タグ:蜘蛛の巣を払う女 ( 4 ) タグの人気記事


2018年 11月 19日

全米映画興収速報 18年11月19日 「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が初登場1位に



今週は「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」が4163館、$62.2Mで初登場1位、
2位、3位は先週からワンランクダウンで
2位「グリンチ」、3位「ボヘミアン・ラプソディ」となりました。

4位、5位は初登場の作品で
ショーン・アンダース監督、マーク・ウォールバーグ&ローズ・バーン出演のコメディ「Instant Family」が3286館、$14.7Mで4位、
スティーヴ・マックィーン監督、ヴィオラ・デイヴィス、ミシェル・ロドリゲスらが出演、原作はリンダ・ラ・プラントのベストセラー「妻たちの落とし前(Widows)」(日本公開は19年4月)は2803館、$12.3Mで5位。

原作アリ関連では
「Boy Erased」が+332館(409館)で$1.28M、先週18位から暫定12位へ、「A Private War」が+827館(865館)で$725,000、先週28位から暫定15位へランクアップ。

そのほかの初登場では
賞戦線でも注目ピーター・ファレリー監督、ヴィゴ・モーテンセンの「Green Book」が25館、$312,000で暫定20位、
ジュリアン・シュナーベル監督、ウィレム・デフォー出演のゴッホの伝記映画「At Eternity's Gate」が4館、$92,000で暫定27位、
饒曉志(Xiaozhi Rao) 監督のコメディ「A Cool Fish」が15館、$65,000で暫定31位といった感じ。


11月16日-18日
1位 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生 $62.2M
2位 グリンチ $38.165M
3位 ボヘミアン・ラプソディ $15.7M
4位 Instant Family $14.7M
5位 妻たちの落とし前 $12.3M
6位 くるみ割り人形と秘密の王国 $4.678M
7位 アリー/ スター誕生 $4.35M
8位 Overlord $3.85M
9位 蜘蛛の巣を払う女 $2.5M
10位 Nobody's Fool $2.26M


11月21日からは
「クリード 炎の宿敵」
「シュガー・ラッシュ:オンライン」
オットー・バサースト監督、タロン・エガートン主演の「Robin Hood」
あたりが公開予定。



[PR]

by hamchu | 2018-11-19 07:34 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 11月 05日

全米映画興収速報 18年11月5日 「ボヘミアン・ラプソディ」が$50Mで初登場1位に



今週は1位から3位までが初登場の作品で
1位、4000館、$50Mで「ボヘミアン・ラプソディ」
2位、3766館、$20Mで「くるみ割り人形と秘密の王国」
3位、2468館、 $14Mでタイラー・ペリー監督、ティファニー・ハディッシュ、ミッシー・パイル出演のコメディ「Nobody's Fool」となりました。

そのほかの初登場では
ジョエル・エドガートン監督、ルーカス・ヘッジズ出演のドラマ「Boy Erased」(原作Garrard Conley)が5館、$220,000で暫定22位、
日本では12月21日公開予定「私は、マリア・カラス(Maria by Callas)」が16館、$152,633 で暫定25位、
マシュー・ハイネマン監督、ロザムンド・パイク出演の実録ドラマ「A Private War」が4館、$72,000で暫定30位、
ジョセフ・カーン監督、ケイラム・ワーシー出演のコメディ「Bodied」が14館、$50,528(暫定35位)、
ギャビー・ポルスキー監督のドキュメンタリー「In Search of Greatness」が16館、$35,000(暫定38位)
といった感じ。


11月2日-4日
1位 ボヘミアン・ラプソディ $50M
2位 くるみ割り人形と秘密の王国 $20M
3位 Nobody's Fool $14M
4位 アリー/ スター誕生 $11.1M
5位 Halloween $11.015M
6位 ヴェノム $7.85M
7位 スモールフット $3.805M
8位 Goosebumps 2: Haunted Halloween $3.7M
9位 Hunter Killer $3.525M
10位 The Hate U Give $3.4M



11月6日からはジェイソン・ライトマン監督、ヒュー・ジャックマン主演の政治ドラマ「The Front Runner」
11月9日からは
「グリンチ」
「蜘蛛の巣を払う女」(日本公開は19年1月11日)
ゾンビ、戦争、IMAX!「Overlord」
ファビアン・コンスタン監督、サラ・ジェシカ・パーカー主演のドラマ「Here and Now」
Wes Miller監督、ジョン・キューザック出演のクライム・アクション「River Runs Red」
ハンナ・フィデル監督、トニー・レヴォロリ出演のコメディ「The Long Dumb Road」
Jaron Albertin監督、アレッサンドロ・ニヴォラ出演のドラマ「Weightless」
あたりが公開予定。



[PR]

by hamchu | 2018-11-05 07:54 | 興収成績 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 08日

【Trailer】ミレニアム 蜘蛛の巣を払う女 The Girl in the Spider's Web

 
フェデ・アルバレス監督、クレア・フォイ主演、「ミレニアム」シリーズ「蜘蛛の巣を払う女」を映画化した「The Girl in the Spider's Web」のTrailer!



