タグ:マイクル・コナリー ( 12 ) タグの人気記事


2016年 12月 10日

このミス 17年版 海外編 映像化・映像化予定作品


さて今年も文春&このミスランキングが発表になりました。

そこまで多いのかと言われると以前ほどではないですが、ちょこちょこありますね、映画化企画。
このところは映画の公開にあわせて翻訳を出すってモノはランキング上位に来ない感じがしたりして…

2位(文春4位) ザ・カルテル The Cartel ドン・ウィンズロウ
麻薬王アダン・バレーラが脱獄した。30年にわたる血と暴力の果てにもぎとった静寂も束の間、身を潜めるDEA捜査官アート・ケラーの首には法外な賞金が賭けられた。玉座に返り咲いた麻薬王は、血なまぐさい抗争を続けるカルテルをまとめあげるべく動きはじめる。一方、アメリカもバレーラを徹底撲滅すべく精鋭部隊を送り込み、壮絶な闘いの幕が上がる―

リドリー・スコット監督で映画化…というはずですが、ドン・ウィンズロウの小説映画化企画はどれもこれもニュースになるものの「野蛮なやつら/SAVAGES」以降なかなか実現せず…
ザ・カルテル (上) (角川文庫) ドン・ウィンズロウ KADOKAWA/角川書店

3位(文春3位) ミスター・メルセデス Mr. Mercedes スティーヴン・キング
車を暴走させて八人の命を奪って消えた殺人犯。いま退職刑事の元にそいつからの挑戦状が。異常殺人犯と不屈の男の対決がはじまる!

ブレンダン・グリーソン=ビル・ホッジス、ハリー・トレッダウェイ(アントン・イェルチンから変更)=ブレイディ・ハーツフィールドでTVシリーズ化(10エピソード)、オンエアは18年を予定。
ミスター・メルセデス 上 スティーヴン・キング 文藝春秋
ミスター・メルセデス 下 スティーヴン・キング 文藝春秋

7位(文春7位) 転落の街 マイクル・コナリー
絞殺体に残った血痕。DNA再調査で浮上した容疑者は当時8歳の少年だった。ロス市警未解決事件班のボッシュは有名ホテルでの要人転落事件と並行して捜査を進めていくが、事態は思った以上にタフな展開を見せる。

Amazon プライムビデオにて見れます「BOSCH / ボッシュ」
主演はタイタス・ウェリバー、渋い!
転落の街(上) (講談社文庫) マイクル・コナリー 講談社
転落の街(下) (講談社文庫) マイクル・コナリー 講談社

11位(文春9位) その雪と血を Blood on the Snow ジョー・ネスボ
オーラヴ・ヨハンセンは殺し屋だ。今回の仕事は、不貞を働いているらしいボスの妻を始末すること。いつものように引き金をひくつもりだった。だが彼女の姿を見た瞬間、信じられないことが起こる。オーラヴは恋に落ちてしまったのだ…

ジョー・ネスボには「ザ・サン」の企画もあるんですよね。
「スノーマン」も17年には公開されそうだしまだまだ出てきそう。
【映画】レオナルド・ディカプリオ、ジョー・ネスボの「Blood on the Snow」を映画化へ
その雪と血を(ハヤカワ・ミステリ) (ハヤカワ・ミステリ 1912) ジョー・ネスボ 早川書房

文春11位~20位までにはこのミス20位までに入らなかった作品もあり。

11位 ジョイランド Joyland スティーヴン・キング
海辺の遊園地、ジョイランド。彼女に振られたあの夏、大学生の僕はそこでバイトをしていた。そこで出会った仲間や大人たちとすごすうち、僕は幽霊屋敷で過去に殺人があったこと、遊園地で殺人を繰り返す殺人鬼がいることを知る。

テイト・テイラーがオプション権を持っているってニュースあったなあ。
ジョイランド (文春文庫) スティーヴン・キング 文藝春秋

17位  悪徳小説家 Die Wahrheit und andere Luegen ザーシャ・アランゴ
ベストセラー作家のヘンリーには、編集者と愛人関係にあること以外にも、決して明かすことのできない秘密があった。新作が残り20ページまで書き上がったとき、ヘンリーは愛人から妊娠したことを告げられる。待ち合わせ場所に車で赴いたヘンリーは、魔がさして…。だが帰宅した彼を、驚愕の事実が待ち受けていた!

