dennis Lehane)
その夜、レイチェルは夫を撃ち殺した……実父を知らないまま性格破綻の母に育てられた彼女は、母の死後に父を捜す。だがようやく捜し当てたのは残酷な真実だった。ジャーナリストとなり、結婚したが、そのすべてを失った。ようやくめぐりあった真の愛。しかしその裏にも罠が待ち受けていた!
*デニス・ルヘイン氏はこのごろはプロデューサー職も絶好調!(次はTVの「愛しき者はすべて去りゆく(Gone Baby Gone)と映画の「The Fence」ですかね)一応自身の作品であるこれにも映像化の予定がありますが…


17位 通過者(Le passager)  ジャン=クリストフ・グランジェ(Jean-Christophe Grange)
牡牛の頭をかぶせられた全裸死体には高純度ヘロインの罠がかけられフーグ患者は精神科医の目の前で狙撃され羽根を生やした焼死体の発見者は瀕死のホームレスだった次々と遷移してゆく多重人格のカオスを潜り抜け異形の死体を遡行する者が辿り着く真実彼は自らの人生を通過するだけの者
*ガンガン来ているジャン=クリストフ・グランジェ作品の翻訳、これはジャン=ユーグ・アングラード主演ミニシリーズの原作!
【TV】EuropaCorp Television、ジャン・クリストフ・グランジェとメアリ・H・クラークの作品をドラマ化

文春15位 ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ(The Woman in the Window) A.J. フィン(A.J. Finn)
精神分析医のアナ・フォックスは、夫と娘と生活を別にして、ニューヨークの高級住宅街の屋敷に十カ月も一人こもって暮らしていた。広場恐怖症のせいで、そこから一歩たりとも出られないのだ。彼女のなぐさめは古い映画とアルコール、そして隣近所を覗き見ること―。ある時、アナは新しく越してきた隣家で女が刺される現場を目撃する。だが彼女の言葉を信じるものはなく…。
*ジョー・ライト監督、エイミー・アダムズ、ゲイリー・オールドマン、ジュリアン・ムーア出演で映画化、19年10月4日米公開予定。このキャスト、スタッフだと化けるかも?

20位以下になるともっとありまして
誰かが嘘をついている、花殺し月の殺人、北氷洋などは結構すぐ見れそうです。





by hamchu | 2019-01-03 13:16 | もっと楽しむ?映画の原作 | Trackback | Comments(2)
2018年 03月 16日

【映画】スコット・フランク、ジェームズ・マンゴールド監督の「The Force」をリライトへ

 
麻薬や銃による犯罪を取り締まるマンハッタン・ノース特捜部、通称"ダ・フォース"。
ニューヨーク市警3万8千人の中でも最もタフで最も優秀で最も悪辣な警官たちを率いる
デニー・マローンは市民のヒーローであり、この街を統べる刑事の王だった。
だが、ドミニカ人麻薬組織の手入れの際におこなったある行動をきっかけに、
栄光を約束されたマローンの人生は、転落の道をたどりはじめる…

スコット・フランクがジェームズ・マンゴールド監督予定の20th Century Foxの「The Force」をリライトする模様。

原作はドン・ウィンズロウ(Don Winslow)の同名スリラー。日本では3月26日ハーパーコリンズ・ ジャパンから上下巻で刊行予定です(「ダ・フォース」ハーパーBOOKS。さくさく読まねば)。
リドリー・スコット、シェーン・サレルノ、ケヴィン・J・ウォルシュが制作。

最近のドラフトはデヴィッド・マメットが担当していたという話だったのですが…
「The Force」の米公開予定は19年3月1日(この予定日ですと今後ガンガンキャスティング情報が出てくる?)。

原作
ダ・フォース 上 (ハーパーBOOKS) ドン ウィンズロウ ハーパーコリンズ・ ジャパン
ダ・フォース 下 (ハーパーBOOKS) ドン ウィンズロウ ハーパーコリンズ・ ジャパン

 

by hamchu | 2018-03-16 08:02 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)