【関連】
【映画】フェデ・アルバレス、「蜘蛛の巣を払う女」を映画化へ 16年11月25日

クレア・フォイ!(笑)
スウェーデンでの公開は10月26日、米、英は11月9日(日本は?)。

The Girl in the Spider's Web 18年英・独・スウェーデン・カナダ・米
監督:フェデ・アルバレス
脚本:フェデ・アルバレス、スティーヴン・ナイト、ジェイ・バス
制作総指揮:アンニ・ファウルビー・フェルナンデス、デヴィッド・フィンチャー、Line Winther Skyum Funch、Johannes Jensenほか
製作:イーライ・ブッシュ、エリザベス・カンティロン、Berna Levin、スコット・ルーディン、エイミー・パスカルほか
音楽:Roque Banos
撮影:ペドロ・ルケ
原作:
ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上) ダヴィド ラーゲルクランツ  早川書房
ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下) ダヴィド ラーゲルクランツ  早川書房
出演:クレア・フォイ、スベリル・グドナソン、シルヴィア・フークス、レイキース・スタンフィールド、スティーヴン・マーチャント、ヴィッキー・クリープス、クリストファー・コンヴェリー

原作 おもな登場人物
ミカエル・ブルムクヴィスト (スベリル・グドナソン)
リスベット・サランデル (クレア・フォイ)
エリカ・ベルジェ
プレイグ
ヤン・ブブランスキー
フランス・バルデル
アウグスト (クリストファー・コンヴェリー)

 
[PR]

by hamchu | 2018-06-08 07:43 | Trailer・HP | Trackback | Comments(1)
2016年 11月 25日

【映画】フェデ・アルバレス、「蜘蛛の巣を払う女」を映画化へ


雑誌『ミレニアム』を発行するミカエルたちの会社は経営危機に陥り、株式の30パーセントを大手メディア企業のセルネル社に売り渡していた。ミカエルにも優れた記事がなく、時代遅れの記者との非難にさらされていた。そんな彼のもとに、ある男から大スクープになるという情報が持ち込まれる。人工知能研究の世界的権威であるバルデル教授が何か大きな問題を抱えているようなので、会ってほしいというのだ。男の話からリスベットが関係していると確信したミカエルは、彼女に連絡を取ろうと試みる。一方、アメリカのNSA(国家安全保障局)は、産業スパイ活動を行なう犯罪組織の関連会社からバルデルが革命的な研究成果を持ち出したため、彼の身に危険が迫っているとの情報を得る。折しも、鉄壁の防御を誇るNSAのネットワークに何者かが侵入した!

Sony Picturesは「ミレニアム」シリーズ第4弾「蜘蛛の巣を払う女(The Girl in the Spider’s Web)」を映画化、「死霊のはらわた」、「ドント・ブリーズ」のフェデ・アルバレスが監督する模様。

スティーヴン・ナイトが脚色、スコット・ルーディン、エイミー・パスカルが制作。

スティーグ・ラーソンからシリーズを引き継いだダヴィド・ラーゲルクランツ(David Lagercrantz)の同名小説が原作。

今回の企画はルーニー・マーラ版の続編、ということになるのでしょうが前作から続投するキャストはいるのか?
またこのシリーズ日本でもレイティングがR-15だったりするのですが(「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」のみPG-12だけど)これはそこまでいかないんでないかなー

原作
ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上) ダヴィド ラーゲルクランツ  早川書房
ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下) ダヴィド ラーゲルクランツ  早川書房

原作 おもな登場人物
ミカエル・ブルムクヴィスト
リスベット・サランデル
エリカ・ベルジェ
プレイグ
ヤン・ブブランスキー
フランス・バルデル
アウグスト

 
[PR]

by hamchu | 2016-11-25 08:46 | 映画・ニュース | Trackback | Comments(4)