ブライアン・デパルマが監督?
【映画】ブライアン・デパルマ、「真実、その他の嘘(仮)」を監督か?
悪徳小説家 (創元推理文庫) ザーシャ・アランゴ 東京創元社
[PR]

by hamchu | 2016-12-10 17:36 | その他 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 27日

【TV】タイタス・ウェリヴァーがハリー・ボッシュ役に!


マイクル・コナリーのベストセラーシリーズをドラマ化、Amazonのパイロット版「Bosch」で「LOST」、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のタイタス・ウェリヴァーがハリー・ボッシュ役として起用された模様!

コナリーとEric Overmeyerが脚色、Henrik Bastin とミケル・ボンドセンが制作総指揮。

あら~(全く予測不能なキャスティング 笑)

【関連】
【TV】マイクル・コナリーのハリー・ボッシュシリーズTV化へ 12年7月11日
[PR]

by hamchu | 2013-09-27 11:13 | TV・ニュース | Trackback | Comments(2)
2012年 12月 14日

このミス 13年版 海外編その他 映像化・映像化予定作品


今年は5位以上がすごかった(6位以下はなんだかパッとしませんな 笑)。

13位 真鍮の評決 マイクル・コナリー(文春15位)
丸一年、わたしには一人の依頼人もいなかった。だが妻とその愛人の射殺容疑で逮捕されたハリウッド映画制作会社オーナーは弁護を引き受けてほしいという。証拠は十分、アリバイは不十分。しかも刑事がわたしをつけまわす。

これを映画化予定に入れるのはちょっとずるいかな~という気がしますが、マシュー・マコノヒー主演で映画化された「リンカーン弁護士」、なかなか好評だったようで続編制作の話もあります。
お話的にはwill combine booksだそうで…(つまり期待するなということ)
ボッシュのTVシリーズもいつできることやら…

真鍮の評決 リンカーン弁護士 (上) マイクル・コナリー 講談社
真鍮の評決 リンカーン弁護士 (下) マイクル・コナリー 講談社


16位 LAヴァイス トマス・ピンチョン
目覚めればそこに死体。LAPDの警官の群れ。顔見知りの刑事。んで―おいおいオレが逮捕なの?60年代も終わった直後、街にサーフ・ロックが鳴り響くなか、ロスのラリッ放し私立探偵ドックが巻き込まれた殺人事件。かつて愛した女の面影を胸に、調査を進めるドックが彷徨うは怪しげな土地開発の闇に拉致とドラッグ、洗脳の影。しかも、えーと、“黄金の牙”って?なに?ドックが辿り着いた真実とは…

予定監督のポール・トーマス・アンダーソン、フィリップ・シーモア・ホフマンが主演した「ザ・マスター」が賞戦線で話題になっているので、次回作候補としてこの本の映画化もあがってくるかもしれません。言われているようにロバート・ダウニーJrが出演したら原作的にも絶対イケる企画だとは思うんだけどなあ~

LAヴァイス トマス・ピンチョン 新潮社


21位以下の作品ではパッと見
暴力の教義 ボストン・テラン
トッド・フィールド監督、クリスチャン・ベイル主演?で映画化企画あり。撮影は来年ということになっていたけれど…
暗殺者グレイマン マーク・グリーニー
「アンダーカヴァー」のジェームズ・グレイが監督で映画化されるとかブラピが出演するとかしないとかなんとかかんとか(笑)。
シンドロームE フランク・ティリエ
Paramountが米で映画化するという話が今年春にニュースになりました。スティーヴ・ザイリアンが制作予定。
わたしが眠りにつく前に S・J・ワトソン
ローワン・ジョフィ監督、ニコール・キッドマン主演で来年ロンドンで撮影開始予定。キッドマンは相手役にコリン・ファースをご希望しているらしいです(笑)。
靄の旋律 国家刑事警察 特別捜査班 アルネ・ダール
これは他のシリーズも併せてすでに映像化済。日本でも来年そうそうにAXNミステリーで見れまする!
粛清 ソフィ・オクサネン
アンティ・J・ヨキネン監督により映画化済(【HP・Trailer】Puhdistus 粛清)。
ミッションソング ジョン・ル・カレ
ル・カレはアントン・コルベイン監督の「A Most Wanted Man 」、Justin Kurzel監督、マッツ・ミケルセン主演の「われらが背きし者 」などのほかこの
「ミッション・ソング」も権利はどこかがもっていたはず。

てな感じ。
隠し玉の方も絶対何かあるには違いないと思うのですが…(笑)
その中でリドリー・スコットが権利を取得したという「Wool」(角川書店刊行予定)、またもや元記事がDeadlineだからとスルーしていたのですが、そうでなくてもリドリー・スコットはProjects In Developmentが多すぎなんだもん(笑)。
あと気になるのは扶桑社さんの「扶桑社カルト映画館」
なに?何~?(どんなのが出てくるの? 笑)ひそかに進行していないで内容をおおっぴらに教えてください。
[PR]

by hamchu | 2012-12-14 13:16 | その他 | Trackback | Comments(1)
2012年 07月 11日

【TV】マイクル・コナリーのハリー・ボッシュシリーズTV化へ


Eric Overmyerがマイクル・コナリー(Michael Connelly)のベストセラー、ハリー・ボッシュのシリーズをTVシリーズ化する模様。

具体的にどの本…という名前は挙がっていなかったのですが(キャラクター流用系?)誰がボッシュさんをやるのかはかなり気になりますな。
だけど、Hollywood Reporter、「リンカーン弁護士」続編の内容でなんかちょっとネタバレしている気がするんだけどいいのかしらん(笑)。ちなみにVarietyの方にはそういう記載はありません。

原作 
ナイトホークス〈上〉 マイクル・コナリー(著) 扶桑社
ナイトホークス〈下〉 マイクル・コナリー(著) 扶桑社
[PR]

by hamchu | 2012-07-11 00:14 | TV・ニュース | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 09日

【TV】マイクル・コナリーの「リンカーン弁護士」、今度はTVシリーズに?

 
マシュー・マコノヒー主演で映画化されたマイクル・コナリーの「リンカーン弁護士」がABCでテレビシリーズ化される模様。

映画版の脚本家ジョン・ロマーノと原作者コナリーがパイロット版を共同脚本、Joel Gotler、ゲイリー・ルチェッシ、トム・ローゼンバーグと制作総指揮予定。

【関連】
【映画】Lakeshoreがマイクル・コナリーの作品を映画化予定 05年4月3日
映画原作関連ニュース The Lincoln Lawyer、The Limit… 09年4月9日
【映画】マイクル・コナリーの「リンカーン弁護士」、トミー・リー・ジョーンズが監督? 09年10月14日
【映画】トミー・リー・ジョーンズ、「リンカーン弁護士」映画化企画から離脱 09年11月24日 
【映画】「リンカーン弁護士」、キャストが続々決定か? 10年6月21日

原作
リンカーン弁護士〈上〉 マイクル コナリー (著), 講談社
リンカーン弁護士〈下〉 マイクル コナリー (著), 講談社

原作 おもな登場人物
わたし ミッキー(マイケル)・ハラー
フェルナンド・バレンズエラ 保釈保証人
セシル・C・ダブズ
ルイス・ロス・ルーレイ
ローナ・テイラー マネージャー・元妻
アール・ブリッグス 運転手
マーガレット・マクファースン(マギー・マクフィアス) 元妻
テッド・ミントン
ヘイリー 娘
メアリ・アリス・ウィンザー ルーレイの母
レジーナ(レジー)・カンポ
ハワード・カーレン 刑事
マーサ・レンテリア 
ドン・クラフトン 刑事
ドゥエイン・ジェフリー・コーリス
フルブライト判事
 
[PR]

by hamchu | 2011-08-09 18:24 | TV・ニュース | Trackback | Comments(2)
2010年 11月 21日

【Trailer】The Lincoln Lawyer リンカーン弁護士

 
11年3月18日に米公開予定、マイクル・コナリーの「リンカーン弁護士」を映画化した「The Lincoln Lawyer」のTrailerが登場!
The Lincoln Lawyer Trailers & Video Clips

この映画、ジョシュ・ルーカス出てたんだ!(マイケル・パレも)
いやいやいや~、こりゃなかなか面白いキャストですかねえ~(やっぱりトミー・リー・ジョーンズに監督してもらいたかったかも 笑)

The Lincoln Lawyer 10年米
監督:ブラッド・ファーマン 
脚本:ジョン・ロマーノ
制作総指揮:David Kern
制作:シドニー・キンメル、トム・ローゼンバーグ、スコット・スタインドーフほか
音楽:クリフ・マルティネス
撮影:ルーカス・エトリン
原作:
リンカーン弁護士〈上〉 マイクル コナリー (著), 講談社
リンカーン弁護士〈下〉 マイクル コナリー (著), 講談社
出演:マシュー・マコノヒー、マリサ・トメイ、ジョン・レグイザモ、ライアン・フィリップ、ミカエラ・コンリン、ウィリアム・H・メイシー

【関連】
【映画】Lakeshoreがマイクル・コナリーの作品を映画化予定 05年4月3日
映画原作関連ニュース The Lincoln Lawyer、The Limit… 09年4月9日
【映画】マイクル・コナリーの「リンカーン弁護士」、トミー・リー・ジョーンズが監督? 09年10月14日
【映画】トミー・リー・ジョーンズ、「リンカーン弁護士」映画化企画から離脱 09年11月24日 
【映画】「リンカーン弁護士」、キャストが続々決定か? 10年6月22日

原作 おもな登場人物 
わたし ミッキー(マイケル)・ハラー (マシュー・マコノヒー)
フェルナンド・バレンズエラ 保釈保証人 (ジョン・レグイザモ)
セシル・C・ダブズ ボブ・ガントン(ボブ・ガントン)
ルイス・ロス・ルーレイ (ライアン・フィリップ)
ローナ・テイラー マネージャー・元妻 (ペル・ジェームズ)
アール・ブリッグス 運転手 (ローレンス・メイソン)
マーガレット・マクファースン(マギー・マクフィアス) 元妻 (マリサ・トメイ)
テッド・ミントン (ジョシュ・ルーカス)
ヘイリー 娘 (Mackenzie Aladjem)
メアリ・アリス・ウィンザー ルーレイの母 (フランシス・フィッシャー)
レジーナ(レジー)・カンポ (ウィリアム・H・メイシー)
ハワード・カーレン 刑事 (マイケル・パレ)
マーサ・レンテリア 
ドン・クラフトン 刑事
ドゥエイン・ジェフリー・コーリス
フルブライト判事
チャールズ・タルボット (Eric Etebari)
ロバート・ギレン(スティックス) (Donnie Smith)
ジーザス・メネンデス
 
[PR]

by hamchu | 2010-11-21 16:15 | Trailer・HP | Trackback | Comments(0)
2010年 06月 21日

【映画】「リンカーン弁護士」、キャストが続々決定か?


Erin Carufelがマイクル・コナリーのリーガル・サスペンス「リンカーン弁護士」を映画化する「The Lincoln Lawyer」出演について契約を結んだ模様。

トミー・リー・ジョーンズから「ハード・クライム(未)」のブラッド・ファーマンが監督となったらしいこの企画、いつのまにかウィリアム・H・メイシー、マリサ・トメイ、ジョン・レグイザモ、ライアン・フィリップほかの出演が決まっていた様子…(誰が何の役かは不明ですが…)

【関連】
【映画】Lakeshoreがマイクル・コナリーの作品を映画化予定 05年4月3日
映画原作関連ニュース The Lincoln Lawyer、The Limit… 09年4月9日
【映画】マイクル・コナリーの「リンカーン弁護士」、トミー・リー・ジョーンズが監督? 09年10月14日
【映画】トミー・リー・ジョーンズ、「リンカーン弁護士」映画化企画から離脱 09年11月24日 

原作
リンカーン弁護士〈上〉 マイクル コナリー (著), 講談社
リンカーン弁護士〈下〉 マイクル コナリー (著), 講談社

原作 おもな登場人物
わたし ミッキー(マイケル)・ハラー
フェルナンド・バレンズエラ 保釈保証人
セシル・C・ダブズ
ルイス・ロス・ルーレイ
ローナ・テイラー マネージャー・元妻
アール・ブリッグス 運転手
マーガレット・マクファースン(マギー・マクフィアス) 元妻
テッド・ミントン
ヘイリー 娘
メアリ・アリス・ウィンザー ルーレイの母
レジーナ(レジー)・カンポ
ハワード・カーレン 刑事
マーサ・レンテリア 
ドン・クラフトン 刑事
ドゥエイン・ジェフリー・コーリス
フルブライト判事
 
[PR]

by hamchu | 2010-06-21 18:16 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2009年 12月 22日

映画化は3年は寝て待て?


<方法その二>
作家が本を書いて出版社に売り、その原稿が”リーク”された先の映画会社は、本が世に出るまえからオプションを得るなり権利を買うなり決めて、残りの大半は<方法その一>と同様の流れをとる。



このミス上位の翻訳本、映画化予定のものをあげてみて今年で3年になったんですが、権利だけとられていた感じの本は、どれも映画化が実現していない!(笑)
製作スタート時に公開予定日まで設定されていれば別なんですが(それでもそのときに設定された公開予定ははるか先だったりするけど)、製作開始されても公開までは早くても1~2年はかかりますからなあ。

今年のランクイン作品、マイクル・コナリーの「リンカーン弁護士」は順調に行けば来年撮影されると思うんですが、この本、はじめに権利の話が出たのは05年の4月!あっという間に?4年たってますがね~

この「リンカーン弁護士」の映画化の流れ、なんとなく<方法その二>かも…、という気がします。
権利取得のニュースが出た05年4月の時点では本は刊行されておらず、表紙も未定。
タイトルも仮題「Confessions of a Lincoln Lawyer」の状態。
ストーリーも簡単なものしか判明せず。
その後本は刊行され、日本語にも翻訳されました。

向こうで本が出てから(最初に映画化権のニュースが出てから)3年ぐらい、ってのが実際に映画制作が開始される場合が多いですよね。やっぱりオプション権の関係かな、なんて日々思ってるんですが…(笑)

【関連】
【映画】Lakeshoreがマイクル・コナリーの作品を映画化予定 05年4月3日
映画原作関連ニュース The Lincoln Lawyer、The Limit… 09年4月9日
【映画】マイクル・コナリーの「リンカーン弁護士」、トミー・リー・ジョーンズが監督? 09年10月14日
【映画】トミー・リー・ジョーンズ、「リンカーン弁護士」映画化企画から離脱 09年11月24日 
原作
リンカーン弁護士〈上〉 マイクル コナリー (著), 講談社
リンカーン弁護士〈下〉 マイクル コナリー (著), 講談社
 
[PR]

by hamchu | 2009-12-22 17:18 | もっと楽しむ?映画の原作 | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 24日

【映画】トミー・リー・ジョーンズ、「リンカーン弁護士」映画化企画から離脱


トミー・リー・ジョーンズが監督・出演予定だったマシュー・マコノヒー出演、マイクル・コナリーの小説「リンカーン弁護士(The Lincoln Lawyer)」映画化企画から離脱した模様。

理由はお定まり?の”creative differences on the script”ですが、おや~なんだか残念ですね。

製作サイドは新しい監督を決定し、来春までに製作を開始したい様子(監督は誰になるかしらん)。

【関連】
【映画】Lakeshoreがマイクル・コナリーの作品を映画化予定 05年4月3日
映画原作関連ニュース The Lincoln Lawyer、The Limit… 09年4月9日
【映画】マイクル・コナリーの「リンカーン弁護士」、トミー・リー・ジョーンズが監督? 09年10月14日

原作 
リンカーン弁護士〈上〉 マイクル コナリー (著), 講談社
リンカーン弁護士〈下〉 マイクル コナリー (著), 講談社

原作 おもな登場人物
わたし ミッキー(マイケル)・ハラー
フェルナンド・バレンズエラ 保釈保証人
セシル・C・ダブズ
ルイス・ロス・ルーレイ
ローナ・テイラー マネージャー・元妻
アール・ブリッグス 運転手
マーガレット・マクファースン(マギー・マクフィアス) 元妻
テッド・ミントン
ヘイリー 娘
メアリ・アリス・ウィンザー ルーレイの母
レジーナ(レジー)・カンポ
ハワード・カーレン 刑事
マーサ・レンテリア 
ドン・クラフトン 刑事
ドゥエイン・ジェフリー・コーリス
フルブライト判事
 
[PR]

by hamchu | 2009-11-24 16:57 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 14日

【映画】マイクル・コナリーの「リンカーン弁護士」、トミー・リー・ジョーンズが監督?


高級車の後部座席を事務所代わりにロサンジェルスを駆け巡り、細かく報酬を稼ぐ刑事弁護士ミッキー・ハラー。収入は苦しく誇れる地位もない。そんな彼に暴行容疑で逮捕された資産家の息子から弁護依頼が舞い込んだ。久々の儲け話に意気込むハラーだが…

トミー・リー・ジョーンズがマシュー・マコノヒー主演、マイクル・コナリーのベストセラー「リンカーン弁護士」を映画化する「The Lincoln Lawyer」に監督として交渉中である模様(出演も)。

「最後の初恋」のジョン・ロマーノが脚本、ゲイリー・ルチェッシ、トム・ローゼンバーグ、スコット・スタインドーフが製作。

マコノヒーは主人公ミッキー・ハラー。
ジョーンズの演じるキャラクターですが元記事”It's unclear what role Jones would play; the playboy character, which could be the second male lead, is described in the book as somewhat younger than Jones, though the part could be adjusted to accommodate an older interpretation.”てな感じで現在のところはっきりしません。

【関連】
【映画】Lakeshoreがマイクル・コナリーの作品を映画化予定 05年4月3日
映画原作関連ニュース The Lincoln Lawyer、The Limit… 09年4月9日

原作 
リンカーン弁護士〈上〉 マイクル コナリー (著), 講談社
リンカーン弁護士〈下〉 マイクル コナリー (著), 講談社

原作 おもな登場人物
わたし ミッキー(マイケル)・ハラー
フェルナンド・バレンズエラ 保釈保証人
セシル・C・ダブズ
ルイス・ロス・ルーレイ
ローナ・テイラー マネージャー・元妻
アール・ブリッグス 運転手
マーガレット・マクファースン(マギー・マクフィアス) 元妻
テッド・ミントン
ヘイリー 娘
メアリ・アリス・ウィンザー ルーレイの母
レジーナ(レジー)・カンポ
ハワード・カーレン 刑事
マーサ・レンテリア 
ドン・クラフトン 刑事
ドゥエイン・ジェフリー・コーリス
フルブライト判事


*しばらくブログの更新が不定期になります(弁理士試験口述試験準備のため←ちなみに私は21日午前)。
いやあ、まさか今年論文試験に合格すると思わなかったのでめちゃくちゃ慌ててます。
プレスをいただいていた「ボヴァリー夫人」とか記事にしたいものはあるんですが、さすがに書いてる暇なし。
3歳児+赤ちゃんの面倒もみないとだし…(はあ…)
 
[PR]

by hamchu | 2009-10-14 13:16 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(0)